アコムと信用情報の関係性|今後のライフプランに与える影響は?

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

この記事の目次

  1. 信用情報とは個人のお金に関する情報
  2. 信用情報のブラック化は返済が遅れるのが理由
  3. 信用情報が今後のライフプランに与える影響
  4. 返済遅延をしていなければ傷はつかない
  5. まとめ:アコムの利用自体は信用情報に傷をつけない

 この記事はこんな人にオススメ 
  • お金が必要でキャッシングを考えている。
  • アコムの利用は信用情報に影響があるの?
  • そもそも信用情報について詳しく知らない...

どうしてもお金を用意する必要があり、アコムでのキャッシングを考えているものの、「キャッシングは信用情報に記録が残る」という噂を聞いて不安を感じてはいませんか?

でも、安心してください。アコムに申込んだだけでは、今後のライフプランに影響を与えるような大きな問題には繋がりません。まずは信用情報について確認して、不安を解消しましょう。

信用情報とは個人のお金に関する情報

信用情報というのは、個人と金融機関のお金の取引を記録した情報であり、金融機関がお金を貸す際に、「申込者に返済能力があるか」を判断するために使用されます。

信用情報の例
信用情報に記録されている情報は様々!
・クレジットカードの申し込み・利用履歴
・住宅ローン、教育ローンなどの利用履歴
・カードローンの利用履歴
・保証会社を通じての家賃、携帯料金の利用履歴
・信販会社を通じての商品分割購入

など

上記のように、信用情報はクレジットカードの利用やローンの返済といった情報までが記録されており、多くの人が信用情報を持っていると言えるでしょう。

信用情報機関によって管理されている

加盟している各金融機関での、「利用者の申込み情報や利用情報、借入情報や延滞の情報」が信用情報機関で管理されています。

金融機関は、お金を借りた人が返済しないと損をしてしまうので、予めお金を貸す際に「申込者は返済ができる人か」を確認するために、個人の信用情報を信用情報機関に問い合わせます。

信用情報機関

◆CIC(株式会社シー・アイ・シー)
CREDIT INFORMATION CENTER。信販会社やクレジットカード会社が加盟しています。

◆日本信用情報機関(JICC)
消費者金融や信販会社が加盟しています。

◆全国銀行個人信用情報センター(JBA)
一般社団法人全国銀行協会によって運営されており、銀行や信用金庫がなどが加盟しています。

アコムで借りる分には問題がない!

アコムに申し込みをした場合、信用情報にアコムを利用したという記録は残りますが、今後のローンの申し込みやクレジットカードを作るのに問題はないと言えます。

信用情報は、「アコム」に申し込みだけに限らず、クレジットカードを作る際や、住宅ローンといったローンに申し込みをする際にも、信用情報は記録されています。そのため、アコムに申し込んだから信用情報がマイナスになるということはありません。

今後のお金の取引に影響が出てしまうケースは、主に「借りたお金を返さない」ということであり、適切な利用をしていれば、信用情報自体が問題になることはないでしょう。

信用情報のブラック化は返済が遅れるのが理由

「信用情報に傷がつく」とは、金融機関とのお金の取引でトラブルを起こしてしまい、それが信用情報に記録として残ってしまうことを指します。

借りたお金をしっかりと返済できていないと、トラブルになってしまい、それが今後ローンやクレジットカードに申し込みをする際に「返済能力なし」とみなされ、審査に通過しなくなってしまいます。

これは「アコム」に限らず、他のローンやクレジットカードの支払いも対象であり、1つの取引でトラブルを起こしてしまうと、それが信用情報の傷として扱われてしまいます。

信用情報に傷がつくケース

基本的に、信用情報に傷がつくのは、返済でのトラブルが原因として挙げられます。

◆延滞
返済期日を2~3ヶ月過ぎてしまうと、「延滞」として情報が記録されてしまいます。この延滞の情報は最長5年の記録がのこってしまいます。

◆任意整理
借りたお金を返せなくなってしまった場合、任意整理という手続きで合法的に借金を減らすことができます。合法的ではありますが、情報が登録されてしまい最長5年は情報が消えません。

