キャッシュカードでお金を借りる方法は?銀行で利用可能なサービスを紹介

本コンテンツには、紹介している商品・商材の広告(リンク)を含む場合があります。 これらの広告を経由して読者が企業ホームページを訪れ、成約が発生すると弊社に対して企業から紹介報酬が支払われるという収益モデルです。 ただし、特定の商品を根拠なくPRするものではなく、当編集部の調査/ユーザーへの口コミ収集などに基づき、公平性を担保した情報提供を行っています。
>提携企業一覧
キャッシュカードでお金を借りる方法とは
気になる情報を選んでください
キャッシュカードで借りるメリットは?
キャッシュカードでお金を借りるには?
キャッシュカードで借りる際の注意点は?
キャッシュカードと一体型にできるローンは?
気になる情報はこちら
カードを増やさず周囲に気づかれにくい状態で融資を受けられることです
気になる情報はこちら
お手持ちのキャッシュカードを扱う銀行のローンを契約する必要があります
気になる情報はこちら
「信用情報に登録される」点と「出金と借入を間違えやすい」点に注意しましょう。
気になる情報はこちら
マネットではみずほ銀行と横浜銀行を紹介します!
キャッシュカードでお金を借りる方法は?銀行で利用可能なサービスを紹介
この記事に関するアドバイザ・編集者

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

マネット編集担当/キャッシングガイド

奥山 裕基

FP資格を有し、カードローン・商品者金融および貸金業に関する豊富な知識を持つ編集者。関連法規(貸金業法・金融商品取引法等)の理解を深めつつ、多数のローン経験者へのインタビューや金融機関勤務経験者へのヒアリングをもとにリアルな情報収集を怠らず、自身も当サイトにおいて1,000本を超える記事を執筆。生活に欠かせない「お金」だからこそ最適な意思決定を支援したいという理念のもとに情報発信を行っている。

お金を借りたいけど、財布の中のカードを増やしたくはない。
そんな時には、お手持ちのキャッシュカードにキャッシング機能をつけることを検討してみてください。

銀行によっては専用のローンカードを発行する必要があるところもあります。

そのため、自分の持っている銀行のキャッシュカードにキャッシング機能を追加できるか、事前に確認が必要です。

本記事では、キャッシュカードでキャッシングするまでのメリットや流れ、審査基準や利用時の注意点といったものも解説しています。

この記事の目次

キャッシュカードでの借入は可能だが銀行は限定される

キャッシュカードのキャッシングによってお金は借りられますが、銀行によっては専用のローンカードを発行する必要があるところもあります。

そのため、自分の持っている銀行のキャッシュカードにキャッシング機能を追加できるか、事前に確認が必要です。

また、キャッシングするためには銀行カードローンの審査に通る必要があるという点にも、注意しましょう。

キャッシュカードでキャッシングできる銀行

大手銀行の中では、一例として以下のところが、キャッシュカードでキャッシングできます。

上記のような銀行は、カードローンに申込んで審査に通ったときに、ローンカードを発行せずにキャッシュカードから借入が可能です。

借入を希望する人は、自分が銀行口座を持っている銀行のキャッシュカードにキャッシング機能を追加できるかを、事前に確認しておきましょう。

キャッシュカードでキャッシングする2つのメリット

キャッシュカードでキャッシングするメリットは、以下の2つです。

「余計にカードを増やしたくない」「ローンカードが見つかるのが怖い」という人には強い味方になってくれます。

1.カードを増やさずキャッシングできる

キャッシュカードによるキャッシングカードには、1枚で借入ができるというメリットがあります。

1枚のカードで銀行口座からの出入金やキャッシングができるようになるため、新しくカードを入手して管理していく必要がありません。

カードを増やさずに借入をしたい人で、利用している銀行がキャッシュカードでのキャッシングに対応している人は、申込を検討してみてください。

また、銀行によっては、キャッシュカードにキャッシング機能をつけられないところもあるので、事前の確認が必要です。

2.キャッシングしていると周りにバレにくい

カードを使って借入する際に、見た目かキャッシュカードであるため、周りの人からキャッシングしていると思われにくいのも、大きなメリットです。

家族や同僚にカードを見られても、疑われる可能性はかなり低くなります。

周りの目を気にせずお金を借りたいという人は、キャッシュカードにキャッシング機能をつけるとよいでしょう。

マネット編集担当/キャッシングガイド

奥山 裕基

ローン専用カードを使用した場合でも遠目で見ただけではキャッシングしているようには見えず、普通に預金を引き出しているようにしか見えません。ローンカードを持っているから周囲に知られるのではなく、キャッシングの際に挙動や態度が不自然なため、怪しまれます。そのため、キャッシングの際は普段通りにふるまうようにしましょう。

