即日融資できるカードローン5選!最短で借入するポイント

すぐにでもお金が必要なとき、どの金融機関なら即日融資してもらえるのか気になりますよね?

結論から申し上げますと、大手消費者金融のカードローンなら今から最短1時間で即日融資してもらえます。

・どうすれば即日融資してもらえるのか?
・自分のステータスでも即日借りられるのか?

今から最短時間で借りるためのポイントを解説していきます。

実際に即日融資してもらえた人にアンケート調査した結果も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

この記事の目次

  1. 即日融資してくれるのは消費者金融のみ
  2. 即日融資可能なカードローン5選
  3. 即日融資してもらうためのポイント4つ
  4. 即日融資してもらえるかステータスを確認
  5. 即日融資に関するQ&A
  6. まとめ

即日融資してくれるのは消費者金融のみ

即日融資してくれるのは、カードローンを取り扱う一部の消費者金融だけです。

そもそもカードローンは、消費者金融と銀行の取り扱う2タイプに分類されます。

うち即日融資できるのは消費者金融のみ、残念ながら銀行は即日対応してくれません。

Iidamichiko

ファイナンシャルプランナー|飯田道子

銀行カードローンの一部審査は保証会社が行っている

消費者金融では即日融資が可能なのに、銀行では早くて2~3日後、場合によっては2週間程度の時間を要することがあります。
その理由は、提携している保証会社に審査工程の一部を委託しているからなのです。また、土日祝日、時間外にも審査は行われません。信用情報の確認も行うため、その分の時間が必要になり、即日融資には対応できないのです。

大手消費者金融のカードローンがおすすめ

消費者金融にも大手・中小企業がありますが、おすすめは大手消費者金融のカードローンです。

なぜなら、即日融資に必要な要素を満たしているからです。

例えば、テレビCMでお馴染みのアコムやプロミスなどが挙げられます。

こういった知名度のある大手消費者金融のカードローンを選ぶことで、即日融資してもらえる可能性がより高まるでしょう。

即日融資可能なカードローン5選

「即日融資なら大手消費者金融のカードローン!」と言っても、正直どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

そこで、マネット編集部が即日融資におすすめのカードローンを5つピックアップしました。

各社特徴や付随サービスが異なるので比較してみましょう。

比較項目 アコム プロミス アイフル SMBCモビット レイクALSA
審査時間※1 最短30分 最短30分 最短30分 10秒簡易審査 最短15秒
金利
(実質年率)
3.0~18.0% 4.5~17.8% 3.0~18.0% 3.0~18.0% 4.5~18.0%
借入限度額 1~800万円 1~500万円 1~800万円 1~800万円 1~500万円
自動契約機の数※2 938件 1,305件 836件 専用店舗なし 707件
無利息期間 契約日の翌日から30日間 初回借入の翌日から30日間 契約日の翌日から30日間 なし 契約日の翌日から30日間※3
アプリを使った借入
電話対応
←スクロール→
  • ※1.申し込みの時間によっては翌日以降の対応となります。
  • ※2.2020年3月現在。
  • ※3.借入条件によって日数が異なります。

おすすめ1:アコム

金利 3.0~18.0%
限度額 最大800万円
審査時間 最短30分
融資スピード 最短1時間
来店 原則不要
無利息期間 あり
提携ATM手数料 一部無料
オペレーターの電話対応が丁寧
申し込み・借入・返済について不安や疑問があっても、電話で丁寧にサポートしてくれるので、初心者でも安心です。
楽天銀行口座があれば最短1分で借入可能
楽天銀行の口座をお持ちなら、24時間いつでも最短1分で振込での借入が可能です。
カードレス利用はできない
一部の他消費者金融と違い、完全にカードレスでの利用はできないため、カードを持ちたくない人には向いていません。
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

おすすめ2:プロミス

金利 4.5~17.8%
限度額 最大500万円
審査時間 最短30分
融資スピード 最短1時間
来店 原則不要
無利息期間 あり
提携ATM手数料 一部無料
顧客満足度の高さに定評あり!
プロミスは、オリコン顧客満足度ランキングで「ノンバンクカードローン部門1位」。
借入条件だけでなく、借り入れ・返済サポートにも定評があります。
他の消費者金融と比べて上限金利が低め
他の大手消費者金融より、上限金利が0.2%低く設定されています。
すぐにでもお金が必要だが、少しでも利息を抑えたい…という人におすすめです。
無利息期間は初回借入した翌日から開始
一般的な無利息期間は「初回契約した翌日」からカウントされますが、プロミスの場合「初回借入した日」からスタート。
30日間の無利息期間サービスを、余すことなく使えます。
瞬フリなら24時間365日数秒で口座振込
一般的なカードローンの場合、24時間振込できる対象口座は1~2社程度ですが、プロミスの瞬フリは三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、全国約200の金融機関が対象です。
今すぐに口座残高を補填したい、そんなときに便利です。
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

