ショッピングローンで審査に落ちた理由と憧れのモノを手に入れる方法【元銀行員が解説】

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

この記事の目次

  1. ショッピングローンを組んで生活必需品を手に入れる選択肢
  2. ショッピングローンで審査落ちする原因
  3. ショッピングローンの審査は甘い?厳しい?
  4. 欲しいものを諦めたくない、そんな方は…
  5. まとめ

 この記事はこんな人向けです 
  • 欲しいモノがある…
  • でも、正直言ってお金が足りない
  • よし、ショッピングローンを使おう

新しい家電や電子機器を購入する際、気になるのが出費です

今より快適に過ごすための買い替えや、使っていたモノが壊れた場合など、購入の理由は様々でしょう。

このような場合に利用されるのがショッピングローンです。しかし誰でも使えるとは限らないのをご存知ですか?

ショッピングローンを組んで生活必需品を手に入れる選択肢

ショッピングローンとは、信販会社や保証会社が取り扱うサービスです。高価な買い物をする際、資金不足や翌月の生活水準を下げたくない人が利用しています。

多くの会社は”ショッピングクレジット”といった表記で取り扱っていますが、それがショッピングローンです。

 ショッピングクレジットのしくみ

1.ショッピングクレジットを取扱う契約(加盟店契約)を締結
2.お客さまが販売店さまでお買い物
3.同時にアプラスのクレジットをお申込み
4.お買い物の代金を、アプラスが販売店さまへ一括お支払い
5.お客さまがアプラスへ分割払いでご返済

上記のように、信販会社と提携している販売店でなにかを購入する際に、ショッピングローンという方法を選ぶことができます。

主な提携店
電化製品、家具、呉服、洋服、毛皮、宝石・貴金属、時計・めがね、ペット、寝具、健康機器、ミシン、教材、楽器、カメラ、仏壇・仏具など

ショッピングローンはあらゆる店舗と提携をしており、商品購入の手助けになっています。

ショッピングローンを組めばあらゆる商品の購入も検討できる

中でもショッピングローンが特に利用されるのは、家電量販店で家電を購入するといったシーンです。

家電名 メーカー 商品名 価格
冷蔵庫 パナソニック NR-F502XPV 約15万円
洗濯機 日立 ヒートリサイクル風アイロンBD-SV110AL 約13万円
エアコン 三菱電機 霧ヶ峰 MSZ-ZW5617S-W 約12万円
オーブン
レンジ
日立 ヘルシーシェフ MRO-SV1000 約5万円
コーヒー
メーカー
デロンギ マグニフィカECAM23420SB 約11万円
ビデオカメラ SONY HDR-CX680 約4万円

もちろん家電の価格は様々であるため、安物で妥協するのも良いでしょう。

しかし生活を共にするモノ使う回数が多いモノだからこそ、良い商品が欲しい人が多くいます。

海外メーカーや型落ち家電で済ませられれば、安く済むでしょう。

しかし、値崩れしていない最新の家電には、その商品にしかない、生活が快適になる特別な機能があります。

そのためショッピングローンを使って、最新家電を購入する人も少なくないのです。

ただしローンを組むには審査に通らないといけない

ショッピングローンはあらゆる人の買い物を手助けする便利なサービスです。しかし、申し込みをした誰もが利用できるとは言い切れません。

まずは、ショッピングローンを組む流れをご覧ください。

  1. 販売店でローン申込
  2. 信販会社等の審査を受ける
  3. 限度額の範囲内で商品購入

この中で最も重要な手続きは、審査です。信販会社や保証会社が行う審査に通らないとショッピングローンを組むことができないのです。

 審査とは?

審査とは、ローン申込者に「返済を続けられるだけの収入と意思」があることを調査する手続きです。
具体的には、収入状況や住居情報、過去に行ったお金関連の取引状況を確認されて判断が行われます。

ショッピングローン審査時間は比較的短いが...

