アコム利用時に発生した端数・小銭の返済方法と注意点

この記事に関するアドバイザ

元 クレジットカード会社職員

熊澤健

クレジットカード会社20年勤務し、うち10年間は債権回収を担当。クレジット審査業務能力検定上級コースであるシニアクレジッター及び、クレカウンセラー取得をしている審査のプロ。

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

 この記事はこんな人にオススメ 
  • アコム返済時の端数はどうしたら良いの?
  • アコムATMに小銭投入口が無い!
  • 解約時に1円単位まで完済するにはどうすれば?

アコムのカードローンを利用したら、返済をしていく必要があります。その際に、利息は1単位で計算されるので、返済の残高にはどうしても端数が発生してしまいます。

この端数は、どのような扱いになるのでしょうか。今回は、アコムの返済時における、端数の扱いについて解説していきます。

アコムのサービス内容を確認

アコム
申し込みの手軽さと審査の早さで人気を集める、延べ利用者数1,000万人超えの業界人気トップクラスのカードローン!
金利 3.0~18.0% 審査 最短30分
限度額 最大800万円 融資 最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

ATM返済ではアコムからの借入金の端数が残る

アコムは消費者金融の大手として有名で、使いやすさには定評のあるカードローンです。借り入れはもちろん、返済までしっかりとしたサポート体制が整っています。

アコムで借り入れをしていて、返済をアコムのATMやコンビニのATMでおこなうという人も多いでしょう。しかし、ここで気になるのは、多くのATMには小銭の投入口がないという点です。小銭の投入口がないということは、ATMでは端数の返済ができないということです。

端数に利息は発生しない

「利息がかかるから端数も返済したい!」という人もいることでしょう。

ATMで小銭の返済ができない以上、この端数に関しては、多く返済するか、そのままにしておくしか選択肢がありません。しかし、多くの人が勘違いしているのが「1,000円未満の端数には利息は発生しない」という点です。

これは「無利息残高」という扱いになります。利息が発生しない以上は、放置しておいても実質的に損は起こらないということになります。

Q.なぜ、一部のカードローン会社は端数に利息をつけないのか?

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

端数の利息は回収が困難であるため

一部のカードローンは1,000円未満の借入残高になると、利息が発生しません。これは、1,000円未満の端数分はATMで回収できないケースが多いからです。
例えば、カードローン残高が500円で金利が18%の場合を考えてみましょう。
500円の1ヶ月分の利息は500円×18%×30日÷365日=約7円になります。
毎月返済を行うのであれば利息である7円以上の金額を返済する必要がありますが、残念ながら1,000円未満の硬貨を返済することができるATMはそう多くはありません。
また、毎月利息を発生させていたら、いつかはカードローン残高は返済義務のある1,000円を超えることになります。
利用者が気づかない間に延滞になってしまう可能性があるため、1,000円未満には利息が発生しません。

三菱UFJ銀行のATMなら端数分も返済できる

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループに属しています。コンビニやアコムのATMでは端数の返済は出来ませんが、三菱UFJ銀行のATMであれば端数の小銭を返済することが可能です。

三菱UFJ銀行のATMならば、アコムへの借り入れや返済をおこなっていることを、誰にも気づかれずに済むので、普段から利用している人も多いでしょう。

また、アコムの店頭窓口(有人)での返済も、同じように端数の小銭を返済することが可能です。

端数まで返済すれば信用機関から「完済」扱いされる

返済しなくても問題ないのであれば、端数はそのままでという方もいらっしゃいますが、実は端数を返すことで変化するものがあります。それは「個人信用情報機関の記載」です。

アコムに端数まで返済しなくても問題になることはありませんが、端数を含めてすべて返済しなければ「契約終了」の記載がされないままとなります。端数分まで返済して初めて完済となるため、完済後5年間経つと消えるべき情報がいつまでも残ることとなります。

アコムを解約する時は端数まで完済する必要がある

アコムの契約を解約する場合は、完済が条件となります。端数分が残ってしまっている状態では、解約することは出来ませんので、店頭窓口もしくは三菱UFJ銀行のATMで小銭を支払って端数まで完済する必要があります。

端数分は「無利息残高」となるため、残高に対して利息や手数料がかかることはありません。また、支払い期限も設定されていないものとされます。

ただし、完済後再度借り入れを申し込んだ場合、最初の返済日にこの端数分は清算されます。ですので、そのままにしておいても問題はありませんが、このままの状態では契約を解約することはできません。

大型ローンを組む予定があるなら端数も返済して解約しよう

今後、アコムでの借り入れをおこなわない方、住宅ローンや車のローンなどを考えている方は、きちんと完済~解約までの手続きを済ませた方が良いでしょう。

完済しないと「現在もアコムを利用中」とみなされて、ローンが組めない可能性が出てきてしまいます。

解約の手続きは電話などからも出来るので、時間のある時に三菱UFJ銀行のATMなどで端数分を払い、手続きをすればすべて終了となります。

Q.消費者金融を解約せずに放置することにリスクはあるか

Kumazawa

元 クレジットカード会社職員|熊澤健

日常生活には大きく影響しません

消費者金融のカードを完済後に保有していても大きな問題はありません。また、借りる時のために持っていても、きちんと管理していれば大丈夫です。
信用情報機関に申込み情報、利用残高などは登録されますが、他ローンに申し込まない限りは特に問題ないでしょう。もちろん、紛失盗難や悪用などの被害に会う可能性はありますので、今後もずっと使わないのであれば解約しておいた方が間違いないです。保有するときはきちんと管理しましょう。

アコムを解約する予定なら端数までしっかり返済しておこう

返済方法をコンビニやアコムのATMでおこなっている方は、最後の端数をどうすれば良いかお悩みの方もいるかと思います。

その場合、今後の借り入れ予定がある方はそのままでも問題ありませんし、逆に借り入れは一時的なもので、今後の借り入れ予定がない方など端数分を返済し、解約手続きを取るのが良いかと思います。

端数は特に返済期日もないので、準備ができた時に返済しに行っても大丈夫です。焦ることも多く払うこともありませんので、じっくり考えて返済して下さい。

最寄りのアコム店舗を検索

店舗情報

※年中無休(年末年始を除く)

※注意※アコムを解約すると備えがなくなる

アコムが完済できたので、解約してしまうということ自体は悪くありません。しかしいざ急な出費があったとき、貯金がないとどうしようもなくなってしまいます。

そんな急場の備えとして、いつ利用しても良い低金利なカードローンを持つことがおすすめです。

業界トップクラスの低金利|みずほ銀行カードローン

 みずほ銀行カードローン
金利 
限度額
審査 
融資 
:2.0~14.0%
:最大800万円
:公式サイト参照
:公式サイト参照
メガバンクならではの安心感
業界トップクラスの低金利

備えとしておすすめのカードローンといえば、業界トップクラスに低金利なみずほ銀行のカードローンです。

アコムの上限金利18.0%に対して、みずほ銀行カードローンの上限金利は14.0%と非常にお得といえます。

みずほ銀行の口座を持ってない人も利用可能ですが、持っている人であればキャッシュカードとまとめられるので誰かにバレる心配もありません。

公式サイトへ

返済額に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
  • 金融庁
  • 日本賃金業協会
  • 割賦販売法・賃金業法指定信用情報機関
  • 指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構
  • 金融庁
ページトップに戻る