オリコのリフォームローン審査は厳しい?審査基準と落ちる人の特徴も解説

本コンテンツには、紹介している商品・商材の広告(リンク)を含む場合があります。 これらの広告を経由して読者が企業ホームページを訪れ、成約が発生すると弊社に対して企業から紹介報酬が支払われるという収益モデルです。 ただし、特定の商品を根拠なくPRするものではなく、当編集部の調査/ユーザーへの口コミ収集などに基づき、公平性を担保した情報提供を行っています。
>提携企業一覧
オリコのリフォームローン審査は厳しい?審査基準と落ちる人の特徴も解説
この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

この記事の目次

オリコのリフォームローンに申込みしようとしている人の中には、審査基準について気になっている方もいるのではないでしょうか。

結論から言いますと、オリコのリフォームローンにおける審査基準は、以下の4つです。

  • ■収入に安定性はあるか
  • ■他社借入は多くないか
  • ■信用情報に問題はないか
  • ■借入時と返済時の年齢はどうなるか

他にも、オリコリフォームローンの概要や審査の流れ、落ちてしまう人の特徴について記載しています。
また、オリコのリフォームローンに通らなかったときの対処法についても紹介していますので、そちらも参考にしてください。

オリコのリフォームローンとは

まず初めに、オリコのリフォームローンについて以下3項目をもとに解説します。

  • 1.オリコリフォームローンの特徴
  • 2.オリコリフォームローンの利用条件
  • 3.オリコリフォームローンの融資内容

希望に沿ったリフォームローンを利用するためにも、申込み前にこれらの情報はしっかりと把握しておきましょう。

1.オリコリフォームローンの特徴

オリコリフォームローンの特徴は、公式ホームページで総量規制の対象外となっているため「年収の3分の1」を超えていてもお借入れが可能と、明記している点です。

過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)。例えば、年収300万円の方が貸金業者から借入れできる合計額は、最大で100万円となります。

出典: 日本貸金業協会|貸金業法について

例えば、カードローンやクレジットカードでのキャッシングは、総量規制の対象となるため、年収の3分の1を超える借入はできません。

一方、リフォームローンは総量規制対象外であるため、施工費に年収の3分の1以上かかる大規模なリフォームであっても、審査に通ればローンを利用できます。

2.オリコリフォームローンの利用条件

オリコリフォームローンの利用条件は、主に以下の2項目です。

ご利用条件
条件内容
使いみちの条件 ■ご自宅(自己所有物件)のリフォームに関わる費用
例) 増改築、屋根修理、水回り、外壁塗装、太陽光発電設置(事業の用途を除く)など
お申込みいただける方の条件 ■満20歳以上で安定した収入のある方、その他当社が認める方
※収入のない場合は、お取扱いできません。

