今すぐお金が必要なときの対処法|未成年や借入経験者もサポート

この記事に関するアドバイザ

元 銀行ローンセンター長

佐藤喜三男

銀行にてローンセンター長を務めた他、大手証券会社・大手クレジットカード会社において、30年に渡り審査を中心に様々な職種を担当。現在はFP兼相続診断士として、多くの消費者の力になっている。

この記事の目次

  1. すぐにお金が必要な場合は選択肢が少ない
  2. 20歳未満の未成年者は借入できません
  3. 未成年者が今すぐできるのは物を売ること
  4. 今すぐお金が必要ならバイトで稼いでみる
  5. それでもダメなら親や友人に相談してみる
  6. 20歳以上の方はお金を借りる手段が広がる
  7. 今日中にお金が必要な人向けのカードローン4選
  8. 今すぐお金が必要な人に知ってほしいカードローン利用のポイント
  9. 今すぐお金が必要でも闇金業者は絶対に利用しない!
  10. 借り過ぎていると感じたらお金のプロに相談
  11. まとめ

すぐにお金が必要な場合は選択肢が少ない

はじめに、今すぐにでもお金が必要な人は、時間に余裕がある人と比べて「選択できる手段が少ない」ことを理解しておきましょう。

これから紹介する対処法を大きく分類すると、自分でお金を作るか・借りるかの2択になります。

今日中にお金を工面しなければいけない場合、短時間で決断しなければいけませんが、後々後悔しないようにしっかり検討するようにしましょう。

お金を得るには何かしらのデメリットが伴う

この記事を読んでくださっている方のステータスや、必要とする金額にもよりますが、楽をして簡単にお金を作る方法などありません。

例えば、売却する際には相応の物を失う、働いて稼ぐには時間や体力が必要になる、お金を借りるには金利がかかる、といったように何らかのデメリットが伴います。

どのような手段を選ぶにしても、今すぐにお金を用意するのは簡単ではないこと理解しておきましょう。

適切な解決手段を見極めることが大切

今日中にお金が必要な状況とはいえ、人によって金欠問題を解決するための適切な方法は異なります。

例えば、売るものがない人に「リサイクルショップへ行きましょう」と言っても、現状の問題を解決するのは難しいでしょう。

同じように、働く時間がない人に対して「日雇いの仕事で稼ぐ方法があります」と言っても現実的に不可能。返済する能力がない人に「お金を借りる方法もあります」と提示するのは問題外です。

たくさんの対処法の中から、自分にとって適切な手段を選ぶようにしてください。

20歳未満の未成年者は借入できません

今すぐお金が必要な場合、時間がないので多くの方は「お金を借りる」という選択肢を検討するのではないでしょうか?

最近では、保証人を立てたり土地などを担保に入れたりする必要がない、銀行や消費者金融の取り扱うカードローンが主流です。

カードローンを希望する方の中には、17歳、18歳、19歳といった未成年の方もいるかもしれませんが、借入することが出来るのは20歳以上となっています。

年齢制限をクリアしていない方は、申し込んでも審査を通過できないのでご注意ください。

仮に20歳以上でも無職の方は対象外

仮に、申し込み時の年齢が20歳以上だったとしても、収入がまったくない無職の方は借入できません。

お金を借りる以上、利用者は毎月きちんと返済していく必要があります。

つまり、継続的に一定の収入がなければ、返済していく能力がないと判断され、お金を貸してもらえないのです。

どうしてもお金を借りる必要がある場合は学生ローン

未成年の方で「どうしてもお金を借りなければいけない…」といった状況にある場合は、学生ローンを検討してみてはいかがでしょうか?

