借り換えとは?メリット・デメリットと注意点|おすすめのカードローンも紹介

借り換えについて気になっているものの、イメージがつかない人もいるでしょう。

結論、借り換えとは、借り入れ先を変更することです。

新規でローンを契約して、そこで借りたお金を使って既存のローンを完済し、以降は新規で契約したローンを返済していきます。

今回は、その借り換えについて分かりやすく解説し、以下の点も紹介していきます。

この記事のポイント

  • 借り換えのメリット・デメリット
  • 借り換えを検討する際の注意点
  • 借り換えにおすすめのカードローン

借り換えによって、ローンの返済が楽になる可能性もあります。焦って申し込みをする前に、まずは借り換えの全体像を確認してみましょう。

この記事の目次

  1. 借り換え=借り入れ先を変更すること
  2. カードローンの借り換えをするメリット・デメリット
  3. カードローンの借り換えをする際の注意点
  4. カードローンの借り換え審査
  5. 借り換えで毎月の返済額を抑える方法
  6. 借り換えで支払う利息を少しでも抑える方法
  7. 借り換えにおすすめの金融機関はどこ?
  8. まとめ

借り換え=借り入れ先を変更すること

では、実際にどのような流れで借り入れをするのか気になりますよね。
具体的には以下のとおりです。

A社→B社というように、借入先を変えるのです。

では、なぜこのような借り入れを行うのか。理由は人によってさまざまですが、主な目的は大きく3つあります。

借り換えの目的

  • 利息の支払いを削減する
  • 毎月の返済額を少なくする
  • 返済に関する利便性を向上させる

かんたんにまとめると、より良い条件で返済をするために、借り換えが行われます。

Iidamichiko

ファイナンシャルプランナー|飯田道子

迷ったらシミュレーションしよう

毎月の返済が多いと感じている、少しでも返済額を減らしたいなら、借り換えを考えても良いでしょう。借り換えの目安は、現状よりも低金利のものであることが鉄。ただ、返済条件によっては、新たな返済額が減ったことにより返済期間が延び、総返済額が増えてしまうということがあります。借り換え前には、必ずシミュレーションするようにしましょう。

カードローンの借り換えをするメリット・デメリット

なぜ、返済に関する悩みが解決されるのか。それを知るためには、借り換えのメリット・デメリットを確認しておくのが良いでしょう。

メリット
  • 金利を下げられる可能性がある
  • 毎月の返済額を減らせる可能性がある
  • 使えるATMを増える可能性がある
  • 毎月の返済日を変更できる可能性がある
デメリット
  • 新たに審査を受ける必要がある
  • 毎月の返済が苦しくなる場合がある

具体的には4つのメリット・2つのデメリットがあります。以下でひとつずつ理由を解説しますので、借り換えで悩んでいる方は参考にしてみてください。

4つのメリット

メリット1:金利を下げられる可能性がある

現在借りているものより、低金利になれば、支払う利息を減らすことができます。

もちろんカードローンは利便性の面もあるので、「低金利がすべて」と断言できませんが、利息を減らしたいのであれば、借り換えを検討しても良いでしょう。

例えば、以下のように条件を良くすることができます。

項目 A社 B社
借入額 80万円 80万円
金利 年率18.0% 年率14.5%
返済期間 1年 1年
返済総額 944,000円 916,000円
利息総額 144,000円 116,000円

差額28,000円

こんな人向け

  • 今ある借入の金利が高い
  • 少しでも利息を減らしたい

メリット2:返済額を減らせる可能性がある

カードローンは会社ごとに毎月の返済額が異なるため、借り換えによって毎月の返済額を減らせる場合があります。

カードローンの毎月の返済が多く、生活をしていくのが厳しいという方は、借り換えを検討してみるのもひとつの手です。

例えば、以下のように毎月の返済額を減らすことができます。

項目 A社 B銀行
借入額 80万円 80万円
金利 年率18.0% 年率14.6%
毎月の返済 21,000円 16,000円
返済期間 4年9ヵ月 6年6ヵ月
返済総額 1,196,199円 1,240,107円
利息総額 396,199円 440,107円

