お得な金利の銀行カードローンは?審査を通過するコツも解説

銀行カードローンの中でも、お得な金利で借りられるのはどの商品か気になりますよね?

そんな方のために、知名度が高い銀行のカードローン金利を比較表にまとめました。

消費者金融のカードローンとはどんな違いがあるのか、借り入れ初心者向けに分かりやすく解説。銀行カードローンに申し込む際の注意点や、審査を通過するためのコツ、万が一審査に落ちてしまったときの対処法も紹介します。

その他、銀行カードローンの返済についても解説するので、借り入れ後にきちんと完済するためにもぜひ参照ください。

実際に銀行カードローンを利用した人の口コミも、あわせて紹介します。

この記事の目次

  1. 知名度が高い銀行のカードローンを金利で比較!
  2. 銀行と消費者金融のカードローンの違い
  3. 銀行カードローンの審査を通過する3つのコツ
  4. 銀行カードローンで審査落ちした時の対処法
  5. 銀行カードローンに申し込む際の注意点
  6. 銀行カードローンの返済について
  7. 銀行カードローンで返済トラブルを起こさないための方法
  8. 銀行カードローン利用者の口コミ
  9. 銀行カードローンに関するQ&A
  10. まとめ

知名度が高い銀行のカードローンを金利で比較!

大手銀行からネット銀行まで、様々な銀行カードローンの金利を比較したところ、最もお得な金利だったのは「りそな銀行カードローン」でした。

銀行名 通常金利(実質年率)
りそな銀行 3.5~13.5%
ソニー銀行 2.5~13.8%
イオン銀行 3.8~13.8%
みずほ銀行 2.0~14.0%
楽天銀行 4.0~14.5%
三菱UFJ銀行 1.8~14.6%
住信SBIネット銀行 1.59~14.79%
セブン銀行 14.0%・15.0%
auじぶん銀行 1.48~17.5%
オリックス銀行 1.7~17.8%

気になる銀行カードローンはありましたか?

ちなみに、今回の結果はカードローンの「上限金利」をもとに出しています。

こちらの結果を見て、例えば1位のりそな銀行は年3.5~13.5%、最下位のオリックス銀行は年1.7~17.8%となる訳ですが、単純に見ると「下限値が低い銀行の方がお得なのでは?」と感じた人がいるかもしれませんね。

しかし、はじめから下限金利で借り入れできることはまずありません。初回契約時は上限金利を適用されるのが一般的です。

Murakami

ファイナンシャルプランナー|村上敬

初回契約時は上限金利が適用されやすい

銀行の取り扱うカードローンに関わらず、初回契約時は上限金利が適用されやすくなっています。理由は至ってシンプルで、利用者に借り入れ・返済などの実績が全くない状態だからです。
このような状態の方に、初回から下限いっぱいの金利で貸付するのはリスクが大きいため、まずは上限金利を設定するのが一般的な傾向と言えるでしょう。
とはいえ、利用状況が良好であれば、限度額を増額していくことで金利を引き下げてもらえるケースもあるので、上限金利がずっと固定されてしまう訳ではないのでご安心ください。

上記のような理由から、カードローンの金利を比較する際は「上限金利」に注目するようにしましょう。

先程表で掲載した各カードローンの詳細な情報が知りたい方は、金利がお得だった順に基本スペックや特徴を以下にまとめておきましたので、ぜひご活用ください。

①りそな銀行カードローン

金利 3.5~13.5%
限度額 10~800万円
審査時間 最短1営業日以上
融資スピード 最短翌営業日
来店 原則不要
無利息期間 なし
提携ATM手数料 一部無料
公式アプリで管理しやすい
りそなグループアプリをインストールすると、借入日と金額が視覚化されるので、利用状況を把握しやすくなります。
金利が変動するケースがある
りそな銀行カードローンは「変動金利」なので、社会情勢などの影響により金利が上下するケースがあります。
口座を持っている人のメリット
りそな銀行の住宅ローンや給与振込を利用されている方は、年0.5%の金利優遇が受けられます。

カードローンの借り入れと同一口座で所定の住宅ローンを利用しており、マイゲート(インターネットバンキング)を契約されている方が対象です。
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌営業日以降の対応になります。

②ソニー銀行カードローン

金利 2.5~13.8%
限度額 10~800万円
審査時間 最短1営業日以上
融資スピード 最短翌営業日
来店 不要
無利息期間 なし
提携ATM手数料 無料(月4回まで)
申し込みはネット完結!初回振込も可能
ソニー銀行カードローンは、PCやスマホから申し込み手続きが可能です。
専用のカードが自宅に届く前に、銀行口座へ振込をしてもらうこともできます。
返済日は都合に合わせて選べる
ソニー銀行カードローンの返済日は、「2、7、12、17、22、27」から、ご自身の都合にあわせて選べます。
ソニー銀行の口座必須
ソニー銀行の口座がなければ、カードローンを利用できません。
ソニー銀行の口座がない人でも申し込みは可能ですが、開設手続きが必要になるので融資に1週間程かかると考えておきましょう。
口座を持っている人のメリット
既にソニー銀行の口座を持っている人は、手続きが早く済むので最短翌営業日には審査結果が分かります。
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌営業日以降の対応になります。