引用先:ローンのオリコ|リフォームプラン

しかし、上記2項目に該当していても必ず審査に通るとは限らないという点には、注意してください。

オリコリフォームローンに申し込んで利用するために、最低限満たしておくべき条件であるとして、確認しておきましょう。

3.オリコリフォームローンの融資内容

最後に、オリコリフォームローンの融資金額や利息について解説します。

オリコリフォームローンの融資金額や利息は、以下の通りです。

オリコリフォームローンの融資内容
画像引用:ローンのオリコ|リフォームプラン

上記のように、貸付の利率は年4.8%で固定され、融資金額は申込み内容や審査結果によって変動します。

また、原則として2営業日以内に指定した本人名義の金融機関口座に振込みが行われるため、災害等で急に工事が必要になったという人にもオススメのリフォームローンです。

オリコリフォームローン

限度額 10万円~500万円
金利 4.8%
審査 最短即日
融資 最短2営業日以内

スマホで申込み可能。
総量規制の除外として「年収の3分の1」を超えていてもお借入れが可能。

公式サイトはこちら

オリコのリフォームローンにおける4つの審査基準

オリコリフォームローンの審査は、主に以下4つの基準をもとに進められます。

  • 1.収入に安定性はあるか
  • 2.他社借入は多くないか
  • 3.信用情報に問題はないか
  • 4.借入時と返済時の年齢はどうなるか

オリコリフォームローンへ申込みした人に対して、融資しても問題ないか判断するために、上記4項目の情報を基準に返済能力を把握する必要があるからです。

それぞれの項目について解説しますので、審査落ちしてしまわないようにも、詳細を確認しておきましょう。

1.収入に安定性はあるか

1つ目の項目として、オリコリフォームローンの審査では申込み者の収入に安定性があるかが確認されます。

なぜなら、収入が安定していなければ、申込み者に返済能力があると判断できないからです。

収入が安定しているというのは、毎月一定以上のお金を稼いでいる状態を指します。
例えば、正社員や公務員として長期間働いている人は、毎月安定した収入があると判断されやすいです。

逆に、フリーランスや自営業の人は上記のように毎月の収入が不安定であるケースがあるため、審査が慎重に行われる可能性があります。

オリコリフォームローンの申込み前に、自身の収入は安定しているのかの確認してから審査に臨みましょう。

2.他社借入は多くないか

2つ目の項目として、リフォームローンの審査では他社からの借入件数や借入額がどれだけあるかが確認されます。

なぜなら、他社借入が多いと貸倒れのリスクが生じるため、そういった人への追加融資に関する審査は慎重になるからです。

基本的に、他社から既に借入がある人は借入先が増えるほど、審査に通過できる可能性が下がっていきます。

他社借入が多い人は先に完済して借入先を減らしてから、オリコのリフォームローンに申込みましょう。

3.信用情報に問題はないか

3つ目の項目として、オリコリフォームローンの審査では信用情報に問題はないかが確認されます。

信用情報機関に金融事故の情報が記録されている人は、返済能力があると判断できないからです。

一例として挙げると、以下のような項目に該当する人は、リフォームローンの審査において信用情報に問題があると判断される可能性があります。

  • ■クレジットカードや各種ローンの返済を61日以上または3ヶ月以上延滞した
  • ■クレジットカードや各種ローンを強制解約された
  • ■過去10年以内に債務整理を行った

上記のような項目に心当たりのある方は、申込みを控えましょう。

自分の信用情報が分からない時は開示請求をしよう

信用情報が正確に分からない場合は、信用情報機関に開示請求をしましょう。

なぜなら、信用情報機関で保有されている情報は申請すれば個人でも開示してもらえ、自分の信用情報に傷があるか確認できるからです。

信用情報機関名 加盟している主な機関
JICC(株式会社日本信用情報機構) 消費者金融
CIC(株式会社シー・アイ・シー) クレジットカード会社
KSC(全国銀行個人信用情報センター) 銀行

信用情報機関によって取り扱う情報が異なるので、自身の状況に応じて申請先を選びましょう。

以下記事で、CIC・JICC・JBAといった信用情報機関の違いや信用情報の開示方法についてより詳しく解説していますので、自分の信用情報に傷があるか気になる人はご参照ください。

4.借入時と返済時の年齢はどうなるか

4つ目の項目として、オリコリフォームローンの審査では借入時と返済時の年齢はどうなるかが確認されます。

なぜなら、高齢な人が長期的な借入をする場合は、定年退職後の労働収入が無い期間を考慮して、返済能力を審査する必要があるからです。

申込み時の年齢が高いもしくは借入希望額が多いといった理由で、完済時の年齢が70~80歳を超える場合は、審査が慎重になる可能性があります。

借入時だけでなく、返済時に予測される年齢も審査において考慮されるという点は把握しておきましょう。

オリコのリフォームローンにおける申込みの流れ

オリコのリフォームローンへの申込み手順を、以下に記載しています。

  1. 1.専用フォームで申込みする
  2. 2.審査が行われる
  3. 3.審査結果が届く
  4. 4.送付された契約書を必要書類とともに返送
  5. 5.電話による契約内容の確認が行われる
  6. 6.指定した口座への振込を待つ

