消費者金融が丸わかり!どんな人向き?おすすめは?選び方や借り方など全て解説

消費者金融とは結局どんな業者なのか?気になりますよね。

「お金を貸してくれるところ」という事は理解していると思いますが、具体的にどんな業者なのかは、意外と知らないものですよね。

それを理解するためには、以下の3点を押さえる必要があります。

ポイント

  • どんな方法でお金を借りられるのか
  • どうやって返済するのか
  • 他のローンと違う点は何か

その他にも、どんな人が向いているのか?借りるならどこを選べばいいのか?銀行と比べてどちらが良いのか?など、様々な点に疑問が出てくると思うので、この記事で全て解説します。

この記事の目次

  1. 消費者金融は個人に向けてお金を貸している
  2. 消費者金融の利用に向いている人
  3. おすすめの消費者金融を紹介
  4. 借り入れ先の選び方
  5. 消費者金融でお金を借りる方法
  6. 消費者金融の利用者から集まった口コミ
  7. 消費者金融に関するよくある疑問
  8. まとめ

消費者金融は個人に向けてお金を貸している

消費者金融はカードローンという、個人向け融資のサービスを取り扱っています。

カードローンに申し込みすると、専用のカードが作れます。そのカードを使って、ATMでお金を借りられるのです。

また、消費者金融のWEBページや電話から、自分の銀行口座にお金を振り込んでくださいと依頼するのも可能です。

決められた金額までなら何回でも借りられる

では、ATMや振込でどれくらい借りられるのか。それについては、契約のときに金額が提示されます。

例えば、「50万円まで」というような感じです。

この金額を「限度額」というのですが、合計でこの金額を超えないなら、いつ借りても、何回借りても大丈夫です。

この「いつでも借りても良い」という点が、消費者金融の特徴で、他のローンと異なる点でしょう。

自動車ローンをはじめとした一般的なローンは契約と同時にお金を借りますが、消費者金融の場合は必要なときになったら借り入れをします。

借りたお金は基本的にどんなことにでも使える

もうひとつ、他のローンと違う点は「借りたお金の使いみちは基本的に自由」という点です。

「消費者金融で借りたお金は、○○にために使ってください」という制限はありません。

欲しい物があるから借りたり、生活費が足りないから借りたりできます。

例えば、これが別のローンだった場合。自動車ローンだったら車関係に、教育ローンだったら勉強の費用に、と決められているでしょう。

そう考えると、消費者金融での借り入れはどんなことにでも使えるので、柔軟性が高いサービスと言えます。

ただし、事業性資金(ビジネスに使うお金)やギャンブルには使えないので、注意しましょう。

数ヶ月かけて返済していくのが基本

使いみち自由で、好きなときに使える消費者金融のローンですが、返済は何ヶ月かに分けて返済をしていくのが基本です。

クレジットカードのように、一括返済ではありません。

毎月いくら返済してくださいね。という金額が決まっていて、それのとおりに返済をしていきます。余裕があれば多めに返済することも可能です。

カードローンの仕組みついて、さらに詳しく知りたい方は、以下の記事でまとめているのでぜひ参考にしてみてください。

また「カードローンってクレジットカードのキャッシングとどう違うの?」と感じている人もいるでしょう。その違いも解説しているので、ぜひご参考ください。

図解でわかる!カードローンとは?2つの種類と選び方
カードローンとは結局何なのか?基本的な仕組みから2つの種類、選び方、クレカとの違いなど、すべて解説しています。

借りている金額によって毎月の返済額が変わる

返済額は借りている金額に応じて決まりますが、基本的には少額で、誰もが返しやすい設定になっています。

例えば、消費者金融のひとつは、合計20万円借りている場合、毎月の返済は最低でも4,000円と決まっています。なお、借り入れの合計が増えれば、返済額もあがります。

なぜ毎月の返済が少なめなのか。それはカードローンが、今すぐお金を用意できない人の為に作られたサービスだからです。

毎月の返済は分割しても良くて、余裕ができたら追加で返済をしてくださいねという感じになっています。

消費者金融は安心して利用できる会社

消費者金融は、国に認められた会社で、法律に則って運営をしています。

借りる時の金利も法律の範囲内で設定されていますし、返済が出来なかった時の取り立ても非常に丁寧な感じで行われます。

取り立ては「夜間に自宅を訪れるの禁止。または怒鳴るをはじめとした行為も禁止」と法律で決まっています。消費者金融は電話や郵送で丁寧に取り立てのお願いをします。

サラ金や闇金と何が違うの?

