セゾンカードの支払いを延滞するリスクと今すぐできる解決法

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

加賀谷豪

2級FP技能士・税理士資格を有する、小規模事業者への経営サポート・起業支援や従業員向けのセミナー主催・融資対策や保険に関するファイナンシャルプランニングの専門家。ファイナンシャルプランニング・保険販売・事務代行など事業者サポートサービスを請け負う、株式会社ピクシスの代表取締役。

この記事の目次

  1. セゾンカードを滞納するリスク
  2. 滞納時の対処法1:カード会社へ連絡
  3. 滞納時の対処法2:専門機関に相談
  4. 滞納時の対処法3|カードローンで借りる
  5. まとめ

セゾンカードを滞納するリスク

いくらポイントが貯まると言っても、買い物をしすぎてしまって、請求額が払えないという状況になっては、元も子もありません。請求額が払えない状況が続くと、いつしか「滞納」となってしまいます。

クレジットカードの滞納は、実は大きなダメージとなります。ウッカリ忘れで1日2日過ぎてしまっただけならまだしも、1ヶ月以上ともなると、カード会社もそれなりの手続きを踏んできます。

一般的なクレジットカード滞納時の流れ

※上記の流れは一般的なクレジットカード会社における滞納時の対応であり、実際とは異なるケースがあります。また、信用情報への影響が生じる期間についても各社で異なるケースがあるので、必ずカード会社発行の利用規約をご確認ください。

滞納リスク1:カードの利用停止および督促電話

滞納状態になると、所有しているセゾンカードは利用ができない状態になり、督促の電話がかかってきます。

電話の内容は、支払いが遅延している旨を伝え、支払いが可能な期日の約束を取り付けるだけです。

丁寧な対応をしてもらえるので、支払いが遅れているからといって恐れる必要はありません。ただし、絶対に無視だけはしないでください。
無断で支払いを遅れ、放置するというのは、カード会社からの信頼を大きく損ねる行為です。

滞納リスク2:強制解約・一括請求

上記で紹介したように、段階を踏んで利用者に支払いを促す流れとなっています。上記に加えて、遅延損害金も同時に発生するので覚えておきましょう。

最初は書面や電話での督促が来ます。この時点で対応して支払いをすれば、大きな問題には発展しません。

これを放置していると、1ヶ月前後でカードは利用停止になり、これまでに支払った分の一括請求が裁判所から届きます。これは裁判所からの通達になりますので、基本的に逃れることはできませんし、裁判になった場合でも敗訴する可能性が濃厚です。

Q.クレジット代を滞納する最大のリスクとは

Kagaya

ファイナンシャルプランナー|加賀谷豪

自動車ローンや住宅ローンへの影響

クレジットを滞納する最大のリスクは、自動車ローンや、住宅ローンが組めなくなる可能性があることです。自動車は急きょ必要になる場合もあると思いますし、住宅ローンは申し込みができる年齢にも制限があります。ブラックに該当してしまうと、5年間信用情報に載ってしまうため、自動車や住宅購入予定のある方は、将来の生活設計にそなえて、クレジットの滞納には十分気をつけましょう。

滞納リスク3:信用情報のブラック化

セゾンカードが払えない場合に、もっとも大きな問題になるのは「信用情報」がブラックになることです。

セゾンカードの申込時にもあったはずですが、クレジットカードやローンに申込みする際は必ず審査がおこなわれます。この審査に通過するために、もっとも大きな割合を占めているのが信用情報です。

信用情報とは、クレジットカードやローンの遅延・延滞の記録を指します。信用情報は国内に3カ所ある信用情報機関で管理されています。過去にクレジットカードやローンで、遅延や延滞を繰り返した人は、「ブラック」ということで記録が残るのです。

つまり、セゾンカードが払えないからと遅延や滞納をしてしまうと、信用情報がブラックになり、これから先しばらくは全てのクレジットカードやローンの審査に通らなくなります。

信用情報が傷つくと
住宅や車のローンが組めなくなる
クレジットカード契約ができない
カードローンでお金が借りられなくなる
スマホの分割払いが不可に
賃貸住宅の契約で保証会社を保証人にする場合に審査落ち
事実が知られると職場や家庭などでも信用を失う

