この記事の目次

  1. 「お金がない…どうしよう…」と悩む人は多い
  2. まずは今月の収入・支出をチェック
  3. 緊急性が高い人は今すぐに対処しましょう
  4. 時間に余裕がある人は現状把握から始める
  5. 現状の収入だけでは対処できない…そんな時は!
  6. まとめ

この記事はこんな人向け
  • まとまったお金が必要に…
  • でも、支払いに回せるお金がない…
  • 期限が迫っているのにどうしよう…

急いでお金が必要なのに、金欠で悩む人は少なくありません。

今現在、まとまったお金がない人に向けて、すぐにでも出来る対処法を紹介していきましょう。

「お金がない…どうしよう…」と悩む人は多い

日常生活の中で、「お金がない…どうしよう…」と悩むシチュエーションは意外と多いものです。

・クレジットカードの代金が払えない
・家賃の支払い日が迫っているのに残高不足
・課金しすぎて携帯料金が払えない

上記の他にも様々な状況が考えられますが、金欠に繫がるトラブルは誰にでも起こり得ると言えるでしょう。

大抵の人は収入と支出のバランスが取れていない

ではなぜ、日常生活の中でお金がない状態に陥ってしまうのか。

結論から申し上げますと、金欠になる人の多くは「収入と支出のバランスが取れていない」可能性が考えられます。

収支バランスを考える際、あなたが自由に使える金額の上限は「手取り」で決まります。

ご存知かとは思いますが、給料は額面通りの金額が手元に残るわけではなく、税金や保険料等が天引きされてから口座に振り込まれるものです。

手取り金額は給与明細を確認すれば一目瞭然ですが、皆さんの中には「額面の給与のみ把握していて、具体的な手取りまで把握していない」という方もいらっしゃるでしょう。

手取り額を確認せずに、毎月の収入を超える買い物などをしていれば、あっという間にお金が足りなくなってしまうのは必然です。

予定外の出費が急に発生するケースも…

毎月の収入を計画的にやりくりしている人もいますが、中には突発的な出費が発生してしまうケースもあるでしょう。

・急に職場の飲み会が入ったけどお金がない
・現金やカードが入った財布を無くしてしまった
・洗濯機などの高額な家電が壊れてしまった

急に予定していなかったお金が必要になれば、毎月の資金繰りも多少厳しくなってしまいます。

このような予定外の出費が続けば、「お金がない…どうしよう…」といった状況になる可能性は十分あるでしょう。

状況に応じて適切な対処が必要になる

金欠でどうしようもない状態の人は、状況によって適切な手段を選ぶ必要がります。

・今日中にお金を用意しなければいけない
・10万円を超えるような高額なお金が必要
・手元にまとまった現金が欲しい

上記のように、お金がない人の置かれている状況は十人十色でしょう。

何を優先すべきなのかをしっかり判断して、金欠問題の解決に向けて行動していかなければいけません。

まずは今月の収入・支出をチェック

お金がない人が期限内にやるべきは、今月の収入・支出の確認作業です。

  1. 今月の収入を再確認する
  2. 毎月の固定支出を差し引く
  3. 予定の見えている支出を差し引く

毎月決められた収入の中から、自由に使えるお金はないのか確認しましょう。

毎月の固定収入だけでなく、今現在の貯蓄などもあわせてチェックするのもおすすめです。

無駄な支出を不足分に回すのが理想的

落ち着いて収入や支出を確認すれば、無駄な出費や次月に回せる支払いなどが把握できます。

詳細な金額を把握していないにも関わらず、お金がないと焦りを感じている人は少なくありません。

必要最低限の支出に抑えて、期日までにまとまったお金が残せるようにしていきましょう。

緊急性が高い人は今すぐに対処しましょう

今日もしくは明日中にお金が必要…

まず、今すぐにでも行動しなければいけないのは、どうしようもないほど時間に余裕がない人です。

下記に紹介するいくつかの対処法を参考にして、手遅れになる前に対策を立てて実行していきましょう。

対処法1|私物を売ってお金を作る

何らかの支払い期日が迫っているのにお金がない人は、私物を売却する手段を検討してみましょう。

身に着けなくなった衣類やアクセサリー、長く使っていない家具、読まなくなった本や雑誌など、自宅を探せば不要なものがいくつか見つかると思います。

すぐに売却できるリサイクルショップなどがおすすめ

ブランド物でもない限り高額買取は期待できませんが、リサイクルショップ等で売却すれば、その日のうちにある程度のお金を用意できるでしょう。

ただし、一度手放すと簡単に取り戻せない可能性もあります。また、車のように手放すことで不都合が生じるケースもあるので、売却する際は十分考慮しておきしましょう。

対処法2|日雇いの仕事で稼ぐ

緊急性が高い人は、日雇いの仕事で不足分を稼ぐ手段も視野に入れてみてください。

求人サイトで短期間のアルバイトに絞り込んで検索すると、比較的見つけやすいでしょう。

時給に換算すると、1時間/1,000円程度の収入になるアルバイトなども数多く見受けられます。

お金が支給されるタイミングは要確認

確かに日雇いの仕事があれば、その日のうちにいくらかのお金は用意できます。

しかし、依頼先によっては指定口座に後日振り込む支給形式もあるので、注意が必要です。

必要経費としていくらか差し引かれる場合もあるので、仕事を請負う前にしっかり確認しておきましょう。

対処法3|親や友人からお金を借りる

例えば、ご両親や友人など、知り合いに相談してみるというのも手段のひとつです。

お金が必要な理由や金額によるかもしれませんが、お金がない人の助けになってくれるかもしれません。

どんな理由であれ、急いでお金が必要な状況にあることを正直に相談してみましょう。

親しい間柄であってもきちんと返済する

言うまでもありませんが、借りた相手が誰であっても、お金は全額きちんと返す必要があります。

お金の貸し借りは人間関係を悪化させる可能性もあるので、誠実に対応するよう注意してください。

対処法4|金融機関から借入する

純粋に収入を増やせたり、知り合いに助けてもらうことができるなら、それに越したことはありません。

しかし、中には日雇いの仕事で必要なお金を工面できなかったり、親しい相手には素直に相談できなかったりすることもあるでしょう。

それでも、お金が用意できない状況は何とか解決しなければいけません。

「本当にお金がない…どうしよう…」そんな状況の人は、金融機関からお金を借りるという選択肢にも目を向けてみてください。

大きな負担を数ヶ月に分散

金融機関からお金を借りた場合、金利に基づいて算出される利息を支払わなくてはなりません。しかし、返済そのものは少額を数ヶ月かけて行うのが一般的です。
もちろん、借入金額にもよりますが、基本的に月々の金銭的負担は大きくなりすぎないでしょう。

つまり、金融機関からお金を借りるということは、目の前の大きな金銭的負担を数ヶ月に分散させる、ということです。
少なくとも、今月の「お金が足りない」という問題の、一時的な解決にはつながります。

