個人事業主が知っておくべきお金を借りる4つの方法

本コンテンツには、紹介している商品・商材の広告(リンク)を含む場合があります。 これらの広告を経由して読者が企業ホームページを訪れ、成約が発生すると弊社に対して企業から紹介報酬が支払われるという収益モデルです。 ただし、特定の商品を根拠なくPRするものではなく、当編集部の調査/ユーザーへの口コミ収集などに基づき、公平性を担保した情報提供を行っています。
>提携企業一覧
個人事業主が知っておくべきお金を借りる4つの方法
この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

北村滋郎

上場企業に人事として就職し若くして管理職に就任。しかし正論を振りかざして上司を論破しまくったため、組織で孤立という挫折を経験し閑職に。その後、日本古来の哲学・仏教等に関心を持ち、人は理屈だけで動くのでないことを学ぶ。自然哲学を活かした経営理論を多くの師匠から伝授され、成果を上げて取締役に抜擢される。現在は、会社経営のみならず人生経営にも理論を発展させ、多くの皆様のお悩みを解決する面談とセミナーを展開中。
>公式ウェブサイト

この記事の目次

お金についてお困りではありませんか?
当てはまるお悩み事をひとつ選択してください。
今日中・明日までにお金を用意したい
借入れについて誰にも知られたくない
審査に落ちないか不安

個人事業主がお金を借りる方法は4通り

個人事業主が事業性資金を借りるには、主に4つの方法があります。

1.日本政策金融公庫から借りる
2.信用金庫から借りる
3.銀行から借りる
4.ノンバンク系のビジネスローン

例えば、会社の運転資金や設備投資などにかかる費用として、まとまったお金を借りることができます。

では、どのような制度やサービスなのか個別に確認していきましょう。

方法1|日本政策金融公庫から借りる

日本政策金融公庫(略称:日本公庫)は、名称からも分かるように日本政府が管理する金庫です。

融資しても問題ないと判断された個人事業主の方へ、日本政府が出資してくれます。

一般貸付

一般貸付はほとんどの業種の方が利用できるため、迷ったらまずはこちらを検討してみましょう。

個人事業主でも、低利率で「 運転資金」「設備資金」「特定設備資金」を借りることができます。

令和2年6月時点での基準利率は年1.21~年2.20%です

資金用途 融資限度額 融資期間 据置期間
運転資金 4,800万円 7年以内 1年以内
設備資金 4,800万円 10年以内 2年以内
特定設備資金 7,200万円 20年以内 2年以内

申し込み時に必要な書類

・最近2期分の申告決算書(申告されている方)
企業概要書
・見積書(設備資金を希望される方のみ)

新たに事業を始める方、もしくは事業を開始して間もない方は、創業計画書を提出する必要があります。(創業計画書を提出する場合、企業概要書は不要です)

相談・申込は事業資金相談ダイヤル

電話番号:0120-154-505
受付時間:9:00~17:00(平日)

個人事業主の方なら、9:00~19:00(平日)まで対応してくれます。

時間帯を確認してから、ご自身が希望する事業資金についてまずは電話相談してみましょう。

事業内容や提出書類等に不備がなければ、申し込みから1ヶ月程度で希望する資金を融資してくれます。

方法2|信用金庫から借りる

公庫ではなく、全国各地にある地域密着型の「信用金庫」からお金を借りる方法もあります。

よく銀行と混同されがちですが、こちらは信用金庫法に基づいて出資してくれる非営利目的の地域金融機関です。

例)多摩信用金庫の事業資金に関する融資商品

例えば、東京都内に142店舗ある「多摩信用金庫」の事業資金に関する融資商品を見てみましょう。
(※令和2年6月時点)

項目 Win Pro Winトラスト Winパートナー
資金用途 運転資金・設備資金 運転資金・設備資金 運転資金・設備資金
融資金額 最大5,000万円以内 あらかじめ定めず 1,000万円以内
融資期間 運転資金
1ヵ月以上7年以内

設備資金
1ヵ月以上10年以内
6ヵ月以上15年以内 7年以内
据置期間 運転資金
6ヵ月以内

設備資金
6ヵ月以内
3年以内 3ヵ月以内
融資利率 当金庫所定の金利
(変動金利・固定金利)
当金庫所定の金利
(変動金利・固定金利)
当金庫所定の金利
(変動金利・固定金利)
返済方法 ・毎月元金均等返済
・毎月元利均等返済
・毎月元金均等返済
・毎月元利均等返済
・毎月元金均等返済
・毎月元利均等返済
保証人 ガイドラインに基づく 原則として必要 原則として必要
担保 原則として不要 原則として不要 原則として不要

