今すぐお金が必要な人へ!今日中にできる適切な3つの方法を厳選

2018年11月13日更新

Sato
この記事のアドバイザ
銀行にてローンセンター長を務めた他、大手証券会社・大手クレジットカード会社において、30年に渡り審査を中心に様々な職種を担当。現在はFP兼相続診断士として、多くの消費者の力になっている。

 この記事はこんな人向けです 

今すぐお金が必要な人におすすめ!今日中にお金を用意する方法

どうしてもお金が必要なのに、財布も口座も空っぽ。そんな今すぐお金が必要な状況にある方は、どのような対処をすればいいのか?

まずは、最短で今日中にお金を用意できる方法を紹介します。

今日中にできる方法1:知り合いに相談

最初に紹介する選択肢は、身近な人に助けてもらうというものです。

もちろん、誰が相手であっても、借りたお金はしっかり返さなくてはなりません。また、お金の貸し借りは人間関係に悪影響を及ぼす可能性もあるので、あくまでも誠実な対応をする必要があります。

しかし、この手段でお金の問題を解決できるなら、それに越したことはないでしょう。

両親・兄弟などの家族に相談

実家のご両親や兄弟、祖父母など、ご家族の方に相談してみてはいかがでしょうか?
同居している方は、ぜひ直接相談してみてください。実家を離れて一人暮らしをしているような方は、電話で連絡をとり口座への振り込みをお願いしてみましょう。

もちろん、必ずしも助けてもらえるとはかぎりませんが、事情を説明すれば快く力になってくれる可能性があります。
また、家族相手であればその他の知り合いに「お金に困っている事実」が知れ渡る可能性が低いので、周囲の目を気にせずに済むかもしれません。

上司・先輩・同僚など職場の人に相談

職場に信頼できる上司・先輩・同僚の方がいるなら、その人に相談してみるのもいいかもしれません。
例えば、突然飲み会などに誘われたようなタイミングであれば、その食事代を貸してもらうことはできる可能性があります。

ただし、職場の方相手にお金の相談をするなら、特に誠実な対応を心がけなくてはなりません。
ルーズな対応をしてしまうと、個人的な信用を失うばかりか、仕事相手としての評価も下がる恐れがあります。

仲のいい友達に相談

個人的に仲良くしている人がいるなら、その方に助けてもらうという手もあります。気が置けない相手であれば、あなた自身も素直に相談しやすいかもしれません。

ただし、気心が知れている相手であるなら、なおさら対応には注意してください。
不誠実な対応を取ると、お金よりも大切な人間関係にヒビが入りかねません。

出来れば、借用書を用意して「どれだけの金額を借りて、いつまでに返済するのか」をはっきりさせて、その約束を徹底して守りましょう。

今日中にできる方法2:物を売ってお金に換える

自宅に不要なものがあるなら、それを売ってお金に換えるという手段もあります。
例えば、着なくなった衣類や読まなくなった雑誌類、使わなくなった家具などを売れば、ある程度のお金になるかもしれません。

ただし、状態の良いブランド物でもない限りは、一般的に高額買取は期待できないでしょう。また、手放した物は簡単に取り戻せないこともあるので、その点にも注意は必要です。

それでも、部屋の掃除を兼ねて物を売るというのは、一考してみても良いでしょう。

リサイクルショップで売る

今すぐにでもお金を用意したいなら、ぜひリサイクルショップに不用品を持って行ってください。
営業時間内に来店すれば、その日のうちに下取りを済ませ、換金してくれるでしょう。

ただし、物の価値は店舗によって変動するケースがあるので、少しでも高値で売りたい場合は複数店舗を回ってみた方がいいでしょう。

≫最寄りのリサイクルショップを検索

オークションサイトに出品

ネットオークションに私物を出品すれば、今日中に落札される可能性もあります。

1点、今日中に現金を入手することは基本的にできないため、その点には注意しておいてください。
今すぐお金を手元に用意したいという方には、不向きであると言わざるを得ません。

