UCSカードの代金が払えない場合の滞納リスクと今すぐできる緊急時の対処法

2018年08月24日更新

Sumikura
この記事のアドバイザ
FP技能士2級を保有する、不動産仲介・管理業務を中心としたライフプラン設計・資産運用のプロ。その他、宅地建物取引士・管理業務主任者・損害保険募集人といった多数の資格を保有し、ファイナンスに関する幅広い知識でお客様をサポート。

 この記事はこんな人向けです 
  • UCSカードを愛用している
  • 実は買い物をしすぎてしまった…
  • しまった、今月滞納するかも!

ユニー・ファミリーマートグループUCSが提供するクレジットカード、UCSカード。
日常的な買い物にも使いやすいカード商品ですが、月々の代金は遅れずに支払う必要があります。
万が一払えない可能性があるなら、この記事で滞納リスクと対処法を押さえていってください。

ショッピングモールで普段使いしやすいUCSカード

UCSカードの基本情報
国際ブランドVISA・JCB・MasterCard
年会費無料
限度額10万~50万円
支払い日15日締め・翌10日払い
参考|UCSカード|UCSカード

UCSカードは、ショッピングモールで利用するとお得なクレジットカードのひとつです。
限度額の上限が50万円という商品性からわかる通り、日常的な買い物での支払いに特化しています。

200円あたり1点貯まるUポイント

UCSカードで支払いを行うと、200円当たり1点のUポイントが付与されます。
Uポイントの有効期間は最大2年間で、1,000点単位で商品券や他社ポイント等と交換できます。

 Uポイントの交換対象 
  • ユニー・ファミリーマートG商品券
  • ユニコ電子マネー
  • 図書カード
  • ギフトカード(三井住友ギフトカード)
  • JMBマイル

便利な分だけ使いすぎてしまうケースもある

UCSカードには多くの加盟店があり、そこで利用することによって、お得なポイントがもらえます。

しかし、便利な分、使い過ぎには注意しなくてはなりません。利用した代金はきちんと期日に支払う必要があります。

※本記事は弊社メディアでの独自調査により作成しているため、該当のクレジットカード会社の見解を示すものではありません

ただし支払いに遅れるリスクは無視できない

優待サービスが充実しており、利用するほどポイントが貯まってお得なクレジットカードですが、月々の代金を滞納してはいけません。

基本の支払方法は自動引き落としですが、当日に残高不足になっていると滞納状態に陥ってしまいます。

支払の遅れは重大な違約行為なので、相応のリスクを覚悟しなくてはなりません。

カードの利用停止と督促電話の発生

請求額の支払いを滞納すると、カードは利用停止状態となり登録した電話番号に督促の連絡が入ります。
電話内容は支払い日を過ぎている旨を通知して入金を促すだけですが、絶対に無視してはいけません。

無断滞納というのは、カード会社からの信用を損ねる行為だからです。
無視して滞納し続けると、ショッピング枠の減額などその後の契約内容に悪影響が出るので、万が一対応できなかった場合も必ず掛けなおしましょう。

強制解約・一括請求から差し押さえに発展する恐れも

長期間に渡って滞納状態を続けると、クレジットカードは強制解約され一括請求が行われます。
これは法的措置であり、拒否することはできません。

それでも支払ができないと、最終的にはカード会社から訴訟を起こされ、財産を強制的に差し押さえられるリスクもあります。

ファイナンシャルプランナー|隅倉広樹
差押えまでの期間は様々です

長期滞納や頻繁な遅延を繰り返すと、一括請求が書面で通知されます。それを無視し続けた人に生じるリスクが、財産の差押えです。期間は事例によって様々で、1年以上経ってから忘れた頃に差し押さえられたり、逆に一括請求の期限を過ぎて間も無く差し押さえがなされるケースもあります。

