マンモスローンに申し込む前に読んでおきたい一本化のメリットとデメリット

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

この記事の目次

  1. 複数のローンの返済で困っている人は多い
  2. マンモスローンの基本情報
  3. マンモスローンの必要書類
  4. マンモスローンの申し込みと審査時間
  5. マンモスローンの審査に落ちた人に共通する3つの原因
  6. 一本化とは複数のローンを1つにまとめること
  7. マンモスローンのメリット
  8. マンモスローンのデメリット
  9. 100万円以上を一本化するのにオススメのカードローン
  10. まとめ

この記事はこんな人向けです
  • マンモスローンの基本情報が知りたい!
  • 一本化(おまとめ)のメリットとデメリットは?
  • マンモスローン以外でおすすめのローンは?

マンモスローンは一本化に特化したローンです。

上限金利が15.0%と低く設定されていて、複数の金融機関からの借金をまとめるのに適しています。

しかし、マンモスローンを利用するには条件があるのを知っていますか?

複数のローンの返済で困っている人は多い

複数の金融機関からの借金で困っている人は多くいます。

主に以下のような状況です。

複数のローンで困る状況
・返済日がいくつもあって管理が大変
・毎月の返済が厳しい
・返済がなかなか終わらない

これらの状況を解決できるのが一本化(おまとめ)です。

マンモスローンの基本情報

マンモスローン
金利 7.3〜15.0%
限度額 100万円〜2000万円
貸付条件 満20歳〜70歳の方
返済方式 元利均等返済
返済期間 10年以内(120回)
遅延損害金 20.0%

マンモスローンでは借り換えローンのみを取り扱っています。

通常の融資は行っていません。

総量規制の対象外

マンモスローンは「貸金業法に基づく借換ローン」です。

貸金業法の総量規制というルールがあり、年収の1/3を超える借り入れはできません。しかし、例外で借入する方が有利になる条件であれば総量規制は適応されないのです。

マンモスローンの借換ローンは、この例外に該当します。

したがって、年収の1/3以上の金額でも一本化することが可能です。

 貸金業法とは

貸金業法は、消費者金融などの貸金業者や、貸金業者からの借入れについて定めている法律です。
近年、返済しきれないほどの借金を抱えてしまう「多重債務者」の増加が、深刻な社会問題(「多重債務問題」)となったことから、これを解決するため、平成18年、従来の法律が抜本的に改正され、この貸金業法がつくられました。

 総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。
ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

利用するには借入総額が100万円以上

マンモスローンを利用するには、複数の金融機関からの借り入れが100万円を超えなければなりません。

したがって、現在借入している総額が100万円に満たない場合は、マンモスローンを利用して一本化することは不可能です。

マンモスローンの必要書類

マンモスローンの申し込みには、本人確認書類と収入証明書の2種類の必要書類を提出しなければなりません。

マンモスローンは借り換え専用のローン商品なので、借入額が必然的に多くなります。また100万円以上の借り換えにしか利用できないというのも、大きな理由です。

借入額が多くなればなるほど、年収がいくらあるのか、毎月どのくらいの稼ぎがあるのかという情報は必要になります。

そのため、以下のような書類を提出しなければなりません。

本人確認書類の例
  • 運転免許証
  • 各種健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード

収入証明書の例
  • 給与の支払明細書
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 所得証明書類等

  • ※要件を満たしていれば、書面の名称は問われません。詳しくは、貸金業者にお問い合わせ下さい。

マンモスローンの申し込みと審査時間

マンモスローンの申し込みはPC、携帯、電話の3種類の方法があります。

多くの人がスマートフォンやPCから申し込みをしているので、そちらがオススメです。

電話で申し込みをしながら、不安な部分を解決したいという人は下記の電話番号からどうぞ。

マンモスローン「03-3835-3310」
受付時間9:00~18:00(土日祝日、年末年始を除く)