サラ金というのは、サラリーマン金融の略で、現在の消費者金融を指します。消費者金融は借りる人のほとんどがサラリーマンだったので、そう呼ばれていました。

昔のサラ金は、法律が整備されていなかったので、お金をたくさん貸せたのです。そのため、返済できなくなる人が多発しネガティブなイメージを持たれるようになったのです。

現在は、法律で貸せる金額も金利も決められているので、そのようなことはありません。

闇金というのは、その法律を守らない業者のことを指します。高い金利でお金を貸してその利息でぼろ儲けします。ローン業者は金融庁に届け出する必要がありますが、闇金はしておらず違法な営業をしているのです。

Iidamichiko

ファイナンシャルプランナー|飯田道子

サラリーマン向けの小口貸付がサラ金

サラ金とはサラリーマン金融の略称で、サラリーマン向けに小口のお金を貸し付けていたことから、消費者金融はサラ金と呼ばれるようになりました。法律が改正された背景は、改正前に借りたいだけ借りて返済できなくなった人が数多く出てきてしまったため、生活を壊さない、返済可能な金額までのみ貸し出すようにと、改正されました。

大手の消費者金融は銀行グループになった

テレビCMや屋外広告で見かける、大手の消費者金融のほとんどは、銀行グループに入りました。

消費者金融 グループ
アコム 三菱UFJフィナンシャル・グループ
プロミス SMBCグループ
SMBCモビット SMBCグループ
レイクALSA 新生銀行グループ

銀行といえば、預金や支払いなどで、多くの人が普段から利用しているので、イメージアップにも繋がっていると言えるでしょう。

ちなみに銀行も個人向けの融資(銀行カードローン)を取り扱っていますが、その審査は消費者金融が担当しています。

消費者金融の利用に向いている人

消費者金融の利用に向いている人は、少額でも良いので今すぐ現金が必要な人です。

1万円~10万円だけ借りたいという人が利用しています。ちなみに借りる金額は、1,000円単位で借りられます。ローンと聞くと高額な借り入れを想像されますが、消費者金融は少し足りないお金を補う目的で利用されることが多いです。

限度額の範囲なら繰り返し借り入れ可能。コンビニATMとも提携しています。申し込みには、担保も保証人も要らず、最短60分で借りることも可能です。

借りる目的が定まっていないなら消費者金融を検討

「生活費の補填に、レジャー代に」と、お金を借りる目的が複数ある場合は消費者金融の利用を検討しましょう。

反対に、「お金を借りたい目的はコレ」と決まっている場合は別の選択肢を検討してください。

自動車の部品を交換したいなら自動車ローン、学費が足りないなら教育ローンというように目的に即したローンがおすすめです。

その理由は、他のローンの方が低金利だからです。

例えば、自動車ローンの金利相場は消費者金融の半分程度です。

しかし、これら目的に即したローンは使いみちが制限されています。申し込み時に「これに使います」と証明が必要な場合もあるのです。

このような点から、複数の使いみちがある人は、少し金利は高めになりますが、消費者金融を検討するという選択肢になるでしょう。

Iidamichiko

ファイナンシャルプランナー|飯田道子

消費者金融の金利は法律に習って決められている

どうして消費者金融の金利は高いの?と思うかもしれませんが、消費者金融の上限金利は法律で決められており、その上限金利に習って金利を設定しているから高いのです。また、無担保ということもあり、いつ働けなくなってお金を返せなくなってしまうかも分からない相手に融資しているリスクを負っていることも、金利が高くなる要因です。

おすすめの消費者金融を紹介

消費者金融は国内にたくさんあるので、どこが良いのか悩んでいる人もいるでしょう。そこで今回はおすすめの消費者金融を紹介します。

もちろん、金融庁に届け出をしている会社なので、安心・安全です!無名の業者に申し込みをすると、場合によっては「違法業者だった!」というケースもあるので、ぜひ安全な消費者金融からご検討ください。

まずは大手の消費者金融を検討しましょう

大手を検討する理由は、利便性が高いからです。具体的な理由としては3つあります。

まずは、「対応時間」。大手なら土日も対応していますが、中小は土日にお休みという場合もあります。

次に、「借り入れ手段」。大手はコンビニATMで借り入れできます。中小は、利用できない場合が多く、振込だけというケースも。また土日の振込に対応していません。大手なら土日でも即日振込のところもあります。

最後に「金利」です。少額融資を専門とする中小消費者金融は、10万円未満・金利年20%の場合もあります。大手であれば、どこも年率18%以下です。

その大手消費者金融ですが、数自体は少なくて、主に5つです。

社名・サービス名 金利 限度額 即日融資
アコム 年3.0~18.0% 最大800万円 可能
プロミス 年4.5~17.8% 最大500万円 可能
アイフル 年3.0~18.0% 最大800万円 可能
SMBCモビット 年3.0~18.0% 最大800万円 可能
レイクALSA 年4.5~18.0% 最大500万円 可能

