子供の塾代が払えない場合のリスクとすぐできる4つの対処法

本コンテンツには、紹介している商品・商材の広告(リンク)を含む場合があります。 これらの広告を経由して読者が企業ホームページを訪れ、成約が発生すると弊社に対して企業から紹介報酬が支払われるという収益モデルです。 ただし、特定の商品を根拠なくPRするものではなく、当編集部の調査/ユーザーへの口コミ収集などに基づき、公平性を担保した情報提供を行っています。
>提携企業一覧
子供の塾代が払えない場合のリスクとすぐできる4つの対処法
この記事に関するアドバイザ

元 銀行ローンセンター長

佐藤喜三男

銀行にてローンセンター長を務めた他、大手証券会社・大手クレジットカード会社において、30年に渡り審査を中心に様々な職種を担当。現在はFP相続診断士として、多くの消費者の力になっている。

 この記事はこんな人向けです 
  • 子供の塾代が大きな負担になっている
  • 今月の月謝が払えそうにない
  • 子供は塾に通わせてあげたい

この記事の目次

塾代が払えない…

ライフプランを設計する際、重要な資金のひとつとして考えられる「教育費」。その中で、人によっては小学生・中学生・高校生の子供の塾代の負担が大きくなってしまうことでしょう。

学校とは違い、塾はあくまでも営利目的で勉強を教えているので、授業料や月謝は必ずしも安く済ませられるとは限りません。場合によっては、塾代が払えないことに悩んでしまう人もいるのではないでしょうか?

多くの親が学校以外での学習にお金を費やしている

子供を学校に通わせるだけなら、負担が極端に大きくなったりはしないかもしれません。

しかし、実際に子育てをすると「学校以外での教育」に費やされるお金も多く、それが家計を圧迫するケースもあります。

実際、多くの家庭が、学校以外での教育のためにお金を支払っているようです。

公立小学校 私立小学校
合計 補助学習費
(割合)
合計 補助学習費
(割合)
平 均 ¥217,826 ¥83,013
(38.1%)
¥613,022 ¥304,859
(49.7%)
¥210,486 ¥80,390
(38.2%)
¥633,842 ¥346,293
(54.6%)
¥225,550 ¥85,774
(38%)
¥597,213 ¥273,399
(45.8%)
第1学年 ¥199,532 ¥70,321
(35.2%)
¥565,742 ¥218,111
(38.6%)
第2学年 ¥190,035 ¥44,531
(23.4%)
¥493,520 ¥155,054
(31.4%)
第3学年 ¥201,446 ¥51,201
(25.4%)
¥546,158 ¥207,990
(38.1%)
第4学年 ¥219,438 ¥83,735
(38.2%)
¥621,771 ¥308,217
(49.6%)
第5学年 ¥247,086 ¥119,279
(48.3%)
¥689,117 ¥404,312
(58.7%)
第6学年 ¥249,385 ¥129,117
(51.8%)
¥764,188 ¥539,342
(70.6%)

公立中学 私立中学
合計 補助学習費
(割合)
合計 補助学習費
(割合)
平 均 ¥301,184 ¥239,564
(79.5%)
¥320,932 ¥204,112
(63.6%)
¥305,459 ¥245,147
(80.3%)
¥323,302 ¥222,251
(68.7%)
¥296,656 ¥233,653
(78.8%)
¥318,762 ¥187,534
(58.8%)
第1学年 ¥225,137 ¥148,870
(66.1%)
¥278,592 ¥177,270
(63.6%)
第2学年 ¥258,134 ¥195,165
(75.6%)
¥307,971 ¥201,246
(65.3%)
第3学年 ¥415,821 ¥369,515
(88.9%)
¥376,491 ¥233,976
(62.1%)

公立高校 私立高校
合計 補助学習費
(割合)
合計 補助学習費
(割合)
平 均 ¥174,871 ¥142,702
(81.6%)
¥285,067 ¥230,103
(80.7%)
¥166,610 ¥143,091
(85.9%)
¥303,031 ¥257,776
(85.1%)
¥183,049 ¥142,320
(77.7%)
¥266,196 ¥201,030
(75.5%)
第1学年 ¥143,918 ¥109,973
(76.4%)
¥236,037 ¥169,400
(71.8%)
第2学年 ¥177,481 ¥140,040
(78.9%)
¥287,637 ¥229,970
(80%)
第3学年 ¥203,767 ¥178,697
(87.7%)
¥333,929 ¥293,964
(88%)

