免許を取るお金がない学生が教習所に通う方法

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

加賀谷豪

2級FP技能士・税理士資格を有する、小規模事業者への経営サポート・起業支援や従業員向けのセミナー主催・融資対策や保険に関するファイナンシャルプランニングの専門家。ファイナンシャルプランニング・保険販売・事務代行など事業者サポートサービスを請け負う、株式会社ピクシスの代表取締役。

この記事の目次

  1. 免許が欲しいけどお金がない…
  2. 免許を取るためにかかる費用の相場
  3. 免許の取得費用を安く抑えるコツ
  4. お金のない学生が免許費用を作る方法
  5. まとめ

 このような人におすすめ! 
  • そろそろ車の免許が欲しい…!
  • でも、教習所に通うお金がない
  • バイトを増やすべきか?誰かに借りるべきか?

車の免許をとるためには、教習所に通う時間とお金がどうしても必要です。

社会に出て忙しくなる前に取得しておきたいところですが、教習所に通うだけの大金を自力ですぐに用意することは簡単ではありません

そこで、お金がない学生が車の免許を取得するための方法を紹介します。

免許が欲しいけどお金がない…

免許が欲しいけどお金がない学生もいるかもしれません。

学生は勉学が主体なので、安定した収入があるわけでもありませんし、サークルや部活動で時間を多く取られる人もいるでしょう。そのような中でも、車の免許を取得しておきたいという気持ちは非常にわかります。

社会人になると、仕事で時間を自由に取ることもできず、「免許を取りに行くタイミングがない」と嘆いている人も少なくないでしょう。

免許を持っている新成人の割合

免許を持っている新成人の割合を見てみましょう。


上記のデータはソニー損保が2017年に行ったものです。新成人(1997年4月2日〜1998年4月1日生まれ)1,000名に、普通自動車運転免許の保有状況を聞いたところ、「普通自動車免許を持っている(AT限定)」が33.3%、「普通自動車免許を持っている(MT)」が22.7%で、合計した『運転免許の保有率』は56.0%という結果でした。

これを見ても分かる通り、若者の車離れが進んでいるとい一般的に言われているものの、半数以上の新成人が免許をすでに持っているのです。

免許を持つメリット

免許を持っていると、さまざまな場面で利用することができます。

例えば、運転免許証は公的な身分証明書になります。クレジットカードを作る際や、ローンを組む際にも運転免許証があれば身分証明書として利用できるのです。

また、漫画喫茶やレンタルビデオ店で会員証を作る際にも、運転免許証が利用できます。

つまり、運転免許証は運転をするためだけではなく、公的な書類として多くの場面で利用できるのです。

免許を取るためにかかる費用の相場

免許を取得するには教習所に通い、学科と実技の講習をそれぞれ規定回数こなし、仮免を経て卒業検定に臨まなければなりません。

その後運転免許センターで試験を受け、それに合格すると晴れて自動車運転免許が交付される運びになります。

しかし教習所は無料で利用できるわけではなく、主に以下のような費用がかかってしまいます。

教習所の費用
  • 入校費用
  • 学科(座学)費用
  • 技能教習(実技)費用
  • 効果測定料金
  • 仮免料金(仮免試験料+交付手数料)
  • 修了検定費用
  • 卒業検定費用
  • その他(教科書費用や高速研修費用など)

教習所に通いで免許を取る場合の相場

免許を取得するために必要な教習所での学科と実技は、入校から仮免まで、そこから更に卒業検定までに規定回数受講しなければなりません。

学科は決められた内容の講座が複数回用意されており、そして多くの場合それらは予め決まったカリキュラムで開講されています。実技の場合、空いた時間に配車手続きを行えば、回数に応じて適切な内容の講習が受けられます。

学科は開講されている内容と自分が受けなければならない内容を照らし合わせ、必要な講座を選んで受講する必要があります。通常は自分の都合が良い時間に学科と実技を受講し、数か月かけて免許を取得することになります。

この方法で免許を取得した場合の相場は、およそ25万~30万円程度です(マネット調べ)。

合宿で免許を取る場合の相場

学生が長期休暇などを利用して免許を取得する場合、合宿に参加して短期間に必要な教習を全て受講する方法があります。

いわゆる合宿免許と呼ばれる仕組みで、この方法では最短2週間程度で卒業できます。実際に免許を取得するには、卒業後に免許センターの試験を受けなければなりませんが、それでも通常の取得方法と比較すれば、圧倒的短期間で自動車運転免許が手に入るでしょう。

