大和リビングの家賃を滞納した場合に見るべき早期解決法|保証会社がイントラストの方は危ない?

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

隅倉広樹

FP技能士2級を保有する、不動産仲介・管理業務を中心としたライフプラン設計・資産運用のプロ。その他、宅地建物取引士・管理業務主任者・損害保険募集人といった多数の資格を保有し、ファイナンスに関する幅広い知識でお客様をサポート。

大和リビングの家賃が払えない…

テレビでよく見る大和ハウスの賃貸だから安心!と思い、不動産会社から「大和リビング」の物件を紹介された方は多いはずです。しかし、大和リビングの賃貸やマンションの家賃が払えないで、滞納してしまう人もいます。

確かに大和リビングの物件は住みやすさ、快適性は抜群です。ですが、家賃を滞納してしまうと大変なリスクがあります。特に保証会社がイントラストの方は要注意です。家賃が払えないで悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

 目 次 

大和リビングの家賃を滞納

実は、大和リビングの家賃が払えないと悩み人はたくさんいます。物件を選ぶ時は、払えると思っていても、生活が上手くいかないこともあります。予想外の出費が重なれば、払えないこともあるでしょう。

生活困窮者は自治体に援助申請を

生活困窮度合いにもよりますが、失職や病気などの事情によって支払えなくなれば、公的な援助を受けられる可能性があります。

総合支援資金には様々な種類のものがあります。

最寄の各自治体に問い合わせてみましょう。

Q.家賃が払えない時の相談先はどこが適切か

Sumikura

ファイナンシャルプランナー|隅倉広樹

大家・管理会社・自治体等

まずはいつもの支払先(大家さんや管理会社等)に、こちらから連絡をとりましょう。正直に理由を説明して、遅れていても支払う意志があることをしっかり伝えるのが大切です。仕事ができなかったり、特別な事情がある時は自治体に相談するのも手段です(民間のサポートは生活保護だけではないので)。何にせよ、支払わなければ住む場所を失うことになりますので、急場をしのぐ為にあらゆる手段を試しましょう。

上記の大和リビングの家賃を滞納する理由を見てみると、やはり多いのは「急な出費・予想外の支出」に悩んでいる人です。確かに、生活の中で、急にお金が必要になるタイミングは多々あります。

請求費用・公共料金・医療費など、他にも様々なライフイベント時には、多くのお金が財布の中から出ていきます。

特に家賃は固定費の中でも一番高い金額です。

では、大和リビングの家賃を滞納するとどうなるのか?流れを確認していきます。1ヶ月滞納、2ヶ月滞納と、日に日にリスクは増していきます。

大和リビングの家賃を滞納すると強制退去?1ヶ月・2ヶ月とリスクが高まる

大和リビングの家賃を滞納した場合、以下の流れになります。

家賃を滞納した場合の流れ

【1】電話
家主や管理会社から家賃が払えない状況確認の為に電話がくる
【2】手紙
手紙による督促状が自宅に送付
【3】訪問
管理会社や家主が入居宅へ訪問
【4】連帯保証人
連帯保証人へ連絡(学生であれば親、社会人であれば会社や友人、恋人など)
【5】強制退去
通常3ヶ月を超えると強制的に契約している物件を差し押さえ

家賃を滞納してしまった場合、1ヶ月目は電話や手紙の督促です。しかし、これが2ヶ月目ともなると、訪問や連帯保証人へ連絡通知があっても不思議ではありません。少しずつ、リスクが増えていきます。

なお、こちらはあくまでも「一般的な家賃滞納時の流れ」であり、実際は賃貸会社によって対応が異なるケースがもあります。

1日ごとに遅延損害金が発生する

大和リビングの家賃が払えなければ、もちろん次の日から遅延損害金が発生します。いわゆるレンタルビデオなどの延滞金と同様です。

遅延損害金は、物件やオーナーの意向によって異なりますが、一般的には14.5%がほとんどです。

1ヶ月滞納した場合の金額がいくらになるのか、見ていきます。

1ヶ月滞納したケース

家賃   :7万円
滞納期間 :30日
遅延損害金:14.5%

7万円×14.5%÷365日×30日
遅延損害金:834円

「あれ?あまり高くないかも…」と感じた方もいるはずです。しかし、遅延損害金は1ヶ月単位に増えていくわけではなく、1日毎に増加していきます。甘くみていると大変な金額になってしまうかもしれません。

最悪の場合は強制退去・一括請求

大和リビングの家賃を滞納した場合、手紙や電話で催促されているうちは、まだ問題を解決することができます。しかし、最悪の場合は法的措置が入り、強制解約や一括請求になってしまいます。大和リビング側は、いつまでも家賃を払わない利用者を、裁判所で訴えます。

そうなってしまうと…事態はかなり深刻です。

鍵を交換され、部屋を強制退去させられ、帰る家がなくなってしまいます。また、滞納している家賃も、大和リビングに一括で納めるようにと命令が下ります。

仮に7万円の家賃を滞納し、強制退去になった方の支払うべき金額をお伝えします。

3ヶ月滞納してしまうと…

家賃(3ヶ月分)   :21万円
遅延損害金(3ヶ月分):7,508円

<合計>21万7,508円

上記は、退去費用は含まれていません。ハウスクリーニングや、家具の撤去費用を踏まえると、プラス10~20万円かかる可能性もあります。

Q.どれくらいの期間支払わないと強制退去になるのか

Sumikura

ファイナンシャルプランナー|隅倉広樹

おおむね2~3ヶ月。契約内容次第

今の住居を借りる時に交わした契約書・重要事項説明書・家賃保証の契約書をしっかり確認しましょう。不動産屋さんを通して借りた住宅であれば、ほぼ必ず家賃を滞納した場合の処遇について明記されています。賃貸借契約が解約になるタイミングも記されているでしょう。それが強制退去になる時期ですので、それまでに家賃等の費用をどうにかして用意しましょう。

大和リビングの物件の保証人は誰?親・恋人・勤務先・それともイントラスト?

