ソニー銀行カードローンで審査落ちする5つの原因と適切な対処法

この記事に関するアドバイザ

元 銀行ローンセンター長

佐藤喜三男

銀行にてローンセンター長を務めた他、大手証券会社・大手クレジットカード会社において、30年に渡り審査を中心に様々な職種を担当。現在はFP兼相続診断士として、多くの消費者の力になっている。

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

この記事の目次

  1. ソニー銀行カードローン・MONEYKit
  2. ソニー銀行カードローンの審査について
  3. ソニー銀行カードローンで審査落ちする5つの原因
  4. どうしてもお金が必要、そんな方は
  5. まとめ

 この記事はこんな人向けです 
  • 今月、どうしてもお金が必要…
  • ソニー銀行のカードローンを使おう
  • あ!審査落ちして借りられない!?

ソニー銀行カードローン・MONEYKit

ソニー銀行カードローン
金利 2.5%~13.8%(年率)
限度額 10万円~800万円
貸付条件
次の条件を全て満たす方
(1)当社に円普通預金口座をお持ちの方
※同時申し込み可能
(2)申込時の年齢が満20歳以上65歳未満の方
(3)原則、安定収入がある方
(4)日本国籍の方、外国籍の方は永住権をお持ちの方
(5)保証会社(アコム株式会社)の保証を受けられる方
※すでに当社でカードローンをご契約中のかたはお申し込みいただけません。
遅延損害金 年利14.6%

ソニー銀行カードローンは、様々な銀行と提携しており、身近なATMを利用してキャッシングができるので、全国であらゆる人に利用されています。

最大のメリットは金利の安さ

ソニー銀行カードローン・MONEYKitの良い点は、低金利だということです。

上限金利が13.8%であるため、テレビCMで有名なメガバンクのカードローンと比べても負けていないと言えるでしょう。

ソニー銀行カードローンの審査について

ソニー銀行カードローンを利用するには、必ず審査を受けなくてはなりません。
審査とは、申込者の収入状況・他社借入状況・信用情報の状態などを総合的に評価し、融資可能な金額を決定する手続きです。

返済能力が足りないと判断されると審査落ち

ソニー銀行カードローンの審査に通過する人は、「継続した返済が可能」と見込まれた人です。

返済できないであろう人に貸付を行うのは、ソニー銀行にとっては大きなリスクです。そのため、審査においては「申し込み者に返済能力があるのか」を確認されます。

審査はアコムが担当している

審査は、ソニー銀行が全て行っているわけではありません。

審査のほとんどは、アコム株式会社が担当しており、アコムの保証が得られないのであれば、ソニー銀行の審査に通過しないのです。

つまり、保証会社の保証を貰えないなら、カードローンの利用も不可能ということになります。

返済能力はスコアリング審査で数値化される

アコムは、ソニー銀行カードローンに申し込んだ人の基本情報等をもとに、スコアリング審査を行っています。この手法は、申し込み時に申告された情報を元に、申し込み者の返済能力を導き出します。

導き出されたデータをこれまでの統計データと照合して、申込者の返済能力を判断するのです。
返済能力が一定基準に満たない場合は、カードローンの利用をすることができません。

審査では警察庁データベースへの照会も行われる

アコムによるスコアリングが完了すると、ソニー銀行自身によって「警察庁データベースへの照会」が行われます。
その目的は、申込者と暴力団・犯罪組織に関係が無いことの確認です。

この手続きには、どれだけ早くとも2営業日はかかります。つまり、ソニー銀行カードローンに申し込んだ人は、その当日中に審査結果を知ることができません。

これにより、ソニー銀行カードローンは、決して即日融資ができないようになっています。

ソニー銀行カードローンで審査落ちする5つの原因

審査通過の条件は公開されていません。そのため、審査落ちした人は、どうして審査に落ちたのか知ることができないのです。

しかし、一般的な「審査落ちの理由」というものは、以下5つに絞り込まれています。

審査落ちの原因1|虚偽申し込み

審査結果は様々な情報を元に決められますが、そのひとつが申し込み時に記載した情報です。

多少の入力ミスであれば情報の訂正で済みますが、故意に虚偽申し込みした場合は審査落ちになるでしょう。

※ここに注意※
勤務先に関する虚偽は必ずバレます
前職の勤務先を申告したり、架空の社名で申込んだりしても、嘘は必ずばれます。
こういった嘘は明らかに不正申し込みとされ、今回の審査落ちに限らずの今後の申し込みができなくなる恐れがあります。