それぞれの特徴について、ひとつずつ解説していきます。

アコム

金利 3.0~18.0%
限度額 最大800万円
審査時間 最短30分
融資スピード 最短1時間
来店 原則不要
無利息期間 あり
提携ATM手数料 一部無料
オペレーターの電話対応が丁寧
申し込み・借入・返済について不安や疑問があっても、電話で丁寧にサポートしてくれるので、初心者でも安心です。
楽天銀行口座があれば最短1分で借入可能
楽天銀行の口座をお持ちなら、24時間いつでも最短1分で振込での借入が可能です。
カードレス利用はできない
一部の他消費者金融と違い、完全にカードレスでの利用はできないため、カードを持ちたくない人には向いていません。
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。
図解でわかる!アコムの全て(借り方や審査など徹底解説)
アコムについてイチから詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。メリットだけでなくデメリットもしっかり解説しているので、参考になると思います。

プロミス

金利 4.5~17.8%
限度額 最大500万円
審査時間 最短30分
融資スピード 最短1時間
来店 原則不要
無利息期間 あり
提携ATM手数料 一部無料
顧客満足度の高さに定評あり!
プロミスは、オリコン顧客満足度ランキングで「ノンバンクカードローン部門1位」。
借入条件だけでなく、借り入れ・返済サポートにも定評があります。
他の消費者金融と比べて上限金利が低め
他の大手消費者金融より、上限金利が0.2%低く設定されています。
すぐにでもお金が必要だが、少しでも利息を抑えたい…という人におすすめです。
無利息期間は初回借入した翌日から開始
一般的な無利息期間は「初回契約した翌日」からカウントされますが、プロミスの場合「初回借入した日」からスタート。
30日間の無利息期間サービスを、余すことなく使えます。
瞬フリなら24時間365日数秒で口座振込
一般的なカードローンの場合、24時間振込できる対象口座は1~2社程度ですが、プロミスの瞬フリという振込サービスなら、約200の金融機関に対応しています。
今すぐに口座残高を補填したい、そんなときに便利です。
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。
プロミスの全て!審査・借入・返済方法について徹底解説
プロミスについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。気になるポイントはすべて押さえているので、参考になると思います。

アイフル

金利 3.0~18.0%
限度額 最大800万円
審査時間 最短30分
融資スピード 最短1時間
来店 原則不要
無利息期間 あり
提携ATM手数料 一部無料
はじめて利用する方は最大30日間の利息ゼロ円
はじめてアイフルと契約する方は、借り入れの翌日から30日間金利がかかりません。
もちろん、返済が30日を過ぎる場合でもその期間分の金利は節約できます!
原則、勤務先への電話連絡は行われない
一般的なカードローンは、申し込みの際に会社への電話連絡はありますが、アイフルなら原則なし。必要と判断されたときだけ行われます。
また、電話がある場合でも時間の指定が可能です。
WEB完結とアプリ利用で郵送物なしも可能
アイフルは申し込みや契約、利用明細の確認など全てWEBで確認ができます。
専用アプリがあればQRコードの読み取りで借り入れ可能。カードレスを選択することも可能です。
借り入れ可能かを見る「1秒診断」あり
アイフルには正式な申し込みと別に、借り入れ可能かどうかを予測してくれる「1秒診断」があります。
入力項目はたったの4つなので、審査が不安な方は試してみてください。
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。
アイフルのすべて!他カードローンとの違い・審査について
アイフルについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。他社との違いや審査・借入方法など、わかりやすく解説しています。

SMBCモビット

金利 3.0~18.0%
限度額 最大800万円
審査時間 公式サイト参照
融資スピード 最短即日
来店 原則不要
無利息期間 なし
提携ATM手数料 一部無料
WEB完結申込なら電話連絡・郵送物なし
SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば、申し込みから借り入れ、さらには返済までをWEB上で対応できます。
家族や職場の同僚にバレたくない…という人におすすめです。
返済する度にTポイントが貯まる
カードローンで返済する際、ポイント還元サービスが受けられます。
利息額100円or200円を支払うごとに、Tポイントが1ポイント付与される仕組みです。
無利息期間は利用できない
一部のカードローンは、初回契約時に無利息期間が付与されますが、SMBCモビットは対応していません。
初めてカードローンを利用する人にとっては、デメリットと言えるでしょう。
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。
SMBCモビットのすべて|気になる審査や利用方法
SMBCモビットについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。他社と比較したうえで、メリットだけでなくデメリットもしっかり解説しています。

レイクALSA

金利 4.5~18.0%
限度額 最大500万円
審査時間 最短15秒※1
融資スピード 最短60分※2
来店 原則不要
無利息期間 あり
提携ATM手数料 一部無料
審査結果が最短15秒でわかる
業界トップクラスの審査スピード。今日中にお金が必要な人でも大丈夫です。
借入金額5万円までは最大180日間利息ゼロ円
初めてレイクALSAをご利用の方に限り、借入金額5万円までは、契約日翌日から180日間は利息が発生しません。
銀行カードローンより金利が高い
消費者金融としては一般的な金利ですが、銀行のカードローンと比較すると金利自体は割高になっています。
公式サイトはこちら
※1.申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。最短15秒は、お申込みから審査結果表示までです。
※2.Web上でお申込みいただいた方に限ります。