UCSカードの請求額を滞納した場合に発生する、カードの利用停止や強制解約などの詳しい情報は会員規約に記載されています。
▶▶▶UCSカード・会員規約

信用情報のブラック化も深刻な問題

クレジットカードの長期滞納は、金融事故情報として信用情報に記録されます。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
=中略=
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

長期滞納によって信用情報に大きなダメージが残ると、事故情報が破棄されるまでの5年間はどんなローン審査も通過できなくなるので注意してください。
※クレジットカードの滞納リスクはあくまで一般論であり、会社ごとに特徴や傾向は異なります。

信用情報のブラック化が招く問題

滞納時の対処法1:カード会社に連絡

クレジットカードの滞納状態を放置すると、最悪の場合でライフプランに悪影響を及ぼすようなリスクも考えられます。

後悔しないためにも、開き直って滞納し続けるのではなく、適切な対応をとるべきでしょう。

まずは、カード会社に電話をして担当者に事情を説明してください。
UCSカードの場合、連絡先は0587-24-0300です。

支払い可能な期日を約束

担当者に電話すると、現在滞納している代金をいつまでに支払えるのかを聞かれます。

ここで明確な日付を約束すれば、それ以降は当日まで督促電話がかかってくることはないでしょう。

もちろん、約束した期日までにはきちんと代金を入金する必要があります。基本的には支払いを先延ばしするだけですが、無断滞納はカード会社からの信用を損ねる行為なので、連絡はしておきましょう。

請求日前ならリボ払いへの変更も可能

もしも支払日になっていないなら、支払方法を一括からリボ払いに変更することで、滞納を回避する方法もあります。

リボ払いとは、利用額に応じて決まる一定の金額を数ヶ月続けて支払うシステムで、一ヶ月あたりの支払い負担を減らすことができます。

「まったくお金が無いわけではないけど、一括支払いはできない」
このような方は、一度担当者に問い合わせて、支払い方法の変更を希望してみてください。ただし、請求日を過ぎている場合、支払い方法の変更には対応てもらえないので注意です。

滞納時の対処法2:専門機関に相談

すでに代金の支払い期日を過ぎて滞納しているなら、適切な相手に相談してください。
公的機関や専門家なら、正しい対応方法を教えてくれます。

選択肢は、
国民生活センター・消費生活センター
日本クレジットカウンセリング協会
弁護士等の専門家

この3通りがあります。

相談先1|国民生活センター(消費生活センター)

国民生活センター(消費生活センター)は、消費生活全般に対する苦情・悩みに専門担当者が対応してもらえる公共機関であり、あらゆる商品・サービスに関する相談に乗ってくれます。

公正な立場から適切なアドバイスを無料で受けられるので、少しでも払えない可能性があるなら、滞納する前に連絡してみましょう。

・国民生活センター/消費生活センター
電話番号:042-758-3161
国民生活センター公式サイト

相談先2|日本クレジットカウンセリング協会

日本クレジットカウンセリング協会(通称:JCCO)は、消費者保護の観点から公正に、そして中立的にカウンセリングを行う公共機関です。

債務関連の専門家からアドバイスをもらえるので、お金のトラブルに関してはより相談しやすい相手と言えるでしょう。

・JCCO
電話番号:03-3226-0121
JCCO公式サイト

相談先3|弁護士などの専門家

その他、法律の専門家に相談するという選択肢も考えられます。
ただし、弁護士事務所に行くと相談料を支払う必要があります。「ひとまず専門家の意見が聞きたい」「弁護士に依頼するだけの費用が無い」という方は、無料相談できる法テラスに連絡してみましょう。

・法テラス
電話番号:0570-078374
法テラス公式サイト

滞納時の対処法3:お金を借りる

場合によっては、足りない分のお金を借りるという方法も考えてみてはいかがでしょうか。

具体的な方法としては、
身内・知り合いから借りる
クレジットカードのキャッシング機能を使う
金融機関から借入する

といったものがあります。

借入方法1|知り合いに頼む

まずは、ご両親や身内、友人といった知り合いに相談してみることを考えましょう。
もちろん、必ずしもお金を借りられるわけではありませんし、頼み方によっては人間関係が悪くなる可能性があります。