おすすめ3:アイフル

金利 3.0~18.0%
限度額 最大800万円
審査時間 最短30分
融資スピード 最短1時間
来店 原則不要
無利息期間 あり
提携ATM手数料 一部無料
はじめて利用する方は最大30日間の利息ゼロ円
はじめてアイフルと契約する方は、借り入れの翌日から30日間金利がかかりません。
もちろん、返済が30日を過ぎる場合でもその期間分の金利は節約できます!
原則、勤務先への電話連絡は行われない
一般的なカードローンは、申し込みの際に会社への電話連絡はありますが、アイフルなら原則なし。必要と判断されたときだけ行われます。
また、電話がある場合でも時間の指定が可能です。
WEB完結とアプリ利用で郵送物なしも可能
アイフルは申し込みや契約、利用明細の確認など全てWEBで確認ができます。
専用アプリがあればQRコードの読み取りで借り入れ可能。カードレスを選択することも可能です。
借り入れ可能かを見る「1秒診断」あり
アイフルには正式な申し込みと別に、借り入れ可能かどうかを予測してくれる「1秒診断」があります。
入力項目はたったの4つなので、審査が不安な方は試してみてください。
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

おすすめ4:SMBCモビット

金利 3.0~18.0%
限度額 最大800万円
審査時間 公式サイト参照
融資スピード 最短即日
来店 原則不要
無利息期間 なし
提携ATM手数料 一部無料
WEB完結申込なら電話連絡・郵送物なし
SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば、申し込みから借り入れ、さらには返済までをWEB上で対応できます。
家族や職場の同僚にバレたくない…という人におすすめです。
返済する度にTポイントが貯まる
カードローンで返済する際、ポイント還元サービスが受けられます。
利息額100円or200円を支払うごとに、Tポイントが1ポイント付与される仕組みです。
無利息期間は利用できない
一部のカードローンは、初回契約時に無利息期間が付与されますが、SMBCモビットは対応していません。
初めてカードローンを利用する人にとっては、デメリットと言えるでしょう。
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

おすすめ5:レイクALSA

金利 4.5~18.0%
限度額 最大500万円
審査時間 最短15秒※1
融資スピード 最短60分※2
来店 原則不要
無利息期間 あり
提携ATM手数料 一部無料
審査結果が最短15秒でわかる
業界トップクラスの審査スピード。今日中にお金が必要な人でも大丈夫です。
借入金額5万円までは最大180日間利息ゼロ円
初めてレイクALSAをご利用の方に限り、借入金額5万円までは、契約日翌日から180日間は利息が発生しません。
銀行カードローンより金利が高い
消費者金融としては一般的な金利ですが、銀行のカードローンと比較すると金利自体は割高になっています。
公式サイトはこちら
※1.申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。最短15秒は、お申込みから審査結果表示までです。
※2.Web上でお申込みいただいた方に限ります。

即日融資してもらうためのポイント4つ

大手消費者金融のカードローンで最短融資してもらうには、各種手続きをスムーズに進めていくことが大切です。

申し込み前に、以下4つのポイントを確認しておきましょう。

ポイント①:タイムリミットを確認する

即日融資を希望する場合、どんなに遅くても20時までには申し込むようにしてください。

なぜなら、記事中で紹介した大手消費者金融は21時以降、審査を行ってくれないからです。

借入までに最短1時間かかることを考慮すると、夜20時よりも前に申し込むようにしましょう。

振込キャッシングを利用する場合

振込での借入を希望する人は、遅くても14:00までに申し込んでください。

なぜなら、銀行の営業時間内にカードローンの契約を済ませておく必要があるからです。

終業時間の15:00までに借入依頼できれば、その日のうちに指定口座へ振り込んでくれます。

ちなみに、24時間365日いつでも振り込んでくれる消費者金融を選んでおけば、契約後にバタつくこともないでしょう。

ポイント②:提出書類を用意しておく

大手消費者金融のカードローンを利用するには、本人確認書類を提出しなければいけません。

これは申込者本人かどうか確認を取るためです。

書類といっても、上記のようなものをいずれか1点用意しておけば問題ありません。

借入総額が50万円を超える場合

ちなみに、借入する金額が50万円を超える場合、収入を確認するための書類が別途求められます。

他社借入がある方は、借入総額が50万円を超える場合です。

収入証明書類の一例

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • etc...

