時計ローンで審査落ちする理由と上質な高級腕時計を手に入れる方法

2018年10月30日更新

Teduka
この記事のアドバイザ
地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

 この記事はこんな人向けです 
  • あの腕時計を何としてでも手に入れる!
  • しかし手持ちの資金が全然ない
  • ローンを組んで購入をしよう

営業の得意先や会社の付き合いでも、腕時計をはじめとして、身なりに関しては見られるでしょう。

良い腕時計を購入したい、でも手持ちのお金がない...

このような際に利用されている、時計ローン(ショッピングローン)ですが、誰もが利用できるとは限らないのをご存知でしょうか?

時計をローンで買うという選択肢

時計ローンは、時計の販売店で組むことができるローンであり、ショッピングローンの一種です。

腕時計は高級なものもあり、手持ちのお金ではまかなえない人が利用しています。

メーカー 商品名 値段
オメガ シーマスター
プラネット・オーシャン
39万8千円
タグ・ホイヤー カレラ クロノグラフ
CAR2A91.BH0742
48万8千円
セイコー グランドセイコー SBGA299 40万6千円
IWC アクアタイマー
オートマティック IW329002
49万2千円
ブライトリング スーパーオーシャン44
SP M192B92VPR
39万8千円
パネライ ルミノール マリーナ 自動巻き 59万2千円

※上記の値段は弊社での調査によるものです。詳細の価格は各社公式サイトでご確認ください。

もちろん安物で済むならば、時計ローンを使う必要はありません。しかし、評価のある時計を買うならば、出費は膨らみます。

このように値が張る時計の購入をする際に、時計ローン(ショッピングローン)は役立っているのです。

時計ローンを組めば高級時計の購入も検討できる

学生ならデザインだけに拘るのもありですが、社会人ともなると時計のブランドが、ある程度見られるのも事実

もちろん、上司・得意先に配慮して高級過ぎるのは良くありません。しかし、安物の時計をつけていると自身の影響力も低いものだと見られるのです。

ローンを組むのであれば、安物でないビジネスシーンで評価のある腕時計を購入できるでしょう。

時計を購入する際のローンの組み方

時計を購入するにあたりローンを組みたいと思っても、誰もが組めるわけではありません。

時計を購入する際に、ローンを組む手続きをする必要があるのです。なお、ローンには審査がございます。その審査に落ちてしまうと、ローンを組むことができません。

ローンの組み方・手順

時計をローン購入する際は、時計を販売している店舗でローンの申し込みをするのが一般的です。その他、インターネットショッピングをする際は、そのネット上でローンの申請を行います。

  1. 1時計購入手続き|ローン申請
  2. 2信販会社によるローン審査
  3. 3限度額の範囲内で商品を購入

上記のように申し込み後に審査があり、この審査に通過しないと、ローンを組むことができないのです。

 審査とは?

審査とは、ローン申込者に「返済を続けられるだけの収入と意思」があることを調査する手続きです。
具体的には、収入状況や住居情報、過去に行ったお金関連の取引状況を確認されて判断が行われます。

時計ローンの金利相場

時計をローンで購入する際に気になるのが金利です。時計ローンを利用する際は、何回払いで支払いをするのか決めますが、回数が多いほど金利も高くなります。

以下、時計ローンの金利の一例です。
時計ローンの金利
▶参考:【ロレックスも無金利】業界最強の低金利キャンペーン実施中|時計専門店GMT

人気ブランドである腕時計、例えば『IWC』や『オーデマ・ピゲ』などもローンを組むことで、購入できるようになります。

購入をする際は、何回(何ヶ月)の支払いで購入するのか決めることができます。自身の収入状況を鑑みて決めると良いでしょう。

時計ローンは無金利になることも

時計ローンは傾向として、少ない返済回数の場合だと、金利が0%になることもあります。上記のローンの場合だと、48回払いまでだと金利が0%になります。反対に最長120回の分割払いだと金利が20%になるよう設定されています。

