エイワで審査落ちする5つの理由とお金を借りるための解決策

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

この記事の目次

  1. エイワのサービス内容
  2. エイワで審査落ちする5つの理由
  3. 【注意】エイワの審査に落ちたけどお金が要る場合
  4. まとめ

キャッシングのエイワで審査落ち…なぜ?

カードローンで審査落ちしても、その理由を明らかにしてくれることはありません。ただし、一般的にカードローンの審査に落ちる理由は5つ程度に絞ることができます。

今回の記事では、キャッシングのエイワの審査基準・審査落ちになる理由・審査落ち後の打開策について紹介します。

エイワのサービス内容

エイワは、顧客のことを第一に考えて融資をしてくれると評判の消費者金融です。昭和45年設立のため、老舗ながらの安心感もあります。

貸付条件
◆ご融資額/1万円〜50万円
◆貸付利率(年率)/貸付金額10万円未満 19.9436%・10万円以上 17.9507%
◆返済方法・回数・期間/元利均等返済方式・10〜36回・最長3年
◆遅延損害金(年率)/19.9436%
◆必要書類/本人確認書類(顔写真付身分証明書[運転免許証、パスポート等]のほかにもう1点[保険証等])、収入証明書類(直近2ヶ月分の給与明細書、源泉徴収票等)等、印鑑(シャチハタタイプ以外)
※詳細はTELにてご確認ください
◆担保不要・連帯保証人原則不要
◆要審査

エイワで審査落ちする5つの理由

エイワは審査の内容や基準はもちろんのこと、審査に落ちた理由も絶対に教えてくれません。

しかし、審査落ちの理由の多くは、ある程度決まっています。

自分がどの理由に該当して審査落ちしてしまったのか確認してみてください。

審査落ちする理由1:申し込み内容に「ウソ」を記載

申し込みの内容に「ウソ」があると審査落ちします。

「審査に通りたい」という想いで、少しでも有利になるようにウソを記入したくなる気持ちはわかります。 しかしカードローンの審査では、個人信用情報を照会するので申し込み内容にウソがあるとすぐにバレるので止めましょう。

また、収入についても累積した膨大なデータを見て、勤務先などの属性などから収入はある程度把握されます。ウソでなく誤った記入をしてしまった場合も正しく審査ができないので、審査落ちの理由になることがあるので注意しましょう。

審査落ちする理由2:収入が低いもしくは不安定

カードローン審査の目的は、あなたの返済能力の有無を確かめることです。そのため返済能力の大部分を司る"収入"は重要な指標の一つといえます。

もしも、収入に見合わないような金額を希望したり、収入が著しく低かったりすると審査結果にも当然ながら響くでしょう。

したがって、必要最低限の金額を申請するようにしましょう。また、転職して間が無い方も少し時間を空けた方が良いです。

審査落ちする理由3:在籍確認が取れない

消費者金融カードローンの申し込みは無職でないことが前提なので、審査では勤務先の確認のために職場に電話連絡があります。

その電話番号の申告が間違っていたり、ウソがあると在籍確認できません。その状態が何度も続いたりすると、その場合は審査がストップします。

しかし、電話に出れないだけでは審査落ちしないので安心してください。職場の同僚が「〇〇は只今席を外しております」というだけで在籍確認が取れたことにしてくれるカードローンもあります。

審査落ちする理由4:金融ブラック歴がある

過去にカードローンの取引で金融事故を起こしていると、あなたの情報は「ブラックリスト」入りしており、ほぼ審査落ちすることは間違いありません。

特に、延滞、債務整理を起こしていると、信用情報機関に「ブラックリスト」として記録されます。その契約終了から5~10年は新たな取引ができないので、申し込みをしても審査落ちします。

延滞はカードローンに限りません。携帯電話料金の長期間の延滞や奨学金の返済の遅れ、家賃の滞納、クレジットカードの長期延滞などもブラックリストに載る可能性があるので、注意しましょう。

審査落ちする理由5:申し込みブラック

「申し込みブラック」とは、一般的に1ヶ月以内に4件以上の申し込みを行っている人のことです。

多重債務に陥る可能性が高いと見られ、お金にかなり困っている印象を与えます。

また、他のカードローンに申し込んだことも信用情報機関で共有されるので、ここでも「ウソ」は通用しないので覚えておきましょう。

Q.申し込みブラックの状態は、どのくらい待てば回復する?