◆自己破産
裁判所で手続きをして、「借金の返済をすることができない」と認められると、家などの財産を手放して借金がゼロ円になりますが、情報が残ってしまいます。

◆強制解約
金融機関からローンの強制解約をされてしまうケースです。返済の延滞が何度も続くと強制解約をされてしまうことがあります。

Q.具体的に何をすると信用情報に傷が付きますか?

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

大きな遅れや踏み倒し

クレジットカードの支払の遅れは24日感記録され、遅れが61日以上になると事故情報になります。また、携帯電話端末の分割払いの延滞は信用情報へ24ヶ月間記録されます。

さらに、携帯料金を3ヶ月以上未納し強制解約となった場合は事故情報になります。また、保証会社が間に入っている住宅の賃貸契約の家賃滞納なども遅れたという情報は信用情報へ傷がつきます。もちろん、ローンの返済に遅れても信用情報へ傷がついてしまします。

アコムの利用以外にも実は信用情報が関係している

アコムを利用して、遅れたらどうしよう。このように考えている人もいるでしょう。しかし信用情報に関連するのはアコムだけではありません。

信用情報に関係するもの
日常の主な支払い関係している
  • クレジットカードの支払い
  • スマホ端末の割賦払い
  • 家電量販店での分割購入
  • 保証会社を通した家賃支払い
  • 住宅ローンの支払い

上記項目に関して、信用情報は常に記録しており、大きく返済に遅れてしまうとブラックリストに載ってしまうのです。

このようにアコムを利用する以前に、信用情報は日常の支払いに関わってきます。

信用情報が今後のライフプランに与える影響

信用情報は事細かに記録され、今後のお金の取引に関して大きく影響を与えます。

しかし、「アコムを利用した」という記録がある場合と「アコムを利用して信用情報に傷がついた」場合では大きく異なるため、違いをチェックしましょう。

信用情報の記録が残っているどうなるか

信用情報に「アコム」を利用したという記録が残っている場合でも、信用情報に傷がないのであれば生活をする上で支障をきたすことはないでしょう。

今まで通り、クレジットカードや他のローンに申し込みをすることができるので不安に感じる必要はありません。

信用情報に傷が付いているとどうなるか

信用情報に傷が付いていると、他のローンやクレジットカードに申し込みをしても、審査に通らないことがほとんどでしょう。

信用情報の傷は申込者の返済能力を表すものです。金融機関は返済能力がない人に貸すのは、リスクが高いとして貸してはくれないでしょう。

また1回でも信用情報に傷がついてしまうと、その情報は最長で5年~10年は残ってしまいます。その期間が終わるまでは、ローンやクレジットカードで審査に通るのは難しいといえるでしょう。

返済遅延をしていなければ傷はつかない

これまで信用情報に傷がつくケースを紹介しましたが、要するに信用情報に傷がつくのは返済に問題がある場合がほとんどだと言えるでしょう。

信用情報の傷=金融取引のトラブル=返済遅延

お金を借りすぎて返済が不能になってしまった場合に限らず、返済日には返済をしっかり行うことが大切です。

計画をしっかり立てて返済を行ってさえいれば、信用情報に傷がつくことはないので、安心して利用をしてください。

まとめ:アコムの利用自体は信用情報に傷をつけない

アコムを利用したという記録は、信用情報に残ります。しかし利用自体には何も問題がありません

しかしアコムで返済遅延した場合は信用情報に遅れた記録が残ります。今後、ローンやクレジットカードの審査で影響が出てくるでしょう。

きちんと計画を立てて、返済さえ行っていれば、このような事態になりません。

むしろ「返済をきちんとしている」という評価が残り、プラスになる場合もあるのです。

クレヒスに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る