保証人に連絡されるのはさすがに困る…

大和リビングなどが取り扱っている賃貸物件は、基本的に保証人を立てなければ契約ができません。保証人は以下の4つのパターンが一般的です。

保証人


同棲中の恋人
社宅として勤務先
保証会社

学生の多くはが保証人になります。恋人と同棲する場合は、お相手の方が多いです。また、大和リビングの物件を社宅としている企業もあるため、勤務先の名前が契約書に入っている場合もあるでしょう。

保証人を立てない場合は、D-Supportという保証制度を使うことになり、イントラストが保証人を代行します。

滞納した場合は保証人に連絡が入ります

実際、強制退去や一括請求されるところまで滞納する人は、ごくわずかです。問題なのは、保証人への連絡なのです。

保証人に連絡されるリスク

学生の方
親に滞納している事実が知られれば、一人暮らしを続けられなくなるかもしれません。お金に厳しい家庭なら尚更です。
同棲中の方
お相手にバレてしまうと、果たして今の関係を続けていられるでしょうか。家賃を滞納する方との将来は期待できないという人もいるでしょう。
社宅にお住まいの方
いつ、上司や本社の人間に呼び出されるか、わかりません…。これからの出世や評価に響く可能性もゼロではないでしょう。

イントラストが保証会社の場合は注意

D-Supportを使って、保証人をイントラストに代行してもらっている方もいるはずです。イントラストは大和リビングのグループで、保証人代行を請け負っている企業です。

保証会社を利用している場合、長期滞納をすると、保証会社が滞納分全額を代理弁済します。代理弁済とは、利用者に代わって保証会社が支払いをおこなうことです。手続きがおこなわれると「個人信用情報」に傷がついてしまいます。

信用情報に傷がつくと、これから保証会社を使った賃貸契約ができなくなったり、クレジットカードやローンの審査にも通らなくなってしまいます。

Q.信用情報に傷がつくリスクで最も深刻なものとは

Sumikura

ファイナンシャルプランナー|隅倉広樹

当たり前のことができなくなります

CICやJICCといった信用情報機関と呼ばれる所では、いわゆるブラックリストを管理しています。信用情報が傷ついた場合、滞納金を完済してから数年後までは新しく家賃保証に加入できない・携帯端末は分割で契約できない・各種ローンが組めない等といったハンデを背負うことになります。ちなみに手数料が発生しますが、自身の信用情報を確認することも可能です。

大和リビングの家賃が払えない場合の解決策を紹介!親?副業?それとも?

どうしても家賃が払えない……

大和リビングの家賃が払えない時に、何か解決策はさいのでしょうか?何もしなければ、上記で紹介した強制退去や、保証会社へ連絡されることをただ待つのみです。緊急で問題を解決できる方法をまとめてみました。

家賃が払えない場合の解決策

親に相談する
友人に頼る
同僚・先輩の援助を受ける
モノを売ってお金を作る
副業をしてお金を稼ぐ

色々ありますが、どの方法も必ず家賃分を用意できるとは限らないでしょう。

 ここが重要
まずは大家・管理会社に連絡してください
どうしても家賃支払い日に遅れそうなときは、事前に大家・管理会社まで連絡しておきましょう。
事情を説明すれば、期限を延長してくれる可能性があります。

本当に払えないなら、カードローンを検討してみて

どうしても、大和リビングの物件の家賃を用意することができないのであれば、今すぐ問題を解決できる方法があります。それは、金融機関が提供するカードローンです。

カードローンは、専用カードを使って銀行やコンビニATMから現金を借りられるサービスです。使用目的は自由なため、払えない家賃にもあてることができます。

学生や主婦でも利用できるので、本当にお金に困っているなら、ぜひ利用の検討をしてみてください。

数千円単位で毎月返済していける

カードローンで借りたお金は、毎月少額ずつ返済していけるため、当月にかかる金銭的な負担を軽減できます。

以下で紹介するカードローンは、家賃程度のお借入であれば毎月2,000円ずつ返済していくことが可能です。

最短申し込んだその日にお借入することも可能なので、お急ぎの方にもおすすめのカードローンと言えます。

返済に関して不安な方は、返済シミュレーションをご用意しておこましたので、お借入前にぜひご利用ください。

返済金額を計算

毎月の返済金額を計算します

借り入れする
金額
千円
金利 %
完済までの期間 ヶ月

{{ error }}

返済期間を計算

完済までの期間を計算します

借り入れする
金額
千円
金利 %
毎月の返済額 千円

{{ error }}

アコム

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間

すぐお金が必要な方におすすめ。
初めてのお借入れにおすすめ。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス

限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間

スマホでお借入れ可能。
20代・30代の方から人気。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短25分
融資 最短25分

内緒で借りたい方におすすめ。
銀行振込で借りたい方におすすめ。

公式サイトはこちら
※WEBからお申し込みの方に限ります。また、審査状況や申込の時間帯等によってはご希望に沿った融資を受けられないケースもございます。


まとめ

大和リビングの家賃が払えない場合のリスクと、早期解決できる方法をご紹介しました。大和リビングの家賃が払えないという声は多くあります。それは、生活の中の思わぬ出費が原因です。

しかし、お金がないからといって、家賃を滞納してしまうと、強制退去や一括請求、信用情報への影響など様々なリスクがあります。

お金を用意する方法はたくさんありますが、家賃満額までのまとまったお金を用意するのは難しいです。もしどうしても家賃が払えない場合は、一度カードローンを検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめの特集ページ

固定費に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る