ただし、これには注意点があります。
毎月の返済額を減らすと、完済までの期間が長くなり支払う利息の総額が増えるという点です。

期間が長くなると、結果として、支払う利息が多くなってしまうので、一度考える必要があるでしょう。

余談ですが、本当に借金返済で苦しんでいる方は、借入先や専門家に相談するという解決策も検討してみるのが良いでしょう。

こんな人向け

  • 毎月の返済額が多すぎる
  • 少しでも返済額を減らしたい

メリット3:使えるATMが増える可能性がある

提携しているATMが多いカードローンに借り換えれば、借入・返済に関する利便性が向上します。

現在借り入れ・返済に手間取っている方は、借り換えを検討しても良いでしょう。

使えるATMが限られているという理由で、わざわざ遠い使えるATMまで赴き、入出金をしている人にはおすすめです。

手間を省くため、近くのATMで利用できるカードローンを探してみてください。

また、借り入れ・返済の際の手数料を無くせる可能性もあります。

積極的に追加返済をしたい方は、その回数に応じてかかる手数料が減らせるので、借り換えをしても良いでしょう。

こんな人向け

  • 借り入れ・返済の手段を増やしたい
  • 追加返済も積極的にしたい

メリット4:毎月の返済日を変更できる

自分が返済しやすい返済日になることで、お金の管理も楽になります。

今ある借り入れの返済日に不満がある人は、借り換えを検討しても良いでしょう。

例えば、みずほ銀行カードローンの毎月の返済は10日です。お給料日が15日という人は、給料日前で管理するのが大変でしょう。このような場合は、借り換えを検討のもひとつの手です。

こんな人向け

  • 給料日と返済日が離れている
  • お金の管理をするのが下手だ

2つのデメリット

デメリット1:再度審査を受ける必要がある

借り換えをする際も、通常のカードローンと同様に審査はあります。

せっかく申し込みしたのに落ちてしまう場合もあります。また、必要書類の提出もあります。借入金額が多いので、身分証だけではなく、収入証明書を求められるでしょう。

身分証に記載の住所は現住所と一致している必要があり、違っていれば変更する手間もあります。そのほか、源泉徴収票や給与明細が無い場合は、会社に発行してもらわなくてはなりません。

こんな人に不向き

  • 審査に不安がある
  • 手続きを面倒に感じる

デメリット2:毎月の返済が増える可能性もある

借り換えしたは良いものの、毎月の返済額があがってしまい、生活が苦しくなるというケースもあります。(ただし、毎月多く返済する分、完済は早まります。)

カードローンの公式サイトには、借り入れ額に応じた返済額が記載されているので、申し込み前にご自身の現状の借り入れ額と照らし合わせてみましょう。

こんな人に不向き

  • 借り換え後に返済額が変わるのは嫌だ

カードローンの借り換えをする際の注意点

カードローンの借り換えを検討するうえで、注意するべきポイントが「思い通りの結果にならないこともある」ということです。

いざ借り換えをしてみたら、条件が悪化した、また審査に通過しなかったというケースもあるのです。

このような状態を回避するためにも、事前に借り換え先の条件をよく確認しておく必要があります。

金利が必ずしも低くなるとは限らない

申し込みをしても、必ずしも低い金利が提示されるとは限りません。

実際、金利は審査で決まります。各金融機関が判断をするので、ご自身が望んだ金利になるわけではないのです。

希望額を借り換えられるとは限らない

これには、消費者金融や信販会社といったカードローン会社が守らなければならない「総量規制」という制度が関係してきます。

総量規制とは、個人に融資できるのは年収の3分の1までという法律です。これは他社もあわせた金額となります。

借り換えようとしても、この年収の3分の1を超える金額は借り換えできません。

例えば、年収300万円で60万円を借り換えようとしても、審査に落ちる可能性があります。それはどういうことか、詳しくは以下になります。

既存の借り入れを返済をするために、もう一社から借りるので、一時的にに2社から借りるタイミングあります。この際、年収の3分の1を超える恐れがあります。

上記のような場合は、全額借り換えできないでしょう。

全額借り換えることができるのは、年収の6分の1までと覚えておきましょう。例えば年収300万円の場合は50万円までが借り換え可能です。

総量規制の影響を受けないケースもある

「借り換え専用のローン」であれば、上記で解説したような借り入れ上限の影響を受けずに借り換えをできる場合があります。

総量規制の例外として、「顧客が一方的に有利な借換え」というものがあります。

シンプルに「借り換えることで利用者の負担が減るローン」のことです。このような借り換えローンは、「総量規制の例外」というかたちで取り扱っているところがあります。

ただし、借り換え専用ローンは、新規で借り入れができず返済のみとなることがほとんどです。借りられるローンは、追加融資を受けて利息の支払いが増えてしまうリスクもあり、利用者が一方的に有利になるとは言い難いためです。