しかし、オークションは個人が「入札」という形で値段をつけてくれるので、状態の良い掘り出し物などは大金に換わる可能性もあるでしょう。

 オークションサイトの例 

フリマアプリに出品

ネット上で物を売るなら、フリーマーケットアプリを利用するという手もあります。人気が高い商品を出品すれば、その日のうちに買い手が見つかるかもしれません。

こちらも、今日中にお金が手元に届くわけではないので、今すぐお金が必要と言う状況には不向きと言えるでしょう。

しかし、フリマアプリでは個人が作った手製アクセサリーなども出品できるので、ぜひ1度試してみてください。

 フリマアプリの例 

今日中に出来る方法3:金融機関からお金を借りる

場合によっては、金融機関からお金を借りるという手段も検討してみてください。

知り合いに助けてもらえるなら問題ないでしょうが、お金の悩みは人に相談しにくいということもあるかもしれません。物を売っても、目標額に達しないというケースもあります。

金融機関からの借入なら、審査さえ通過すれば、希望通りの金額を用意してもらえる可能性があります。

カードローンという選択肢

具体的な借入方法のひとつに、カードローンがあります。カードローンとは、ATMを利用して現金を借り入れできる、カード型のローン商品です。

コンビニATMでも利用できるので、例えば出先で突然お金が必要になったタイミングでも、カードローンは力になってくれます。

用途自由なので様々な状況で役立つ

多くのローン商品は「目的ローン」と呼ばれるもので、規約で決められた用途にしか利用できません。一方、カードローンは用途が自由なので、例えば生活費の補てんや公共料金の支払いにも利用できます。

しかし、「お金を借りるためのサービス」には他なりません。人によっては、安全に利用できるのか不安かと思います。
その点について、ローンの専門家に意見を伺ってみました。

Q.カードローンは安心して利用できるのか?

Sato

元 銀行ローンセンター長|佐藤喜三男

安易に借入しなければ、誰にも迷惑をかけず安全に利用できます


カードローン最大の特徴は、自分自身の信用をもとに、誰にも迷惑をかけずに利用できることです。
無担保、保証人不要、投資や事業用以外使途自由で、契約期間中であれば、利用限度額の範囲内で繰り返し借り入れできます。
貸金業法や銀行の自主ルールにより、借り過ぎや高金利、悪質な取り立ても規制されており、安心して利用できます。安易に利用し過ぎないよう十分注意し、必用に応じ返済可能な範囲で利用する分には、大変便利なサービスと言って良いでしょう。

「今すぐお金が必要」という方の中には、特定の目的があるわけではなく、その日必要なお金が足りていない人もいることでしょう。そういった方にこそ、カードローンはおすすめの商品と言えます。

用意できる金額は1,000円~数十万円

一般的なカードローンは、限度額の範囲内なら1,000円単位で借入ができます。そのため、必要に応じて足りない金額分の借入ができるのです。

限度額は審査によって決まるので、個人差がありますが、場合によっては30~50万円を今日中に用意できるでしょう。

消費者金融なら最短で今日中に借入できる

今すぐにお金が必要なら、ぜひ消費者金融に相談してみてください。銀行が提供しているカードローンもありますが、その場合は審査に数日を要するため、今日中に対応することはできません。

大手消費者金融は、最短30分で審査が完了するので、早ければ今日中にお金を借りられます。

Q.なぜ消費者金融の審査は早いのか

Sato

元 銀行ローンセンター長|佐藤喜三男

卓越したノウハウがあるからです


個人融資に特化している消費者金融は、独自のノウハウと膨大な顧客データを有しています。審査は、そのノウハウや顧客データをもとに、自動システムを用いて行われるため、結果もスピーディーに出るわけです。
具体的には、スコアリングシステムを用いて申込情報を数値化し、大量に蓄積された顧客データと照合することで、「この申込者には返済能力があるのか」をスピーディーに判断しています。
つまり、合否にかかわらず、審査結果は素早くはじき出せるようになっているのです。

今すぐ必要なお金をプロミスで用意!

プロミス
限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間
・スマホでお借入れ可能
・20代・30代の方から人気
公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミスには、他大手カードローンより少し金利が安いという特徴があります。
三井住友銀行の口座があれば、土日でも瞬時に振込キャッシングができる瞬フリサービスがあるので、今すぐ口座にお金を入れたいといった方におすすめです。

なお、プロミスはネット上で「カンタン入力申し込み」と「フル入力申し込み」が選べます。担当者から電話がかかってくる回数を最小限にしたい方は、フル入力を選んだ方が良いでしょう。

プロミス利用者の口コミ
Male

30代 / 男性

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.8

すぐにでもお金が必要だったので、1時間程度でお金を借りられたのが良かったです。おかげで、気兼ねなくデートできました。

プロミスで今すぐお金を借りる流れ

プロミス公式サイトへ ▶

今すぐ必要なお金をアコムで用意!