キャッシュカードでキャッシングするまでの流れ

キャッシュカードにカードローンの機能を付与できる銀行であれば、基本的に上記の流れでキャッシングができます。

それぞれの手順について詳しく解説しているので、キャッシュカードのキャッシングを申込する前に、確認しておきましょう。

1.銀行口座を持っているところのカードローンへ申込む

まずは、自身が口座を持っている銀行のカードローンへ、申込をしましょう。

自身が口座を持っている銀行の公式ホームページやスマホアプリを利用して、専用フォームから申込めます。

カードローンの申込フォームでは、申込者の本人情報や連絡先、勤務先や収入といったものを入力してください。

入力した項目は全て審査に影響するため、間違った情報を入力していないか都度確認しながら、申込ましょう。

2.必要書類を提出する

カードローンに申込した後は、必要書類をインターネットでアップロードして提出しましょう。

必要書類には以下のような本人確認書類があり、どの銀行カードローンに申込しても、必ず提出が求められます。

check icon

本人確認書類の一例

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(表のみ)
  • パスポート
  • 顔写真付き住民基本台帳カード
  • 健康保険証
  • 在留カード特別永住者証明書
  • 年金手帳
  • 福祉手帳
  • 公共料金の領収書

銀行によって、上記の中から本人確認書類として提出できるものに指定があったり、提出する枚数が異なっていたりします。

また、顔写真付きでない本人確認書類を提出する場合は、上記のもののうち最低2種類必要であるという点には、注意しましょう。

マネット編集担当/キャッシングガイド

奥山 裕基

提出可能な書類は金融機関によって異なります。そのため、申込先の公式サイト情報を必ず確認しましょう。もし、不足している書類がある場合は希望するタイミングに間に合わない可能性もでてきます。また、余計な手間も増えるため、事前の情報収集が重要です。

場合によっては収入証明書の提出が必要

以下2つに該当する場合や、金融機関が審査するうえで必要だと判断したときには、収入証明書の提出が求められます。

check icon

収入証明書が求められる例

  • 借入希望額が50万円を超える場合
  • 他社を含めた借入総額が100万円を超える場合

また、以下にカードローンの申込において、収入証明書類として提出できるものを記載していますので、把握しておきましょう。

check icon

収入証明書の一例

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 青色申告書
  • 収支内訳書

本人確認書類と同様に、金融機関によって収入証明書類として提出できるものに指定があったり提出する枚数が異なっていたりするため、事前の確認が必要です。

3.審査を受ける

必要書類の提出後に行われるのは、審査です。

以下のような申込者の収入や他社カードローンやクレジットカードの利用状況といった情報を照らし合わせて、返済能力があるか確認されます。

check icon

返済能力の判断基準例

  • 申込内容と本人確認書類の比較
  • 収入証明書による収入状況の確認
  • 過去の金融取引状況の確認
  • 勤務先に実際に働いているかの確認(在籍確認)

