日払いバイトでも即日カードローンでお金を借られる可能性はある

本コンテンツには、紹介している商品・商材の広告(リンク)を含む場合があります。 これらの広告を経由して読者が企業ホームページを訪れ、成約が発生すると弊社に対して企業から紹介報酬が支払われるという収益モデルです。 ただし、特定の商品を根拠なくPRするものではなく、当編集部の調査/ユーザーへの口コミ収集などに基づき、公平性を担保した情報提供を行っています。
>提携企業一覧
日払いバイトでも即日カードローンでお金を借られる可能性はある
この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

貸金業務取扱主任者

林良光

大学卒業後、大手ノンバンク系金融機関にてコンサルティング営業に従事。カード事業において、個人事業主を中心に1,000名以上の審査を行ったプロ。米国公認会計士日本証券アナリスト日商簿記2級銀行業務検定財務2級など多数の資格を有し、金融の専門家として第一線で活躍。

日雇いのアルバイトは、月払いよりも即日でお金がもらえるだけに人気があります。

今すぐにお金が必要になった時などは、とても助かるアルバイトですよね。

では日雇いの人がカードローンでお金を借り入れしようとすると、実際に貸してくれるのでしょうか。

もちろん、人によってそれぞれの事情が異なるので何とも言いにくいところですが、「日雇いバイト」であるという理由だけでお金を借りられないということもありません。

実際のところはどうなのかという点を検証してみたいと思います。

この記事の目次

アルバイトの人もカードローンは利用できる

日雇い、週払い、月払い、いかなる給与支払いサイクルであったとしても、アルバイトの人がカードローンでお金を借りられないということではありません。

もちろん、日雇いの方が人気が高いのは事実ですが、日雇いバイトというと「安定しない」という印象を与えてしまうかもしれません。しかし、カードローンの審査ではどのように考えられているのでしょうか。

カードローンを利用するには安定した収入が必要

前提として、カードローンのを利用する場合は、安定した収入が必要です。アルバイトの場合、安定した収入を証明するには、最低でも6ヶ月ほど同じ職場で働く必要があるといわれています。

そのため、日雇いアルバイトを数回こなしただけでは、安定した収入を得ているとはいえず、審査を通過することはできません。

「どのくらい長く働いているか」は重要

例えば日雇いバイトでも、本当に1日限りの勤務の人もいれば、1年以上も同じところで働いている人もいます。

もちろん、どちらも同じ日雇いバイトです。

でも決定的に違う点は、どのくらい長く同じ勤務先で働いているかどうかなのです。

カードローンでの審査は年収が高くなくても、半年以上など一定期間は働いている人は評価する対象となります。

対して、1日限りの日雇いバイトの人はカードローンの審査では落ちるでしょう。

収入額はカードローン審査に影響を与える

日雇いバイトだとカードローンでお金を借りられないと考える理由の一つには、収入が多くないということがあるのではないでしょうか。

もちろん、カードローンの審査では、収入が少ないよりも収入が多い方が評価は高くなります。

ここからは、収入面についての不安を見てみたいと思います。

最低年収を明記するカードローンもある

カードローンによるのですが、申し込み対象者の最低年収を明記している会社もあります。

ただ、やはり明記してしまうと申込者が減ってしまうとも思われるので、多くのカードローン会社が明記はしていません。

現在では大部分のカードローン会社は「安定した収入がある方」という表記をしていますし、具体的に「年収●●●万円は必要」という明確な基準もないでしょう。

そこは年収、勤務期間、借り入れ希望額、他社カードローンでの借り入れ額など総合的なバランスも働いてくることもあるので、一概に審査に落ちるとは言い切れないのです。

日雇いバイトでも長く働いていれば、そこは「安定した収入がある方」という解釈をされるかもしれません。

Q.毎月どのくらい収入があれば申し込めますか?