アコム
限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間
・すぐお金が必要な方におすすめ
・初めてのお借入れにおすすめ
公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アコムは、今すぐにお金が必要という切羽詰まった状況にある人にピッタリのカードローンです。
初心者向けのカードローンなのでサポート体制やサービスも充実しており、手続きがシンプルなうえにわからないことはすぐ相談できます。

今すぐお金が必要だけど、借入の手続きってなんだか小難しそう。そう感じている方こそ、アコムを検討してください。

なお、公式サイトでは「3秒借入診断」というサービスもありますが、残念ながら入力内容が申し込みフォームに反映されません。急いでいるなら、そのまま申し込みフォームに記入した方がスムーズです。

アコム利用者の口コミ
Male

20代 / 男性

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.3

今回は友人との旅行のための利用だったのですが、即日融資も問題なく受けられて満足しています。 返済も一括でしてしまったので、利息もかかりませんでした。

アコムで今すぐお金を借りる流れ

アコム公式サイトへ ▶

今すぐ必要なお金をアイフルで用意!

アイフル
限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間
・内緒で借りたい方におすすめ
・銀行振込で借りたい方におすすめ
公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフルは、今すぐお金を借りたいけど家族には内緒にしたいというニーズに応えてくれます。
ネット申し込み限定で配達時間えらべーるというサービスが利用でき、自宅に誰もいないタイミングを見計らってカードを郵送受取できるのです。

また、振込人名義を個人名にできるので、通帳にアイフルという社名が残る心配もありません。

なお、アイフル申し込みフォームには「当日融資希望有無」という項目があり、ここで「希望する」を選択すれば、可能な限り優先的に手続きをしてくれます。

アイフル利用者の口コミ
Male

30代 / 男性

ユーザー評価
full star
half star
non star
non star
non star
1.8

ネットでの申し込みに関わらず、即日審査が可能で、必要書類も写真を送るだけで平気だったのが良かったです。 借り入れと返済もATMで楽々でした。

アイフルで今すぐお金を借りる流れ

アイフル公式サイトへ ▶

今すぐ必要なお金をSMBCモビットで用意!

SMBCモビット
限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 公式サイト参照
融資 最短即日
・三井住友銀行グループの会社
・WEB完結なら電話連絡なし
公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

SMBCモビットは、審査さえ終了すればすぐに借り入れ可能となるカードローンです。公式サイトから申し込めば、結果が瞬時に表示される10秒簡易審査を受けられるので、借りられるかどうかすぐ知りたいといった方に向いています。

また、モビットはネット上で手続きの全てを行えるWEB完結申し込みも用意しているので、職場連絡に不安がある方にもオススメです。

ただし、実際に申し込む際は、10秒簡易審査を希望するなら「カード申込」、WEB完結を希望するなら「WEB完結申込」を選択するよう注意してください。

SMBCモビット利用者の口コミ
Female

30代 / 女性

ユーザー評価
full star
full star
half star
non star
non star
2.8

申込みから審査完了まで30分以内で完了したのには驚きでした。手続き自体はWeb上で完了するのでとても楽です。

モビットで今すぐお金を借りる流れ

SMBCモビット公式サイトへ ▶

今すぐお金が必要な人に知ってほしいカードローン利用のポイント

上記のカードローンを選べば、最短で1時間以内にお金を用意できます。
しかし、そのためには適切な手続きを踏まなくてはなりません。

要するに、効率的かつ臨機応変に対応できる手段を実践することがポイントです。

今すぐお金を借りるポイント1:ネット上で公式サイトから申し込み

即日でお金を借りるためには、少しでも早く審査を受け始めることが重要です。

基本的に審査時間はどんな方法で申し込んでも変わりませんが、どこにいても利用できるネット申し込みなら、最短時間で審査を受け始めることができます。

プロミス
限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間
・スマホでお借入れ可能
・20代・30代の方から人気
公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アコム
限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間
・すぐお金が必要な方におすすめ
・初めてのお借入れにおすすめ
公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル
限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間
・内緒で借りたい方におすすめ
・銀行振込で借りたい方におすすめ
公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