これは、文部科学省が調査した教育費に関する統計データです。

ご覧の通り、小学校5年生以上のお子さんを持つ家庭においては、公立・私立関係なく一定以上の「学校外での教育費」を払っています。子供が中学生になっている家庭においては、私立よりも公立に通わせている場合の方が、補助学習費の負担が大きくなっているほどです。

もちろん、補助学習費の全てが塾代というわけではありません。しかし、学校外での教育に対する意識の強さについては、どの家庭においてもある程度強いものと言えるでしょう。

一般的な塾代の相場

では、塾代の負担は実際のところどの程度になるのでしょうか?
地域差もありますが、例えば東京都の場合、塾の授業料の相場は下記のようになっています。

塾名 コース名 授業料
代々木ゼミナール 個別指導スターターパック【カレッジ】 ¥28,000 / ¥42,000
栄光ゼミナール(集団) 高校入試対策コース ¥19,440~37,800
東進衛星予備校 単科受講 ¥70,000 /1講座
個別指導塾スタンダード 通常指導コース ¥13,000~14,000
※一般的な月額料金を表示

いかがでしょうか?

人によっては、「子供のためを思えば安いもの」と感じるかもしれません。しかし、現実問題として「塾代が高くて簡単に払えない」と感じている親御さんもいらっしゃいます。

短期講習や集中講座などのオプションをつけると更に高額

学校の授業に追いつくための補助として塾を活用しているなら、基本的な授業料のみで、それほど大きな負担にならないケースもあります。

しかし、学校での成績や受験といったきかっけから、通常授業以上の講習を希望する家庭もあるでしょう。

そうなると、当然ながら基本授業とは別途の費用が発生し、塾代全体の負担も増えてしまいます。場合によっては、年間で100万円以上の塾代が発生するケースもあるのです。

塾代が払えないと退塾もあり得る

塾代が払えないと、子供は塾に通い続けることができません。支払い日を過ぎて即退塾とはなりませんが、未払いが続くと最終的には強制退塾となります。

塾代未納時の具体的な対応の流れについては、塾や店舗によって様々です。しかし、最後には強制退塾になるという点は共通しています。

テキストは手元に残るが指導を受けられない

強制退塾となっても、基本的に購入したテキスト(教材)を返還する必要はありません。そのテキストを使い、子供自身が勉強を続けることも可能です。

しかし、塾に通うメリットは「学校では取り扱っていないテキストで勉強できること」だけではありません。むしろ、講師から勉強のやり方や解説を受けられるという点にこそ、大きな魅力があります。

塾代が払えず強制退塾となれば、お子さんはそのメリットを失うことになるでしょう。

未払いが続くと訴訟を起こされるリスクも

強制退塾後も未払いが続くと、場合によっては塾から訴訟を起こされ、裁判所を通じて強制支払いの命令が申し渡されるケースもあります。

これは法的措置であり、決して拒否できるものではありません。

正当な理由があれば分割払いも可能かもしれませんが、どういった事情があっても支払い義務そのものがなくなるわけではないのです。

場合によっては財産の差し押さえもあり得る

支払い命令すら無視していると、最終的に「財産の差し押さえ(強制執行)」が行われるケースもあります。
差し押さえとは、国が行う「強制的な債務履行手続き」です。

差し押さえにはいくつか種類がありますが、いずれの場合も、手放す必要が無かったものを手放さざるを得なくなるリスクがあることに違いはありません。

Q.差し押さえとはどのような措置か

Supervisor

元 銀行ローンセンター長|佐藤喜三男

債務者から強制的に取立てる制度です

差押えとは、債権者が裁判所へ申し立てることにより、債務者から強制的に取立てを行える制度です。借金を返さない債務者が財産を使ってしまう前に、回収できる財産を確保するのがその目的です。財産の差押えから回収に至るまでの手続きを民事執行手続と呼び、債務名義を必要とするかどうかで、強制執行手続と担保権の実行手続に分かれます。債務名義とは、債権を証明する公的文書のことで、強制執行手続では債務名義を必要とします。一方、担保権の実行手続では、不動産なら抵当権が該当し、その性質から債務名義を必要としません。一般的には預貯金や給料は強制執行手続で、ローンの残った不動産は担保権の実行手続で回収されます。

塾代が払えない場合の対処法

学校以外で子供に教育を受けさせるには、一定以上のまとまったお金が必要となります。
塾代もその費用のひとつであり、どのような理由であれ、払えない状況に陥ると「子供の学習機会が減ってしまう可能性」があるのです。