③イオン銀行カードローン

金利 3.8~13.8%
限度額 10~800万円
審査時間 最短1営業日以上
融資スピード 最短翌営業日※1
来店 必要
無利息期間 なし
提携ATM手数料 無料※2
イオン銀行の口座は不要
口座が無くても、ATMでの借入・返済ができます。申し込み時に新規開設する必要もありません。
コンビニATMの手数料ゼロ
イオン銀行ATMだけでなく、コンビニに設置されているATMなら原則として手数料なしで借入・返済できます。
審査が否決の場合、郵送で通知される
審査に通った場合はメールで結果を通知されますが、否決となった場合は郵送となります。
否決の場合は結果がわかるまで余計に時間がかかるので、急ぎの方には向いていません。
口座を持っている人のメリット
イオン銀行の普通預金口座を持っている人は、審査完了後に1度だけ振り込みサービスを使って借りられます。

指定口座がない場合、ローンカードが受け取れるのは審査完了から5日後なので、それまで借り入れできません。
公式サイトはこちら
※1 申し込みの時間帯によっては翌営業日以降の対応になります。
※2 利用可能時間は各店舗営業時間によります。

④みずほ銀行カードローン

金利 2.0~14.0%
限度額 10~800万円
審査時間 最短1営業日以上
融資スピード 最短翌営業日
来店 原則必要
無利息期間 なし
提携ATM手数料 一部無料
みずほ銀行・イオン銀行のATM手数料が無料
みずほ銀行・イオン銀行のATMを利用する場合は、時間外手数料や振込手数料がなし!
みずほマイレージクラブに入会している残高がある方は、翌々月のイーネットATMの時間外手数料が3回まで無料!
みずほ銀行の住宅ローン契約者は金利優遇
みずほ銀行で住宅ローンを組んでいる方は、カードローンの金利が年率0.5%引き下がる優遇を受けられます。
口座を持っている人のメリット
みずほ銀行の普通預金口座を持っている人は、手持ちのキャッシュカードにローン機能を追加してもらえるので、新たにカード発行しなくても借りられます。

キャッシュカードとローンカードを別にしたい場合は、カード発行を選択することも可能です。
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌営業日以降の対応になります。
※ムリなくご返済いただける範囲で、計画的にご利用ください。

⑤楽天銀行スーパーローン

金利 1.9~14.5%
限度額 10~800万円
審査時間 最短1営業日以上
融資スピード 最短翌営業日
来店 不要
無利息期間 あり
提携ATM手数料 一部無料
楽天銀行の口座があればWEB完結
既に楽天銀行の口座を持っている人は、インターネット上ですべての手続きが完結。
契約後、いつも使われている楽天ユーザーの会員ページから借入申請すれば、指定口座に振り込んでくれます。
楽天ポイントが貯まる
新規借入金額に応じて、楽天ポイントが最大50,000ポイント付与されます。
楽天サイトで「エントリー」手続きをしなければポイント獲得できないので、検討されている方はご注意を。
申し込みはインターネットのみ
楽天銀行は実店舗を持たないネット銀行です。
そのため、申し込み方法はインターネットのみ。自動契約機・郵送・電話などの選択肢はありません。
口座を持っている人のメリット
楽天銀の口座を持っている人は、24時間365日いつでもすぐに振り込んでくれます。
※システムメンテナンス等の理由でご利用いただけないこともあります。

引き落とし口座に楽天銀行の口座を指定すると、返済日を1日、12日、20日、27日の中から選べます。
他行の口座を指定した場合、選べる返済日は1日、12日、20日だけです。
公式サイトはこちら
※ 申し込みの時間帯によっては翌営業日以降の対応になります。

⑥三井住友銀行カードローン

金利 4.0~14.5%
限度額 10~800万円
審査時間 最短1営業日以上
融資スピード 最短翌営業日
来店 原則必要
無利息期間 なし
提携ATM手数料 一部無料
三井住友銀行の口座があれば来店不要
三井住友銀行の口座を持っている人は、WEB上ですべての手続きが完結。
手持ちのキャッシュカードにカードローン機能が追加されるので、新たにカードを新規発行する必要もありません。
三井住友銀行の口座がなくても申込可能
三井住友銀行の口座を持っていない人でも、申し込み可能です。
ただし、借入専用カードを三井住友銀行内ローン契約機で発行、もしくは自宅宛てに郵送してもらう必要があります。
口座を持っている人のメリット
三井住友銀行の口座を持っていない場合よりも、申し込みフォームの入力内容が少なくなります。

普通預金口座を返済用預金口座に登録した場合、残高不足で公共料金や各種クレジットカード代金が引き落とされないとき、自動融資してもらえるサービスが利用可能です。
※別途手続きが必要になります。
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌営業日以降の対応になります。

⑦三菱UFJ銀行カードローン

金利 1.8~14.6%
限度額 10~500万円
審査時間 最短1営業日以上
融資スピード 最短翌営業日
来店 必要
無利息期間 なし
提携ATM手数料 無料
土日祝日や平日15時以降でもカード受け取り
三菱UFJ銀行の店舗内に設置してある「テレビ窓口」で、借入専用カードを発行できます。
自宅へのカード郵送を避けたい方におすすめです。
提携ATM手数料がすべて無料
バンクイックであれば、三菱UFJ銀行のATMだけではなく、提携ATMでも手数料がすべて無料。
セブン銀行・ローソン銀行・E-netで利用ができます。
銀行口座がなくても利用できる
バンクイックは、三菱UFJ銀行の口座を持っていなくても申し込みができます。また、新規で開設する必要もありません。
実際にバンクイックを利用している人のうち、半数は口座無しで利用しています。
口座を持っている人のメリット
三菱UFJ銀行の口座を持っている人は、別途手続きを行えば自動支払い(口座引き落とし)による返済が可能です。