ショピングローンの審査は比較的短い時間で完了します。例えば、ショッピングローンで有名なオリコは最短25分で審査が完了するのです。

審査は、店頭で商品の購入をする際にショピングローンの申し込みをした後に行われます。審査をしている間は、店頭で待たなくてはなりません。

もし審査落ちしてしまった場合はショッピングローンを利用できないため、待つ時間が無駄にもなりかねないのです。

ショッピングローンで審査落ちする原因

現実問題として、ショッピングローンの審査に落ちている人は少なくありません。

そもそも、ローン審査に通過するためには安定して返済できることが条件になるのです。

返済できる人の特徴
毎月決まった収入を得ている
信用情報に問題が無い
他社借入が多すぎない

ローンを提供している会社は、利用者から返済が行われないと損をしてしまいます。そのため、予め返済をきちんとできる人物なのか、充分に確かめる必要があるのです。

収入状況が悪いと判断されてしまった

ショッピングローンの審査で確認される項目は、『返済能力』です。返済能力とは、利用した代金を継続して返済していく力を指します。

つまり、ローンの返済ができないと思われる人物は審査に落ちてしまうのです。ローンが返済できないと判断されてしまう理由に、収入が安定していないことが挙げられます。

ショッピングローンの審査では、利用者の勤務先や年収といった収入状況を確かめられるのです。

アルバイトやパートでは通らない可能性が高い


傾向として、アルバイトやパートといった非正規雇用の方では、なかなかショッピングローンの審査に通ることは難しいでしょう。

ボーナスといったまとまったお金がないアルバイト、パートの人がローンを利用をしたくても、安定した雇用をされていると見なされない以上は審査落ちに繋がってしまうのです。

信用情報が悪化している

ショッピングローンに限らず、金融商品は信用情報が参照されます。信用情報とは、個人のお金に関する取引履歴です。

ここにはローンやクレジットカードの利用履歴が記載されています。

もし、この信用情報に「返済遅れ」の情報が記載されていると、返済に対する姿勢が悪いとみなされて審査に落ちてしまいます。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
=中略=
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

クレジットカードや携帯料金のトラブルも審査落ちの原因に


正規雇用をされているからといって、審査に必ず通過するとは言い切れません。ショッピングローンの審査では、これまでのローン利用履歴やクレジットカードの支払状況も確認されており、以下のような場合は審査してしまいます。

 審査落ちにつながるトラブル 
  • クレジットカードの滞納
  • スマホ料金の滞納
  • 家賃の滞納
  • 複数社からの同時借入がある  

Q.何故、過去に滞納したことが分かるのですか?

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

支払状況は信用情報へ記録されている

信用情報には、過去24ヶ月分のクレジットカードや割賦販売(商品の分割購入)の履歴が記録されています。これをクレジットヒストリーと言います。
審査では必ずクレジットヒストリーの照会を行うため、クレジットカードや携帯電話端末の分割購入の支払いに遅れがあると、「遅れた」という記録が審査の際には必ず発覚してしまいます。

このため、クレジットカードの支払いや商品代金の分割購入の支払いに遅れが原因で審査に通らないことがあるのです。

ショッピングローンの審査は甘い?厳しい?

