アコムの利用は家族や会社にバレるのか?上手に使うコツと注意点

本コンテンツには、紹介している商品・商材の広告(リンク)を含む場合があります。 これらの広告を経由して読者が企業ホームページを訪れ、成約が発生すると弊社に対して企業から紹介報酬が支払われるという収益モデルです。 ただし、特定の商品を根拠なくPRするものではなく、当編集部の調査/ユーザーへの口コミ収集などに基づき、公平性を担保した情報提供を行っています。
>提携企業一覧
アコムの利用は家族や会社にバレるのか?上手に使うコツと注意点
この記事に関するアドバイザ・編集者

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

マネット編集担当/キャッシングガイド

奥山 裕基

FP資格を有し、カードローン・商品者金融および貸金業に関する豊富な知識を持つ編集者。関連法規(貸金業法・金融商品取引法等)の理解を深めつつ、多数のローン経験者へのインタビューや金融機関勤務経験者へのヒアリングをもとにリアルな情報収集を怠らず、自身も当サイトにおいて1,000本を超える記事を執筆。生活に欠かせない「お金」だからこそ最適な意思決定を支援したいという理念のもとに情報発信を行っている。

check icon

この記事はこんな人向け

  • アコムの利用を家族に知られたくない!
  • 会社にバレるのも回避したい
  • 内緒で利用する方法を知りたい!

お金が必要な時に便利なカードローンですが、その中でもアコムは、国内で170万人が利用している業界トップクラスの金融機関です。

アコムのテレビCMを見ない日がないのも、それだけ有名な証拠です。

アコムを利用するにあたって、誰しも不安に感じるのが「家族にバレる」ことでしょう。

今回は、アコムは家族にバレずに借りる方法を解説します。

この記事の目次

アコムの利用が家族にバレる原因

アコムを利用する人にとって、誰しも家族や職場には内緒で利用したいものです。

「あの人はお金を借りている」と噂がたつのも避けたいですし、家族に知られたら、なんて言われるかわかりません。

家族にアコムの利用がバレるタイミングは以下の7つがあります。

check icon

家族に利用がバレる7つのタイミング

  • アコムからの郵送物を見られた
  • アコムカードを見られた
  • むじんくん(自動契約機)への来店を見られた
  • 振込融資の履歴を見られた
  • スマホアプリ「myac」を見られた
  • ATMの利用明細を見られた
  • 督促の電話に出た・ハガキを見られた

郵送物の名義は原則「ACサービスセンター」ですが、なにを送られてきたのかを家族に聞かれてバレるケースは少なくありません。

発行したアコムカードを財布から出したり、うっかり置きっぱなしにして見られることも。また、むじんくん(自動契約機)に入っていくのを家族が偶然見かけた、という例もあります。

他にも、スマホアプリの操作中、ATMの利用明細、督促ハガキを見られてバレるケースが多くなっています。

これらのバレる理由は、総じて「利用者のうっかりミス」によって生じやすいのが特徴です。

家族にアコムの利用がバレないための対策

アコムの利用が家族にバレないようにするには、事前に以下のような対策を打っておきましょう。

check icon

家族にバレないアコムの対策方法

  • カードレス契約をする
  • 書類を電磁交付に設定する
  • 振込融資はネットバンキングの口座に設定する
  • 返済を滞納しない

1.カードレス契約をする

契約時にカードレス契約にしておくと、後日カードが郵送さえてくることがないため、郵送物の削減やカードを見られてバレる心配を減らせます。

▶カードレス契約の流れ

  1. インターネットで申込
  2. 本人確認書類をスマホアプリで提出
  3. その後に届く「本日22時までに最終手続きをお願いします(最短2分)」のメールから手続き
  4. カード受取方法を「カード不要」にする