口座がない場合は、ATMもしくは振り込み(三菱UFJダイレクト)のいずれかとなります。
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌営業日以降の対応になります。

⑧住信SBIネット銀行カードローン

金利 1.59~14.79%
限度額 10~1,200万円
審査時間 最短1営業日以上
融資スピード 最短翌営業日※1
来店 不要
無利息期間 なし
提携ATM手数料 無料※2
2つのコースが用意されている
プレミアムコースとスタンダードコースから選択できます。
審査結果次第ですが、プレミアムコースが利用できれば「年1.59%~年7.99%」の金利で借りられます。
利用状況に応じて金利優遇あり
住信SBIネット銀行の利用状況に応じて、カードローンの金利が優遇されます。
例えば、「SBI証券口座」保有登録で基準金利から年0.5%の金利優遇など。
住信SBIネット銀行の口座必須
住信SBIネット銀行の口座がなければ、カードローンを利用できません。
口座がない人は開設手続きが必要になるため、融資に1週間程度かかるでしょう。
口座を持っている人のメリット
住信SBIネット銀行の口座を持っている人は、条件クリアで金利優遇が受けられます。

①ミライノカード(JCB)を保有し、住信SBIネット銀行の口座を引落口座に設定した場合、年0.1%引下げ
②SBI証券口座保有登録済または、住信SBIネット銀行の取扱い住宅ローン残高がある場合、年0.5%引下げ

①と②の両方を満たしている場合は、年0.6%の金利優遇が受けられます。
公式サイトはこちら
※1 申し込みの時間帯によっては翌営業日以降の対応になります。
※2 システムメンテナンス時間はお取引が制限されます。

⑨セブン銀行カードローン

金利 14.0%・15.0%
限度額 10~100万円
審査時間 最短1営業日以上
融資スピード 最短翌営業日
来店 不要
無利息期間 なし
提携ATM手数料 一部無料
申込から最短2営業日で利用可能
消費者金融ほどではありませんが、対応スピードが早いので、急ぎの方でも安心です。
公式アプリでカードレス利用が可能
公式アプリ「Myセブン銀行」を利用すれば、カード受け取り前であっても、セブン銀行ATMで借入・返済できます。
他カードローンより限度額が低い
他カードローンが最大500~1,000万円程度を上限限度額としているのに対し、セブン銀行は上限100万円。
それを超える借入はできないので、ご注意ください。
口座を持っている人のメリット
セブン銀行の口座をお持ちの方は、インターネットからWEB完結で24時間いつでも申し込めます。

口座がない場合は、事前にセブン銀行の口座開設が必要です。
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌営業日以降の対応になります。

⑩auじぶん銀行カードローン

金利※1 通常 1.48~17.5%
誰でもコース 1.38~17.4%
借り換えコース 0.98~12.5%
限度額 最大800万円
審査時間 最短翌日以降
融資スピード 最短翌日以降
来店 不要
無利息期間 なし
提携ATM手数料 無料
auユーザーは金利が年0.1%割り引かれる
auのインターネットかスマホを契約している方は、カードローンの金利が年0.1%引き下がる優遇を受けられます。
提携ATMの手数料が無料
auじぶん銀行じぶんローンは、大手コンビニに設置してあるATMで借り入れ可能。この際の手数料はかかりません。
毎月の返済は最低1,000円から
auじぶん銀行じぶんローンは、10万円を借りている場合、毎月の返済額は1,000円~2,000円に設定されます。
すぐにお金を用意できない人でも返済は安心!
口座を持っている人のメリット
auじぶん銀行の円普通預金口座から、返済日に自動で引落としてもらえます。引き落とし手数料は一切かかりません。

自動支払いは事前申し込みが必要ですが、契約時に「自動支払い返済」を選択すれば手続き不要です。
公式サイトはこちら
※1誰でもコースはauユーザー限定の金利、借り換えコースはauユーザー限定かつ借り換えの場合の金利となります。

⑪オリックス銀行カードローン

金利 1.7~17.8%
限度額 10~800万円
審査時間 最短1営業日以上
融資スピード 最短翌営業日※1
来店 不要
無利息期間 なし
提携ATM手数料 無料※2
ガン保障特約付きプランあり
カードローンのガン保障特約付きプラン「Bright」への加入申し込みが可能です。
「死亡・高度障害」または「ガンと診断確定された」とき、借入残高が0円になります。
銀行カードローンの中では金利が高め
銀行カードローンは比較的お得な金利で借りられる場合が多く、平均相場は「年2.0~15.0%」程度ですが、オリックス銀行カードローンの金利は「年1.7~17.8%」と上限金利が高めです。
大手消費者金融のカードローンと同程度の金利と考えておくといいでしょう。
口座を持っている人のメリット
ジャパンネット銀行の口座を持っている人は、平日・土日祝日問わず即時振り込んでもらえます。

融資の受付時間は、0:15~23:50です。
公式サイトはこちら
※1 申し込みの時間帯によっては翌営業日以降の対応になります。
※2 システムメンテナンス時間はお取引が制限されます。