カードローンという選択肢

具体的な借入方法のひとつに、カードローンがあります。カードローンとは、ATMから現金を直接借入できる、カード型のローン商品です。

コンビニに設置されているATMでも利用できるので、緊急でお金が必要になったときも、カードがあればすぐ借入できます。

例えば、「突然飲み会に誘われたけど、お金が足りない」という状況にも対応できるでしょう。

どのような目的でも利用できる

カードローンの特徴は、借りたお金の用途が限定されていない、ということです。

「毎月お金が足りない」という方の中には、特定の請求に困っている人もいれば、生活費全般に悩んでいる方もいるでしょう。

どのような理由でお金が必要になったときでも、カードローンは助けとなってくれるのです。

※事業性資金としては利用できません。

早ければ今日中にお金を用意できる

例えば、審査が早いカードローンの利用を検討してみてください。特に、最短30分で審査が終わるカードローンなら、早ければ今日中にお金の問題を解決できるでしょう。

ちなみに、カードローンを利用する手順は以下の通りです。

カードローン利用の流れ

いかがでしょうか?最低限必要なものは、スマートフォンと身分証明書だけです。

手続きそのものはシンプルなので、借入の経験が無い方でも安心して申し込みできるでしょう。

では、具体的にどういったカードローンを選べばいいのか?おすすめは、以下の通りです。

アコム

利用条件 アルバイト・パートでも
申し込み可能
収入証明書 希望額50万円以下の方は
不要
借入・返済
できる場所
コンビニの提携ATM

アコムは、「3秒診断」で借入できる可能性の有無を確認できます。年齢・年収・カードローン他社お借入状況から無料で簡単に診断できるので、ぜひ試してみてください。

金利は年3.0~18.0%、限度額は最大800万円と、大手消費者金融としては一般的な数値です。

公式サイトはこちら
※.現状の年収が確認できる書類であれば、源泉徴収票・確定申告書類等の写しも提出できます。

プロミス

利用条件 アルバイト・パートでも
申し込み可能
収入証明書 希望額50万円以下の方は
不要
借入・返済
できる場所
コンビニの提携ATM

プロミスでは、「お借入れシミュレーション」でご利用できる可能性があるのかを確認できます。入力が必要な項目は、生年月日・年収・他社お借入金額の3つです。

プロミスは、限度額は最大500万円と平均的な数値ですが、金利が年4.5~17.8%と、上限が他消費者金融より若干低めです。

公式サイトはこちら
※.現状の年収が確認できる書類であれば、源泉徴収票・確定申告書類等の写しも提出できます。

アイフル

利用条件 アルバイト・パートでも
申し込み可能
収入証明書 希望額50万円以下の方は
不要
借入・返済
できる場所
コンビニの提携ATM

アイフルの「1秒借入診断」を使えば、年齢・雇用形態・年収・他社借入金額の4点から、ご利用可能性の有無を判断できます。

金利は年3.0~18.0%、限度額は最大800万円と、平均的な数値となっています。

公式サイトはこちら
※.現状の年収が確認できる書類であれば、源泉徴収票・確定申告書類等の写しも提出できます。

※カードローンの利用はあくまで一つの選択肢にすぎず、本サービスはカードローンの利用のみを勧めているわけではありません。カードローンをご利用の際には、利用条件等を確認し、十分にご注意下さい。
なお、本サービス掲載の情報は出来る限り最適なものとなるよう万全を期しておりますが、その正確性・最新性を保証するものではありません。ユーザーの皆様の責任と判断において、本サービスをご利用下さい。詳しくは、免責事項をご参照下さい。

時間に余裕がある人は現状把握から始める

今月末までにはまとまったお金が必要…