各消費者金融によって提出が求められる書類は異なってくるので、担当者の指示に従いましょう。

Iidamichiko

ファイナンシャルプランナー|飯田道子

貸金業法により提出が義務付けられている

そもそもお金を貸すのですから、安定した収入があるのか、本当に返済できるのかなど、さまざまな項目をチェックしなければなりません。
消費者金融が遵守する貸金業法では、「貸金業者から50万円を超えて借入れる場合」または「ほかの貸金業者から借入れている分も合わせて合計100万円を超えて借入れる場合」は収入証明書の提出が必要と決められているのです。

ポイント③:借入希望額は年収の1/3まで

大手消費者金融のカードローンでは、年収の1/3以上借りることはできません。

なぜなら、大手消費者金融が守るべき貸金業法に「総量規制」というルールが定められているからです。

上記のように制限を設けることで、借り手が多重債務状態に陥ってしまうのを未然に防いでいます。

出来る限り少額にしておく

ちなみに、総量規制があるからと言って年収の1/3まで必ず借りられる訳ではありません。

申込者の勤務形態や家族構成、これまでの金融取引状況などを審査して、適切な金額が融資されます。

一般的には、初回契約者の限度額は50万円以下に設定される傾向がありますが、必要最低限の希望額に留めて申し込むといいでしょう。

ポイント④:在籍確認が取れるようにする

即日融資してもらうには、申し込んだ当日中に「在籍確認」を行ってもらわなければいけません。

これは、申込者が本当に働いているかどうか、職場に電話して裏付けを取る必要があるからです。

会社に連絡が取りづらい時間帯や、土日祝日で営業していないときに即日融資してもらいたい場合は、カードローン担当者に相談しましょう。

即日融資してもらえるかステータスを確認

大手消費者金融であれば、即日融資にも柔軟に対応してくれます。

しかし、申込者のステータスによっては即日融資してもらえるかどうか異なってきます。

気になるであろうステータスをいくつか挙げ、即日融資してもらえる可能性があるのかまとめておきましたので、ご自身が借入できるかどうか参考にしてください。

ステータス 即日融資の可能性
公務員
正社員
契約社員
アルバイト・パート
法人・個人事業主
未成年者
専業主婦
年金受給者
無職

即日融資に関するQ&A

では最後に、大手消費者金融で即日融資してもらう際、疑問や不安に感じやすいポイントをQ&A形式で紹介します。

気になる項目があれば、ぜひ参考にしてください。

Q.大手が難しい場合は?

A.一部の中小消費者金融も即日融資可能

「既に大手消費者金融から借入している」
「申し込んだものの、審査落ちしてしまった」

上記のように何らかの理由がある場合は、中小規模の消費者金融も検討してみてください。

金融機関によって審査基準は異なるので、仮に大手で借りるのが難しい状況でも、中小消費者金融であれば即日融資してもらえる可能性があるからです。

例えば、セントラルやフクホーなどの中小消費者金融が挙げられます。

以下記事で中小消費者金融を一覧化しておりますので、参考にしてみてください。

Q.審査なしで即日借りられるカードローンは?

A.どんなカードローンも必ず審査が行われる

結論から申し上げますと、審査なしで借りられるカードローンはありません。

仮に審査を意図的に行わなかった場合、返済できる見込みのない人にまで融資してしまう可能性があるからです。

Q.カードローン以外で即日融資してもらうには?

A.借入以外の方法を検討すべき

カードローン以外にも即日融資を謳うサービスはありますが、中には闇金など違法業者もいるのでお勧めできません。

クレジットカードの現金化やSNSを介した個人間融資など、違法な手段に走らず、借入以外の選択肢に目を向けていきましょう。

まとめ

即日融資を希望されている方に向けて、申し込んだその日に借入できる大手消費者金融のカードローンを5つ紹介しました。

記事中で紹介したカードローン

  • アコム
  • 初めてカードローンを利用する人向け
  • プロミス
  • 指定口座へ振り込んでほしい人向け
  • アイフル
  • 借入に不安を抱えている女性向け
  • SMBCモビット
  • 内緒でこっそり借りたい人向け
  • レイクALSA
  • 5万円以下の借入を希望する人向け

「ネット申し込み対応」
「審査が最短30分で完了」
「即日カード発行」

即日融資に最低限必要な3要素を持つカードローンなら、今から最短1時間で借りられるでしょう。

より確実に即日融資してもらうためのポイントを踏まえ、すぐにでも申し込み手続きを始めてみてください。

この記事に関するアドバイザー

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア運営に携わる。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々なジャンルのメディアで編集・監修業務を行ない、これまで計2,000本以上の担当実績を誇る。
公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

即日融資

即日融資に関する人気記事

即日融資に関する新着記事

おすすめの特集ページ

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る