正直言ってお金に余裕が無いけれど、子供にはしっかり勉強をさせてあげたい。そんな方は、適切な対処を心がけましょう。

対処法1:講習のクーリングオフ

学習塾との契約は、商取引法上で「特定継続的役務提供」に分類されます。この取引にはクーリングオフ制度が適用されるので、消費者の判断で契約を解除することができるのです。

例えば、「塾長から薦められて夏期講習に申込んだが、授業料が高すぎるのでキャンセルしたい」といった場合、クーリングオフすることで金銭的負担を減らせます。

クーリングオフ期間は書面を受け取ってから8日間

クーリングオフ制度には、期限があります。まずは、こちらをご覧ください。

 契約の解除(クーリング・オフ制度)(法第48条)

特定継続的役務提供の際、消費者が契約をした場合でも、法律で決められた書面を受け取った日から数えて8日間以内であれば、消費者は事業者に対して、書面により契約(関連商品※の販売契約を含む)の解除(クーリング・オフ)をすることができます。

なお、事業者が、事実と違うことを告げたり威迫したりすることにより、消費者が誤認・困惑してクーリング・オフをしなかった場合には、上記期間を経過していても、消費者はクーリング・オフをできます。

要するに、クーリングオフのために必要な書面を受け取ったら、その後8日間以内に契約を解除する必要があるのです。

もちろん、塾側の不備で期限を過ぎた場合も、問題なくクーリングオフができます。

Q.クーリングオフ制度の注意点とは

Supervisor

元 銀行ローンセンター長|佐藤喜三男

一定期間内に書面で申し出ることです

クーリングオフ制度とは、契約後一定期間内に書面で事業者に申し出ることにより、無条件で契約を解除できる、特定商取引法上の制度です。訪問販売など不意打ち性の高い販売方法の場合で8日以内、マルチ商法など特殊な販売方法の場合は20日以内とされています。なお、契約書面を受領した日を含めて起算し、事業者がうそを言ったりして妨害した場合は、その妨害が解消されるまでいつでも可能です。クレジット払いでも同様ですが、通信販売や3,000円未満の現金取引は適用されません。また、書面で通知することが求められ、商品やサービスによっては一部でも使用または履行された場合、認められない場合もあることに注意が必用です。

対処法2:助成金を受け取る

お金を用意するなら、まずは助成金の利用を検討してみてください。
所定の条件を満たす必要がありますが、月々数万円程度の助成金を受け取ることができれば、塾代をある程度賄うことができるかもしれません。

例えば、東京都新宿区の場合、下記の条件を満たすことで月4万円の助成金を受け取れます。

 助成金制度の条件 
  • 月の初日に新宿区民であること
  • 月の初日に月極48時間以上で契約の在籍していること(休園している月や日割りの保育料を支払った月は対象外です。)
  • 他の保育園、子ども園、幼稚園等を利用していないこと
  • 月極の基本保育料を支払っていること
・引用:新宿区『認証保育所保育料助成のご案内』

対処法3:家族に相談する

子供の祖父、つまり、あなたやパートナーのご両親にも相談してみてください。
もちろん、必ずしもお金を工面してくれる保証はありませんが、孫のためならと快く力になってくれるかもしれません。

要するに、教育費としてお金の贈与を受けるわけです。
なお、子供の祖父母から教育費の贈与を受けた場合、そのお金は非課税対象となります。参考:国税庁

対処法4:金融機関からお金を借りる

助成金や家族の援助で塾代を賄えたなら、それに越したことはないでしょう。
しかし、助成金を受け取る条件を満たせていなかったり、家族といえども簡単にはお金の相談ができないこともあるかと思います。

そういった場合、「金融機関からお金を借りる」という選択肢にも目を向けてみてはいかがでしょうか?

利息は生じるが、まとまった金額を用意できる

当然ですが、金融機関からお金を借りた場合、所定の金利に応じた利息を支払わなくてはなりません。

しかし、金融機関からはまとまったお金を借りられるうえ、その返済は複数月にわけて少しずつ支払えます。

教育ローンという選択肢

塾代のためにお金を借りるなら、まず「教育ローン」という選択肢を検討してみてください。
教育ローンとは、その名の通り「教育費のためにお金を借りられるローン商品」です。

一般的に金利も安く設定されているので、契約できれば強い味方になってくれるでしょう。

ただし、教育ローンは目的ローンの一種であるため、借入金の用途は金融機関によって細かく指定があります。場合によっては塾代の補てんができないので、利用にあたっては規約をしっかり確認してください。