場合によっては中小消費者金融も検討

よく広告で見かける消費者金融は大手で、ほかにも中小消費者金融があります。
基本的には利便性の高い大手から検討するのが良いでしょう。しかし、人によっては中小も検討したいといると思いますので、以下で紹介いたします。

なお、中小消費者金融は数が多いため、表で一覧にしました。

社名・サービス名 金利 限度額 即日融資
フクホー 7.30~18.0% 1~200万円 来店すれば可能
いつも 7.0~18.0% 1~50万円 可能
フタバ 14.959~17.950% 1~200万円 可能
セントラル 4.80~18.0% 1~300万円 可能
アロー 15.00~19.94% 最大200万円 可能
AZ株式会社 7.0~18.0% 1~300万円 可能
キャレント 7.8~18.0% 1~500万円 可能
スカイオフィス 15.0~20.0% 1~50万円 可能
アルコシステム 15.0~20.0% 1~50万円 不可
Aruku(アルク) 18.0% 1~50万円 可能
ユニーファイナンス 12.00~17.95% 1~300万円 不可
ライオンズリース 15.0~20.0% 1~300万円 可能
キャネット 15.0~20.0% 5~50万円 可能
エイワ 19.9436% / 17.9507% 1~50万円 可能
関東信販フリーローン 16.98% 5~99万円 不可
ニチデン 7.3~17.52% 1~50万円 14時までに申し込めば可能
キャッシングスペース 8.0~18.0% 1~500万円 可能
ビアイジ 12.00~18.0% 1~200万円 可能
プログレス 15.0~18.0% 5~50万円 可能
ダイレクトワン 4.9~20.0% 1~300万円 可能
ノーローン 4.9~18.0% 1~300万円 可能
マイフィナンシア 14.95~17.95% 1~100万円 不可
アストローン 14.9285~17.9215% 5~100万円 可能
グットファイナンス 10.0~20.0% 最大1,000万円 不可
有限会社プラン 15.0~20.0% 1~50万円 不可
ショーエイ 15.0~20.0% 1~100万円 不可

中小消費者金融については、以下の記事で、各社の特徴を細かく解説しています。中小を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

借り入れ先の選び方

消費者金融を選ぶ際は、ご自身が重視するポイントにあわせて、選ぶのが良いでしょう。

消費者金融の利用に際して、以下の需要が多くあります。

ポイント

  • なるべく急ぎで借りたい
  • 安全な業者か不安
  • バレずに借りたい
  • 審査に通るか不安
  • 2社目だけど借りられるか

Q.なるべく急ぎで借りたい人は?

A.アコムやプロミスがおすすめです

大手のなかでもこの2社はおすすめです。どの大手も審査は速いのですが、借り入れという面でみると、この2社は強みがあります。

銀行振込について、24時間振込に対応している銀行口座へなら、平日14時以降や土日でも振り込んでもらえます。

また、カードを発行したい場合、この2社は全国の無人店舗の数が多いため、近くある可能性が高く、その場合は移動に時間がかからないでしょう。

Q.安全な業者で借りたい人は?

A.大手の消費者金融から選びましょう

借入先は安全かどうか不安を感じる人は、テレビCMや屋外広告でよく見る、知名度の高い大手を選びましょう。

専用ダイヤルも用意してあり、対応が非常に丁寧です。分からないことがあれば、なんでも相談できます。

補足ですが、安全な業者かどうか見極める方法はあります。それは登録貸金業者情報検索入力ページで検索することです。これは金融庁への届け出があるかを確認できるページで、正式な業者であれば必ずここに表示されます。

Q.バレずに借りたい人は?

A.アイフルやSMBCモビットがおすすめです

この2社は周りにばれないための工夫が凝らされています。例えば、カードレスにできます。アプリをスマホに入れて、そちらでATM借入することも可能です。もちろん、振込にも対応。自宅にカードが郵送されるのを避けられます。

会社への電話連絡についても、配慮がなされています。

一般的には消費者金融で申し込みすると、勤務先への電話があります。「本当に働いていて、収入があるのか」と確認をするためです。

しかし、アイフルは原則、会社への電話連絡なしと宣言しています。また、SMBCモビットもWEB完結申込を選択すれば、電話連絡を回避できます。

Q.審査に通るか不安な人は?

A.まずは借入診断!審査ならレイクALSAがすぐ結果を見られる

審査に通るか不安な人は申し込み前に、「借入診断」をしてみるのが良いでしょう。年齢・年収・他社から借りている金額を入れるだけで、借りられるかどうかある程度予測してくれます。大手の消費者金融ならどこも用意しています。

また「審査が不安で、かつ時間的に余裕がない」という方は、まずレイクALSAに申し込みしてみましょう。審査結果が最短15秒で表示されます。もし審査に落ちても、時間的なロスは少なくて済みます。

Q.審査に通らなかった経験がある人は?