学生ローンは、学生向けに用意されているローン商品です。全ての学生ローンではありませんが、20歳未満でも学生証があれば申し込めます。(※高校生は利用不可)

一部の学生ローンは親の同意が必要になりますが、今すぐにお金を借りられる可能性はあるでしょう。

おすすめの学生ローンはこちら

実際に、編集者が「18歳以上の未成年でも申し込める学生ローン」を探してみたので、気になる方は確認してみてください。

基本的には、アルバイト等で安定した収入があれば、すぐに融資してもらえる可能性があります。

収入が少ない場合は借入できる限度額が低めに設定されることもありますが、検討してみる価値はあるでしょう。

項目 詳細
商品名 学生ローンのアミーゴ
申込対象 34歳までの安定した収入のある学生の方
(高校生を除く)
親の同意 不要
金利 14.40%~16.80%(実質年利)
融資金額 3万円〜50万円
即日融資 可能
融資方法 全国の銀行口座もしくは郵便局に振り込み
公式サイト //www.gakusei-loan.com/
項目 詳細
商品名 学生ローンのカレッヂ
申込対象 高卒以上の大学生、短大生、予備校生、専門学校生の方
アルバイト等でご収入のある方
親の同意 不要
金利 可能
融資金額 17.00%(実質年利)
即日融資 10万円まで
融資方法 来店もしくは銀行口座に振り込み
公式サイト //www.3205-1105.co.jp/
項目 詳細
商品名 学生ローンのフレンド田(DEN)
申込対象 高卒以上の大学生、短大生、専門学生、予備校生の方
必要書類をご提示いただける方
安定した収入のある方
親の同意 必要
金利 可能
融資金額 15.00%~17.00%(実質年率)
即日融資 1万円~50万円まで
融資方法 来店もしくは銀行口座に振り込み
公式サイト //www.gakusei-cashing.com/

借り入れできる金額は申し込み後の審査次第ですが、親の同意がなくても申し込める学生ローンもあります。

「家族や学校には内緒にしておきたい…」そんな未成年の方は、紹介したような学生ローンを活用してみてください。

未成年者が今すぐできるのは物を売ること

個人向けのローンを利用する以外にも、今すぐにお金を工面する方法はあります。

例えば、売れるものがあるなら、学生ローンを利用するのではなく、品物を売却してお金に変えましょう。既に検討、もしくは実践した方はスルーしてください。

多くの方は「不要なもの」を売って、お金に換えようと考えがちです。確かに、必要な金額が1,000円~5,000円といったように少額ならそれでもいいでしょう。

ですが、まとまったお金がすぐにでも必要な方は、大切な品物でも手放す覚悟を持たなければいけません。

価値のあるものほど高く売れる

当たり前のことですが、「手放したくない…」と思うものほど高く売れます。極端な例ですが、マイホームやマイカーなど、売却後のリターンは大きいですよね。

そういった価値のある物も含めて、売却すべきか判断するようにしましょう。

まとまったお金を必要とする場合は、ブランド品や貴金属の売却がおすすめです。女性であればバッグやアクセサリー、男性なら腕時計などが高額で売却できます。

ちなみに、品物の価格相場をリサーチできる「オークファン」というサイトもあるので、売却を考えている方は活用してみてください。

すぐにお金が必要なら街のリサイクルショップ

ネット上で見かけるサイトの中には、売却する際にフリマアプリやオークションサイトなどを掲載していますが、すぐにでもお金が必要な場合、はっきり言ってそれでは間に合いません。

買ってくれる人が現れない、システム上入金が遅くなる等、必ずしも今すぐに売却できる保証がないのです。

急いでいるのであれば、お住まいの地域にある「リサイクルショップ」へ行って売却しましょう。

アンケート調査によると売れても数万円程度

マネットでは「金欠問題に関するアンケート調査」も行っており、実際にものを売って解決した方の体験談も収集しています。

その結果、「ものを売る」という手段では1万円未満、高く売れたとしても5万円程度が一般的であることが確認できました。

詳細が気になる方は、以下の記事もぜひ参照してみてください。

相場以上の価格で売却するなら個人売買がおすすめ

リサイクルショップを利用する場合は、品物の売却価格に一定の基準があります。

高く売れそうなリサイクルショップを探す人もいますが、価格相場はある程度決まっているのであまりおすすめしません。

「大事な品物を少しでも高く売却したい…」と考えるのであれば、個人で売買した方が相場より高く買い取ってもらえる可能性があります。

例えば、レアなアナログ音源があっても、一般的なリサイクルショップでは価格相場で売却となるでしょう。しかし、音源の価値を知っている人に直接売れば、交渉次第で相場より高く手放せるかもしれない、という訳です。