多摩信用金庫には、上記のような事業者向けのローンが用意されていました。

信用金庫の営業地区およびその周辺にて事業を行っている方であれば、融資商品に申し込みできるようになっています。

営業されている地域の信用金庫に相談

信用金庫からお金を借りたい個人事業主の方は、全国信用金庫協会のエリア検索機能を使い、現在営業されている地域の信用金庫を探してみましょう。

希望する信用金庫の公式サイトで事業資金について検索すれば、取扱融資商品が見つかるはずです。

方法3|銀行から借りる

公庫や信用金庫からの融資は、いわゆる「プロパー融資」と呼ばれるものに該当します。

簡単に説明すると、「国と個人事業主」「信用金庫と個人事業主」といったように、金融機関から直接融資してもらえる商品です。

もちろん、全国展開するメガバンクやお住まいの地域にある銀行からプロパー融資を受けることもできますが、そのほとんどは法人向けなので、個人事業主が利用できないケースも多いのではないでしょうか?

申し込み時に必要な書類

・事業実態の確認できる資料
・所得証明資料
・永住権または特別永住権の確認できる資料
・古物商許可証 など

申込後の審査結果によっては、契約までに上記のような書類が必要になります。

契約先の銀行口座開設が必要なケースあり

ちなみに、銀行のビジネスローンを利用する場合、個人事業主向けの預金口座開設が必要なケースも多いです。

既に対象の銀行口座を開設していれば、申し込みから1週間程度で融資してもらえますが、口座を持っていない場合はそれ以上かかります。

公庫・信用金庫の融資と比べれば短期間ですが、それでも1週間近くかかることは理解しておきましょう。

方法4|ノンバンク系のビジネスローン

事業に必要不可欠な機具が急に壊れてしまったり、仕入れにかかった代金の支払期限が迫っていたり、すぐにでもお金が必要なケースもあるかと思います。

そういった緊急を要する場合は、ノンバンク系のビジネスローンがおすすめです。

個人事業主向けのビジネスローンも多く、最短1~2営業日で融資してもらえるため、お急ぎの方はこちらも検討してみましょう。

おすすめはAGビジネスサポート株式会社の「ビジネスローン」

ノンバンク系でおすすめなのは、AGビジネスサポート株式会社の取り扱う「ビジネスローン」です。

満20歳~満69歳までの法人・個人事業主が融資対象となっており、まとまった事業資金から一時的な資金繰りにまで、幅広く対応してくれます。

事業者向けビジネスローン

Service image
限度額 最大 1000万円
金利 年 3.1% ~ 18.0%
審査 公式サイト参照
融資 公式サイト参照

限度額の範囲内なら何度でもご利用可能
来店不要!保証人・担保不要!(※ただし、法人の場合は代表者様に、原則連帯保証をお願いします。)

公式サイトはこちら

申し込み時に必要な書類

・ご本人様を確認する書類
・確定申告書
・所定の事業内容確認書

必要に応じて別途書類を求められる場合もありますが、原則上記があれば特に大きな問題はないでしょう。

書類を提出するタイミングについては、以下フローを参照ください。

  1. 申し込みフォームから送信
  2. 仮審査
  3. メール・FAXで必要書類を提出
  4. 本審査
  5. 契約手続き
  6. 融資開始

最短申し込んだ日に融資してくれる

ちなみに、AGビジネスサポート株式会社のビジネスローンは融資スピードに定評があり、手続きがスムーズに進めば最短即日の融資も可能です。

公式サイトにも、以下のように記載されています。

AGビジネスサポートのFAQ
画像引用:よくあるご質問

「銀行の取り扱うビジネスローンでは間に合わない…」といった状況にある方は、ぜひ検討してみてください。

お申し込みフォームはこちら

【PR】請求書を活用したファクタリング

OLTAクラウドファクタリングでは、手元にある請求書を活用することで、事業に必要な資金をすぐに調達することが可能です。スマホやPCにから手続きが可能なため非常にスピーディーで、今すぐに資金を必要としている多くの方に選ばれています。

OLTAクラウドファクタリングの特徴・メリットは、大きく挙げると3つあります。

  • 1.最短即日での振込が可能
  • 2.オンライン完結で面談不要
  • 3.費用は手数料の2~9%だけ

通常の銀行融資や事業者向けのローンでは、面談や長時間の審査がどうしても必要になるため、実際に資金が手元に届くまでに最短でも1日~数週間の時間がかかります。

一方でOLTAクラウドファクタリングは、最短即日での振込が可能で、手続きも全てWEBで完結するためオフィスから出る必要もありません。担保や保証人は不要、信用情報への記録も残らないため、今後の資金繰りを考えている人にも安心です。