JAバンク 教育ローン
限度額 10万~1,000万円
金利 公式サイト参照
用途
就学子弟の入学金、授業料、学費およびアパート家賃等教育に関するすべてとし(借入申込日から2か月前に支払い済みとなった資金を含む)、資金使途の確認できるものとします。

みずほ銀行 教育ローン
限度額 最大300万円
金利 変動:3.475%
固定:4.250%
用途
教育関連資金全般・他金融機関等の教育ローンの借換資金
*お借入資金は、みずほ銀行にご指定いただいた返済用預金口座に入金させていただき、入金後は返済用預金口座からお支払先に直接お振り込みいただきます(振込手数料は別途ご負担いただきます)。
*お借入金額のうち50万円までは、資金使途確認後、お借入資金を返済用預金口座に入金させていただき、お客さま自身による支払いも可能です。
*借換資金については、現在の借入先に直接返済が出来る場合に限ります。
*教育関連資金をすでに自己資金でお支払い済みの場合、納付書、領収書等によりお支払いの確認ができ、支払い後1ヵ月以内のお申し込みに限りご利用いただけます

オリコ 教育ローン
限度額 10万~500万円
金利 公式サイト参照
用途
入学金・授業料・教材費・実習費・留学費・寮費等、学校へお支払いする費用
以下の費用はご利用いただけません。
学校以外にお支払いする費用(教材費、留学費、寮費などを学校以外の業者へ直接お支払いする場合)
定期代などの交通費や生活費

カードローンを利用するという手段もある

塾代というのは、カテゴリとしては教育関連の費用ですので、教育ローンを利用することが適切かと思います。

しかし、教育ローンの審査には1週間以上かかってしまうケースもあるため、支払日が目前に迫っているような状況では対処できません。

そういった状況では、借入金の用途が自由であるために塾代にも充てられる「カードローン」も、選択肢のひとつに加えておいてください。

カードローンは、審査が最短20分、遅くとも翌日には結果が出て利用開始できるので、支払日直前であっても間に合う可能性が高いです。

アコム

Service image

来店不要最短20分融資可

「最大30日間利息0円」でコンビニOK

周りにバレないうえに安心の三菱UFJフィナンシャル・グループ

ピンチのときは、アコム一択

最短20分で借りられる!WEB完結も可能!カードローンの中でも特に利用者数が多く知名度も高いので、学生や女性でも安心です!

実質年率
3.0%〜18.0%
限度額
最大800万円

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

プロミス

Service image

最短3分融資も可能!Webで24時間申込可

勤務先への電話連絡&郵送物は原則なし!

30日間の利息が0円で大人気!

あなたにいいねをプロミス

初めての方なら30日間利息0円!Web完結なら郵送物なし!スグ借りたい人、バレたくない人に選ばれています!

実質年率
4.5%〜17.8%
限度額
最大500万円

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アイフル

Service image

初めての利用なら最大30日間の利息ゼロ

アプリが充実!バレずに使える

2024年オリコン顧客満足度調査 はじめてのカードローン1位!

アプリ評価★4.5以上獲得!

スマホひとつで取引可能!申込から借入までわずか3ステップ!勤務先への電話連絡や郵送物は原則なしなので周囲にバレにくい!

実質年率
3.0%〜18.0%
限度額
最大800万円

※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。

子供の塾代に関するよくある質問

Q.子供が通っている塾の代金が払えない場合は?
子供の塾代が払えない場合は、通っている塾に連絡して支払いが難しいことを必ず伝えましょう。塾によって対応は異なりますが、支払い期日の変更や支払金額の調整をしてくれる可能性があります。無断で支払いに遅れてしまうと、信用を失うばかりか退塾や法的措置の恐れがあるため、注意しましょう。
Q.塾代がないときにできる学習方法は?
塾代が足りない場合にできる学習方法は、自主的な勉強や学校が実施する講習への参加などです。自宅で学習をする場合は、YouTubeやアプリなどを利用してみると良いかもしれません。学校の講習は、夏休みや冬休みといった長期休暇におこなわれるケースが多いでしょう。
Q.塾代がないからと言ってやってはいけない行為は?
塾代が足りないからと言って、配偶者に内緒でお金を工面するのは止めましょう。配偶者に内緒で共有の貯金を切り崩したり、金融機関からお金を借りてしたりすると何らかのトラブルに巻き込まれる恐れがあるでしょう。まずは、配偶者に相談をして今後どうするべきか決めましょう。

おすすめの特集ページ

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
  • ※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る