新たに借り入れしないという方であれば、借り換え専用ローンをご検討ください。

借り換え専用ローンに向いている人

  • カードローンでの借り換えだと総量規制に抵触する人
  • カードローンがあると、つい借りてしまう人
  • 今後、返済に専念したいと考えている人

カードローンの借り換え審査

一般的なカードローンの審査と比較して、借り換えの審査は厳しいと考えられます。

理由としては、既に借入があるためです。借入残高が多い分、金融機関側にとって、返済されなかったときのリスクが大きいと考えられます。

他社借入の件数も確認される

この記事で解説した「総量規制」に当てはまっていなくても、借入件数が多いと審査に落ちてしまう可能性があります。

理由としては、多くの借入先があると、金銭的に見て、極度に困っていると考えられるからです。現状の借入枠では足らず、次々と借りている状態で、金融機関は融資するのをためらいます。

例えば、1件で200万円と4件で200万円では、後者の方が返済能力は低いとされます。

前者は利用実績のもと信用を得て200万円の枠になったのに対し、後者は信用を得られずに1社からは少額しか融資してもらえないと考えられるからです。

安定収入があるかどうか確認される

年収や勤続年数、職業や雇用形態などが確認されます。これらの項目から、今後収入が途切れることがないか判断をします。

借り換え先の金融機関は、これから返済をしてもらわないといけないので、その返済にあてるお金、つまり収入があるかどうかは必ず確認します。

なお、以前より収入が減っている人は、審査に落ちる可能性があります。

今ある利用枠は、以前審査をうけたときのものです。仮に年収が減少した状態で、申込みをしたとしても、借入額と返済能力が見合わないとして断られます。

これまでの返済実績が見られている

借り換え先の金融機関は、これからお金を返してもらわなければならないので、「きちんと返済をする人物なのか」という点については慎重に確認します。

確認の方法としては、「信用情報」を確認します。信用情報とは、お金に関するあらゆる記録を登録したデータです。

カードローンやクレジットカードなどの借入・返済の記録が登録されていて、金融機関は審査の際に必ず、このデータを確認するのです。

今ある借入・返済の実績も筒抜けになります。もし仮に返済に遅れた記録があると、審査に落ちる可能性があります。どの金融機関も返済をしない人物には、お金を貸したくありません。

Iidamichiko

ファイナンシャルプランナー|飯田道子

使っていないカードローンは解約する

審査に通りたいなら、虚偽の申請は絶対NGです。特に複数の会社から借り入れている場合は、正確に申請しましょう。ただし、借入先が多いときは審査が不利に。借入先はまとめましょう。また、今使っていないカードがあるときには、解約をお勧めします。カードローンは、枠があるだけでも利用していると判断されるので不利になります。

借り換えで毎月の返済額を抑える方法

毎月の返済額を抑えたい人は、借り換え先の条件をよく確認しましょう。

確認の方法ですが、まず自分が今借りている金額を確認しましょう。

次に、借り換え先の公式サイトを見てください。

毎月の返済額がいくらか記載されているはずです。合計でいくら借りている場合は、ひと月にこれくらいは返済してください、と決まっています。

例えば、各社カードローンの毎月の返済額は以下のとおりです。「最低返済額」というのは、ひと月に最低でもこれだけは返してくださいという意味です。

カードローン 借入金額ごとの最低返済額
¥10,000 ¥50,000 ¥100,000 ¥200,000 ¥300,000 ¥400,000 ¥500,000
アコム
¥1,000 ¥3,000 ¥5,000 ¥9,000 ¥13,000 ¥12,000 ¥15,000
プロミス
¥1,000 ¥2,000 ¥4,000 ¥8,000 ¥11,000 ¥11,000 ¥13,000
アイフル