気になる方は下記にて詳細を確認してみてください。

公式サイトはこちら

事業性資金以外であれば選択肢は広がる

事業性資金としてではなく、日常的な生活費の補填などが目的であれば、他にもお金を借りる方法はあります。

例えば、カードローンを使ってお金を借りる、という選択肢もあるでしょう。

借入専用のカードを発行し、金融機関や提携するコンビニ等のATMからお金を借りられる便利なサービスです。

最近では、指定口座に振り込んでもらえる商品も増えていますね。

自由な用途でお金を借りられる

銀行や消費者金融が取り扱うカードローンの多くは、事業性資金以外であればどのような用途でお金を借りても問題ありません。

「急な会食が入ったけど、金欠で財布の中身は千円だけ…」
「今月は資金繰りが厳しく、生活費にお金を回す余裕がない…」

上記のような状況でも、まとまったお金を借りて資金繰りを立て直すのに役立ってくれます。

金利が気になるなら銀行のカードローン

「確かに便利だけど、金利が高い」と感じる方は、銀行の取り扱うカードローンに目を向けてみましょう。

比較的お得な金利で借りられるカードローンが多いので、まとまったお金を借りたいけれど利息は抑えたい方におすすめです。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 2.0% ~ 14.0%
審査 公式サイト参照
融資 公式サイト参照

銀行ならでは納得の低金利と限度額(10万円~800万円)!みずほ銀行のキャッシュカードですぐに利用可能!※みずほ銀行カードローンのご利用は計画的に!
口座があれば、来店・郵送なしのWeb完結!キャッシュカードで借入できるので、周囲にバレずに借りられるから大人気!

公式サイトはこちら

auじぶん銀行じぶんローン

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 1.48% ~ 17.5% ※通常
審査 最短1時間
融資 最短即日

ネット上で手続きを済ませたい方におすすめ!
au IDをお持ちの方はお得に利用可能!

公式サイトはこちら
※金利は「通常コース」の利率となっています。カードローンau限定割 誰でもコースの場合、金利が年1.38~17.4%、カードローンau限定割 借り換えコースの場合、金利が年0.98%~12.5%になります。
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

急いで借りたいなら消費者金融のカードローン

「すぐにでもお金が必要」と感じる方は、消費者金融の取り扱うカードローンに目を向けてみましょう。

おすすめは、テレビCMや街中の広告等で目にする大手消費者金融のカードローンです。

ネット申し込みから最短20分で、まとまったお金を借りることもできます。

プロミス

Service image
限度額 最大 500万円
金利 年 4.5% ~ 17.8%
審査 最短3分
融資 最短3分

20~30代にオススメ!即日融資ならネット申し込みがおすすめ!
30日間"無利息期間"があり!カードレスでも可能だから郵送物なし!

公式サイトはこちら
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アコム

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 3.0% ~ 18.0%
審査 最短20分
融資 最短20分

来店不要で最短20分融資可!周りにバレずに内緒で借入れ可能!
三菱UFJフィナンシャル・グループだからサービスが充実!初めてなら「最大30日間金利0円」でコンビニ利用も可能!

公式サイトはこちら
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アイフル

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 3.0% ~ 18.0%
審査 最短18分
融資 最短18分

初めての利用なら最大30日間の利息ゼロ!
バレずに使いたい人ならアプリが充実している安心・信頼のアイフルで。

公式サイトはこちら
※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。

まとめ

事業資金が不足している個人事業主に向けて、お金を借りる方法を4つ紹介しました。

1.日本政策金融公庫から借りる
2.信用金庫から借りる
3.銀行から借りる
4.ノンバンク系のビジネスローン

金利や返済期間、融資スピードなどに差があるので、ご自身の希望に適した方法を検討してみてください。

ファイナンシャルプランナー|北村滋郎

FP監修者からのアドバイスコメント

創業まもない個人事業主の方は、お金を借りる際、まず仕入れから資金の回収まで、どのくらいのサイクルでお金が手元に入るのかを理解しておきましょう。そのサイクルの期間からどの程度の資金を最初に借りればいいのかが判断できるはずです。創業して数年後に資金ショートにより融資を受けたいという方は、売上増で事業を拡大したいのか?売上減で資金が不足しているのか?で対応は異なります。前者は問題はありませんが、後者はなぜ売上が下がったのか、その原因を把握し、対応の後に融資を受ける必要があります。融資があると言っても、これはいずれ返さねばならないお金です。安易な融資申込みはご注意が必要です。

<<お金を借りる11つの方法をタイプ別に一覧で紹介!

おすすめの特集ページ

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
  • ※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る