既に取引がある地方銀行を選ぶのもアリ

ちなみに、居住エリアの地方銀行にも目を向けてみるといいでしょう。

既に地方銀行と何らかの取引実績があれば、金利を優遇してもらえるかもしれません。

例えば、預金口座を持っている、投資信託を行っている、住宅ローンを組んでいる等、気になる項目があれば以下記事で確認してみてください。

銀行と消費者金融のカードローンの違い

銀行と消費者金融のカードローンは、どちらも個人でお金を借りられるサービスであることに変わりはありません。

ですが、取り扱う金融機関によってカードローンの特徴に相違があります。

双方とも、借り手にとって何らかのメリットがあるため、「〇〇の方が優れているのでおすすめ」「〇〇はまったく使えない」と断言するのは難しいものです。

各カードローンの特徴を踏まえ、あなたの状況やシチュエーションに応じたサービスを選ぶのが理想的と言えるでしょう。

金利が気になる人:銀行カードローン

金利が気になる人は、消費者金融よりもお得な金利が設定されやすい「銀行のカードローン」を検討してください。

実際どれくらい差があるのか、日本の3大メガバンクと大手消費者金融3社の取り扱うカードローンの金利を比較してみました。

商品名 通常金利(実質年率)
みずほ銀行 2.0~14.0%
三井住友銀行 4.0~14.5%
三菱UFJ銀行 1.8~14.6%
プロミス 4.5~17.8%
アコム 3.0~18.0%
アイフル 3.0~18.0%

メガバンク3社のカードローンは、上限金利が14.0%台となっているのが分かります。

大手銀行のカードローン、もしくは普段から利用している銀行のカードローンという安心感も、借り手にとっては大きなプラス要素になるかもしれませんね。

お急ぎの人:大手消費者金融カードローン

どうしてもすぐにお金が必要な場合は、即日融資してくれる「大手消費者金融のカードローン」を検討してください。

申し込んだその日に借りるための重要な3項目を、すべてクリアしています。

どんなに金利がお得でも、期日までに借りられなければ元も子もありません。

こちらも、3大メガバンクと大手消費者金融3社のスペックを比較してみましょう。

商品名 審査時間 融資スピード
プロミス 最短30分 最短1時間
アコム 最短30分 最短1時間
アイフル 最短30分 最短1時間
みずほ銀行 最短翌営業日 最短1~2営業日
三井住友銀行 最短翌営業日 最短1~2営業日
三菱UFJ銀行 最短翌営業日 最短1~2営業日

※申し込みの時間によっては、翌日以降の対応となります。

テレビCMでもおなじみの大手消費者金融3社は横並び、いずれも即日融資に特化しています。

メガバンク3社も充分スピーディーな印象ですが、土日祝日等の非営業日を挟んでしまうと、3~4日かかるケースも考えられるのであまりおすすめはできません。

上記の結果も踏まえ、今日もしくは明日までにお金が必要な場合は、審査や融資スピードに定評のある以下カードローンを検討しましょう。

プロミス

金利 4.5~17.8%
限度額 最大500万円
審査時間 最短30分
融資スピード 最短1時間
来店 原則不要
無利息期間 あり
提携ATM手数料 一部無料
顧客満足度の高さに定評あり!
プロミスは、オリコン顧客満足度ランキングで「ノンバンクカードローン部門1位」。
借入条件だけでなく、借り入れ・返済サポートにも定評があります。
他の消費者金融と比べて上限金利が低め
他の大手消費者金融より、上限金利が0.2%低く設定されています。
すぐにでもお金が必要だが、少しでも利息を抑えたい…という人におすすめです。
無利息期間は初回借入した翌日から開始
一般的な無利息期間は「初回契約した翌日」からカウントされますが、プロミスの場合「初回借入した日」からスタート。
30日間の無利息期間サービスを、余すことなく使えます。
瞬フリなら24時間365日数秒で口座振込
一般的なカードローンの場合、24時間振込できる対象口座は1~2社程度ですが、プロミスの瞬フリは三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、全国約200の金融機関が対象です。
今すぐに口座残高を補填したい、そんなときに便利です。
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アコム

金利 3.0~18.0%
限度額 最大800万円
審査時間 最短30分
融資スピード 最短1時間
来店 原則不要
無利息期間 あり
提携ATM手数料 一部無料
オペレーターの電話対応が丁寧
申し込み・借入・返済について不安や疑問があっても、電話で丁寧にサポートしてくれるので、初心者でも安心です。
楽天銀行口座があれば最短1分で借入可能
楽天銀行の口座をお持ちなら、24時間いつでも最短1分で振込での借入が可能です。
カードレス利用はできない
一部の他消費者金融と違い、完全にカードレスでの利用はできないため、カードを持ちたくない人には向いていません。
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル

金利 3.0~18.0%
限度額 最大800万円
審査時間 最短30分
融資スピード 最短1時間
来店 原則不要
無利息期間 あり
提携ATM手数料 一部無料
はじめて利用する方は最大30日間の利息ゼロ円
はじめてアイフルと契約する方は、借り入れの翌日から30日間金利がかかりません。
もちろん、返済が30日を過ぎる場合でもその期間分の金利は節約できます!
原則、勤務先への電話連絡は行われない
一般的なカードローンは、申し込みの際に会社への電話連絡はありますが、アイフルなら原則なし。必要と判断されたときだけ行われます。
また、電話がある場合でも時間の指定が可能です。
WEB完結とアプリ利用で郵送物なしも可能
アイフルは申し込みや契約、利用明細の確認など全てWEBで確認ができます。
専用アプリがあればQRコードの読み取りで借り入れ可能。カードレスを選択することも可能です。
借り入れ可能かを見る「1秒診断」あり
アイフルには正式な申し込みと別に、借り入れ可能かどうかを予測してくれる「1秒診断」があります。
入力項目はたったの4つなので、審査が不安な方は試してみてください。
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