審査落ちの原因2|安定していない収入

審査の中でも、申し込み者に安定収入があるかという点は見られます。

  • 勤続年数
  • 雇用形態
  • 業種/職種
  • 会社規模
  • 年収金額

上記の中でも、注意するべきポイントは勤続年数です。どれだけ高収入な仕事に就いていたとしても、極端に勤続期間が短い場合、離職リスクがあるために「収入が安定していない」と見なされる恐れがあります。

審査落ちの原因3|多すぎる他社借入

ソニー銀行は、他社から借りているお金の有無も確認します。

他社からの借入金額が多すぎると「返済能力がない人」と見なされ、審査落ちに繋がるのです。

年収に対して多すぎる借入や、4社から同時借入をしている場合は、審査に通過するのは難しいでしょう。

審査落ちの原因4|複数社への同時申込

審査では、他社借入金額や他社借入件数に加えて、申し込み件数も確認されます。

何件申し込みしたら落ちるのか公開はされていませんが、傾向として1ヶ月内に4社以上の申込をしていると、審査落ちに繋がると言えます。

同時申込をしている人は、「将来的に多重債務者になる恐れがある」と判断されるのです。

審査落ちの原因5|過去5年間に生じた金融事故

ソニー銀行カードローンの審査時には、過去に金融取引でトラブルを起こしていないかという点も見られます。いわゆる、金融事故の有無を確認されるのです。

クレジットカードの代金支払いや割賦払いを長期延滞していたりすると、「返済意思がない」と見なされて、審査落ちに繋がるのです。

Q.金融事故とは

Sato

元 銀行ローンセンター長|佐藤喜三男

長期延滞や債務整理などのことです

金融事故とは、お金に関する契約において、延滞、債務整理などを起こしたことを言います。
延滞は61日以上、又は3回目の支払い日を超えた時点で。債務整理をした場合は直ちに、個人信用情報機関へ事故歴として登録されます。
クレジットカードの支払いやローンの返済のみならず、最近は端末代を含む携帯電話契約料の支払いや、奨学金の返済、保証会社が介在する家賃の支払いなど、本人の自覚がない状態で発生するケースも増えています。

※以上の条件を満たしている場合であっても、審査に落ちる可能性があるので、注意してください。また、実際の審査基準は公開されていないため、弊社での取材・調査によるものである点ご了承ください。

どうしてもお金が必要、そんな方は

  • 家賃支払いができないほど金欠
  • クレカの引落し前なのに残高不足
  • あ、明日の支払いを忘れていた

お金の用意が必要な状況で、ソニー銀行の審査に落ちてしまった。

このような状況でも、目の前の問題は、放ってはおけませんよね。

そんな、お金の悩みを対処したい人は、別の解決策を探してみるのもいいでしょう。

他カードローンに申込みなおすという選択肢

その他の選択肢、それは「他カードローンに申込みなおす」というものです。

もちろん、他カードローンも厳正な審査を行っています。しかし、カードローンの審査基準は各社で異なっているので、1社審査落ちしたからといってすべてのカードローンが使えないと決まったわけでもありません。

大手消費者金融に目を向けてみては?