※約定日返済の場合
¥4,000 ¥4,000 ¥4,000 ¥8,000 ¥11,000 ¥11,000 ¥13,000
SMBCモビット
¥4,000 ¥4,000 ¥4,000 ¥8,000 ¥11,000 ¥11,000 ¥13,000
レイクALSA
¥4,000 ¥4,000 ¥4,000 ¥8,000 ¥12,000 ¥13,000 ¥14,000
三井住友銀行
¥2,000 ¥2,000 ¥2,000 ¥4,000 ¥5,000 ¥7,000 ¥8,000
三菱UFJ銀行
¥2,000 ¥2,000 ¥2,000 ¥4,000 ¥6,000 ¥8,000 ¥10,000
みずほ銀行
¥2,000 ¥2,000 ¥2,000 ¥2,000 ¥4,000 ¥4,000 ¥6,000
楽天銀行
¥2,000 ¥2,000 ¥2,000 ¥5,000 ¥5,000 ¥10,000 ¥10,000
auじぶん銀行

※通常コース、借入利率13%超の場合
¥2,000 ¥2,000 ¥2,000 ¥4,000 ¥6,000 ¥8,000 ¥10,000
オリックス銀行
¥3,000 ¥3,000 ¥3,000 ¥6,000 ¥9,000 ¥8,000 ¥9,000
←スクロール→

どのカードローンも、借入の残高が大きくなるほど、毎月の返済額も大きくなる仕組みになっています。表記されている返済額は、あくまで最低返済額のため、お金に余裕があれば追加で返済することも可能です。

毎月の返済額を抑えると結果的に利息が増える

返済額が多く、毎月の生活が本当に苦しいのであれば、借り換えを検討してみて良いでしょう。しかし、安易な考えで返済額を減らすのは考えものです。

例えば、毎月遊ぶお金が欲しいからと、返済額を減らすのは推奨できません。

理由としては、返済額が減ると返済期間が長引き、結果として支払う利息が多くなるからです。

利息の計算式

    利息総額=借入金額×金利÷365日×利用日数

完済までに支払う利息は、上記の式で概算できます。借入金額が大きいほど、返済期間が長いほど、利息は多くなるのです。

「毎月どれくらいの返済額に抑えるのか」と「どれくらいの期間で完済するのか」については交換条件です。まずはご自身でシミュレーションして計画を立ててみましょう。

返済金額を計算

毎月の返済金額を計算します

借り入れする
金額
千円
金利 %
完済までの期間 ヶ月

{{ error }}

返済期間を計算

完済までの期間を計算します

借り入れする
金額
千円
金利 %
毎月の返済額 千円

{{ error }}

借り換えで支払う利息を少しでも抑える方法

完済までに支払う利息を削減するためには、「低金利で借りること」と「毎月の返済額を増やすこと」の2点が重要です。

具体的には、「低金利のカードローンに借り換えて、かつ繰り上げ返済に注力する」というのがポイントになります。

カードローンの返済額は、まず利息の支払いに充てられ、残りの分を元金の返済に充てます。もし低金利になれば、利息も減り元金へ充てられる分が増えるのです。

そうなると、 元金が減り、それをもとに算出する利息も減るので、返済に勢いがつきます。

カードローンの金利の幅を確認しましょう

どのカードローンも金利の幅が表記されています。その範囲からを超えることはないので参考にしてみてください。

例えば、金利が年率2.0%~14.0%と記載してあるカードローンは、どんなに高くても14.0%です。現在の借入が18.0%の場合は、低金利になるでしょう。

利用限度額が多いほど金利が下がる可能性もある

カードローンにもよりますが、利用限度額ごとに適用される金利が公式サイトに表記されているケースもあります。

例えば、以下のように公式ページに記載があるのです。

カードローン 借入額100万円以下 100万円超~200万円以下 200万円超~300万円以下 300万円超~400万円以下 400万円超~500万円以下
アコム
7.7%~18.0% 7.7%~15.0% 7.7%~15.0% 4.7%~7.7% 4.7%~7.7%
三井住友銀行
12.0%~14.5% 10.0%~12.0% 8.0%~10.0% 7.0%~8.0% 6.0%~7.0%
三菱UFJ銀行
13.6%~14.6% 10.6%~13.6% 7.6%~10.6% 6.1%~7.6% 1.8%~6.1%
みずほ銀行
14.0% 12.0% 9.0% 7.0% 6.0%
楽天銀行
14.5% 9.6%~14.5% 6.9%~14.5% 4.9%~12.5% 4.9%~8.9%
auじぶん銀行

※通常コースの場合
13.0%~17.5% 9.0%~13.0% 7.0%~9.0%% 6.0%~7.0% 5.0%~6.0%
楽天銀行
12.0%~17.8% 5.0%~14.8% 5.0%~12.8% 4.5%~8.8% 4.5%~8.8%
←スクロール→

このような表を参考に、どれくらいの金利になるのかを確認してみましょう。確認をしてみると、「今の金利の方が低い」となる場合もあります。

借り換えにおすすめの金融機関はどこ?