銀行カードローンの審査を通過する3つのコツ

銀行カードローンを利用するには、申込後に行われる「審査」を通過しなければいけません。

貸したお金をきちんと返済できるだけの能力があるのか、年収だけでなく、申込者の様々なステータス(属性)や過去の取引実績などを基に審査しています。

カードローンの審査をはじめて受ける人は、通過できるか不安になるかもしれませんが、安心してください。

申し込み前にいくつか対策しておけば、ケアレスミスで審査落ちしてしまう可能性はグッと減ります。

コツ1:重要な項目をセルフチェックしておく

銀行側が審査基準を公表することはないので、残念ながら正確な項目までは把握できません。

とはいえ、審査で重要視されやすいポイントは、申し込みフォームの項目や審査を通過できた人の特徴などから、ある程度の目途が付けられます。

チェックリスト

  • 過去にクレカ代金などの支払いが滞ったことはないか?
  • 毎月発生する支出が収入を圧迫していないか?
  • 月々ムリなく返済していけるだけの収入があるのか?
  • 他社から過度な借り入れを行っていないか?

上記を見て「自分はちょっとヤバいかも…」と思った人は、以下記事にも目を通しておくと良いでしょう。

コツ2:1つのカードローンに絞って申し込む

短期間で複数のカードローンに申し込むのは避けましょう。
例えば、1ヶ月以内に4~5つのカードローンに申し込んだ場合などが挙げられますね。

上記のような人は「相当お金に困っているのでは?」と銀行側に判断されてしまう可能性あり、審査を通過できない可能性があるからです。

自分がどういったカードローンを使うべきなのか、しっかり比較検討し、1社に絞って申し込むようにしましょう。

銀行側は信用情報を介して様々な情報を確認できる

余談ですが、なぜ銀行側はカードローンの申し込み件数まで把握することができるのか?

その理由は「信用情報」に記録され、金融機関内で共有される仕組みになっているからです。

カードローンの申し込み状況だけでなく、お金に関する様々な情報が金融機関のあいだで共有されています。

銀行に知られたくないようなトラブルが過去にある等、何らかの不安がある方は、以下の記事で信用情報についてもう少し知識を付けておくといいでしょう。

コツ3:職場と連絡が取れる日に申し込む

カードローンでお金を借りる際は、審査工程のどこかで、担当者から勤務先に直接電話があります。

少々専門的な言葉になりますが、上記のような手続きを「在籍確認」と呼び、申込者が本当に働いているかどうか裏付けを取るために必ず行われます。

職場に電話連絡があるといっても、以下のように2~3分で終わる内容です。

万が一、どんな要件だったのか職場の人に聞かれても、「知り合いの銀行員が勧めてきたクレジットカードに入会したから」と説明すれば、借り入れすることはまずバレないでしょう。

他にも周囲にバレない方法を詳しくまとめた記事があるので、在籍確認について不安がある方は参考にしてください。

銀行カードローンで審査落ちした時の対処法

どんなに事前対策していても、申込者のステータスによっては審査を通過できないケースがあるのも事実です。

万が一、銀行カードローンで審査落ちしてしまったらどうすればいいのか?

そんなときは銀行以外のカードローンを検討してみてください。

消費者金融のカードローンにも目を向けてみる

銀行の審査を通過するのが難しい場合、消費者金融のカードローンに申し込むのも選択肢のひとつです。

銀行の審査が厳しく、消費者金融の審査が甘いという訳ではありません。双方、審査の仕組みや通過基準が異なるためです。

上記のようなケースもあるので、どうしてもお金が必要な場合は消費者金融カードローンの申し込みも検討してみましょう。

成約率に着目してみるのもアリ

「また審査落ちしてしまうのでは?」と不安が払しょくしきれない人は、一部の大手消費者金融が公開している「成約率」に目を向けてみてください。

一部大手消費者金融の公式サイトで、会社のIR情報として記載されています。

例えば、プロミスの成約率は「39.5%」でした。(2020年10月時点)