少しでも高く売却したいのであれば、頭に入れておくといいでしょう。

今すぐお金が必要ならバイトで稼いでみる

「売れるものはもうない」「何らかの理由があって借らりれない」そんな方は、バイトを探してみましょう。

バイト内容や働ける時間によってかなり限定的になってしまいますが、無理のない範囲で行える案件を探してみてください。

日払いで給料をもらえることが大前提

すぐにでもお金が必要な場合は、給料の支払われるタイミングが重要です。

例えば、日雇いのバイトだったとしても、支払いが翌日になるケースもあります。契約する前に、支払い期日についてもきちんと相談しておくようにしましょう。

バイト探し専門のサイトを活用すれば意外と見つかる

バイトを探すにしても、求人広告を見て回っている時間はありません。そんな方は、バイト探しに特化した専門サイトを利用してみてください。

■an(アン)
公式サイト|//weban.jp/

■タウンワーク
公式サイト|//townwork.net/

例えば、首都圏ならイベント系の単発バイトや、シール貼り等のバイトがおすすめです。

1日4時間程度の勤務で、その日に1,000~2,000円支給されるバイトもあります。お住まいの地域には無いと諦めず、まずは検索してみてください。

知人の職場などで働かせてもらうのもアリ

とはいえ、お住まいの地域によっては、日雇い・日払いのバイトが中々見つからないケースもあるでしょう。

そんな時は、知り合いの職場で働かせてもらう選択肢もあります。

ちなみに、編集者の実家は八百屋だったので、荷物の搬入や品出しなどを手伝うことでバイト代をもらっていました。地元のガソリンスタンドで、雑用半日(車の窓ふき・ごみ捨て・客引きとか)で2,000円もらった経験もあります。

本気で稼ごうと思えばいくらでも手段はあるので、働ける時間がマッチングする職場を諦めずに探してみてください。

それでもダメなら親や友人に相談してみる

「自分の力ではお金を用意できそうにない…」そんな方は、親や友人に相談してみましょう。

なぜ、今すぐお金が必要なのかを素直に伝えてみてください。もしかすると、金銭的にフォローしてくれるかもしれません。

あくまでも相談ベースで話すことが大切

急いでお金が必要かもしれませんが、「〇〇円貸してほしい!」というようなニュアンスは避けましょう。

必ずしも、相手に金銭的な余裕があるとは限りませんし、お金が必要な理由によっては断られる可能性もあります。

  1. 相談に乗ってもらえる時間があるか確認
  2. お金を貸してくれないか相談開始
  3. 今すぐお金が必要な理由を伝える
  4. 相手が相談に乗ってくれれば金額交渉

誠意をもってきちんと対応することが大切です。今後の付き合いにも影響する可能性も十分考慮して、上記のフローを参考に丁寧に進めてみてください。

貸してもらえる場合は内容を書面に残しておく

親や友人に相談した結果、お金を貸してもらえることになった場合は、書面で貸し借りの内容を記録しておくのがおすすめです。

・自分の氏名
・相手の名前
・お金を借りた日
・借りた金額
・返済日

最低でも、上記の5項目は書面に記載しておくようにしましょう。個人間の貸し借りで万が一問題が生じても、トラブル防止につながります。

相手からお金を借りることに対して誠意も伝わるので、それぞれ1部ずつ持っておくようにしましょう。

20歳以上の方はお金を借りる手段が広がる

未成年の方がお金を借りる手段は、親や友人、学生ローンくらいのものです。
しかし、年齢が20歳以上であれば、「お金を借りる」という選択肢の幅が広がります。

すぐにでもお金が必要な状況であれば、安心して借入できる正規業者も検討してみてはいかがでしょうか?

お金を借りるのに抵抗がある人|質屋

お金を借りる先は、何も銀行や消費者金融などの金融機関だけではありません。
借入に対して不安があるなら、例えば「質屋」を利用してお金を借りるという選択肢もあります。