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

銀行は1年消費者金融は半年です

個人信用情報にローンやクレジットカードに複数の申込情報が記録されている人を申込ブラックと言います。
申込情報は消費者金融が審査の際に行うJICCとCICでは申込後6ヶ月記録され、銀行が審査の際に照会するKSCは申込後1年記録されています。
申込情報が多い人は消費者金融では最後の申込から6ヶ月、銀行では最後の申込から1年経過すれば、申込ブラックを原因として審査に落ちるということはなくなるでしょう。"

【注意】エイワの審査に落ちたけどお金が要る場合

キャッシングのエイワの審査に落ちてしまう理由を5つ紹介しました。該当する理由はありましたか?

エイワは「意外と審査がゆるくない」とも言われていますが、その理由は対面での審査にあります。申し込み者の年収や勤務形態などの情報から借入可能か判断する一般的な消費者金融の審査と異なるので、それが吉と出るか凶と出るかは人それぞれです。

他の消費者金融に目を向けてみましょう

必要なお金を借りる方法は、エイワだけではありません。他の消費者金融に目を向けてみましょう。

CMでお馴染みの消費者金融もあれば、地方に一店舗のみで運営をしている消費者金融もあります。

では、どのような消費者金融に目を向ければいいのでしょうか?

大手消費者金融がおすすめ

大手消費者金融のカードローンを検討してみてください。

もちろん、大手消費者金融もエイワと同様にしっかりと審査を行っているため、必ずしも融資を受けれるわけではありません。

しかし、消費者金融は審査基準が各社で異なるので、エイワと異なる結果が出る可能性も十分にあります。

大手消費者金融は成約率を公開している

大手消費者金融の中には、投資家向けのIR情報で成約率を公開している企業もあります。
例えば、全国的に店舗を展開しているプロミスが公開している成約率は以下の通りです。

新規申込数および新規顧客数
新規申込数 44,715
新規顧客数 20,754
成約率 46.4%
※2018年5月の数値になります。

このように審査落ちしている人もいますが、非常に多くの方がお金を借りられているというのも確かです。申し込み先を選ぶ際は、こういった点を参考にしてみてもいいでしょう。

大手消費者金融は最短で即日融資もできる

大手消費者金融の審査は最短30分で完了します。
申込みのあと、審査結果がスピーディーに通知されるので、最短で即日融資も可能です。

また、手続きを進める上で特定の銀行口座を開設する必要はありません。
手続きに手間が掛からないという点も、大手消費者金融のメリットのひとつと言えるでしょう。

できれば今日・明日中にお金を用意したい、そのような状況にある方にこそ、選択肢として大手消費者金融も検討してみてはいかがでしょうか。

アコム

利用条件 アルバイト・パートでも
申し込み可能
収入証明書 希望額50万円以下の方は
不要
借入・返済
できる場所
コンビニの提携ATM
  1. 申込フォーム記入・送信
  2. スマホで書類撮影・送信
  3. 手続き完了・借り入れ
申し込みは公式サイトから
※.現状の年収が確認できる書類であれば、源泉徴収票・確定申告書類等の写しも提出できます。

プロミス

利用条件 アルバイト・パートでも
申し込み可能
収入証明書 希望額50万円以下の方は
不要
借入・返済
できる場所
コンビニの提携ATM
  1. 申込フォーム記入・送信
  2. スマホで書類撮影・送信
  3. 手続き完了・借り入れ
申し込みは公式サイトから
※.現状の年収が確認できる書類であれば、源泉徴収票・確定申告書類等の写しも提出できます。

アイフル

利用条件 アルバイト・パートでも
申し込み可能
収入証明書 希望額50万円以下の方は
不要
借入・返済
できる場所
コンビニの提携ATM
  1. 申込フォーム記入・送信
  2. スマホで書類撮影・送信
  3. 手続き完了・借り入れ
申し込みは公式サイトから
※.現状の年収が確認できる書類であれば、源泉徴収票・確定申告書類等の写しも提出できます。

まとめ

消費者金融準の審査落ちにはある程度決まった理由があります。

ただし、エイワの場合は対面審査という独特の方式を取っているため、審査落ちの理由を一概に想定できません。また審査基準は各社で異なるので、エイワの基準を満たしていなくともプロミスやアイフルの基準は満たしているかもしれないのです。

審査落ちに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
  • 金融庁
  • 日本賃金業協会
  • 割賦販売法・賃金業法指定信用情報機関
  • 指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構
  • 金融庁
ページトップに戻る