審査に不安がある方は、上記のような金融機関のオフィシャルデータも参考にしつつ、申込先を選んでみましょう。

銀行カードローンに申し込む際の注意点

銀行カードローンを検討されている方は、申し込む前に注意点も確認しておきましょう。

1.上限なく借りられる訳ではない
2.土日祝日に申し込んでも審査は翌営業日以降

「申し込んだものの、希望通りに借り入れできなかった…」と後悔することがないように、以下項目に一度目を通しておいてください。

注意点1:上限なく借りられる訳ではない

1つ目は、銀行カードローンの借入上限です。

「銀行は総量規制の対象外なので、いくらでも借りられる」と思われがちですが、そんなことはありません。

ちなみに、総量規制は貸金業法という法律に定められたルールのひとつで、個人が年収の1/3以上借りられないように制限されています。

確かに、銀行が遵守する銀行法には総量規制のようなルールが定まっていませんが、個人向けに過度な融資を行うことはまずありません。

銀行カードローンも年収の1/3を目安にしておくべき

あまり公表されていませんが、銀行も独自基準で個人に融資できる金額の上限を設けています。

以下は、金融庁が全国116の銀行を対象に調査したデータです。

銀行の融資上限枠に関するデータ
画像引用:銀行カードローンのフォローアップ調査結果|金融庁

金融庁のデータを参考にすると、甘く見れば年収の1/2を目安にしている銀行が多いと言えます。

とはいえ、近年銀行の過度な個人融資がニュースになったこともあるので、ほとんどの銀行が年収の1/3を目安に上限設定していると考えておくべきでしょう。

注意点2:土日祝日に申し込んでも審査は翌営業日以降

2つ目は、土日祝日に申し込んでも融資してくれるのは翌週の営業日になるという点です。

原則として、土日祝日は銀行が営業していません。
カードローンの申し込み自体はネット上で24時間受け付けている銀行もありますが、審査してくれる人がいないのです。

例として、土曜に申し込んだ場合を考えてみましょう。

  1. 土曜:申し込み
  2. 土曜:銀行休業日
  3. 日曜:銀行休業日
  4. 月曜:審査開始
  5. 火曜:審査結果を確認

※最短で審査が終わった場合です

上記のように、銀行の非営業日が入る場合、審査してくれるのは翌営業日以降。通常よりも融資に時間がかかるので、気を付けておきましょう。

土日祝日でも融資してくれるのは大手消費者金融

「連休中にお金が必要だったのに」といった方も安心してください。

銀行ではなく、一部の大手消費者金融のカードローンなら土日祝日でも対応してくれます。

土日祝日に即日融資してもらった人の体験談もあるので、銀行がお休みのときに借り入れが必要になった場合は参考にしてみてください。

銀行カードローンの返済について

銀行カードローンで借りられたとしても、返済できるかどうか不安に感じる方も多いのではないでしょうか?

そういった方は、銀行カードローンの基本的な返済システムを理解しておきましょう。

返済はリボルビング払いが基本

銀行カードローンの返済は「リボルビング払い」が基本となるので、毎月数千円ずつ、金利分の利息と一緒に支払っていきます。

例えば、10万円借りても毎月2,000円ずつ少額返済していけるイメージです。

どうしてもお金が必要なのに、まとまった金額が手元にない…といった時、資金繰りの立て直しにも使える便利なサービスと言えるでしょう。

利息額はある程度把握できる

ちなみに、毎月の返済時にどれくらい利息がかかるのか、事前に把握することもできます。

「借入残高×金利÷365日×借入日数=利息」

上記の計算式に金利や借入額を当てはめれば、いくら利息が発生するのか分かります。

数式だけ見ても分かりづらいかと思いますので、例を挙げて1ヶ月目にかかる利息額をシミュレーションしてみましょう。

例)金利14.0%で10万円借りた場合

100,000円 × 0.14 ÷ 365日 × 30日 = 1,150.68…
※1ヶ月を30日として計算しています

小数点以下は切り捨てとなるので、1ヶ月目にかかる利息は1,150円ということが確認できました。

返済期間が長引けば利息負担は大きくなる

毎月かかる利息は数千円程度ですが、完済までにかかる期間が長くなる程、その総額は徐々に大きくなっていきます。

金利が低くなる程利息が抑えられるため、借り手にとって銀行カードローンは魅力的ですが、数年かけて返済していくのはあまりおすすめできません。

完済までにかかる期間によって、利息総額にどれくらい差が出るのかシミュレーションしてみました。

例)金利14.0%で10万円借りた場合

1ヶ月で完済した場合:1,167円
半年で完済した場合:4,123円
1年で完済した場合:7,745円
2年で完済した場合:15,231円
3年で完済した場合:23,039円

シミュレーション結果を見ると、一目瞭然ですね。

どんなにお得な金利であっても、借り入れする際はできるだけ早期完済することを念頭に置いておくべきでしょう。

銀行カードローンで返済トラブルを起こさないための方法

カードローンを利用する人の中には、無計画にお金を借りてしまったことで滞納や遅延など、返済トラブルを起こしてしまうケースも見受けられます。

ごく少数ですが、どうしても返済困難な状況になってしまい、自己破産してしまった人がいるのも事実です。

上記のようなトラブルを起こさないためにも、銀行カードローンを利用する前にできることをいくつか紹介します。

必要以上のお金を借りない

カードローンは、限度額までなら何度でも借りられる利便性の高いサービスです。
例えば、借入希望は10万円だったとしても、限度額が50万円まで設定されるケースもよくあります。

このような状況だと「まだ40万円借りられる」と思ってしまい、本来必要だった10万円以上借りてしまうケースが多いです。

上記のように希望金額以上借りてしまうと、返済期間が想定より長引き、比例して金銭的な負担が増え続けていきます。

Murakami

ファイナンシャルプランナー|村上敬

独自に借り入れのルールを設けましょう

想定以上の返済負担を抱えないためにも、これからカードローンで借り入れする際は、

・必要な金額だけ借りる
・追加で借りたい場合は、一度完済してからにする

といったルールを個人的に設けておくといいでしょう。

給与振込口座を返済用として利用する

一般的な銀行カードローンは、返済日に自動で口座引き落とししてくれるサービスがあります。

その際、毎月給与が振り込まれる口座を返済用口座に登録しておけば、予期しない残高不足を防げるでしょう。

お金を借りる以上、期日までにきちんと返済するのは借り手の義務です。
返済日が指定できる場合は給料日の翌日付近に設定する等、滞納しないための工夫を心掛けましょう。

ムリのない返済計画を立てておく

返済トラブルを防ぐため、最も重要なのは借入前にムリのない返済計画を立てることです。

当たり前のようなことですが、意外と実践できていない人が多いため、意識的に取り組むのをおすすめします。

Murakami

ファイナンシャルプランナー|村上敬

大まかでもいいので、返済目標を決めましょう

返済計画の立て方がイメージしづらい人は、以下のような返済目標を考えてみてください。

・いつまでに返済したいのか?
・毎月いくら返済していけるのか?