※クレジットカードの滞納リスクはあくまで一般論であり、会社ごとに特徴や傾向は異なります。

滞納時の対処法1:カード会社へ連絡

クレジットカードを滞納した状態のまま放置すると、日常生活に悪影響を及ぼすようなリスクも生じます。 後悔しないためにも、黙って滞納し続けるのではなく、適切な対処をしましょう。

まずは、カード会社に電話をして担当者に事情を説明すべきです。場合によっては、適切な対処法をカード会社側から提示してくれる可能性もあります。

セゾンカードのコンタクトセンターの電話番号は0570-064-133です。自動チャットによる問い合わせも公式ホームページから可能なので、電話が混み合ってて繋がらない場合は、チャットで問い合わせすることも検討してみてください。※

※2018年6月時点の情報です

滞納時の対処法2:専門機関に相談

支払い日をすでに過ぎていて、返済の目処も立てられない場合は、適切な相手に相談してください。
公的機関や専門家であれば、正しい対応方法を指導してくれます。

選択肢は、
国民生活センター・消費生活センター
日本クレジットカウンセリング協会
弁護士等の専門家

主に、この3通りがあります。

滞納時の対処法3|カードローンで借りる

カードローンとは、専用のカードを使ってATMなどから、簡単にお金を借りることができるサービスのことです。

例えば、テレビCMでお馴染みのアコムは、カードローン業界でもトップクラスの利用者数がいる大手カードローン会社です。テレビでCMを流せるということは、それだけ利用者が多くいるという証明でもあります。

特徴1:カード代金の支払い口座に入金できる

カードローンには、以下のように2通りの借り入れ方法が用意されています。

・ATMで現金を借りる
・指定した口座に入金してもらう

後者の場合、契約したカードローン会社の会員ページにログインし、スマホ上で入金依頼するだけです。

この機能は、入会審査に通過し契約手続きが完了したら、その時点で利用可能となります。

つまり、スマホ上で入会申し込みをして、そのまま「カード代金の支払い口座」に必要な金額を入金してもらうこともできるのです。

特徴2:最大30日間無利息で借りられる

カードローンの中には、初回の利用のみ最大30日間無利息でお金を借してくれるサービスを行っている会社もあります。

代表的な例で言うと、テレビCMでお馴染みのアコムやプロミス、アイフルといった大手カードローンが最大30日間無利息サービスを実施しています。

特徴3:毎月の返済は数千円からでOK

カードローンは無理なく返済ができるように、毎月の最低返済額が少なめに設定されています。

下の図は大手カードローンのプロミスの返済額の表です。

プロミスの返済額
キャッシング額 返済額
1万円~10万円 1,000円~4,000円
11万円~20万円 4,000円~8,000円
21万円~30万円 8,000円~11,000円
31万円~40万円 8,000円~11,000円
41万円~50万円 11,000円~13,000円

このように、借りる金額によっては毎月の返済も数千円から可能なので、普段の生活を圧迫せずに、ゆっくり返済することが可能です。

特徴4:早ければ今日中に借入できる

例えば、審査の早いカードローンがおすすめです。

最短30分で審査結果がわかるカードローンを選べば、早ければ今日中にお金の問題を解決することもできます。

では、具体的にどういったカードローンがあるのか?おすすめは、以下の通りです。

アコム

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間

すぐお金が必要な方におすすめ。
初めてのお借入れにおすすめ。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス

限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間

スマホでお借入れ可能。
20代・30代の方から人気。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間

内緒で借りたい方におすすめ。
銀行振込で借りたい方におすすめ。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

セゾンカードは、永久不滅ポイントや、ポイントサイト「永久不滅.com」経由で、大量のポイントを貯めることができるなど、多くのメリットがあります。

しかし、便利だからといって多用してしまうと払えないリスクも起こりえます。支払い金額を滞納してしまうと、強制解約や一括請求、信用情報のブラック化などの事態に発展してしまう可能性もあるのです。

そうならないためにも、適切な対処法を心がけましょう。まずはカード会社へ連絡をして、滞納してしまう旨を伝えてください。その時点でカード会社から対処法を提案してくれる可能性もあります。

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
  • 金融庁
  • 日本賃金業協会
  • 割賦販売法・賃金業法指定信用情報機関
  • 指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構
  • 金融庁
ページトップに戻る