しかし、事情を説明すれば力強い味方になってくれる可能性がありますし、この手段で解決できるならそれに越したことはないでしょう。

ただし、当然ながら借りたお金は返済しなくてはなりません。相手が誰であっても、不誠実な対応はしないよう注意してください。

借入方法2|クレジットカードでキャッシングする

クレジットカードには、商品代金を立て替えるショッピング機能の他に、現金を借りるキャッシング機能があるのをご存知でしょうか。

メインの機能ではないため、利用可能額は少なく設定される傾向にありますが、今月のカード請求分の金額なら用意できる可能性があります。

ただし、現在滞納しているクレジットカードはキャッシング機能も停止しているので利用不可能です。また、キャッシングの返済方法が一括のみとなっているクレジットカードもあり、その場合は来月の支払い負担が増します。

借入方法3|金融機関から借りる

お手持ちのクレジットカードにキャッシング機能が付与されていない場合は、金融機関に借入を申し込むという選択肢も考えてみましょう。

もちろん、借りたお金には利息を加えて返さなくてはなりません。しかし、金融機関から借りたお金は、数ヶ月に分けて少しずつ返済していくのが一般的と言えます。

借入金額にもよりますが、この方法なら、来月以降の支払い負担が過度に大きくなる心配はそれほどないでしょう。

カードローンという選択肢

具体的な借入方法ですが、カードローンに注目してみてはいかがでしょうか?

カードローンとは、どのような支払いもローン払い(分割・リボ払い)にできるカード商品です。
そのため、「クレジットカードの支払いに充てたい」といった希望にも対応できます。

カード代金の支払い口座に入金できる

カードローンには、「ATMで現金を借りる」方法と、「指定した口座に入金してもらう」方法と、2通りあります。
後者の場合、契約したカードローン会社の会員ページにログインし、スマホ上で入金依頼するだけです。

この機能は、入会審査に通過して、契約手続きが済んだら、その時点で利用可能となります。つまり、スマホ上で入会申し込みをして、そのまま「カード代金の支払い口座」に必要な金額を振り込んでもらうことも可能なのです。

早ければ今日中に借入できる

例えば、審査が早いカードローンがおすすめです。
最短30分で審査結果が出るカードローンを選べば、早ければ今日中にお金の問題を解決することもできます。

では、具体的にどういったカードローンがあるのか?おすすめは、以下の通りです。

アコム
申し込みの手軽さと審査の早さで人気を集める、延べ利用者数1,000万人超えの業界人気トップクラスのカードローン!
金利3.0~18.0%審査最短30分
限度額最大800万円融資最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス
ネット上で申し込めば最短1時間でお金を借りられる、幅広い層から人気のカードローン!
金利4.5~17.8%審査最短30分
限度額最大500万円融資最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル
郵送物が届く時間を指定できる、こっそりお金を借りたい人におすすめのカードローン!
金利3.0~18.0%審査最短30分
限度額最大800万円融資最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。


※お金を借りる際にはしっかりと返済計画を立て、無理のない範囲で返済するようにしましょう。

まとめ

UCSカードは、非常に便利なアイテムです。ただし、当然ながら利用した代金はしっかりと支払う必要があり、万が一滞納するとリスクが発生します。

数日の滞納なら、問題となる可能性は低いでしょう。しかし、数ヶ月の滞納してしまうと、最悪の場合で信用情報にも傷がつき、ライフプランにも悪影響を及ぼします。

滞納リスクを避けるためにも、まずはカード会社に連絡して「いつまでに支払うのか」を約束しましょう。そして、自身にあった「適切な対処」を心がけてください。

おすすめカードローン
アコム
金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
プロミス
金利 
限度額
審査 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分
アイフル
金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザー一覧バナー
ページトップに戻る