カードローンの借り換えを検討するのであれば、借り換えも可能だと宣伝しているものを選択しましょう。

そのように宣伝している場合は、借り換えの人でも利用できることを想定した条件になっているからです。

おすすめなのは銀行カードローンです。そもそも設定している金利が低い傾向にあり、返済についても利便性が高いと言えます。

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンは、カードローンのなかでも上限金利が低いと言えます。一般的なカードローンは年率18.0%が相場であるところ、楽天銀行スーパーローンは14.5%です。

仮に80万円借りて、1年で返済する際の、年率18.0%と年率14.5%の利息総額は以下になります。

項目 某金融会社 楽天銀行
金利 年率18.0% 年率14.5%
利息総額 144,000円 116,000円

※利息の計算式に則り、算出した概算となります。

上記のとおり、年率18.0%の金融機関から、楽天銀行スーパーローンに借り換えるだけで、年間2万8,000円ほどの利息を削減することができます。

そのほか楽天銀行スーパーローンは入会する際に、楽天ポイントを貰えるキャンペーンも行っているので、ぜひ検討してみてください。

楽天銀行スーパーローン

限度額 最大800万円
金利 1.9~14.5%
審査 公式サイト参照
融資 公式サイト参照

楽天市場ユーザーにおすすめ。
ネット上で手続きを済ませたい方におすすめ。

公式サイトはこちら

auじぶん銀行じぶんローン

auじぶん銀行じぶんローンには、「au限定割借り換えコース」というものがあり、auユーザーは優遇されます。

利用するにはいくつか条件はあるのですが、低金利であるため、利息を削減したい人はご検討ください。

借り換えコースを利用できる方

  • 申込時にau IDを登録できる方
  • 登録のauIDに携帯電話や固定通信のサービスが設定してある方
  • 借入金で他社の借入金を返済する方
  • 審査の結果、借入限度額が100万円以上であった方
利用限度額 通常の金利
(年率)
借り換えコース
(年率)
10万~100万円 13.0~17.5% 12.5%
110万~200万円 9.0~13.0% 8.5~12.5%
210万~300万円 7.0~9.0% 6.5~8.5%
310万~400万円 6.0~7.0% 5.5~6.5%
410万~500万円 5.0~6.0% 4.5~5.5%
510万~600万円 4.5~5.0% 4.0~4.5%
610万~700万円 3.5~4.5% 3.0~4.0%
710万~800万円 1.48~3.5% 0.98~3.0%

※限度額が100万円の場合のみ

表のとおり、借り換えコースが適用されれば、通常より大幅に金利を削減することができます。auユーザーが受けられるメリットなので、ぜひ検討してみてください。

auじぶん銀行じぶんローン

限度額 最大800万円
金利 通常 1.48~17.5%
誰でもコース 1.38~17.4%
借り換えコース 0.98~12.5%
審査 最短翌営業日以降
融資 最短翌日以降

ネット上で手続きを済ませたい方におすすめ。
au利用者におすすめ。

公式サイトはこちら
※誰でもコースは、auユーザー限定の金利となります。また、借り換えコースは、auユーザー限定かつ借り換えの場合の金利となります。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、銀行のなかでも上限金利が低く設定されているカードローンです。

カードローンの金利は、上限に設定されやすい傾向にあるため、そちらに着目するのが良いです。利息をなるべく抑えたい人は、検討してみるのがよいでしょう。

銀行 金利
みずほ銀行 年2.0~14.0%
三井住友銀行 年1.9~14.5%
三菱UFJ銀行 年1.8~14.6%
楽天銀行 1.9%~14.5%
auじぶん銀行(通常コース)
auじぶん銀行(借り換えコース)
年1.48~17.5%
年0.98~12.5%

上記は他社と金利を比較したものです。みずほ銀行はメガバンクの中でも上限金利が低くなっています。

さらに表を見ると、一見みずほ銀行より、auじぶん銀行の借り換えコースのほうが確かに上限金利が低めです。しかし、auユーザーではないと借り換えコースにはなりません。そうなると、auユーザー以外が金利で考えるなら、みずほ銀行も選択肢のひとつに入るでしょう。