「お金がない…どうしよう…」と金欠に悩む人の中には、時間的な余裕がある場合もあるでしょう。

支払い期限まであと数週間ある、月末までに用意出来れば間に合う、そんな状況にある人は、自身の金銭状況を冷静に把握してください。

現状の収入だけでは対処できない…そんな時は!

家計を振り返り、足りないお金を工面できれば金欠問題はめでたく解決となります。

しかし、現状の収入だけではそうもいかない、どうしようもない人もいるでしょう。

そんな人は、期日までに実行できる方法を検討して、必要なお金を用意してください。

対処法1|クレジットカードを使って支払うタイミングをずらす

公共料金やショッピング代金など、クレジットカードが使える場合は、次月に支払いのタイミングをずらす手段もあります。

今月はどうしようもないほどお金がないなら、支払方法の変更申請を行い、来月の給料で資金繰りを立て直しを図りましょう。

クレジットカードによっては一括払いではなく、リボ払いできるので、毎月の支払い負担はある程度抑えられます。

対処法2|副業を始めて収入を増やす

毎月の固定収入が少ないのであれば、副業を初めて新たに収入を増やす手段もあります。

仕事の合間を縫って更に働くというのは、簡単なことではありません。

しかし、内職などを行い、自分に合ったペースで無理なく副収入を作る手段はいくつかあります。

クラウドソーシングという手段

具体的な副業方法のひとつに、クラウドソーシングと呼ばれる働き方があります。クラウドソーシングとは、ネット上で個人が仕事を受注できる媒体です。

クラウドソーシング上で発注されている仕事には、専門性が高い物もありますが、パソコンさえ使えれば気軽に応募できるものもあります。

例えば、画像作成は誰にでもできるわけではありませんが、コラム作成などのライティング案件なら、初めての方でも応募できるでしょう。

ただし、専門性の低い案件は、比較的単価が安く設定されていることがあります。場合によっては思うように稼げないケースもあるので、注意してください。

 クラウドソーシングの例 

対処法3|国の補助制度が利用できないか確認する

期日まで時間に余裕がある人は、国の補助制度のひとつ「生活福祉資金貸付制度」も検討してみましょう。

 生活福祉資金貸付制度とは

「生活福祉資金貸付制度」は、低所得者や高齢者、障害者の生活を経済的に支えるとともに、その在宅福祉及び社会参加の促進を図ることを目的とした貸付制度です。

補助制度が利用できれば、期限までにいくらかのお金を用意できるかもしれません。

下記の貸付対象に該当する人は、お住まいの地域の市区町村社会福祉協議会にお問い合わせしてみましょう。

 貸付対象

・低所得世帯…資金の貸付けにあわせて必要な支援を受けることにより独立自活できると認められる世帯であって、必要な資金を他から借り受けることが困難な世帯(市町村民税非課税程度)。
・障害者世帯…身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者(現に障害者総合支援法によるサービスを利用している等これと同程度と認められる者を含みます。)の属する世帯。
・高齢者世帯…65歳以上の高齢者の属する世帯(日常生活上療養または介護を要する高齢者等)。

まとめ

「お金がない…どうしよう…」とお悩みの方に向けて、今からでも出来る対処法をいくつか紹介していきました。

急いでお金を準備しなければいけない場合など、状況によって検討できる対処法は異なります。

記事中で紹介した対処法を参考にして、1日でも早く金欠問題を解決していってください。

金欠に関する人気記事

金欠に関する新着記事

おすすめの特集ページ

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る