仮に50万円の時計を購入するとして金利0%の48回払いの時計ローンであれば、約1万400の月々支払いなる計算ですので負担はそれほど大きくならないでしょう。

ローンで買った時計を売ることは基本的にNG

どうしても生活が苦しくて「時計を売る」という場合は注意が必要です。ローンで購入した時計を売却するのは、ほとんどの場合が禁止されています。

ショッピングローンのほとんどに『所有権留保』という規定があるのです。これはローンを利用して購入したものは、全てのお金を支払わない限り自分のものにはならないという決まりです。

これは売り主が代金が完済されるまでの間、担保として商品の所有権を持ち続けるという目的があります。これは、クレジットカードや割賦販売では一般的になっています。

 所有権留保に伴う特約

第6条(所有権留保に伴う特約)
 会員は、会員がカード利用により購入した商品の所有権が、当社が加盟店に立替払い
したことにより加盟店から当社に移転し、当該商品に係る債務の完済まで当社に留保さ
れることを認めるとともに、次の事項を遵守するものとします。
1. 善良なる管理者の注意をもって商品を管理し、質入れ、譲渡、賃貸その他当社の所
有権を侵害する行為をしないこと。
2. 商品の所有権が第三者から侵害されるおそれがある場合、速やかにその旨を当社に
連絡するとともに、当社が商品を所有していることを主張証明してその排除に努めること。

憧れの時計が欲しくて申し込んだ時計ローンで審査落ち

実際に、「継続的な返済ができる人」と見なされず、時計ローンで審査落ちしてしまう人も少なからずいます。

継続的な返済ができる人物像とは下記項目を満たしている人です。

  • 毎月一定の収入を得ている
  • 過去にクレジットカードやローンの返済で問題がない
  • 他社でローンを組みすぎていない

上記の項目にひとつでも当てはまらなければ、即座に審査落ちするでしょう。

アルバイトやパートでは基本的に通過が厳しい

結論を言うと、パート・アルバイトといった非正規雇用の方は、なかなか時計ローンを組むのが難しい現実にあります。

ボーナスといったまとまった資金が作れない人こそ、ローンを組みたいところです

しかし、収入が上下する・仕事を辞めるといった考えられ、収入が安定しているとは言えず、審査落ちしてしまう可能性もあるのです。

クレジットカードや携帯料金のトラブルも審査落ちの原因

正社員なのにも関わらず、審査に落ちてしまう人も少なからずいます。

時計のローンでは、これまでのクレジットカードやローンといった金融取引の利用履歴もチェックしています。この利用履歴に「返済遅延」といった問題があると、審査に影響します。

ローン以外のあらゆるところでも、返済や支払い遅れの履歴が情報として残っているので気をつけたいところです。

 審査落ちの原因 
  • クレジットカードの滞納
  • スマホ料金の滞納
  • 家賃の滞納
  • 複数社からの同時借入がある  

Q.何故、過去に滞納したことが分かるのですか?

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

借入と支払状況は全て記録されている


信用情報には、クレジットカード、商品の分割購入契約、保証会社が間に入る賃貸物件の家賃の支払いなど、様々な支払状況が記録されています。これをクレジットヒストリーと言います。
クレジットヒストリーは審査の際に必ず照会するため、これらの料金支払いの遅れによって審査に通過できないということがあるのです。
また、信用情報には他社からの借入状況も記録されていますので、借入件数が多い人も審査審査には落ちてしまいます。

時計ローンの審査は厳しい?

金融機関は、融資したお金を踏み倒されるリスクを極力抑えるために審査を行います。

時計ローンも例外ではなく、少なくとも申し込めば必ず組めるとは言い切れなしのです。

もちろん、それは時計ローンに限った話ではなく、ローンと名の付く金融商品はいずれも審査が厳しいと言えます。

審査落ちしたら同じ申し込み先に再チャレンジはできない

一般的に、審査落ちしたことのあるローンへは、約6ヶ月は再申し込みしない方が良いと言われています。再申し込み自体はできるのですが、一定期間は審査で落とされてしまうのです。

なぜなら、金融機関は「審査落ち」という結果を出しています。それには何かしらの問題があると見なしたのです。

それらの問題が、収入状況の問題であれ信用情報の問題であれ、短期間での改善は難しいとされているため、審査に落とされてしまうのです。

無暗な再申し込みは「申し込みブラック」につながる

審査では、他社への申し込み状況も、通過可否の判断材料になります。

そして、短期間(およそ1ヶ月間)に複数の申し込み記録があると、返済能力を超えた借り入れを望んでいると判断され、通るはずの審査に落ちることがあるのです。

これはいわゆる、『申し込みブラック』 と呼ばれています。

審査落ちしたローンに再申し込みすると、結果的に申し込みブラック状態になる可能性があるので注意してください。

どうしても欲しいモノがある、そんな人は...