どの消費者金融も見ているのは、「その人が返済できるかどうか」。もし年収が低かったり、借り入れが多かったりする場合はどこも通りません。

とはいえ、審査基準は各社異なります。別の会社に申し込みをしたら通ったという人もいるので、他社も検討してみましょう。

大手が通らないという場合は、中小を検討してみてください。
入力情報を機械で読み取り、基準に達しない人を自動で落とす大手に対して、中小は人が目視で確認して検討してくれるケースが多いです。

Q.銀行カードローンと消費者金融どちらが良い?

消費者金融について調べている人の中には、銀行カードローンと比較してどちらが良いのかと考えている人もいるのではないでしょうか。

金利や限度額にこだわるなら銀行。それ以外は消費者金融を検討するのが良いでしょう。

銀行カードローンも、サービスの仕組みという面では、消費者金融のローンと変わりありません。

しかし、条件面や利便性の面で傾向が異なるので、その点も加味して検討する必要があるのでしょう。

消費者金融の条件面(金利や限度額)では良いと言い切れませんが、利便性の面では優れています。
利便性とは、金利・限度額以外の「対応の早さ・借入返済のしやすさ」などを指します。

金利や限度額にこだわるなら銀行カードローンも検討

銀行と消費者金融を比べると、金利は銀行の方が低い傾向にあります。一般的に金利は、上限に設定されやすいのでそちらに注目しますが、銀行カードローンの方が低い傾向にあります。

また限度額についても、銀行カードローンの方が高めになっています。もちろん、実際の限度額は審査で決まるので一概には言えませんが、銀行の方が高額な融資になる傾向があります。

そのほか、銀行カードローンは提携ATM手数料のものもあるので、なるべく手数料を減らしたい人には向いているでしょう。

お得な金利の銀行カードローンは?審査を通過するコツも解説【口コミあり】
銀行カードローンについて徹底解説。お得な金利なのはどこか紹介します!また、消費者金融との違いや申し込む際の注意点、審査通過するためのコツなど必要な情報は網羅しています。

消費者金融は利便性の面で評価できる

消費者金融と銀行の比較

まず融資スピードの面で評価できます。消費者金融は最短60分融資。申し込み当日に現金を手元に用意できる可能性があります。対して銀行は審査手続きに時間がかかるので、少なくとも2営業日はかかります。

また、借入・返済のしやすさについても、利便性が高いと言えます。銀行カードローンは基本的にカードを発行しないといけません。銀行によっては、自宅へ郵送されることもあるでしょう。

その点、消費者金融はカードレスを選択することも可能です。アプリのQRコードをかざすことでコンビニATMからお金を借りられます。

消費者金融でお金を借りる方法

ここまで消費者金融がどのような会社かを解説しましたが、「実際にどうやって借りるの?」と疑問に感じている人もいるでしょう。

ここからは消費者金融への申し込みから、融資までの流れを、ステップごとに紹介します。借りるまでのイメージがつかない方はご参考ください。

  1. 公式サイトから申し込み
  2. 申し込み確認の電話
  3. 審査
  4. 勤務先への電話連絡
  5. 契約
  6. カード発行
  7. お金の借り入れ

ステップ1:公式サイトから申し込み

消費者金融への申し込み方法は複数あります。WEBサイト・電話・自動契約機・郵送などです。この中でも、「WEBサイトからの申し込み」が便利で、24時間申し込み対応しています。

消費者金融の公式サイトに行くと、申し込みフォームがあるので、そちらに入力をしていきましょう。氏名・年齢・住所といった基本情報のほかにも、勤務先や年収、雇用形態などの情報も入力します。

書類の提出が求められる

本人確認書類(身分証)の提出が求められます。運転免許証が代表的なものとなっていますが、ない場合は各消費者金融が定めた書類を提出します。

例えば、プロミスを例に挙げると、運転免許証かパスポート。ない場合は、健康保険証と住民票を提出すると決まっています。

提出方法は、書類を写真撮影してWEB上でアップロードすれば完了です。消費者金融によっては、後の段階で求める場合もあります。

ステップ2:申し込み確認の電話

申し込み手続きが完了すると、本人へ電話がかかってきます。基本的には申し込みフォームに記載したご自身の携帯電話に来るので、受け取れるようにしておきましょう。

この電話は「本人確認」というもので、目的としては、本人が申し込みをしているのか・申し込みの意思があることに変わりないかを確認することです。

また後述しますが、申し込み後には勤務先への電話連絡もあるので、それをしてもよいかの確認も行われます。

ステップ3:審査

審査では申し込み時に入力した情報が確認されます。年収や雇用形態の情報から、毎月安定した収入を得ているのか・返済できるのかを見極めるのです。

そのほか、他社ローン・クレジットカードの利用履歴や現在借りている金額も審査で確認されます。これらの情報は、各ローン会社・カード会社が専門機関に逐一登録していて、消費者金融は審査の際にこれをチェックするのです。
※これらの情報は信用情報と呼ばれています。