例えば、大手消費者金融が提供しているカードローンの利用を検討してみてください。

消費者金融の審査は、銀行カードローンとは違った仕組みで行われています。そのため、銀行カードローンが利用できなかった人であっても、消費者金融なら異なる結果になる可能性が十分にあるのです。

大手消費者金融は成約率を公表している

大手消費者金融は、投資家向けに成約率を公表しているケースがあります。例えば、代表的な大手消費者金融であるプロミスの場合、成約率は46.4%です。参考:プロミス『SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標』

当然ですが、消費者金融の審査に落ちてしまう人もいます。しかし、多くの方が借入できているというのも事実。
次の申し込み先を選ぶにあたっては、こういった点に着目してみてもいいでしょう。

早ければ即日融資も可能

ちなみに、大手消費者金融は審査が最短30分で終わるので、早ければ即日融資ができるというメリットがあります。

銀行カードローンの場合、警察庁データベースへの照会に2営業日以上を要するので、決して即日融資はできません。

緊急でお金を用意したい方にとっては、なおさら消費者金融の方が適切な選択肢と言えるでしょう。

注意!収入証明書の提出を求められるケースがあります

銀行カードローンの多くは、数百万円の借入を希望しない限り「収入証明書不要」となっています。
一方、消費者金融については、特定の条件を満たす場合、収入証明書の提出が必須となるのです。

Q.なぜ収入証明書が必要なのか

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

法律で決まっているため

消費者金融の業務を規制する貸金業法では、借入の際に収入証明書を提出する基準が以下のように決まっています。
1) 1度の借入が50万円を超える場合
2) 他社からの借入額との合計が100万円を超える借入を行う場合
この2つのいずれかに該当した場合には、法律的に収入証明書を提出する必要があります。
法律遵守の貸金業社はこの基準を守っているため、該当する場合には収入証明書を提出しなければなりません。

要するに、希望額が大きい場合は、収入証明書を用意しておいた方が良いということです。
収入証明書が無くとも手続きそのものは勧められますが、できれば予め用意しておいた方がいいでしょう。

おすすめのカードローンはこちら

アコム

利用条件 アルバイト・パートでも
申し込み可能
収入証明書 希望額50万円以下の方は
不要

アコムは、「3秒診断」で借入できる可能性の有無を確認できます。年齢・年収・カードローン他社お借入状況から無料で簡単に診断できるので、ぜひ試してみてください。

金利は年3.0~18.0%、限度額は最大800万円と、大手消費者金融としては一般的な数値です。

公式サイト
※.現状の年収が確認できる書類であれば、源泉徴収票・確定申告書類等の写しも提出できます。

プロミス

利用条件 アルバイト・パートでも
申し込み可能
収入証明書 希望額50万円以下の方は
不要

プロミスでは、「お借入れシミュレーション」でご利用できる可能性があるのかを確認できます。入力が必要な項目は、生年月日・年収・他社お借入金額の3つです。

プロミスは、限度額は最大500万円と平均的な数値ですが、金利が年4.5~17.8%と、上限が他消費者金融より若干低めです。

公式サイト
※.現状の年収が確認できる書類であれば、源泉徴収票・確定申告書類等の写しも提出できます。

アイフル

利用条件 アルバイト・パートでも
申し込み可能
収入証明書 希望額50万円以下の方は
不要

アイフルの「1秒借入診断」を使えば、年齢・雇用形態・年収・他社借入金額の4点から、ご利用可能性の有無を判断できます。

金利は年3.0~18.0%、限度額は最大800万円と、平均的な数値となっています。

公式サイト
※.現状の年収が確認できる書類であれば、源泉徴収票・確定申告書類等の写しも提出できます。

まとめ

ソニー銀行カードローンは、確かに低金利で使いやすい商品です。ただし、利用できるのは審査に通過した人だけ。
万が一審査落ちしたら、焦りや不安を感じてしまいますよね。しかし、まずは落ち着いてください。

カードローンの審査基準は各社で異なっているので、他社に申し込めば借入できる可能性も残っています。
場合によっては、大手消費者金融に目を向けてみてもいいでしょう。

消費者金融は銀行とは異なる仕組みで審査を行うので、銀行カードローンで落ちた人でも違った結果になる可能性がありますし、早ければ即日融資も可能です。

おすすめの特集ページ

審査落ちに関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る