合宿で免許を取得する場合の相場は、宿泊費や食費を含めても20万~25万円程度です(マネット調べ)。

学割などのサービスを使えば、さらに安くなるケースも少なくありません。お金がないという学生などは、こちらの方法で取得を検討してみてはいかがでしょうか。

Q.免許取得にかかる費用で節約すべきものとは

Kagaya

ファイナンシャルプランナー|加賀谷豪

合宿免許などを活用

自動車免許に係る教習所には、通常の通学での免許取得に加えて、合宿免許というものがあります。この合宿免許は、2週間前後の期間をかけて、泊りがけで短期間で免許を取得するもので、通常の通学と比較して10万円前後費用を抑えられる可能性があります。もし学生などで、まとめて休みを確保できる場合は有効です。また、夏休み、冬休みなどの時期は若干値上がりするため、もしそれ以外の日程で休みを確保できる場合は、さらに節約となるかもしれません。

免許の取得費用を安く抑えるコツ

免許を取得するためには、最低でも20万程度のお金が必要になります。

親が免許取得費用を払ってくれたり、一部を肩代わりしてくれる場合でも、可能な限り安い費用で免許を取得するに越したことはありません。

もちろん、高い値段を払うことでサービスが充実しているケースもあるので一概には言えませんが、「お金がないけど免許を取得したい」という人は、以下のようなコツを意識してみてください。

コツ1|「通い」ではなく「合宿」

運転免許を取得する方法は、主に「教習所に通う」か「合宿に行く」の2つがあります。

それぞれの方法に一長一短があり、どちらが優れているかは判断しにくいですが、費用を安く抑えるという面においては、「合宿に行く」という方法を選択すべきです。

教習所と合宿の費用は、一般的に10万円程度の差があります。自分で10万円を稼ぐためには、時給1,000円のアルバイト100時間分。一日8時間働いたとしても12日かかります。

また、その10万円があれば友達と海外に遊びに行くことも可能ですし、サークルや部活動の費用にもあてることができるはずです。

もちろん、地方の教習所であったりすれば通いでも安く抑えることが可能なので、場合によりけりなのは念頭においてください。

コツ2|大学生協から申し込む

大学生協とは全国大学生活協同組合連合会の略称で、営利を目的とせず、学生と教職員自らが運営しています。

非営利で運営を行っているので、免許取得費用も通常の方法で申し込みをするよりも安く抑えることができるのです。また、「数名で申し込むと割引・キャッシュバック」といったキャンペーンも行っているので、友人と一緒に合宿で免許を取得を使用という人にもピッタリかもしれません。

「大学生協っていうくらいだから大学生しか利用できない」と思うかもしれませんが、安心してください。例えば、東京の専門学校に通う学生は大学生協東京インターカレッジコープが利用できます。

大学生が利用する生協と同様のサービスを受けられるので、費用を安く抑えたい人は検討してみてください。

コツ3|時期を選ぶ

教習所にも忙しい時期と閑散期があり、運転免許の費用を抑えるためには閑散期を選びましょう。

例えば、2月・3月は高校を卒業した人が、大学や専門学校に進学する間の空いている時間に免許を取得してしまおうと教習所に通うので、値段も高めに設定されているのです。

また、7月・8月も学生は長期の夏休みにはいるので、教習所に通う人が増えます。

一方、閑散期は9月下旬から1月頃と一般的に言われています。長期の休みが取りにくいこと、高校生がまだ卒業していないので、教習所は比較的混雑していないでしょう。

つまり、免許合宿を生協で申し込み、閑散期にいくことが免許費用を安く抑えるコツといえます。

お金のない学生が免許費用を作る方法

免許費用は安く抑えたとしても数十万円かかります。

そのため、普段から貯金をしている人でないと、すぐに免許費用を一括で支払うのは難しいでしょう。

そこで、免許費用を作る方法を紹介します。

方法1|免許ローンを利用する

免許ローンを利用して、費用を分割払いにするという方法があります。銀行やクレジットカード会社、先述した大学生協などが免許ローンを取り扱っています。

ただし、免許ローンと一概に言っても特徴は各社で異なります。5%以下の金利で融資をしている銀行もあれば、13%ほどの金利がかかるクレジットカード会社もあるので、それぞれを比較してみて、自分に適した免許ローンを検討してみてください。

何を基準に比較するのかは人それぞれですが、金利が低ければ低いほど、支払う利息は少なくなるので、まずは金利に注目してみることをオススメします。

また、免許ローンの利用には審査があります。審査基準は公開されていないので、どのような人が審査に通過できるかは誰にも分かりません。一般的には、ほとんどアルバイトをしておらず、ご両親にも安定した収入がない場合、審査に通過できない可能性が高いと言われています。