質屋は、品物を担保にしてお金を貸してもらえるシステムです。

期間内に返済すれば担保に入れた品物は戻ってくるので、大切なものを手放さずに現状の金欠問題を解消することもできます。

万が一支払えなかったとしても、品物を手放せば返済義務はなくなるので、そこまで大きなリスクはありません。

【注意】借りたお金と一緒に質料を支払う

利便性の高いサービスではありますが、貸付期間に応じて「質料」を支払うことになるので、借りた額以上のお金を返す必要があります。

質料を簡単に説明すると、貸したお金にかかる利息や、預けた品物の保管料の総称です。大手の質屋では、月単位でこの質料が発生します。

例えば、ネット取引も行っている大手のひとつ「大黒屋」の利息は、以下の金利によって算出される仕組みです。

借入金額 利率(月利)
総額1000万円以上ご融資の場合 0.95%
総額100万円以上1000万円未満ご融資の場合 1.25%
30万円以上100万円未満ご融資の場合 1.5%
30万円未満ご融資の場合 店舗により異なる

▶参照|質利息のご案内

試しに、大黒屋から30万円借りて、1ヶ月後に全額返済した場合をシミュレーションしてみましょう。

「借入30万円×金利1.5%÷365日×30日=3,698.63…」
※1ヶ月を30日として計算しています

上記の例であれば、30万円を返す際に「3,698円」の利息を支払うことになるのです。

お住まいの地域にある質屋が、どれくらいの金利で貸付を行っているのかを、事前に確認しておくようにしましょう。

毎月一定の給料が入る人|カードローン

20歳以上の方であれば、銀行や消費者金融のカードローンに申し込むこともできます。

カードローンは、借入専用のカードを発行して、ATMから現金を借入したり、指定口座に振り込んでもらったりすることができる便利なサービスです。

基本的には、お金を借りるのに保証人を立てたり土地などを担保に入れたりする必要はありません。

最近では、インターネットから申し込んでカードを発行する流れが主流となっています。

  1. 公式サイトから申し込み
  2. 必要書類を提出
  3. 最短30分のスピード審査
  4. 契約完了
  5. 自動契約機でカード発行
  6. 近くのATMでキャッシング

アルバイトやパート、契約社員などの雇用形態でも、安定した収入があれば融資してくれる可能性はあります。

Q.カードローンは安心して利用できるのか?

Sato

元 銀行ローンセンター長|佐藤喜三男

安易に借入しなければ、誰にも迷惑をかけず安全に利用できます

カードローン最大の特徴は、自分自身の信用をもとに、誰にも迷惑をかけずに利用できることです。
無担保、保証人不要、投資や事業用以外使途自由で、契約期間中であれば、利用限度額の範囲内で繰り返し借り入れできます。
貸金業法や銀行の自主ルールにより、借り過ぎや高金利、悪質な取り立ても規制されており、安心して利用できます。安易に利用し過ぎないよう十分注意し、必用に応じ返済可能な範囲で利用する分には、大変便利なサービスと言って良いでしょう。

【注意】お急ぎの方は銀行のカードローンを避ける

お急ぎでカードローンを利用する際に注意していただきたいのが、「銀行では即日融資してもらえない」という点です。

仮に、お近くの銀行でカードローンに申し込んだ場合、一般的には融資まで1週間程かかってしまいます。どんなに融資が早い銀行のカードローンだったとしても、申し込みから2~3営業日かかることを理解しておいてください。

今すぐお金が必要な場合は、即日融資対応のカードローンを選ぶようにしましょう。

今日中にお金が必要な人向けのカードローン4選

即日融資を希望する方向けに、どのようなカードローンを選べばいいのか紹介していきます。

「今すぐお金が必要だけど、カードローン選びに迷っている…」そんな方は、ぜひ参考にしてみてください。

消費者金融なら最短で今日中に借入できる

今すぐにお金が必要なら、ぜひ消費者金融に相談してみてください。銀行が提供しているカードローンもありますが、その場合は審査に数日を要するため、今日中に対応することはできません。

大手消費者金融は、最短30分で審査が完了するので、早ければ今日中にお金を借りられます。

Q.なぜ消費者金融の審査は早いのか

Sato

元 銀行ローンセンター長|佐藤喜三男

卓越したノウハウがあるからです

個人融資に特化している消費者金融は、独自のノウハウと膨大な顧客データを有しています。審査は、そのノウハウや顧客データをもとに、自動システムを用いて行われるため、結果もスピーディーに出るわけです。
具体的には、スコアリングシステムを用いて申込情報を数値化し、大量に蓄積された顧客データと照合することで、「この申込者には返済能力があるのか」をスピーディーに判断しています。
つまり、合否にかかわらず、審査結果は素早くはじき出せるようになっているのです。

今すぐ必要なお金をプロミスで用意!