在籍確認については専門性の高い内容となるので、詳細が気になる人は以下記事を確認してください。

4.審査結果を確認する

審査後は、カードローンに申込した銀行から審査結果が送られてくるため、結果を確認してください。

審査結果は、申込時に入力した連絡先へメールや電話によって伝えられます。

申込時に自分の電話番号やメールアドレスを登録していなければ、連絡を家族が受け取ってキャッシングの利用を知られてしまう可能性があるため、注意が必要です。

5.契約手続きをする

審査に通過した人は、契約手続きをしましょう。

審査通過を通知するメールや電話に記載されている案内に従っていけば、スムーズに手続きを進められます。

審査によって定められた、キャッシングの上限額や金利といった契約内容をしっかりと確認しながら、手続きをしてください。

6.キャッシングする

契約手続きが完了すれば、お手元のキャッシュカードにカードローンの機能が付与され、借入ができます。

銀行の出入金で利用しているATMの操作画面にカードローンの欄が追加されているため、必要な金額を入力して借入をしてください。

キャッシングをするときには、毎月の返済額や返済日等を把握し、返済計画をしっかりと立ててから利用しましょう。

キャッシング審査における3つの基準

キャッシュカードのキャッシング審査は、主に以下3つの基準をもとに進められます。

check icon

審査基準の例

  • 収入に安定性はあるか
  • 信用情報に問題はないか
  • 他社借入は多くないか

キャッシュカードのキャッシングに申込した人に対して、融資しても問題ないか判断するために、上記3項目の情報を基準に返済能力を把握する必要があるからです。

それぞれの項目について解説しますので、審査落ちしてしまわないようにも、詳細を確認しておきましょう。

1.収入に安定性はあるか

1つ目の項目として、キャッシュカードのキャッシング審査では申込者の収入に安定性はあるか確認されます。

申込者に安定した収入がないと返済が滞るリスクがあるため、審査に影響する可能性が高いです。

収入が安定しているというのは、毎月一定以上のお金を稼いでいる状態を指します。

上記のように、不定期にアルバイトをしているような人は、継続的な人と比べて審査において何らかの影響が出る可能性が高いです。

キャッシュカードのキャッシングに申込む前に、自身の収入は安定しているのかの確認をしてから審査に臨みましょう。

2.信用情報に問題はないか

キャッシュカードのキャッシング審査では信用情報の確認が必ず実施されます。

信用情報に金融事故の情報が記録されている人は、返済能力があると判断できないからです。

一例として挙げると、以下のような項目に該当する人は、キャッシュカードのキャッシング審査において信用情報に問題があると判断される可能性があります。

check icon

信用情報に問題があるとされる例

  • クレジットカードや各種ローンの返済を2~3ヶ月以上延滞した
  • クレジットカードや各種ローンを強制解約された
  • 過去10年以内に債務整理をした

上記のような項目に心当たりのある人は、自分の信用情報を確認する方法について記載している以下記事を参照しましょう。

3.他社借入は多くないか

キャッシュカードのキャッシング審査では他社からの借入件数や借入額が確認されます。

カードローンやクレジットカードのキャッシングといった、他社ローンからの借入が多いと貸倒れのリスクが生じるため、審査において影響が出やすいからです。

そのため、キャッシュカードのキャッシング審査に通過できる可能性は、他社からの借入数が増えるほど下がる傾向にあります。

他社借入が多い人は先にいくつか完済してから、キャッシュカードのキャッシングに申込をしましょう。

マネット編集担当/キャッシングガイド

奥山 裕基

借入件数に明確な数値は示されていませんが、4件以上になると月々の返済負担も多いことから、審査落ちの可能性が上がります。借入件数が多い場合はおまとめローンの利用も1つの手段です。

キャッシュカードと一体型にできるオススメのカードローン

カードローン 特徴
みずほ銀行カードローン カードローンの中でも比較的低金利
横浜銀行バンクカードローン 自動的な立て替えサービスがある

これらのカードローンは、キャッシュカードと一体型として利用できるだけでなく、金利優遇サービスがあったり、口座残高の不足分を自動的に立て替えてもらうサービスがあったりするという特徴があります。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、普通預金キャッシュカードにカードローンの機能を付与して、キャッシングができます。

みずほ銀行のキャッシュカードでキャッシング
画像引用:みずほ銀行|カードローンお借入方法

以下に、大手消費者金融と大手銀行カードローンの金利一覧を表で記載します。

カードローン 金利(実質年利)
みずほ銀行カードローン 年2.0%~年14.0%
アコム 年3.0%~年18.0%
プロミス 年4.5%~年17.8%
アイフル 年3.0%~年18.0%
SMBCモビット 年3.0%~年18.0%
レイク 年4.5%~年18.0%
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 年1.8%~年14.6%
三井住友銀行カードローン 年1.5%~年14.5%

上記カードローンの中でも、みずほ銀行は上限金利が比較的低く設定されているため、長期間の借入となっても比較的低い金利負担で返済可能です。

みずほ銀行口座を既に持っているという人で、キャッシュカードでキャッシングしたい人は、金利も比較的低いみずほ銀行カードローンを検討してみてください。

みずほ銀行カードローン

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 2.0% ~ 14.0%
審査 公式サイト参照
融資 公式サイト参照

銀行ならでは納得の低金利と限度額(10万円~800万円)!みずほ銀行のキャッシュカードですぐに利用可能!※みずほ銀行カードローンのご利用は計画的に!
口座があれば、来店・郵送なしのWeb完結!キャッシュカードで借入できるので、周囲にバレずに借りられるから大人気!