消費者金融は、滞納をする人や借金がたくさんある人にお金を貸したくないため、審査でこのような情報を見るわけです。

ここまでの流れでかかる時間は最短で30分程度。消費者金融はこれらの審査が得意なので短時間で終わります。

消費者金融の審査については、以下の記事で詳しくまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

ステップ4:勤務先への電話連絡

審査の最終段階になると、申し込み者の勤務先へ電話がかけられます。本当に働いているのかどうか確認するために、申し込み時に申告された番号にかけるのです。

電話自体は1分程度。オペレーター個人の名前が名乗られて、「○○さん(申し込み者)はいらっしゃいますか」と聞くだけです。消費者金融名や用件は絶対に言いません。

本人が電話に出れば完了しますし、同僚が「今は外出中です」と言っても、在籍はしていると認識されて完了します。

ステップ5:契約

審査が完了するとその結果はメールや電話で届きます。審査に通っていれば、金利や限度額などの条件が提示されるので確認して、契約をしましょう。

この際、契約の方法やカード発行の有無も問われます。契約については、WEB上で契約もできますし、自宅へ契約書類を送ってもらうことも可能です。

カード発行については「カードなし」を選択できます。カードがなくても銀行口座への振込で借入可能です。また、専用アプリのQRコードをかざして、借りられる消費者金融もあります。

ステップ6:カード発行

カードを受け取る方法は主に2つ。
ひとつめは、「自宅にカードを郵送してもらう方法」です。この場合、郵送に時間がかかるので当日カードを受け取ることができません。

もうひとつが、「自動契約機で発行する方法」です。消費者金融は全国各地に無人の店舗があります。その中にある、契約やカード発行をする機械、それが自動契約機です。

カードがすぐに必要な人や、自宅へのカード郵送を回避したい人は、自動契約機まで足を運びましょう。

ステップ7:お金の借り入れ

お金を借りる方法は主に2つ。

ひとつめは、「ATMからお金を借りる方法」です。自動契約機でカード発行した人は、無人店舗内にATMが併設されているのでご利用ください。そのほか、コンビニATMでも借り入れ可能です。

コンビニATMであれば、基本的に24時間対応しています。また、カードがなくても、アプリのQRコードをかざして借りられる消費者金融もあります。

もうひとつが、「銀行口座に振り込んでもらう方法」です。消費者金融の会員のページから借りたい金額を入力すれば振り込まれます。そのほか専用ダイヤルに電話をかけて振り込んでもらうことも可能です。

消費者金融の利用者から集まった口コミ

評価が高い口コミ

Face

ユーザー評価

full star
full star
full star
full star
half star
4.6
20代 /女性 /職業: 学生 /年収: 100万円未満 /目的: 趣味・娯楽

学生でも借りれるカードローン

学生でも借りられることが1番大きかったです。初回利用で1万円プレゼントキャンペーンを行っていたのも助かりました。

利用したカードローン アコム
Gakusei acom 001
借入金額 10万円 金利 年0.03%
審査時間 1時間以内 借入事実の把握 誰も知らない
重視した点 審査の容易さ
Face

ユーザー評価

full star
full star
full star
full star
half star
4.5
20代 /女性 /職業: パート・アルバイト /年収: 100万円未満 /目的: 医療費

年収100万円未満で、他2社でも借りてても、審査通りました

ウェブでの申し込みから、実際に入金されるまで、また審査の通る時間も即日とみじかくて、そこが良かったですね。

利用したカードローン プロミス
Kckm 1002
借入金額 10万円 金利 年17.8%
審査時間 即日 借入事実の把握 誰も知らない
重視した点 口コミ・評判
Face

ユーザー評価

full star
full star
full star
full star
half star
4.5
20代 /女性 /職業: パート・アルバイト /年収: 100万円未満 /目的: 生活費

アルバイトでもお金を借りることはできる

いいところは、アルバイトでも申請が通ることです。 なのでアルバイトやパートの方でもお金を借りることができるのはありがたいと思いました。

利用したカードローン アコム
Kckm0002
借入金額 50万円 金利 年18.0%
審査時間 30分以内 借入事実の把握 誰も知らない
重視した点 借入スピード
Face

ユーザー評価

full star
full star
full star
full star
half star
4.5
30代 /男性 /職業: 会社員 /年収: 300-499万円 /目的: 生活費