大まかな指標があれば、そこからどういった返済プランが必要になるのか見えてくるでしょう。

以下に返済シミュレーションをご用意したので、借り入れしても無理なく返せるかどうか確認してみてください。

返済金額を計算

毎月の返済金額を計算します

借り入れする
金額
千円
金利 %
完済までの期間 ヶ月

{{ error }}

返済期間を計算

完済までの期間を計算します

借り入れする
金額
千円
金利 %
毎月の返済額 千円

{{ error }}

銀行カードローン利用者の口コミ

評価が高い口コミ

Face

ユーザー評価

full star
full star
full star
full star
half star
4.5
20代 /男性 /職業: 会社員 /年収: 300-499万円 /目的: 車費

みずほの口座があるならオススメ

みずほダイレクトに登録していれば、簡単にネットで自身の使用状況が確認できるので現在の負債を把握しやすい。

利用したカードローン みずほ銀行カードローン
Kckm 1018
借入金額 10万円 金利 年14.0%
審査時間 即日 借入事実の把握 誰も知らない
重視した点 返済の容易さ
Face

ユーザー評価

full star
full star
full star
full star
half star
4.6
20代 /女性 /職業: 派遣社員 /年収: 100-299万円 /目的: 生活費

返済がしやすいカードローンでした

じぶん銀行を開設したら、返済日を自分の好きな日に選択できるので、お給料日に合わせて返済することができる。

利用したカードローン auじぶん銀行じぶんローン
Kckm 1008
借入金額 10万円 金利 年14.8%
審査時間 1週間以内 借入事実の把握 誰も知らない
重視した点 返済の容易さ
Face

ユーザー評価

full star
full star
full star
full star
half star
4.8
20代 /男性 /職業: 会社員 /年収: 300-499万円 /目的: 趣味・娯楽

返済額が少なくて楽だった

毎月の返済額が少ないので計画的に返せました。また、三井住友銀行だけでなく、セブンイレブンでの返済もできたため、返済するときの手間が省けました。

利用したカードローン 三井住友銀行カードローン
Kckm 1010
借入金額 50万円 金利 年12.0%
審査時間 1週間以内 借入事実の把握 誰も知らない
重視した点 借入金利
Face

ユーザー評価

full star
full star
full star
half star
non star
3.5
40代 /男性 /職業: 会社員 /年収: 100-299万円 /目的: 生活費

毎月すこしずつ自動引き落としで返済

毎月決まったお金だけを返済出来て、給料が少ない時にも安心できる事。毎月の引き落としにすれば返済を忘れずにすみます。

利用したカードローン 三菱UFJ銀行カードローン バンクイック
Kckm 1009
借入金額 50万円 金利 年14.6%
審査時間 1週間以内 借入事実の把握 誰も知らない
重視した点 審査の容易さ
Face

ユーザー評価

full star
full star
full star
full star
half star
4.1
20代 /男性 /職業: 会社員 /年収: 300-499万円 /目的: 趣味・娯楽

auユーザーの私にとっては最適だった

やはりau端末利用者は金利がお得になるという点が1番のメリットです。他社と同金利であれば断然利用価値があると思います。

利用したカードローン auじぶん銀行じぶんローン
Kckm 1006
借入金額 85万円 金利 年12.5%
審査時間 1週間以内 借入事実の把握 誰も知らない
重視した点 借入金利

評価が低い口コミ

Face

ユーザー評価

full star
full star
full star
full star
non star
4.0
20代 /女性 /職業: 会社員 /年収: 100-299万円 /目的: 車費

電話つながりにくかった

返済額の相談ができるが、電話がほとんどつながらないので相談ができない点はよくない。カードローンはポイントがつかない点もマイナス。

利用したカードローン カードローン
Kckm 1014
借入金額 35万円 金利 年18.0%
審査時間 1週間以内 借入事実の把握 配偶者
重視した点 審査の容易さ
Face

ユーザー評価

full star
full star
full star
half star
non star
3.9
40代 /男性 /職業: 会社員 /年収: 300-499万円 /目的: 趣味・娯楽

借り入れ簡単、返済大変

やはり金利が高いと感じてしまう。毎月の返済金額通りに返済していたら、なかなか元本が減らないので、いつまでも返し終わらないのがストレス。

利用したカードローン セブン銀行カードローン
Kckm 1011
借入金額 29万円 金利 年15.0%
審査時間 1週間以内 借入事実の把握 友人
重視した点 借入の容易さ
Face

ユーザー評価

full star
full star
full star
half star
non star
3.1
30代 /男性 /職業: 会社員 /年収: 300-499万円 /目的: 借入金の返済用

現在も返済中ですが、金利が高いよ

思ってより金利が高く返済がキツイ、金額が高くなると金利も増えるので借入するときは気をつけた方がいいと思った。

利用したカードローン 三井住友銀行カードローン
Kckm 1012
借入金額 250万円 金利 年10.0%
審査時間 1週間以内 借入事実の把握 誰も知らない
重視した点 借入限度額
Face

ユーザー評価

full star
full star
full star
non star
non star
3.0
30代 /男性 /職業: 会社員 /年収: 500-699万円 /目的: 趣味・娯楽

金利が高いし、交渉して下げてもらうこともできなかった

やはり金利の高さはネックだと思います。一度交渉をしてみましたが、私の借り入れ金額では対応ができないと言われました。

利用したカードローン 楽天銀行スーパーローン
Kckm 1013
借入金額 20万円 金利 年14.5%
審査時間 1週間以内 借入事実の把握 誰も知らない
重視した点 審査の容易さ
Face