公式サイトはこちら

横浜銀行バンクカードローン

横浜銀行バンクカードローンであれば、ローンカードが一体となっているキャッシュカードでキャッシングができます。

横浜銀行バンクカードローンは、口座残高の不足分を自動的に立て替えるサービスをしているという点が特徴です。

そのため、うっかり公共料金の引き落とし分の入金を忘れたり、ショッピング利用代金の入金が間に合わなかったりしても、キャッシングにより立て替えてもらえます。

横浜銀行口座を既に持っているという人で、キャッシュカードでキャッシングしたい人は、横浜銀行バンクカードローンを検討してみてください。

横浜銀行バンクカードローン

限度額 10~50万円
金利 13.6%(変動金利)
審査 最短翌日
融資 最短翌日

横浜銀行がメインバンクの人におすすめ。

公式サイトはこちら
※申込の時間帯によっては翌日以降の対応になります。

キャッシュカードでキャッシングする際の注意点

キャッシュカードでキャッシングする際には、以下2つの点に注意する必要があります。

これらの点に注意しなければ利用者に不利益が発生する可能性がありますので、確認しておいてください。

利用状況は信用情報に登録される

利用状況は信用情報に登録されているという点に、注意しておきましょう。

利用状況次第では、将来自動車ローンや住宅ローンに申込んで信用情報を確認されたときに、影響が出る可能性があるからです。

信用情報はクレジットやローンの契約や申込等に関する情報で、審査が実施される際に必ず参照されます。

キャッシングの際は計画を立て、返済の延滞といったものは発生させないようにしましょう。

マネット編集担当/キャッシングガイド

奥山 裕基

延滞した事実は信用情報に登録されますが、延滞期間が長い場合はキャッシングの利用ができなくなる可能性もあります。また、他のローンの契約に影響が出ることもあるため、延滞しないように計画的な利用をしましょう。

出金と間違えてキャッシングを利用してしまう可能性がある

口座からの出金の際に操作する欄を間違えてキャッシングしてしまうという点も、注意すべき点です。

キャッシングした場合は返済する必要があり利息が発生するため、間違いに気が付かずに時間が経ってしまうと、利用者にとって不利益となるからです。

銀行によっては、口座の入出金やキャッシングの利用をメールやアプリの通知で知らせるサービスをしているところもあるので、間違い気づけるように設定しておきましょう。

キャッシング審査に落ちたときの対処法

キャッシュカードのキャッシング審査に落ちた人で、他の方法で借入をしたいと希望する人には、消費者金融カードローンの利用がオススメです。

収入や信用情報を確認するといった基本的な審査基準は変わりませんが、キャッシュカードのキャッシング審査に落ちても期間を空けて他のカードローンに申込すれば通ったというケースもあります。

カードローン カードレス 特徴
アイフル 郵送物に社名なし
プロミス 振込人名義をプロミス以外にできる

上記2つは、スマホアプリを使ってカードレスでキャッシングできる消費者金融のカードローンです。

他社カードローンへの申込も検討してみようと考える人は、キャッシュカードのキャッシングと同等の借入ができる可能性がある、これらのものから視野に入れてみてください。

アイフル

大手消費者金融の1つであるアイフルは、スマホアプリを使ったカードレスでのキャッシングができます。

契約手続き時にカードの受け取り方法を「カードレス」にしておけば、ローンカードは郵送されません。

また、アイフルは以下のように郵送物が発生しても社名を使わないで送ると公言しています。

Q.郵送物は社名(アイフル)が入ったものが送られてくるのですか?
A.郵送物は社名(アイフル)の入っていない封筒で送付します。
■郵送物を送付するケース
・ご返済の件でお客様との連絡が取れない場合
・お客様が書類送付を希望された場合
・当社が必要と判断した場合 など