限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間

プロミスには、他大手カードローンより少し金利が安いという特徴があります。
三井住友銀行の口座があれば、土日でも瞬時に振込キャッシングができる瞬フリサービスがあるので、今すぐ口座にお金を入れたいといった方におすすめです。

なお、プロミスはネット上で「カンタン入力申し込み」と「フル入力申し込み」が選べます。担当者から電話がかかってくる回数を最小限にしたい方は、フル入力を選んだ方が良いでしょう。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス利用者の口コミ

Male

30代 / 男性 / 職業: 会社員 / 年収: 300-499万円 / 目的: 趣味・娯楽

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.9

すぐにでもお金が必要だったので、1時間程度でお金を借りられたのが良かったです。おかげで、気兼ねなくデートできました。

プロミス公式サイトはこちら

今すぐ必要なお金をアコムで用意!

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間

アコムは、今すぐにお金が必要という切羽詰まった状況にある人にピッタリのカードローンです。
初心者向けのカードローンなのでサポート体制やサービスも充実しており、手続きがシンプルなうえにわからないことはすぐ相談できます。

「今すぐお金が必要だけど、借入の手続きってなんだか小難しそう…」そう感じている方こそ、アコムを検討してください。

なお、公式サイトでは「3秒借入診断」というサービスもありますが、残念ながら入力内容が申し込みフォームに反映されません。急いでいるなら、そのまま申し込みフォームに記入した方がスムーズです。

アコム利用者の口コミ

Male

20代 / 男性 / 職業: 自営業(個人事業主) / 年収: 100-299万円 / 目的: 趣味・娯楽

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
non star
4.0

今回は友人との旅行のための利用だったのですが、即日融資も問題なく受けられて満足しています。 返済も一括でしてしまったので、利息もかかりませんでした。

アコム公式サイトはこちら

今すぐ必要なお金をアイフルで用意!

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間

アイフルは、今すぐお金を借りたいけど家族には内緒にしたいというニーズに応えてくれます。

また、振込人名義を個人名にできるので、通帳にアイフルという社名が残る心配もありません。

なお、アイフル申し込みフォームには「当日融資希望有無」という項目があり、ここで「希望する」を選択すれば、可能な限り優先的に手続きをしてくれます。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル利用者の口コミ

Male

30代 / 男性 / 職業: 会社員 / 年収: 300-499万円 / 目的: 趣味・娯楽

ユーザー評価
full star
full star
full star
half star
non star
3.8

ネットでの申し込みに関わらず、即日審査が可能で、必要書類も写真を送るだけで平気だったのが良かったです。 借り入れと返済もATMで楽々でした。

アイフル公式サイトはこちら

今すぐ必要なお金をSMBCモビットで用意!

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 公式サイト参照
融資 最短即日

SMBCモビットは、審査さえ終了すればすぐに借り入れ可能となるカードローンです。公式サイトから申し込めば、結果が瞬時に表示される10秒簡易審査を受けられるので、借りられるかどうかすぐ知りたいといった方に向いています。

また、モビットはネット上で手続きの全てを行えるWEB完結申し込みも用意しているので、職場連絡に不安がある方にもオススメです。

ただし、実際に申し込む際は、10秒簡易審査を希望するなら「カード申込」、WEB完結を希望するなら「WEB完結申込」を選択するよう注意してください。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

SMBCモビット利用者の口コミ

Female

30代 / 女性 / 職業: 会社員 / 年収: 100-299万円 / 目的: 生活費

ユーザー評価
full star
half star
non star
non star
non star
1.9

申込みから審査完了まで30分以内で完了したのには驚きでした。手続き自体はWeb上で完了するのでとても楽です。

SMBCモビット公式サイトはこちら

今すぐお金が必要な人に知ってほしいカードローン利用のポイント

上記のカードローンを選べば、最短で1時間以内にお金を用意できます。
しかし、そのためには適切な手続きを踏まなくてはなりません。

要するに、効率的かつ臨機応変に対応できる手段を実践することがポイントです。

ポイント1:ネット上で公式サイトから申し込み

即日でお金を借りるためには、少しでも早く審査を受け始めることが重要です。

基本的に審査時間はどんな方法で申し込んでも変わりませんが、どこにいても利用できるネット申し込みなら、最短時間で審査を受け始めることができます。

ポイント2:無人契約機でカード発行

ネット申し込みを済ませたら、審査時間を利用して無人契約機に向かいましょう。
営業時間内に審査さえ終了していれば、当日中にローンカードを受けとり、店内ATMで即日キャッシングができます。