社会人として企業で働いているし、これまでローンやクレジットカードの支払いで遅れたことがない。

このような方でも、結果的に審査に落ちてしまう人は少なからずいるのが実情です。

個人の収入や信用情報が悪ければ審査に落ちる

現在の返済能力が下がっているとみなされれば、ショッピングローンの審査に落ちてしまうでしょう。

どのショッピングローンが甘い、厳しいというようなものでなく、自分自身の返済能力が足りないという場合は、どこの審査でも落ちてしまう可能性があります。

審査落ちしたら同じローンに申し込んでも通らない

ひとつ念頭に置いておいてほしいことは、ショッピングローンの審査は何度も受けられないということです。

一度審査落ちすると一定期間は再度申し込みをしても、審査に通らないと言えるでしょう。少なくとも他のショッピングローンを検討しなくてはなりません。

しかし、ショッピングローンを始めとして、ローン全般は審査が甘いというものは存在しません。審査落ちが連続すれば、やがて選択肢は少なくなるでしょう。

無闇な再申し込みは「申し込みブラックに繋がる」

金融商品の審査においては、他社への申し込み状況も確かめられます。

そして、短期間(およそ1ヶ月間)に複数の申し込み履歴があると、返済能力を超えた借り入れを望んでいると判断され、通るはずの審査に落ちてしまうことがあるのです。

これは『申し込みブラック』という状態です。

審査落ちにしたローンに繰り返し申し込みをすると、結果的に申し込みブラックになる可能性が高まると覚えておいてください。

ショッピングローンに受かったとしても、別のローンが組めなくなることも

一度ショッピングローンを利用してしまうと、また別の家電を購入する際に、新たにショッピングローンを利用できない場合があるのです。

エアコンを新調するためにショッピングローンを利用したら、今度は洗濯機が故障...。

このような状況になった場合でも、ショッピングローンを新たに申し込むのはハードルが高くなります。

欲しいものを諦めたくない、そんな方は…

  • 家電が故障して早急に買い直す必要ある
  • 生活環境向上のため、新製品を買いたい
  • 効率化のため最新ガジェットを買いたい

どうしても欲しいもの・必要なものがあるのに、肝心のショッピングローンは審査落ち。がっかりしているかもしれませんが、欲しいものを諦める必要はありません。

「今買わないと、絶対に後悔する。」「正直、生活に差し支えるから必ず買いたい。」
そういった気持ちが少しでもある方は、その他の選択肢も検討してください。

用途自由のローンという選択肢

その他の選択肢のひとつに、利用目的が自由のローン商品があります。

ショッピングローンは、その名の通り「買い物」に関する用途にしか利用できず、ものによっては貸付条件がさらに制限されます。

このようなローンは低金利であるという魅力があるものの、臨機応変な利用ができず、お金が必要なシーンで使えないという場合もあります。

カードローンに着目してみましょう!

具体的な対処法として、カードローンがあります。

カードローンとは、決められた金額までなら何度も借入できる、使いみち自由のカード型ローン商品です。

事業性資金には使えません。

カードローンの仕組み

ショッピングローンの代用としてはもちろん、その他お金が必要になった際に利用できます。

ショッピングローンとカードローンでは審査基準が異なる

もちろん、カードローンを利用するにあたっては、ショッピングローンと同様に厳しい審査を受ける必要があります。

例えば、

・年収に対して借入希望額が高すぎる
・クレジットカードなどで長期延滞した
・ローンや奨学金の返済で長期延滞した
・自己破産などの債務整理をした
…etc

上記のような方は、カードローンの審査にも通過しないでしょう。
しかし、審査の仕組みと通過基準は金融機関や金融商品によって異なるので、ショッピングローンで審査落ちした人でもカードローンなら利用できるという可能性も十分にあるのです。

カードローンなら今日中に憧れのモノを入手できる

ちなみに、一部のカードローンは最短30分で審査が終了します。

申し込む時間帯にも関係してきいますが、このようなカードローンを利用すれば、早ければ今日中に欲しいものを手に入れられるでしょう。

ちなみに、カードローンの利用の流れは以下の通りです。

カードローン利用の流れ

手続きに最低限必要なものは、スマートフォンと身分証明書だけです。

申し込みはインターネットで24時間いつでも行えるので、ぜひ利用を検討してみましょう。

具体的には、下記のようなカードローンがおすすめです。

アコム

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間

すぐお金が必要な方におすすめ。
初めてのお借入れにおすすめ。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス

限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間

スマホでお借入れ可能。
20代・30代の方から人気。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間

内緒で借りたい方におすすめ。
銀行振込で借りたい方におすすめ。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

生活必需品を買うためにショッピングローンを利用する人は、少なくありません。しかし、審査に通過する人もいれば、審査に落ちてしまう人もいるのです。

欲しいモノがあるのに、ショッピングローンを組むことができなかった

このような状況になった場合は、カードローンの申し込みも検討してみてください。場合によっては、今日中明日中に欲しいモノ手に入れることができます。

審査落ちに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る