出典: アイフル|よくあるご質問

そのため、カードを見られる場合だけでなく、郵送物を見られてキャッシングがばれるというケースも回避できる可能性があるという点が特徴です。

カードレスでの利用を希望し、かつ万が一にも備えたい人は、郵送物にも厚く配慮されているアイフルを検討しましょう。

アイフル

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 3.0% ~ 18.0%
審査 最短18分
融資 最短18分

初めての利用なら最大30日間の利息ゼロ!
バレずに使いたい人ならアプリが充実している安心・信頼のアイフルで。

公式サイトはこちら
※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。

プロミス

プロミスは、アプリローンという、手持ちのスマートフォンで申込からキャッシングまで完結するサービスがあります。

アプリローンを利用すれば、カードレスでのキャッシングや返済が原則として24時間利用可能です。

また、プロミスはキャッシングした際の銀行振込において、振込人名義をパルセンターにできます。

そのため、カードを見られる場合だけでなく、通帳の振込人名義を見られてキャッシングの利用がバレるという可能性も下げられます。

カードレスでの利用ができるだけでなく、振込の際の名義にも配慮されている点に魅力を感じた人は、プロミスにも目を向けてみてください。

プロミス

Service image
限度額 最大 500万円
金利 年 4.5% ~ 17.8%
審査 最短3分
融資 最短3分

20~30代にオススメ!即日融資ならネット申し込みがおすすめ!
30日間"無利息期間"があり!カードレスでも可能だから郵送物なし!

公式サイトはこちら
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

まとめ

キャッシュカードでキャッシングすると発生するメリットは、以下2つのものです。

check icon

メリット

  • カードを増やさずキャッシングできる
  • キャッシングしていると周りにバレにくい

キャッシュカードでキャッシングするまでの流れは、以下の通りですので、これから申込むという人は確認しておいてください。

  1. 1.銀行口座を持っているところのキャッシングへ申込む
  2. 2.必要書類を提出する
  3. 3.審査を受ける
  4. 4.審査結果を確認する
  5. 5.契約手続きをする
  6. 6.キャッシングする

キャッシュカードのキャッシング審査は主に以下3つの基準をもとに進められるので、審査落ちしてしまわないようにも、詳細を確認しておきましょう。

check icon

審査基準の例

  • 収入に安定性はあるか
  • 信用情報に問題はないか
  • 他社借入は多くないか

以下2つの銀行が提供するカードローンは、キャッシュカードでのキャッシングに対応しています。

カードローン 特徴
みずほ銀行カードローン カードローンの中でも比較的低金利
横浜銀行バンクカードローン 自動的な立て替えサービスがある

キャッシュカードでキャッシングする際には、利用者に不利益が発生する可能性がありますので、以下2つの点への注意が必要です。

check icon

注意点

  • 利用状況は信用情報に記録される
  • 出金と間違えてキャッシングを利用してしまう可能性がある

最後に、キャッシュカードのキャッシング審査に落ちた人で、他の方法で借入をしたいと希望する人向けに、消費者金融のカードローンを紹介しています。

カードローン カードレス 特徴
アイフル 郵送物に社名なし
プロミス 振込人名義をプロミス以外にできる

みずほ銀行カードローン

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 2.0% ~ 14.0%
審査 公式サイト参照
融資 公式サイト参照

銀行ならでは納得の低金利と限度額(10万円~800万円)!みずほ銀行のキャッシュカードですぐに利用可能!※みずほ銀行カードローンのご利用は計画的に!
口座があれば、来店・郵送なしのWeb完結!キャッシュカードで借入できるので、周囲にバレずに借りられるから大人気!

公式サイトはこちら

横浜銀行バンクカードローン

限度額 10~50万円
金利 13.6%(変動金利)
審査 最短翌日
融資 最短翌日

横浜銀行がメインバンクの人におすすめ。

公式サイトはこちら
※申込の時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 3.0% ~ 18.0%
審査 最短18分
融資 最短18分

初めての利用なら最大30日間の利息ゼロ!
バレずに使いたい人ならアプリが充実している安心・信頼のアイフルで。

公式サイトはこちら
※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。

プロミス

Service image
限度額 最大 500万円
金利 年 4.5% ~ 17.8%
審査 最短3分
融資 最短3分

20~30代にオススメ!即日融資ならネット申し込みがおすすめ!
30日間"無利息期間"があり!カードレスでも可能だから郵送物なし!

公式サイトはこちら
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

おすすめの特集ページ

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
  • ※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る