SMBCモビット
限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 公式サイト参照
融資 最短即日
・三井住友銀行グループの会社
・WEB完結なら電話連絡なし
公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

今すぐお金を借りるポイント2:無人契約機でカード発行

ネット申し込みを済ませたら、審査時間を利用して無人契約機に向かいましょう。
営業時間内に審査さえ終了していれば、当日中にローンカードを受けとり、店内ATMで即日キャッシングができます。

なお、マネットでは全国の無人店舗・ATMをまとめています。ぜひ、参考にしてください。

数日~数週間でお金を用意できる方法

今すぐお金が必要という方は、上記のように「今日中にお金を用意できる可能性がある選択肢」を検討してみてください。

しかし、「早めにお金の目途をつけたいけれど、正直なところ今すぐ用意できなくても問題ない」と言う方は、以下のような選択肢も検討してみてはいかがでしょうか?

数日から数週間の時間を要してしまうことがありますが、お金を純増させられる可能性があります。

数日~数週間でできる方法1:稼ぐ

まずは、仕事をして「稼ぐ」という選択肢に目を向けてみてはいかがでしょうか?
ただし、一般的な仕事をする場合、手元にお金が届くまでに1ヶ月を要してしまいます。

ここでは、少しでも短期間でお金を稼げる可能性のある仕事を紹介しましょう。

日雇いアルバイトで稼ぐ

近日中にお金を用意したいなら、日雇いのアルバイトをするという選択肢があります。
単発の仕事なので、必要な金額が用意できるだけのシフトに入れば、後腐れなく辞めることができます。

ただし、契約内容によっては、日雇いだからといって「給与が当日中に支払われる」とは限りません。また、アルバイトの応募から給与の受け取りまでを1日で終えることは難しいので、「今すぐお金が必要」という状況に適しているわけではないという点には注意してください。

また、非常識なほど高額な報酬を提示しているようなアルバイトは、犯罪に関係していたり詐欺であったりする可能性もあります。
アルバイトを探す際は、安全のためにも、例えば大手の情報サイトなどを参考にするといいでしょう。

 バイト情報サイトの例 

クラウドソーシングで稼ぐ

その他にも、クラウドソーシングという副業方法があります。クラウドソーシングとは、個人がネット上で仕事を発注・受注できるサービスです。

クラウドソーシング上で発注されている仕事には、専門性が高い物もありますが、パソコンさえ使えれば気軽に作業できるものもあります。
例えば、ツールを使用した画像作成は誰にでもできるわけではありませんが、コラム作成などのライティング案件なら、初心者でも問題なく応募できるでしょう。

ただし、専門性の低い案件は、比較的に安い単価が設定されていることがあります。場合によっては思うように稼げないケースもあるので、注意してください。

 クラウドソーシングの例 

数日~数週間でできる方法2:投資でお金を増やす

お金を増やす方法のひとつに、投資があります。
必ずしも利益が得られるわけではなく、場合によっては損失が出てしまう恐れもありますが、上手くいけばまとまったお金を作ることができるでしょう。

ただし、投資はある程度腰を据えて取り組む必要があり、目標金額に達するまでにどれくらいの期間を要するかはわかりません。

また、ある程度勉強しないと利益を出せないケースもあるので、その点を踏まえて選択肢に加えておいてください。

株式投資でお金を増やす

代表的な投資のひとつが、「株式」です。
株式とは、企業が効率よく資金を集めるためのシステムであり、世界中で多くの資産家が投資をしています。

 株式投資とは?

例えばあなたが化粧品の販売業を始めようとした場合、商品の購入費や人件費など、多くの資金が必要になります。また、現在の事業を拡大しようとした場合にも、多額の資金が必要になります。こうした資金を調達する方法の一つが株の発行です。

株式投資を始めるには、証券会社に口座を開設する必要があります。
まずは、最寄りの証券会社に話を聞いてみてください。

 証券会社の例 

FXでお金を増やす

人気を集めている投資のひとつに、FXがあります。FXとは、いわゆる為替市場の値動きをもとに利益を得る投資商品です。

例えば、円をドルに換え、為替レートが変わったタイミングでドルを円に戻し、その際に生じる差額が利益や損失を生みだすわけです。

上記の画像のように、100円=1ドルのときに円をドルに換え、110円=1ドルのときにドルを円に戻せば、差額の10円が利益になるのです。

FX口座は20歳以上なら仕事をしていない人でも作ることができて、基本的に無料です。まずは大手のFX会社が提供しているサービスの詳細を確認してみてください。

 FXサービスの例 

Q.FXとは?