なお、マネットでは全国の無人店舗・ATMをまとめています。ぜひ、参考にしてください。

最寄りの店舗を探す

今すぐお金が必要でも闇金業者は絶対に利用しない!

今日中になんとかお金を工面しなければいけない状態でも、一旦落ち着いてください。

「借金があっても貸してくれるところはないか?」
「高金利でもいいからお金を貸してほしい…」

借入を希望する方の中には、上記のように考えてしまうケースもあるでしょう。

しかし、そういった違法な貸付を行うのは闇金業者の可能性が高いので、絶対に利用しないようにしてください。

金銭トラブルや犯罪の温床となっている

万が一、闇金業者と知らずにお金を借りてしまうと、違法な利息の取り立て行為などの被害に遭う可能性もあります。

体験談や口コミなどを掲載するサイト等を見てみると、闇金業者からの返済を催促する違法行為に悩まされているケースも多いようです。

どんなに急いでいたとしても、絶対に悪質な違法業者からは借りないようにしましょう。

闇金業者かどうかは金融庁のサイトで確認

違法業者の中には、一般的な金融業者を装っているケースもあります。最近では、以下のように「ソフト闇金」と謳う業者も見受けられますね。

こういった場合、「本当に大丈夫なのかな?」と感じた時点で、違法業者かどうかセルフチェックすることが大切です。

個人で判断する際は、金融庁の登録貸金業者情報検索入力ページを利用しましょう。以下のように、5つの項目を入力すれば、金融庁に登録された正規業者かすぐに判断できます。

登録貸金業者情報検索入力ページ
画像引用:登録貸金業者情報検索入力ページ

入力に必要な情報は、金融機関の公式サイト内にある「会社概要」などに記載されています。

登録番号などが確認できない場合は、闇金業者の可能性があるので絶対に利用しないようにしてください。

借り過ぎていると感じたらお金のプロに相談

資金繰りがどうにも回らないのであれば、自分だけで抱え込むのではなく、無理せず相談してみましょう。

身近な人だけでなく、「お金のトラブルを専門に扱うプロ」を頼ってみるのも選択肢のひとつです。今抱えている金銭問題を解決する糸口になるかもしれません。

お金に関する問題をカテゴリごとに分類し、無料相談できる公共機関や専門サイトを以下に記載しておいたので、お悩みの方はぜひ参考にしてください。

債務整理(借金問題)についての相談

日本司法支援センター(法テラス)
日本弁護士連合会
日本司法書士会連合会
日本貸金業協会
財団法人日本クレジットカウンセリング協会
全国銀行協会

ヤミ金融についての通報や相談

警察
消費者生活センター
日本弁護士連合会
日本司法書士会連合会

登録貸金業者にかかる苦情や相談

日本貸金業協会
国民生活センター

その他の法律相談

日本司法支援センター(法テラス)
日本弁護士連合会
日本司法書士会連合会

まとめ

今すぐお金が必要な人向けに、現実的な視点でいくつか考えられる対処法を紹介していきました。

【17~18歳の未成年者】
 物を売ってお金を作る
 親や友人から借りる
 学生ローンを使う

【20歳以上で安定収入がある方】
 物を売ってお金を作る
 親や友人から借りる
 最寄りの質屋で品物を担保に借りる
 即日融資可能なカードローンで借りる

【何らかの理由で借入が難しい方】
 物を売ってお金を作る
 親や友人から借りる
 お金のプロに相談してみる
 場合によっては警察に通報

どんなにお急ぎの場合でも、ご自身の状況に応じて適切な手段を選ぶようにしてください。

即日融資に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
  • 金融庁
  • 日本賃金業協会
  • 割賦販売法・賃金業法指定信用情報機関
  • 指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構
  • 金融庁
ページトップに戻る