これにより、専用アプリ「myac」でセブン銀行ATMのQRコードを読み取って借入・返済の手続きが可能になります。

どうしてもカードが必要な人はむじんくん(自動契約機)へ来店して、その場でカード受け取りましょう。ただし、家族や知人に見られないように気を付けてください。

2.書類を電磁交付に設定する

電磁交付とは、契約に係る書面、借入や返済・支払の明細書をマイページで確認ができるサービスです。

出典: アコム株式会社「電磁交付とはどのようなサービスですか?」

電磁交付すると、普段は郵送で送られる書類が、すべてスマホアプリで閲覧できるようになります。

初回契約時に電磁交付を設定できますが、契約後でもマイページのメニューにある「書面の受取方法(登録・変更)」から変更可能です。

3.振込融資はネットバンキングの口座に設定する

振込融資を利用する際、紙の通帳に履歴が残るケースだと、家族に見られるリスクが高まります。

そこで、あらかじめネットバンキングを開設しておき、その口座に振込手続きをおこなうと良いでしょう。

ネットバンキングなら利用履歴もスマホで確認できるため、振込融資の証拠を見られることもありません。

4.返済を滞納しない

アコムで滞納すると、ハガキや電話による督促がおこなわれます。

ハガキの宛名は「ACサービスセンター」ではなく「アコム株式会社」になるため、確実に家族にバレてしまうでしょう。

また、督促の電話を家族が対応した際、アコムの名前こそ名乗りませんが、不信に思って問い詰められる可能性もあります。

よって、返済を滞納しないことも、家族バレを防止する重要な対策なのです。

なお、アコムの返済日は毎月指定日で任意の日に設定できます。給料日の直後に設定するなど、確実に返済できる体制を整えておきましょう。

アコム

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 3.0% ~ 18.0%
審査 最短20分
融資 最短20分

来店不要で最短20分融資可!周りにバレずに内緒で借入れ可能!
三菱UFJフィナンシャル・グループだからサービスが充実!初めてなら「最大30日間金利0円」でコンビニ利用も可能!

公式サイトはこちら
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

周囲にバレずにアコムを利用する際によくあるFAQ

Q.アコムで借りたら家族にバレるのか?
アコムを利用した場合、基本的に家族にバレる心配はありません。在籍確認時の電話は、職場に電話がかけられるためです。また申込時の希望によっては、職場への電話連絡をなくすことが可能です。職場経由で、家族にバレてしまう心配もなくせるでしょう。
Q.どのようなケースで家族にバレてしまうのか?
アコムの利用が家族にバレてしまうケースとして、家への郵送物でバレる場合があります。これは、自分宛に届いた郵送物を家族の誰かに見られてしまい、バレてしまうケースです。申込時に郵送での契約を希望すると、家族にバレる可能性が高まるでしょう。
Q.どうすれば家族にバレずに済むのか?
アコムの利用が家族にバレないためには、申込時に郵送物が届かない設定にしましょう。カードレス希望で申込をすれば、web完結で借入から返済まで利用が可能です。それでも不安な方は、窓口に問い合わせをしてみましょう。

まとめ

アコムの利用が家族にバレるタイミングは、おもに7つあります。

check icon

家族に利用がバレる7つのタイミング

  • アコムからの郵送物を見られた
  • アコムカードを見られた
  • むじんくん(自動契約機)への来店を見られた
  • 振込融資の履歴を見られた
  • スマホアプリ「myac」を見られた
  • ATMの利用明細を見られた
  • 督促の電話に出た・ハガキを見られた

利用がバレないようにするには、以下のような対策を打っておくのが重要です。

check icon

家族にバレないアコムの対策方法

  • カードレス契約をする
  • 書類を電磁交付に設定する
  • 振込融資はネットバンキングの口座に設定する
  • 返済を滞納しない

この点に注意すれば、アコムでお金を借りる事実が家族バレする心配はいらないでしょう。

マネット編集担当/キャッシングガイド

奥山 裕基

三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムは、2023年12月末現在でのカードローン利用者数が174万1,000件です。特に29歳以下の新規利用者が61.3%※と多く、はじめての消費者金融として多くの人から選ばれています。

※2023年3月現在の新規利用者数の年齢割合

アコム

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 3.0% ~ 18.0%
審査 最短20分
融資 最短20分

来店不要で最短20分融資可!周りにバレずに内緒で借入れ可能!
三菱UFJフィナンシャル・グループだからサービスが充実!初めてなら「最大30日間金利0円」でコンビニ利用も可能!

公式サイトはこちら
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

おすすめの特集ページ

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
  • ※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る