Sato

元 銀行ローンセンター長|佐藤喜三男

外国為替証拠金取引のことです


FXとは、外国通貨を売買することで為替差益を目指す投資手法のことで、外国為替証拠金取引と訳されています。
例えば日本円を売ってアメリカドルを買い、その後、アメリカドルを日本円へと変えるといったように、各国の通貨を売買することによって、スワップポイントと呼ばれる通貨間の金利差に相当する収入を受取ります。
円を売って外貨を買った場合、外貨の金利が高い程受取る収入は大きくなります。
FX取引で注意すべきは取引倍率で、証拠金を差し入れると最高でその25倍に当たる金額で取引することが可能ですが、その分リスクも膨らみます。この取引倍率を低く抑えることにより、過大な為替変動リスクを負わないで済みます。

【職業別】今すぐお金が必要な人におすすめの方法

お金が必要で準備しなければいけない場合でも、その人その人によってシチュエーションは変わってきます。会社員としてバリバリ働いている人と、専業主婦として家事や育児が中心の生活をしている人では、対処法も変わってきます

今すぐお金が必要な会社員は…

サラリーマンやOLとして仕事をしている人は、ほとんどの人が定期的に入るお給料をもらっている事と思います。毎月の収入と支出のバランスを考えて、効率よくお金の面のピンチを凌ぎましょう。

短期的にお金が必要ならキャッシング

お金が必要なのが「今月だけ」や「次の給料日が来れば凌げる」という場合には、カードローンで一時的に借りて凌ぐ方法が有効です。

足りない額はいくらで、次の給料日にはこれ位の余裕ができるという状況を把握しておけば、不安を感じる必要はありません。「賢いお金の借り方」の記事でも紹介していますので、参考にしてみてください。

今すぐお金が必要な学生・フリーターは…

20歳未満の学生は、紹介したカードローンの利用はできません。「カレッヂ」のような学生ローンという手段もありますが、金利による利息や返済の手間を考えると、あまりおすすめはできません

フリーターとして働いている人は、安定収入とみなされればお金を借りることはできますが、中長期的に見るとどうしても安定しないという現実があります。

安定収入を目指す

スキマ時間に副業をしたり、アルバイトを掛け持ちしたりも良いですが、できる事なら安定収入を得られる状態を目指しましょう。

今すぐお金が必要という状況は、これから先の人生で何度も何度も訪れます。そのためにも、毎月の収入がきちんと安定していることは非常に重要ですし、日頃から貯金をしておくことも大切です

今すぐお金が必要な無職・専業主婦は…

仕事をしていない専業主婦は、上記で紹介したカードローンでお金を借りることはできません。パートをしていて収入があれば可能なケースもありますが、正社員として働いている人に比べると難しいと考えてください。

無職の人も同様です。何かしらの事情があって働けない、そんな中でどうしてもお金が必要な時は、公的機関に相談するなどして立て直しを図りましょう。

【参考】生活が苦しい原因と現状を改善するための適切な相談相手

可能ならば副業でコツコツ収入を増やす

働く時間を作るのが難しい主婦は、スキマ時間に副業をして収入を増やす方が、中長期的にはお金の面で安定する可能性が高いと言えるでしょう。転売やクラウドソーシングなど、自宅でできる稼ぎ方を覚えると、将来的に使えるノウハウとして機能することでしょう。