ユーザー評価

full star
full star
half star
non star
non star
2.8
20代 /女性 /職業: 公務員 /年収: 100-299万円 /目的: 冠婚葬祭

金利はやっぱり高いと感じます

人によって違うと思いますが、金利が少し高いことは良くないですね。auの人は割引ありますけど、それでも高い。

利用したカードローン auじぶん銀行じぶんローン
Kckm 1007
借入金額 150万円 金利 年14.5%
審査時間 1週間以内 借入事実の把握 誰も知らない
重視した点 会社の知名度・信頼性

銀行カードローンに関するQ&A

では最後に、銀行カードローンに対して感じやすい疑問や不安を、Q&A形式で紹介します。

取扱先の銀行や公式サイトで聞いても分からないことも、お金の専門家からコメントをいただいていますので、気になるポイントがあれば参考にしてください。

Q.なぜ、銀行は比較的お得な金利で融資してくれるのか?

Iidamichiko

ファイナンシャルプランナー|飯田道子

資金調達法の違いが金利の差を生んでいます

銀行も消費者金融もお金を貸して、利益をあげます。
ただし、銀行はお客様の預金を運用し、そのお金を融資に回しますが、消費者金融は銀行からお金を借りて、融資のお金に回しています。
消費者金融は銀行に利息を払わなければなりませんので、必然的に金利を高くしなければならないのです。こういった資金の調達方法の違いから、金利に差が生じているのです。

Q.なぜ、一部の銀行カードローンは専業主婦でも借りられるのか?

Iidamichiko

ファイナンシャルプランナー|飯田道子

総量規制の影響を受けないからです

消費者金融のカードローンは、総量規制によって年収の3分の1を超える貸付けを禁止されています。そのため、自身にまったく収入のない人はお金を借りることができないのです。
一方、銀行は総量規制の対象外となっていますので、年収によって借入額が制限されないため、一部カードローンでは借入できる可能性があります。
ただし、融資額は夫である配偶者の収入によって影響を受けることがあるので気を付けておきましょう。

Murakami

ファイナンシャルプランナー|村上敬

配偶者の金融取引実績も加味されます

配偶者の収入面だけでなく、これまでの金融取引に関する実績も確認されます。
カードローンだけでなく、クレジットカードの支払いや携帯本体代金の割賦払いなど、日常的な金融取引も対象です。
上記のような支払いを長期滞納したり、クレジットカードが利用停止となったりしていると、返済する意思がないと判断されてしまいます。

Q.大手銀行と地方銀行のカードローンだと、どちらを選ぶべき?

Iidamichiko

ファイナンシャルプランナー|飯田道子

融資額や銀行との付き合い方で決めましょう

一見すると同じように思える大手都市銀行と地方銀行のカードローンですが、若干の違いはあります。
大手都市銀行で借りる最大のメリットは、高額融資に対応していること。一方、地方銀行の場合、取引状況によって金利が割引やATM手数料が無料になるなどのサービスがあることです。
ご自身にとってどちらが良いか、自分のニーズにマッチする金融機関のカードローンを選びましょう。

Q.銀行カードローンを使うと、住宅ローンを組む際に影響がある?

Iidamichiko

ファイナンシャルプランナー|飯田道子

返済トラブルがなければ、大きな影響はない

カードローンで借り入れすると住宅ローンの審査に影響があると言われていますが、借り入れしているだけで不利になることはありません。返済遅れなどのトラブルがなければ、住宅ローンの審査に通る可能性は十分あります。
ただし、現在契約しているカードローンの限度額までならいつでも借り入れできる状況にあるので「限度額分は既に貸付されている」とみなされるケースもあるようです。この場合、住宅ローンの融資額が減る可能性があるので、返済トラブルがなくても可能であれば完済後に解約しておくと良いでしょう。

まとめ

銀行カードローンについて幅広く解説しましたが、いかがでしたか?

知名度が高い銀行カードローンの中で、お得な金利で借りられる可能性があるのはどこなのか?

さらには、銀行カードローンを検討されている方が不安に感じやすい「審査」「返済」についても触れていきました。

記事の内容を総括すると、知名度が高い銀行カードローンの中で最もお得な金利だったのは「りそな銀行カードローン」でした。

りそな銀行カードローン

金利 3.5~13.5%
限度額 10~800万円
審査時間 最短1営業日以上
融資スピード 最短翌営業日
来店 原則不要
無利息期間 なし
提携ATM手数料 一部無料
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌営業日以降の対応になります。

とはいえ、銀行によっては金利優遇が受けられる場合もあるので、しっかりと比較してから申し込み先を決めるといいでしょう。

銀行カードローンは審査が厳しいイメージがあるので、通過できるか不安に感じるかもしれませんが、事前に対策しておけば過度に心配することはありません。
万が一、審査落ちしてしまったとしても、銀行以外のカードローンであれば借り入れできる可能性はあります。

また、カードローンで返済トラブルになるケースもあり、完済できるか心配される方も多いと思われます。

確かに、そういったトラブルが発生するリスクがあるのは事実なので、滞納や延滞しないために計画を立て、工夫しながら返済することが大切です。

カードローンは、仕組みを正しく理解して賢く利用すれば、お金が必要なとき頼りになるサービスです。

どうしてもお金が必要なときは、ムリなく計画的にカードローンを活用してください。

銀行に関する人気記事

銀行に関する新着記事

おすすめの特集ページ

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る