上記の手順は一貫して、お手持ちのスマホを使ってインターネットでの申込みが可能です。

1.専用フォームで申込みする

まず初めに、専用フォームで申込みを行いましょう。

オリコの公式ホームページにリフォームローンの申込みフォームがありますので、そこから申込みを行ってください。

オリコリフォームローンの申込み口
画像引用:ローンのオリコ|リフォームプラン

実際には、会員規約などに同意したうえで、申込み者の本人情報や連絡先、勤務先や収入といったものを申込みフォームに入力します。

間違った情報を入力していないか都度確認しながら、リフォームローンへの申込みを行いましょう。

2.審査が行われる

オリコリフォームローンの申込みフォームへ入力が終わると、次に行われるのは審査です。

具体的には、虚偽申告を防いだり申し込み者に返済能力があるかの調査をしたりするために、以下の項目をもとに審査が行われます。

  • ■申し込み内容の確認
  • ■過去の金融取引状況の確認
  • ■信用情報の照会
  • ■勤務先に実際に働いているかの確認(在籍確認)

在籍確認については専門性の高い内容となるので、以下記事を参考にしてください。

3.審査結果が届く

審査が終わると、審査結果が届きます。

審査結果はメールまたは電話によって届き、オリコリフォームローンは平日17:30までの申込みであれば、原則として連絡は即日です。

申込み時に間違った連絡先を入力していて連絡が取れなかったといったときには、審査結果が郵送で送られてくる場合があるので注意してください。

即日の審査結果連絡を希望する人は、平日の17:30までに申し込みをして連絡を受け取れるようにしておきましょう。

4.送付された契約書を必要書類とともに返送

審査結果が届いた後は、送付された契約書を必要書類とともに返送しましょう。

審査結果の連絡後にオリコから契約書が送付されるため、必要事項を記入・捺印して、7日以内に以下の必要書類と共に返送してください。

  • ■ご本人さま確認書類のコピー
  • ■資金使途を証明する書類の写し
  • ■年収を証明する書類(ご融資額が51万円以上の場合)