また、紹介した「FX投資」は無職の人でも挑戦できます。まずは無料の口座開設をして、1日1,000円の利益を目指してみてください

注意!やってはいけないお金の作り方

最後に、決して手を出してはいけない「お金の作り方」を確認しておきましょう。

ここまでに紹介した手段であれば、確実にお金を用意できるとは限らないものの、安全性は基本的に保証されています。

一方で、世の中には犯罪やトラブルに巻き込まれる恐れがある手段があるのです。

1:クレジットカードの現金化

まず、クレジットカードの現金化を行っている業者を見つけても、安易に利用しないでください。
クレジットカードの現金化とは、ショッピング枠を現金化する行為です。

具体的には、以下の手順で取り引きが行われます。

  • 1)クレジットカードを利用して商品を購入
  • 2)その商品を業者が買い取る
  • 3)買い取り価格分の現金を受け取る

これは、今のところは違法行為ではありません。しかし、多くのクレジットカード会社は規約で現金化を禁止しています。

違約行為が発覚すると、今後のクレジットカード会社との取り引きに支障が出る恐れもあるので、現金かには手を出さない方がいいでしょう。

東京弁護士会が法による規制を求めた

クレジットカードの現金化は、違法行為ではないものの、司法において問題視はされています。
実際、2011年には東京弁護士会によって、「クレジットカードのショッピング枠の現金化」に関する意見書が政府に提出されました。

曰く、クレジットカードの現金化は「貸金業」として扱い規制すべきであり、そのための法整備を行うべきとのことです。参考: 「クレジットカードのショッピング枠の現金化」に関する意見書

闇金から斡旋されるケースもある

国民生活センターの発表によると、闇金業者が返済困難となった債務者に対してクレジットカードの現金化を行う業者を紹介するケースが増えているようです。参考:改正貸金業法の完全施行をめぐる論点

これは、暗に換金業者と闇金(違法業者)が繋がっていることを示しています。

2:闇金の利用

当然のことですが、どれだけお金に困っていたとしても、闇金からお金を借りることはやめておきましょう。

闇金は、「金融」を名乗っているものの、ただの違法業者です。法外な金利で暴利を貪り、違法な取り立てで債務者を追い詰めるため、金銭的にも精神的にも負担が大きく危険な選択肢と言えるでしょう。

お金を借りるなら、闇金ではなく正規の金融機関を利用してください。

見分け方:金融庁に登録しているか否か

人によっては、それと気づかずに闇金を利用してしまったということもあります。
そうならないためには、正規の金融機関と闇金を見分ける目を持たなくてはなりません。

では、何を基準に判断すればいいのか?それは、金融庁に貸金業者として登録しているかどうかです。
個人に融資を行う業者は、「貸金業法」という法律により、金融庁に登録を行う義務を負っています。

 貸金業法 第3条

貸金業を営もうとする者は、二以上の都道府県の区域内に営業所又は事務所を設置してその事業を営もうとする場合にあつては内閣総理大臣の、一の都道府県の区域内にのみ営業所又は事務所を設置してその事業を営もうとする場合にあつては当該営業所又は事務所の所在地を管轄する都道府県知事の登録を受けなければならない。

特定の業者が「登録貸金業者」であるかどうかは、金融庁で業者名を検索すれば確認できます。

知名度が低い業者の利用を検討しているのであれば、必ず事前に登録番号を確認しておきましょう。

3:個人間融資掲示板の利用

その他、ネット上の個人間融資掲示板にも、安易に手を出さない方がいいでしょう。

個人間融資掲示板とは、ネット上で個人間の金銭のやり取りを斡旋している掲示板です。

確かに、投稿者の中には単純な善意から貸し付けを申し出ている人もいるでしょう。しかし、善意ある人と悪意がある人を掲示板上の情報だけで見分けることは至難と言えます。

詐欺師や闇金が潜んでいる場合もある

個人間融資掲示板には、必ずしも「お金を貸してくれる個人」だけが投稿しているとは限りません。
実際は闇金の勧誘であったり、場合によっては詐欺師である可能性もあるのです。

そういった悪意ある人に相談してしまうと、お金の問題が解決できないばかりか、何らかのトラブルに巻き込まれることもあるでしょう。

まとめ

「今すぐお金が必要」という状況にあると、焦りを感じてしまうことも多いかもしれません。
しかし、そういったときこそ落ち着いた判断が必要です。

今回は、今日中にお金を用意できる可能性がある方法と併せて、数日~数週間でお金を用意できる方法も紹介しました。
状況によっては、どちらの方法でも良いというケースもあるでしょう。しかし、明確にお金が必要なタイミングが決まっているなら、「間に合うかどうか」が重要な基準になります。

まずは自身の状況を整理し、適切な方法を選択してください。

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る