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

回答1:月15万~18万程度です

最低年収が明記されているカードローンは基本的には正社員の初任給程度の年収が要求されます。
具体的には月15万円〜18万円程度×12ヶ月=180万円〜200万円の間です。
このような最低年収が決められているカードローンは原則的に正社員向けの商品として設計されているため、アルバイト収入などで年収200万円を超えていたとしても審査に通過することは厳しいでしょう。

貸金業務取扱主任者|林良光

回答2:低収入だけで諦める必要なし

カードローンの申し込みに当たり「最低年収200万円」などと公表する銀行の広告を以前に見たことがありますが、このように公表する金融業者は少なく、明確な基準はありません。金融業者は、年収が低い人や収入が不安定な人に貸して返ってこないリスクだけでなく、申し込み基準を厳しくし過ぎて融資が伸びないリスクも懸念しているからです。また、年収が低くても、同じ会社に長く務め収入が安定していると見なされれば審査に通過しやすい傾向があり、年収が低いというだけでカードローンを諦める必要はありません。なお、一般的に、銀行よりも消費者金融の方が、貸出金利が高い分、年収が低くても審査が通過する可能性が高いです。

ウソの申告は審査落ちの原因になる

カードローンの審査では、年収額が多いに越したことはありません。その方が一般的には返済能力が高いからです。

だからと言ってよくあるのが、申込みでウソの年収額を書いてしまうことです。
これは審査落ちする原因になるので絶対にしないようにしましょう。

カードローン会社には膨大なデータが蓄積されており、ある程度の正確な年収額は言い当てられるくらい精度が高いと思っていてください。だから基本的にはバレてしまいます。

恥ずかしがらずに、また、バレないだろうとタカをくくらずに、正直に自己申告をしてください。

2人に1人はカードローンでお金を借りれている現実

日雇いバイトだからと言ってカードローンでお金を借りられないということではない、ということがおわかりいただけたと思います。

では実際にどのくらいの人が申し込んで、お金を借りれているのでしょうか。

実際の数値を見ながら説明していきたいと思います。

最短1時間で融資可能なアコム

アコム

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 3.0% ~ 18.0%
審査 最短20分
融資 最短20分

来店不要で最短20分融資可!周りにバレずに内緒で借入れ可能!
三菱UFJフィナンシャル・グループだからサービスが充実!初めてなら「最大30日間金利0円」でコンビニ利用も可能!

公式サイトはこちら
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

日雇いアルバイトの人がキャッシングする際によくある質問

Q.日雇いバイトでもカードローンを利用できますか?
日雇いのアルバイトの方は、安定した収入があると証明できないため、カードローンを利用するのは難しいでしょう。カードローンを利用したい場合は、一定期間同じ職場で働いて給料を得る必要があります。目安として、半年以上働けば収入が安定していると認められやすくなるでしょう。
Q.アルバイトの人が安定した収入を証明するには?
アルバイトの人が安定した収入を証明するには、同じ職場に一定期間勤める必要があります。務めた期間が短い場合は、収入が安定していると認められず審査に落ちてしまう可能性が高いと考えられます。最低でも半年間は勤めてから金融機関に申込しましょう。
Q.アルバイトでもカードローンの限度額を増やせる?
アルバイトの人であっても、収入が上がっている方や、カードローンの利用実績が良好だと判断された場合は、借入限度額を増やせる可能性があります。もし、年収が下がった場合やカードローンの返済に遅れた場合は、増額できないだけでなく、借入限度額を引き下げられる恐れがあります。

まとめ

日雇いバイトの人が即日、カードローンでお金を借り入れできるかどうかについて考えてきました。

結論は日雇いバイトというだけで審査落ちすることはありません。要はキチンと返済してくれるかどうかが最重要なのです。
だから、勤務期間、年収、希望額、他社での借り入れなど他の要素も含めて総合的に判断されます。

申し込む際には審査落ちの原因になりますので、年収額のウソだけは言わないようにしましょう。
カードローン会社にとっては、申込みは基本的にウェルカムですので、日雇いバイトだからとあきらめずにお申込みください。

おすすめの特集ページ

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
  • ※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る