Q.免許取得の費用を用意できない人が最初に検討すべき対処法とは

Kagaya

ファイナンシャルプランナー|加賀谷豪

運転免許ローンなどを活用

免許取得には費用がかかります。学生時代に免許を取得するためには、費用を捻出する必要がありますが、親からの資金援助などが難しい場合、運転免許専用のローンなどを活用することが可能です。大学の生協などでも提供されています。ただし、自身がアルバイトの収入などで貯蓄し費用を捻出することができれば、それが理想です。

方法2|アルバイトで稼ぐ

時間はかかりますが、アルバイトで必要な費用を稼ぐ方法が一番費用を抑えられます。

免許ローンは利息がかかるので、本来の金額に利息を上乗せした代金を支払わなければならないのに対し、アルバイトで費用を貯めれば本来の金額だけでいいのです。

しかし、費用を貯めるには時間がかかります。時給1,000円のアルバイトを毎日8時間、一ヶ月休みなしで働いて、やっと24万円です。

学業との両立を考えると現実的な案ではないでしょう。また、アルバイトで稼いだお金を丸々貯金できればいいですが、日々の生活にもお金がかかります。

そのため、今すぐにでも免許がほしいという人には向かない方法と言えます。しかし、社会人になるまでに免許が取れれば良いという人は、まず貯金をして免許費用を貯めることを検討してみてください。

方法3|両親に援助を頼む

やはり、頼りになるのは親です。自力でどうにかできれば越したことはありませんが、親に援助を頼むのも1つの方法として検討してみましょう。運転免許を持っていることで得られる利点を丁寧に説明し、説得を試みてください。

ただし、親の経済力次第では頼みにくいということもあるかもしれません。そもそも大学や専門学校の費用でさえ、奨学金などを利用して捻出している場合、運転免許の費用を親が出してくれる見込みは少ないでしょう。

方法4|金融機関で借りる

両親や免許ローンでお金を借りることができるなら、それに越したことはありません。しかし、両親には頼みにくい。免許ローンの審査に落ちたという人もいるかもしれません。

それでも、どうしても「免許を取得したい」という人は、金融機関からお金を借りるという選択肢にも目を向けてみてください。

大きな負担を数ヶ月に分散

免許ローンと同様に、金融機関からお金を借りた場合も、金利に基づいて算出される利息を支払う必要があります。しかし、返済そのものは少額に分けて数ヶ月にかけて行うのが一般的です。もちろん、借入金額にもよりますが、基本的に月々の金銭的負担はアルバイトさえしていれば学生でも問題ない程度でしょう。

カードローンという選択肢

具体的な借入方法の1つに、カードローンがあります。カードローンとは、ATMから現金を直接借りることができるローン商品です。コンビニに設置されているATMでも利用可能なので、急にお金が必要になったときも、カードがあればすぐ借入できます。

どのような目的でも利用できる

カードローンの特徴は、借りたお金をどのように利用するかは自由に決められる、ということです。

免許ローンの場合は運転免許を取得する費用としてのみ融資を受けることができますが、カードローンの場合はいかなる目的にでも利用できます。そのため、免許費用を払ったあとで、生活費がなくなったり、飲み会が重なった場合でもカードローンは助けとなってくれます。
※事業性資金としては利用できません。

50万借りても月々1万5000円の返済

たとえば、最低返済額が少ないカードローンを検討してみてください。大手消費者金融のアコムの最低返済額は以下のようになっています。

アコム返済額
キャッシング額 返済額
1万円 1,000円
3万円 1,000円
5万円 2,000円
7万円 3,000円
10万円 3,000円
15万円 5,000円
20万円 6,000円
25万円 8,000円
30万円 9,000円
35万円 11,000円
40万円 12,000円
45万円 14,000円
50万円 15,000円

このように、50万円借りても月々の返済は1万5000円です。もちろん、これ以上の金額を返済することも可能なので、お金に余裕のあるときや、バイトで多く稼げた場合は追加で返済することをオススメします。

アコム

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間

すぐお金が必要な方におすすめ。
初めてのお借入れにおすすめ。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス

限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間

スマホでお借入れ可能。
20代・30代の方から人気。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間

内緒で借りたい方におすすめ。
銀行振込で借りたい方におすすめ。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

学生時代は時間はたくさんあるものの、お金がなくて免許が取れないという状況になりがちです。しかし、社会人になってからは、そもそも時間を作るのが難しくなってしまうので、免許は学生時代に取得しておくことをオススメします。

お金がないけど免許を取りたい、そんな場合は「お金を借りる」という選択も1つです。免許ローンや両親、カードローンといった方法を紹介しましたが、自分に適した方法を検討してみてください。

おすすめの特集ページ

金欠に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る