特に、資金使途を証明する書類であるリフォームの見積書といったものは、急に用意できるものではないため事前に用意しておく必要があります。

オリコリフォームローンへ申込みをする人は、7日以内にオリコへ契約書とともに返送しスムーズに手続きを進めるためにも、事前に上記書類を準備しておきましょう。

5.電話による契約内容の確認が行われる

契約書と必要書類をオリコへ返送した後は、電話による契約内容の確認が行われます。

電話では、契約書と必要書類の返送後にオリコから送付される「申込内容の確認書面」を確認しながら、契約内容に間違いが無いか返答しましょう。

審査結果の通知とは異なり、電話のみによって確認が行われるという点には、注意してください。

スムーズに手続きを行うために1度目で確実に出たい人は、応答可能な時間帯をあらかじめオリコに伝えておきましょう。

6.原則として2営業日以内に振込みされる

電話による契約内容の確認が行われた後には、指定した口座への振込を待ちましょう。

オリコリフォームローンへの契約完了後は、原則として2営業日以内に指定した口座へ振込みされます。

オリコから振込された後は、そのお金を使用してリフォームの支払いに充ててください。

オリコリフォームローンに落ちる人の3つの特徴

オリコのリフォームローンに落ちる人の特徴は、以下3つのものです。

  • 1.年収に占める年間返済額の割合が高い
  • 2.勤続年数が短い
  • 3,複数の金融機関へ同時申込をしている

審査するうえで上記項目に当てはまらないようにするためにも、詳細を確認してみてください。

1.年収に占める年間返済額の割合が高い

1つ目の特徴としては、年収に占める年間返済額の割合である「返済負担率」が高いというものが挙げられます。

なぜなら、返済負担率が高い人は、収入状況が悪くなった場合に返済が難しくなる可能性があると判断されるからです。

具体的な数値の公表はされてはいませんが、一般的なリフォームローンでは返済負担率が30~35%を超える場合には、審査が慎重行われる傾向にあるといわれてます。

大規模なリフォームのためにリフォームローンで多額の借入を希望する人は、自分の年収をもとに「返済負担率」を計算してから、自身に合った借入額を選択していきましょう。

返済負担率の計算方法

「返済負担率」を知りたい人は、以下のサイトで計算しましょう。

返済負担率の計算 | 一般財団法人 住宅金融普及協会

上記サイトを利用すれば、借入希望額や借入金利、年収といった項目を入力するだけで、おおよその「返済負担率」を計算できます。

自身の「返済負担率」を把握し、借入額を決める上での参考にしてください。

2.勤続年数が短い

2つ目の特徴としては、今勤めている会社での勤続年数が短いというものが挙げられます。

なぜなら、転職したばかりでまだ勤続年数が短いといった人は次の仕事もすぐにやめるリスクがあり、急に収入が無くなる可能性があるからです。

そのため、転職を行ったばかりもしくは就職したばかりだという人に対しては、収入が安定しているのかの判断が難しいため審査が慎重に行われる傾向にあります。

長期的な勤続年数がある人でこれから転職を考えているという方は、一旦リフォームローンへの借入を先に目指しましょう。

Q.最低限必要な勤続年数は?

元 銀行員|内藤潤一

勤務先によりますが大体3年です。

借入の審査において信用情報の観点で勤務先の勤務年数は大事な項目です。しかしながら勤務年数が長いからといってすごい有利と言うわけではないです。3年くらいの勤務歴が大体の借入は問題なくその部分の審査は進むと思います。あとは勤務先も勤務年数と関連してくるので重要です。ようは勤務先、勤務年数、年収のバランスが大事です。

3,複数の金融機関へ同時申込をしている

3つ目の特徴としては、複数の金融機関へ同時申込をしているというものが挙げられます。

なぜなら、金融機関は申込み者が多重債務者になってしまうと、返済が困難になる可能性が高くなると判断するからです。

万が一審査に通らないことを考えて、他の金融機関にも同時に申込みをしてしまうと、オリコリフォームローンの審査が慎重に行われる可能性が高くなります。

オリコリフォームローンの審査へ通らない可能性を考慮したとしても、同時に他のローンへの申込みはやめましょう。

オリコのリフォームローンに通らなかったときの対処法

オリコのリフォームローンに通らなかった人向けに、いくつか対処法を紹介します。

  • ■年収や勤続年数といったステータスを上げ再度申込む
  • ■他社に借入申込みする
  • ■質屋でお金を借りる
  • ■副業やバイトを行う

上記対処法の中でも、他社への借入申込みは即効性があり同等の借入ができる可能性があるため、オススメです。

以下2つのパターンに分けてオススメのローンを紹介しますので、参考にしてください。

  • 1.少額なリフォームならカードローンを検討
  • 2.多額なリフォームなら他社リフォームローンを検討

少額なリフォームならカードローンを検討

50万円以下の少額なリフォームを行いたい人には、カードローンの利用がオススメです。

カードローンは利用目的を問われないものであるため、借入したお金をリフォームの費用に充てられます。

その中でも、以下のような無利息サービス期間のあるカードローンであれば、リフォームローンで借入するよりも小さい金利負担で完済できる可能性があります。

  • 1.借入時からの無利息サービスがあるプロミス
  • 2.選べる無利息があるレイク
  • 3.低金利なみずほ銀行カードローン

しかし、カードローンはリフォームローンより金利が高く設定されているところが多く、利息が高くなりやすいというデメリットもあるので、申込は慎重に判断しましょう。

借入時からの無利息サービスがあるプロミス

大手消費者金融の1つであるプロミスは、小規模なリフォームを考えている人にオススメです。

プロミスは初めて利用する人に向けて、初回借入時から適用される無利息期間のサービスを行っています。

プロミスの無利息サービスは、契約日ではなく初回借入時から無利息であるため、今すぐにはリフォームローンの支払が発生しなくても、事前にカードローンを契約した後から無利息サービスを利用可能です。