みずほ銀行カードローン

限度額 10~800万円
金利 2.0~14.0%
審査 公式サイト参照
融資 公式サイト参照

大手の銀行を利用したい方におすすめ。
みずほ銀行がメインバンクの方におすすめ。

公式サイトはこちら
※ムリなくご返済いただける範囲で、計画的にご利用ください。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは、限度額を1万円ごとに設定することができます。一般的な銀行カードローンですと10万円ごとが多いので、この点は特徴的と言えるでしょう。

この「1万円ごと」というのが、借り換えたい金額ちょうどに選択できるので、借り入れは必要最低限にできるという安心感があります。

毎月の返済については、「借入額が10万円以下の場合、返済額は2,000円」と少額に設定されています。そこからは、「何円借り入れが増えるごとに、何円返済額が追加される」というように、わかりやすい設定になっているのも安心です。

借りている金額 毎月の返済額
2,000円未満 利息と借り入れ額の合計
※2,000円が上限
2,000円以上50万円以下 10万円以下の場合2,000円
※借り入れが10万円増すごとに2,000円追加
50万円超300万円以下 60万円以下の場合11,000円
※借り入れが10万円増すごとに1,000円追加
300万円超500万円以下 350万円以下の場合40,000円
※借り入れが50万円増すごとに5,000円追加
500万円超800万円以下 600万円以下の場合60,000円
※借り入れが100万円増すごとに5,000円追加

三井住友銀行カードローン

限度額 10~800万円
金利 4.0~14.5%
審査 -
融資 -

サポート体制がしっかりしているので初めての方でも安心。
銀行ならではの金利が魅力。

公式サイトはこちら

オリックス銀行カードローン

高額な借り換えを検討しているのであれば、オリックス銀行カードローンは選択肢にくわえることをおすすめします。

なぜなら、100万円以上の高額な借り入れをする場合は、今借りているところよりも低めになる可能性があるからです。

オリックス銀行には限度額ごとにコースが分かれていて、適用される金利の幅が決められています。

コース ご利用限度額 借入利率(年)
800万円コース 700万円超800万円以下 1.7%~4.8%
700万円コース 600万円超700万円以下 3.5%~5.8%
600万円コース 500万円超600万円以下 3.5%~5.8%
500万円コース 400万円超500万円以下 4.5%~8.8%
400万円コース 300万円超400万円以下 4.5%~8.8%
300万円コース 200万円超300万円以下 5.0%~12.8%
200万円コース 150万円超200万円以下 5.0%~12.8%
150万円コース 100万円超150万円以下 6.0%~14.8%
100万円コース 100万円 6.0%~14.8%
100万円未満コース 100万円未満 12.0%~17.8%

上記の100万円コースに着目していただきたいのですが、適用金利の幅が6.0%~14.8%と、結構低めの金利になる可能性も秘めています。

参考までに、上限金利が低めであるみずほ銀行カードローン(年2.0~14.0% )を例に挙げると、100万円の借り入れの場合、年率は12.0%にしかなりません。

銀行カードローンは、限度額ごとの金利が設定されており、サイトにも記載されているのですが、オリックス銀行で高額な借り入れをしたときの金利は低めになる可能性があるのです。

オリックス銀行カードローン

限度額 最大800万円
金利 1.7~17.8%
審査 公式サイト参照
融資 公式サイト参照

コールセンターによるサポートが充実
提携ATMでも手数料が無料

公式サイトはこちら

まとめ

今ある借入の返済が厳しいと感じている場合は、カードローンの借り換えを検討してみるのもひとつの手です。

借り換えをすることによって、金利を下げることができたり、毎月の返済額を少額にできたりします。

しかし、必ず思い通りになるわけではありません。申込みをしても、金利や返済額が変わらないケースもあるのです。

このような状況に陥らないためには、事前に借り換え検討先のホームページから、金利や返済額をよく確認しておきましょう。

また、審査も通るとは限りません。収入が安定していない、既存の借入で返済遅延を起こしている。という状態だと、「返済能力の低い人物」とみなされて、審査落ちになる可能性があります。

この記事に関するアドバイザー

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア運営に携わる。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々なジャンルのメディアで編集・監修業務を行ない、これまで計2,000本以上の担当実績を誇る。
公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

借り換えに関する新着記事

おすすめの特集ページ

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る