信用情報における異動とは|異動記録を見る・消す方法とお金を借りられるかもしれない金融機関

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

この記事はこんな人におすすめ!
  • 信用情報の異動ってなに?
  • 異動の記録ってなんで付くの?
  • 異動があるけどお金を借りたい!

今までクレジットカードやローンを支払っていく中で、返済が遅れてしまったりうっかり忘れてしまったりすることはなかったでしょうか。

支払い遅れ・忘れをすぐにフォローできれば、あまり大きな問題ではありませんが、何回かある場合【異動】という記録になっている恐れがあります。

信用情報の異動とはどんなもので、どのように扱えばよいのか見ていきましょう。

信用情報に【異動】があるとどうなる?

CICやJICCといった信用情報機関が保管している記録の中には、【異動】という記録がされている場合があります。

これはクレジットカードやローン支払いの遅延を、61日もしくは3ヶ月以上している場合につくものです。

【異動】といわれるとイメージしづらいですが、支払いの遅れによって信用力を失っている状態を指します。

審査が厳しくなりローンが組めなくなってしまう

異動の記録が載ってしまうと、これから行われるあらゆる審査において通過することが難しくなってしまいます。

各金融機関から「借りたお金を約束通り返せない人」という風に見られてしまい、信用をしてもらえなくなるのです。

ローンはもちろんですがクレジットカードといった、信用を必要とするあらゆる契約を結ぶことが難しくなります。

対象となる支払いや返済

異動情報になる対象の支払いや返済は非常に多く、成人している人にとっては身近なものから縁遠いものまで多岐にわたります。

その中でも一般的に利用するかもしれない、対象の支払い・返済を確認していきましょう。

異動の原因
  • クレジットカードの支払い遅延
  • 携帯電話・スマートフォンの割賦払い遅延
  • 各種ショッピングローン返済の遅延
  • キャッシングの返済遅延

ショッピングローンやクレジットカードの支払いはわかりやすいですが、スマホの分割払いまで対象というのは意外かもしれませんね。

異動があるか確認する方法

信用情報の【異動】は通称や俗称などではなく、ハッキリと情報の中に【異動】という2文字が記載されます。

具体的に、以下のような形で見ることが可能です。

上記画像の【A】部分に「異動」という文字が書かれており、本記事で解説するものにあたります。

信用情報機関に開示を求める

信用情報に異動の記録があるかどうか確認する確実な方法は、信用情報機関に自分の情報の開示を求めることです。

信用情報機関とは以下の3つのことを指します。


主にクレジット情報を取り扱う信用情報機関。


主に融資(借入)に関するを取り扱う信用情報機関。


主に銀行が関係する取引情報を扱う信用情報機関。

これらの信用情報機関が異動といった記録をしており、その記録は自分で開示請求・確認をすることができます。

実際に開示請求をしてみた体験談を参考に、【異動】があるかどうか確認してみましょう。

5年待てば異動情報は破棄される

万が一信用情報に異動の記録があったとしても、5年経てば異動の情報は破棄されて、クリーンな信用情報となります。

もちろん5年以内にもう一度異動が起きてしまうと、また5年待たなければなりませんので、情報破棄を待つ間は借り入れやローン契約は控えましょう。

事実と反するなら訂正できる

仮に信用情報機関に記録されている内容が事実と違った場合、それを証明できれば訂正をすることができます。

支払いをしていたのに遅延の記録があったり、異動の情報があったりした場合は証拠を集めて訂正を求めましょう。

5年も待てないという人は…

信用情報機関の異動記録が消えるまで、5年も待てないという人は可能性がある別の方法を検討しましょう。

たとえば

・大きな買い物をしたいけど、ローンが組めない…
・携帯電話が壊れたから買い替えたいけど、分割払いができない…

という人にとっては、5年も待てませんよね。

消費者金融を検討してみる

大手信販会社や銀行からの借り入れができない場合は、消費者金融を検討してみてはいかがでしょうか。

消費者金融の審査が甘いなどということはありませんが、大手の銀行が厳正だからといって諦めるのはもったいないです。

まとめ

今回は信用情報に記載される【異動】について、その意味や確認方法、消えるまでのステップを確認しました。

もしも過去に異動の記録が残ってしまうようなことをやったことがあるのであれば、それは間違いなく反省をしなければなりません。

しかし今必要なものを諦めるのは、もったいないということも事実です。今回はフタバフクホーを紹介しましたが、どちらも挑戦して損はない消費者金融といえます。

他にもおすすめの消費者金融があるので、こちらも検討してみてください。

アコム

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間

すぐお金が必要な方におすすめ。
初めてのお借入れにおすすめ。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス

限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間

スマホでお借入れ可能。
20代・30代の方から人気。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間

内緒で借りたい方におすすめ。
銀行振込で借りたい方におすすめ。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

おすすめの特集ページ

開示請求に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る