三井住友銀行のATMで返済すると手数料かからない

生活費や急な支払等でお金が足りなくなったとき、すぐお金を調達できる点は、やはり大きなメリットだと感じました。

利用したカードローン プロミス
Kckm0010
借入金額 100万円 金利 年15.0%
審査時間 即日 借入事実の把握 誰も知らない
重視した点 借入金利
Face

ユーザー評価

full star
full star
full star
full star
half star
4.5
20代 /女性 /職業: パート・アルバイト /年収: 100万円未満 /目的: 趣味・娯楽

30分で審査が終わったし電話もなかった

アイフルの良さは、審査が早くてストレスフリーなこと。審査のときは基本的にメールのみで連絡があり、実際、私自身も審査の時に電話は来ていない。かつ審査の時間が短く、サイトには最短一時間と書いてあるが、私は30分程で審査結果が知らされた。

利用したカードローン アイフル
Kckm0009
借入金額 10万円 金利 年18.0%
審査時間 30分以内 借入事実の把握 誰も知らない
重視した点 審査の容易さ
Face

ユーザー評価

full star
full star
full star
full star
non star
4.0
30代 /男性 /職業: 公務員 /年収: 300-499万円 /目的: 趣味・娯楽

他5社から借りている私でも審査が通った

審査時間の早さと、カードを持ち歩かなくてもアプリで借り入れや返済が出来るので利便性の高さが良い所です。あと、すでに5つのカードローンを使っている私でも審査に通ったのも良かった点ですね。

利用したカードローン プロミス
Kckm 1003
借入金額 15万円 金利 年17.8%
審査時間 1時間以内 借入事実の把握 誰も知らない
重視した点 審査の容易さ
Face

ユーザー評価

full star
full star
full star
half star
non star
3.9
30代 /男性 /職業: 会社員 /年収: 100-299万円 /目的: 生活費

オペレーターの対応が良い

他の会社で借りた事がないので比較できないですが、電話でお問い合わせをした際に対応していただいた方の対応が非常に良かった。

利用したカードローン アコム
Ac kckm 0003
借入金額 10万円 金利 年18.0%
審査時間 即日 借入事実の把握 誰も知らない
重視した点 借入スピード
Face

ユーザー評価

full star
full star
full star
non star
non star
3.0
30代 /男性 /職業: 会社員 /年収: 300-499万円 /目的: 借入金の返済用

4社から借りていたが審査に通った

他の4つ消費者金融から借り入れをしたいたので、借り入れ金額は少なかったが、審査が通ったしスムーズにお金を貸してくれたのがよかった。

利用したカードローン アイフル
Kckm0008
借入金額 20万円 金利 年18.0%
審査時間 即日 借入事実の把握 配偶者
重視した点 審査の容易さ

評価が低い口コミ

Face

ユーザー評価

full star
full star
full star
non star
non star
3.0
30代 /男性 /職業: 会社員 /年収: 300-499万円 /目的: 生活費

審査は早いが自動契約機で待たされる

自動契約機でカード発行を行なったのですが、やたらと発券までに時間がかかり、そのあとの予定に支障が出ました。

利用したカードローン アコム
Kckm0003
借入金額 15万円 金利 年18.0%
審査時間 即日 借入事実の把握 誰も知らない
重視した点 借入スピード
Face

ユーザー評価

full star
full star
full star
full star
half star
4.4
20代 /女性 /職業: 会社員 /年収: 100-299万円 /目的: 生活費

審査は早く手軽に借りられるが、借りすぎには注意

手軽に借りれるので、すぐ借入金額が増えてしますのが注意点。借金ということを忘れ、自分のお金のように使ってしまうようになると、すぐ借入金額が大きくなります。

利用したカードローン アイフル
Kckm0007
借入金額 50万円 金利 年18.0%
審査時間 即日 借入事実の把握 家族
重視した点 審査の容易さ
Face

ユーザー評価

full star
full star
full star
full star
half star
4.3
20代 /男性 /職業: 会社員 /年収: 300-499万円 /目的: 生活費

返済日の通知が来ないから注意

金利が少し高いところは、気になりました。 あと、初回のお支払いの通知が何もこなかったのも、ダメなところかなとおもいます。

利用したカードローン アコム
Kckm0006
借入金額 10万円 金利 年18.0%
審査時間 即日 借入事実の把握 誰も知らない
重視した点 審査の容易さ
Face

ユーザー評価

full star
full star
full star
full star
half star
4.3
30代 /女性 /職業: 会社員 /年収: 300-499万円 /目的: 教育資金

便利だけど計画的に利用しよう

金利が高いことと、リボルビング払いなのでなかなか元金の返済が終わらなくなってしまうことです。 少額であればすぐに返済して終われますが、借入金額が高くなるにつれて返済も長くなってしまうという部分がデメリットだと思います。

利用したカードローン アコム
Evidence 46845407
借入金額 50万円 金利 年0.18%
審査時間 即日 借入事実の把握 誰も知らない
重視した点 審査の容易さ
Face

