ファクタリングのメリットと、おすすめのファクタリング会社について解説

この記事の目次

  1. ファクタリングとは
  2. ファクタリングのメリット
  3. ファクタリングのデメリット
  4. ファクタリングの種類
  5. おすすめのファクタリング会社

ファクタリングとは

企業が資金調達をする方法の1つとして挙げられるものがファクタリングです。
ファクタリングとは、企業が持つ未回収の売掛金をファクタリング会社に売却することで、資金調達をする方法です。

売掛金とは、掛取引において企業が商品やサービスを提供した際に、代金を受け取ることができる権利のことをいいます。

ファクタリングのメリット

具体的にファクタリングを行うことのメリットについて解説します。

即日でお金を用意することができる

一般的に企業間の掛取引において、支払いがされるのは請求額が確定してから30日〜60日後となります。これが企業の資金繰りに大きな影響を与えます。

資金繰りが悪化した結果、最悪の場合には黒字経営であっても倒産に繋がってしまうこともあるため、請求書による請求が実行される前に売掛金を売却し、最短でその日のうちに現金に換えることができる点が、ファクタリングサービスを利用する大きなメリットであるといえます。

審査基準が柔軟である

負債が多くなってしまっていたり赤字決算であるなど、企業経営において不安がある場合であってもファクタリングは利用することができる可能性があります。

ファクタリングは、融資と違い譲渡の取引になるため、審査において重要となるのは売掛先の経営状況になります。

売掛先からきちんと回収できる状態であれば、ファクタリングを利用できる可能性は高いといえます。

債権回収をする義務がない

ファクタリングは、請求書によって請求することのできる債権ごと売却するため、売却後に債権回収をする義務がありません。

ファクタリングの種類にもよりますが、売掛先が倒産してしまい債権回収できなくなるリスクを回避することも可能になります。

ファクタリングのデメリット

企業の資金繰りにとって強い味方となり得るファクタリングですが、デメリットもあるため注意が必要です。
実際にファクタリングの活用する際に考えられるデメリットについて解説します。

手数料の支払いが生じる

ファクタリング会社に対してファクタリング手数料の支払いをしなくてはなりません。

ファクタリングの手数料は、ファクタリングの種類や会社によって異なるため、注意が必要です。

3社間ファクタリングの場合には取引先の承諾が必要になる

ファクタリングには2社間ファクタリングと、3社間ファクタリングがあります。

3社間ファクタリングとは、売掛債権の譲渡をクライアントに通知して、同意を得てから行うファクタリングのことをいいます。

クライアントから直接ファクタリング会社に対して支払いが行われるため、ファファクタリング会社のリスクは少なく、一般的にファクタリング手数料も安く抑えることができるケースが多くなっています。

反対に2社間ファクタリングの場合、取引先に通知せずにファクタリング会社との取引のみで売掛債権を譲渡することが可能になります。

これにより、経営状態についてクライアントに知られることがなく、その後の取引に影響をきたすことは回避できますが、ファクタリング手数料が高くなってしまうケースが多くなっています。

ファクタリングの種類

ファクタリングにはいくつか種類があります。
クライアントとの取引状況や、ファクタリングを利用するケースに応じて利用するものが異なります。

買取ファクタリング

買取ファクタリングとは、売掛債権を買い取るファクタリングサービスのことをいいます。
先述した2社間ファクタリングや、3社間ファクタリングは買取ファクタリングに該当します。

保証ファクタリング

売掛債権を「買取する」買取ファクタリングに対して、売掛債権を「保証する」ものが保証ファクタリングに該当します。

企業はファクタリング会社に対して保証料を支払うことで、クライアントが倒産してしまった場合など、売掛金を回収できなかった場合にファクタリング会社が保証してくれるサービスです。

契約期間が長期化するようなケースで用いられることが多くあります。

医療報酬債権ファクタリング

医療機関や介護施設が利用するファクタリングサービスのことを指します。

企業同士の取引において、請求額を受け取るまでにかかる期間は、長くても2ヶ月程度が一般的であるとされています。

しかし医療機関が国保や社保にとなる医療機関の場合には、それ以上の期間を要するケースも多くなっているため、これを回避することを目的としています。

国際ファクタリング

海外の企業と取引を行う際に、輸出債権の保証を目的として利用するファクタリングサービスです。

海外の企業と取引を行う場合には、日本国内の企業よりも信用情報の調査の難易度が上がります。そのため、輸出債権の保証を目的にファクタリング会社を利用するケースが多いです。

おすすめのファクタリング会社

株式会社MI Vision

企業ごとにより適切な形で資金調達を進められるよう手厚くサポートをしてくれます。
公式HP

株式会社ビートレーディング

月間契約数およそ400件もの実績を持つファクタリング会社の老舗です。
公式HP

ピーエムジー株式会社

2年連続企業イメージ調査で3冠を受賞している満足度の高いファクタリング会社です。
公式HP

株式会社SKO

2018年にできた企業で、早期の資金調達を親身サポートしてくれます。
公式HP

株式会社MAXリスタート

売掛金や医療報酬債権のほかに、家賃収入買取サービスについても取り扱っている企業です。
公式HP

日経フィナンシャルトライ東京

元銀行員が資金調達の手助けをしてくれます。
公式HP

株式会社MEDS JAPAN

トータルサポートファイナンスのMEDSグループの企業で、安心してご利用いただけます。
公式HP

株式会社No. 1

ファクタリングのみならず、資金面において経営課題を抱える企業を支援する経営支援コンサルティングを行なっています。
公式HP

ファクタリング会社に関する記事一覧

    特徴から探す

    記事についてのお問い合わせ・ご相談

    マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

    万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

    また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

    > 記事についてのお問い合わせ
    • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
    • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
    • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
    • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
    • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
    この記事に関するキーワード

    注目の特集

    アドバイザ一覧バナー
    • 金融庁
    • 日本賃金業協会
    • 割賦販売法・賃金業法指定信用情報機関
    • 指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構
    • 金融庁
    ページトップに戻る