リフォームの規模が決まっているが支払いはまだ先であるという人は、無利息期間が初回借入時から適応されるプロミスを検討してみてください。

プロミス

Service image
限度額 最大 500万円
金利 年 4.5% ~ 17.8%
審査 最短3分
融資 最短3分

20~30代にオススメ!即日融資ならネット申し込みがおすすめ!
30日間"無利息期間"があり!カードレスでも可能だから郵送物なし!

公式サイトはこちら
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

選べる無利息があるレイク

レイクは、初めて利用する人向けに複数種類の無利息を提供している点で、オススメです。

レイクは新規契約者に対して、以下のようなキャンペーンを行っています。

無利息の内容
無利息の条件
30日間無利息 ■初めての契約の人
■利用限度額が1万円~500万円の人
60日間無利息
(Web申込限定)   
■初めての契約かつWEBからの申込限定
■利用限度額1~200万円の人
180日間無利息
(5万円まで)
■初めての契約の人
■5万円以上借入する場合はその超過分に通常通りの利息がかかる
■利用限度額1~200万円の人

引用先:レイク|選べる無利息

他社にも同じような無利息のサービスはありますが、基本30日間のみとなっているところが多いです。
上記の表のように、レイクは条件によって3タイプから選べ、「少額だけ借入したいから」「WEBから申し込むから」といった形でマッチするものが選べます。

小規模なリフォームを考えている人で、初めて申し込む人へのキャンペーンに力を入れている点が気になった方は、レイクにも目を向けてみましょう。

レイク

Service image
限度額 最大 500万円
金利 年 4.5% ~ 18.0%
審査 お申込後最短15秒
融資 Webで最短25分融資の可能

お借入額のうち5万円までだったら180日間無利息!
SBI新生銀行カードローンATMでお借入れ・ご返済がいつでもご利用手数料無料

公式サイトはこちら
【PR】Sponsored by 新生フィナンシャル株式会社

※1.申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。最短15秒は、お申込みから審査結果表示までです。
※2.Web上でお申込みいただいた方に限ります。

低金利なみずほ銀行カードローン

大手銀行カードローンの1つであるみずほ銀行カードローンは、低金利であるという点でオススメです。

以下に、大手消費者金融と大手銀行カードローンの金利一覧を表で記載します。

カードローン 金利(実質年利)
みずほ銀行カードローン 年2.0%~年14.0%
アコム 年3.0%~年18.0%
プロミス 年4.5%~年17.8%
アイフル 年3.0%~年18.0%
SMBCモビット 年3.0%~年18.0%
レイク 年4.5%~年18.0%
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 年1.8%~年14.6%
三井住友銀行カードローン 年1.5%~年14.5%

上記カードローンの中でも、みずほ銀行は上限金利が比較的低く設定されているため、長期間の借入となっても比較的低い金利負担で返済可能です。

小規模なリフォームを考えている人で、長期的な返済になりそうな方は、金利負担をなるべく押さえられるみずほ銀行カードローンを検討してください。

みずほ銀行カードローン

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 2.0% ~ 14.0%
審査 公式サイト参照
融資 公式サイト参照

銀行ならでは納得の低金利と限度額(10万円~800万円)!みずほ銀行のキャッシュカードですぐに利用可能!※みずほ銀行カードローンのご利用は計画的に!
口座があれば、来店・郵送なしのWeb完結!キャッシュカードで借入できるので、周囲にバレずに借りられるから大人気!