  • 社会人として良い腕時計を身につけたい
  • デートにつけて行くカッコイイ腕時計が欲しい
  • 学生時代に買ったものから買い替えたい

どうしても欲しい腕時計を購入したいときに、ローンに組めずに買えないのは、悔しいものです。ローンの審査基準は、公開されていないため、審査落ちする理由は不明のままでしょう。

しかし、どうしても入手したい腕時計を諦める必要はありません。足りないお金を用意する解決策は他にもあります。

用途自由のローンという選択肢

その他の選択肢のひとつに、用途自由のローン商品があることをご存知ですか?

時計ローンは、その名の通り「時計」に関する用途にしか利用できず、ものによっては貸付条件で決まりが設けられています。

そういったローンは低金利であるという魅力ですが、柔軟な利用ができず欲しいものを購入できないということもあるのです。

カードローンに目を向けてみては?

具体的な選択肢として、カードローンという金融商品があります。

カードローンは、利用限度額の範囲内であれば、何度でも借りられるの特徴があります。

時計ローンの代用としてはもちろん、その他の使いみちもできるのでぜひ検討してみてください。

カードローンの仕組み

時計ローンとカードローンでは審査基準が異なる

もちろんカードローンも、時計ローンと同様に厳しい審査を受けなくてはなりません。

例えば、

・年収に対して借入希望額が大きすぎる
・クレジットカードなどで長期滞納した
・ローンや奨学金の返済で長期延滞した
・自己破産などの債務整理をした
…etc

このような方は、カードローンの審査にも落ちてしまいます。

しかし、審査内容と通過基準は会社ごとに異なるので、時計ローンで審査落ちした人でも、カードローンは利用できたという可能性も十分にあるのです。

カードローンなら今日中に憧れの腕時計を入手できる

ちなみに、一部のカードローンは最短30分で審査が終わります。

申し込み時間にもよりますが、そういったカードローンを利用すれば、早くて今日中に憧れの時計を手に入れることができるでしょう。

ちなみに、カードローンの利用手順は下記の通りです。

カードローンの利用方法

カードローンを利用するのに最低限必要なものは、スマホと本人確認書類だけです。

申し込みはネット上で24時間いつでも可能なので、ぜひ利用を検討してみてください。

具体的には、下記のようなカードローンがおすすめです。

おすすめのカードローン

プロミス
ネット上で申し込めば最短1時間でお金を借りられる、幅広い層から人気のカードローン!
金利 4.5~17.8% 審査 最短30分
限度額 最大500万円 融資 最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アコム
申し込みの手軽さと審査の早さで人気を集める、延べ利用者数1,000万人超えの業界人気トップクラスのカードローン!
金利 3.0~18.0% 審査 最短30分
限度額 最大800万円 融資 最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

SMBCモビット
三井住友銀行グループの会社なので、安心感が大きいカードローン!
金利 3.0~18.0% 審査 公式サイト参照
限度額 最大800万円 融資 最短即日
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

好きなブランドや店頭で一目惚れした商品など、憧れのものは何としてでも手に入れたいですよね。

時計はローンで購入することも可能ですが、審査があるため、誰でも利用できるわけではありません。もし、審査落ちしたら不満でしょう。しかし、時計の購入を諦める必要はありません。

例えば、使いみちが自由のカードローンのような商品もあります。もちろんカードローンにも審査はありますが、審査基準が時計ローンと異なるので、違った審査結果になる可能性も十分にあります。

どうしても手に入れたい時計がある場合は、そのような選択肢にも着目してみましょう。

目的ローンに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る