ユーザー評価

full star
full star
full star
half star
non star
3.9
20代 /女性 /職業: パート・アルバイト /年収: 100-299万円 /目的: 生活費

審査は早いしバイトでも借りられるけどが金利が高い

審査は早いし、バイトの自分でも通ったのは良かったが、銀行のカードローンに比べ金利が高い。 あと、会員ページが少し使いづらく、何回も初期ページに戻ってしまう。

利用したカードローン プロミス
Kckm 1001
借入金額 50万円 金利 年17.8%
審査時間 30分以内 借入事実の把握 誰も知らない
重視した点 口コミ・評判
Face

ユーザー評価

full star
full star
full star
full star
half star
4.1
20代 /女性 /職業: 会社員 /年収: 300-499万円 /目的: 趣味・娯楽

クレカの審査が通らなくて困っていたところ…

インターネットのマイページの情報が少なく不便に感じます。最終借入の金額がマイページでは確認できません。

利用したカードローン アコム
Kckm0004
借入金額 44万円 金利 年18.0%
審査時間 即日 借入事実の把握 誰も知らない
重視した点 会社の知名度・信頼性
Face

ユーザー評価

full star
full star
half star
non star
non star
2.9
30代 /男性 /職業: フリーランス /年収: 300-499万円 /目的: 生活費

アコムの金利ってやっぱ高い?

銀行系カードローンよりもかなり年利が高い、他社との比較をしたことがないが金融系カードローンの中でも高いと感じる。

利用したカードローン アコム
Kckm 1016
借入金額 180万円 金利 年14.5%
審査時間 1時間以内 借入事実の把握 友人
重視した点 借入限度額

消費者金融に関するよくある疑問

消費者金融への申し込みを検討するにあたり、疑問に感じる点もあるでしょう。ここではよくある疑問と、その回答をまとめましたので、ぜひチェックしてみてください。

専業主婦や無職は借り入れできますか?

Iidamichiko

ファイナンシャルプランナー|飯田道子

収入がない人は借りられません

そもそも収入がない人にお金を貸したところで、返してもらえる保証はどこにもありません。だからこそ、専業主婦や無職の人は、消費者金融からお金を借りることはできないのです。どうしても借りたい、借りなければならないのなら、パートでもアルバイトでもして定期的に収入を得ることが大切です。

債務整理者でも利用できますか?

Iidamichiko

ファイナンシャルプランナー|飯田道子

債務整理をすると5~10年は借りられない

債務整理とは、借金を減らしたり支払方法を変更したりする方法で、借りた側にメリットがある借金の整理方法です。つまり、貸した側にはデメリットになるのです。一度、債務整理をすると、5~10年は信用情報機関に名前が登録されることになります。融資条件通りに返済できない過去を持っているのですから、融資は危険と判断され、借りられません。

審査が甘い消費者金融はありますか?

Iidamichiko

ファイナンシャルプランナー|飯田道子

審査が甘い消費者金融などありません

消費者金融の融資基準は会社によって違いがあるものの、本当に貸したお金を返済できる人なのかどうかを慎重に判断していくことに違いはありません。つまり、審査を甘くすることなどはないのです。確かに、甘い審査を謳っている会社はありますが、そのような触れ込みで融資を行う会社は、正規の消費者金融会社ではない可能性が高くなります。

まとめ

この記事では消費者金融がどのような会社なのか紹介しました。ポイントをまとめると以下の通りになります。

この記事のポイント

  • 消費者金融から借りたお金の使い道は基本的に自由
  • 限度額の範囲なら自由に借り入れ返済が可能
  • 借りたお金は、何か月かに分けて毎月少額の返済
  • 使い道は自由だが他の目的ローンより金利が高め
  • 消費者金融は大手から検討するのが良い。理由は利便性の高さ
  • 何を重視するかで借り入れ先を選ぶのが大切
  • 借り入れ先を決めたら、申し込みの流れを確認しましょう

消費者金融は、他のローンと比較して金利は少し高めですが、使い道は基本的に自由です。生活費の補填やレジャー代、欲しいものの購入に充てられます。

大手のコンビニATMと提携しており、土日祝日も含めて24時間365日利用ができます。返済については、借入金額に応じて決まった金額を毎月返済していきますが、一回の返済は少額に設定されているので、今は金欠という人でも安心です。

消費者金融は国内にたくさんありますが、まずはテレビCMや屋外広告でよく見る、有名なところから選ぶのが良いでしょう。利便性が高く、多くの人が利用しているので安心です。

マネットカードローンには、消費者金融に関する記事が豊富にあります。金利の仕組みや効率の良い返済方法など、気になることがありましたら、ぜひチェックしてみてください。

消費者金融に関する人気記事

消費者金融に関する新着記事

おすすめの特集ページ

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る