公式サイトはこちら

多額なリフォームなら他社リフォームローンを検討

大規模であるため、リフォームに50万円以上必要な人は引き続きリフォームローンを検討しましょう。

オリコリフォームローンに通らなかった人には、他社リフォームローンのうち、以下のものがオススメです。

  • 1.金利優遇のある三菱UFJ銀行ネットDEリフォームローン
  • 2.クラブポイントがたまるりそな銀行リフォームローン

これら2つのリフォームローンは、金利優遇やポイントが貯まるキャンペーンを行っているといった点で強みがあります。

多額なリフォームのため引き続き他社リフォームローンを検討してみる人は、まずはこれらのものを視野に入れてみてください。

金利優遇のある三菱UFJ銀行ネットDEリフォームローン

大規模なリフォームなら三菱UFJ銀行のリフォームローンである、ネットDEリフォームローンをオススメします。

三菱UFJ銀行のネットDEリフォームローンは、以下の金利優遇サービスが特徴です。

ネットDEリフォームローンの金利優遇サービス
画像引用:三菱UFJ銀行|リフォームローン

上記のように、三菱UFJ銀行で住宅ローンを利用している人や、バリアフリー化のリフォームを検討している人は金利優遇してもらえます。

多額なリフォームで長期的に返済していく計画のある人は、金利優遇によって利息負担を減らせる、三菱UFJ銀行リフォームローン検討してみてください。

三菱UFJ銀行ネットDEリフォームローン

限度額 50万円~1000万円
金利 1.99~2.875%
審査 最短即日
融資 申込みから最短9日

スマホで申込み可能。
金利優遇サービスあり。

公式サイトはこちら

クラブポイントがたまるりそな銀行リフォームローン

りそな銀行リフォームローンも、大規模なリフォームを検討している人にオススメします。

りそな銀行リフォームローンは、月中平均残高10万円以上でキャッシュバックやポイントへの交換ができる、りそなクラブポイントがたまるキャンペーンを行っている点が特徴です。

また、りそなクラブポイントはリフォームローンの利用時だけでなく、給与または年金の受取りといった普段の銀行取引でもたまります。

りそな銀行口座をお持ちの人や長期的な返済計画のある方は、キャッシュバックやポイントへの交換が可能なりそなクラブポイントがたまる、りそな銀行リフォームローンにも目を向けてみてください。

りそなリフォームローン

限度額 10万円~1000万円
金利 2.00~3.975%
審査 -
融資 -

休日でお手続きが可能。
クラブポイントがたまるサービスあり。

公式サイトはこちら

オリコのリフォームローンに関するよくある質問

Q.オリコが扱うリフォームローンの審査は甘いですか?
オリコが扱うリフォームローンの審査は決して甘くありません。ローンを扱う金融機関は、法律によって審査を義務付けられているからです。つまり、審査をおこなわない、甘いと公言しているローンは、違法業者が運用しているといえるでしょう。
Q.オリコが扱うリフォームローンの審査基準は?
ローンを扱う金融機関は、審査基準を公表していないため、正確な内容は分かりません。しかし、ローンを利用するには、「収入に安定性はあるか・他社借入は多くないか・信用情報に問題はないか・借入時と返済時の年齢はどうなるか」などが重視されると言われています。
Q.オリコが扱うリフォームローンの審査に落ちる要因は?
ローンの審査に落ちてしまう要因は複数ありますが、いずれも返済能力が不足していると金融機関に判断されてしまったと考えられるでしょう。例えば、過去の滞納したことがある人は、リフォームローンでも支払いに遅れてしまう可能性が高いと判断されてしまいます。

まとめ

オリコのリフォームローンには、審査において以下4つの基準がありますので、落ちてしまわないようにも確認しておきましょう。

  • ■収入に安定性はあるか
  • ■他社借入は多くないか
  • ■信用情報に問題はないか
  • ■借入時と返済時の年齢はどうなるか

また、オリコのリフォームローンへの申込み手順は、以下のとおりです。

  1. 1.専用フォームで申込みする
  2. 2.審査が行われる
  3. 3.審査結果が届く
  4. 4.送付された契約書を必要書類とともに返送
  5. 5.電話による契約内容の確認が行われる
  6. 6.指定した口座への振込を待つ

以下に該当する人は、オリコのリフォームローンに落ちてしまう可能性が比較的高くなりますので、注意しましょう。

  • 1.年収に占める年間返済額の割合が高い
  • 2.勤続年数が短い
  • 3,複数の金融機関へ同時申込をしている

最後に、オリコのリフォームローンに通らなかった人向けにカードローンや他社リフォームローンを紹介していますので、参考にしてください。

プロミス

Service image
限度額 最大 500万円
金利 年 4.5% ~ 17.8%
審査 最短3分
融資 最短3分

20~30代にオススメ!即日融資ならネット申し込みがおすすめ!
30日間"無利息期間"があり!カードレスでも可能だから郵送物なし!

公式サイトはこちら
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

レイク

Service image
限度額 最大 500万円
金利 年 4.5% ~ 18.0%
審査 お申込後最短15秒
融資 Webで最短25分融資の可能

お借入額のうち5万円までだったら180日間無利息!
SBI新生銀行カードローンATMでお借入れ・ご返済がいつでもご利用手数料無料

公式サイトはこちら
【PR】Sponsored by 新生フィナンシャル株式会社

※1.申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。最短15秒は、お申込みから審査結果表示までです。
※2.Web上でお申込みいただいた方に限ります。

みずほ銀行カードローン

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 2.0% ~ 14.0%
審査 公式サイト参照
融資 公式サイト参照

銀行ならでは納得の低金利と限度額(10万円~800万円)!みずほ銀行のキャッシュカードですぐに利用可能!※みずほ銀行カードローンのご利用は計画的に!
口座があれば、来店・郵送なしのWeb完結!キャッシュカードで借入できるので、周囲にバレずに借りられるから大人気!

公式サイトはこちら

三菱UFJ銀行ネットDEリフォームローン

限度額 50万円~1000万円
金利 1.99~2.875%
審査 最短即日
融資 申込みから最短9日

スマホで申込み可能。
金利優遇サービスあり。

公式サイトはこちら

りそなリフォームローン

限度額 10万円~1000万円
金利 2.00~3.975%
審査 -
融資 -

休日でお手続きが可能。
クラブポイントがたまるサービスあり。

公式サイトはこちら

オリコリフォームローン

限度額 10万円~500万円
金利 4.8%
審査 最短即日
融資 最短2営業日以内

スマホで申込み可能。
総量規制の除外として「年収の3分の1」を超えていてもお借入れが可能。

公式サイトはこちら
レイクのサービス内容について
    社名:新生フィナンシャル株式会社
    登録番号:関東財務局長(10) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
    電話番号:0120-09-09-09

    貸付条件
    貸付利率:4.5%~18.0%(年率)
     ※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。
    融資限度額 :1万円~500万円
    返済方式:残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式
    必要書類:運転免許証等
     ※収入証明(契約額に応じて、新生フィナンシャルが必要とする場合)
    返済期間・回数: 最長5年・最大60回
     ※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数は変動します。
    利用対象:満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)
    収入条件:安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)
    遅延損害金: 20.0%(年率)
    担保・保証人: 不要
    ※ご契約には所定の審査があります。貸付条件を確認し、借入と返済のバランスを考えて計画的に利用しましょう。

    無利息に関して
    ・Webで初めてお申込みで60日間無利息
    ・初回契約翌日から無利息適用となります
    ・無利息期間経過後は通常金利適用となります
    ・Web以外の無人店舗やお電話で申込むと、お借入額全額30日間無利息またはお借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。
     ※60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。
     ※30日間無利息、60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。

おすすめの特集ページ

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
  • ※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る