審査時間は一週間程度

マンモスローンの審査時間は約1週間程度と思っておいてください。

借入金額が収入証明書が必要なレベルになるので、それに伴い審査の時間も長引くからです。

中には、審査の回答が1日程度で来たという情報もネットには上がっていますが、稀な事例と思っておく方が無難でしょう。

マンモスローンの審査に落ちた人に共通する3つの原因

審査通過の基準が公にされていないので、マンモスローンで審査に通過できなかった人は、自分がどうして審査に否決されたのかという原因を知ることはできません。

しかし、多くの場合、審査落ちの要因は以下の3つに集約しています。

原因1:収入が安定していない

マンモスローンの審査に通過するためには安定した収入が必要不可欠です。

具体的には、

  • 勤続期間
  • 雇用形態
  • 業種/職種
  • 会社規模
  • 年収金額

といった5点が注目されます。

注目すべきは勤続期間です。大企業で働いている人でも、転職して間もない状況では、安定性が低いと判断され、審査に通過できない可能性があります。

逆に大企業ではなくても、長く勤めていればいるほど収入が安定していると判断してもらえるのです。

原因2:複数社への同時申込

他社への申込件数も審査に落ちた人に共通する原因の1つです。

同時に何件申し込んだら審査に落ちる」という詳しい情報は公表されていないのですが、1ヶ月以内で4社以上に同時に申し込んでいる人は、審査に通過できない可能性が高いといえます。

同時に複数の金融機関に申請している人は、お金にかなり困っている人と判断され、返済能力に課題があるとされるからです。

いくら、マンモスローンが借り換え専用ローンとはいえ、返済能力の疑わしい人にお金を貸してくれることはありません。

原因3:過去5年間に生じた金融事故

マンモスローンの審査は、過去の金融取引も信用情報でチェックします。

信用情報とは個人情報に紐づく、ローンやクレジットカードの遅延・延滞記録のことです。

信用情報の中に「金融事故情報(複数・長期間の遅延)」があると、返済をする姿勢に課題ありと判断され、審査に通過できません。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
=中略=
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

※以上の条件を満たしている場合であっても、審査に通過できない可能性があるので、注意してください。また、実際の審査基準は公表されていないため、弊社での取材・調査によるものである点ご了承ください。

一本化とは複数のローンを1つにまとめること

一本化は、複数の金融機関からの借金を1つのローンにまとめることです。

複数の金融機関から借金をしている場合、金利設定も会社によって異なり、利用している金融機関の数だけ返済日も増えるので、それぞれの借金の管理が大変になります。

その解決策が、複数の金融機関からのローンを1 つにまとめる「一本化」です。一本化は「おまとめ」と呼ばれることもあります。

A社 B社 C社
借入80万円
金利18.0%
借入50万円
金利18.0%
借入70万円
金利18.0%
おまとめローンに一本化
借入:200万円
金利:15.0%

マンモスローンのメリット

一本化をするメリットは主に以下の3つです。

一本化するメリット
  • 利息が減る
  • 毎月の返済額が減る
  • 返済日の管理が楽になる

面倒な返済日の管理や、月々の返済に追われる状況を一本化は改善してくれます。

【1】利息が減る

一本化(おまとめ)を賢く活用することで、合計の利息支払額を減らすこともできます

そもそも、おまとめローンは総じて金利が安く設定されるものです。

したがって、すでに低金利なカードローンを利用している場合、大きなメリットにはなりません。

しかし、高い金利のカードローンを複数利用している人にとっては、かなりのメリットとなります。

ここがポイント!
100万円以上おまとめするなら低金利
借入金額が100万円を超える場合、金利は確実に15.0%以下が設定されます。
金利18.0%のカードローンを複数社利用している人は、確実に低金利となり合計利息を減らせます。
ただし、月々の返済額を少なくし過ぎると、返って利息が高くなるので注意してください。

【2】毎月の返済額が減る

一本化(おまとめ)のメリットの1つは、返済負担を減らせることです。

借入先が増えると、毎月の返済額が増え、利用者にとって非常に大きな負担となります

一本化することで、毎月の返済額を減らすことができるので、返済が間に合わないといった危険な状況を回避することができるのです。

ここがポイント!
月々の最低返済額が少なくなる
借入先が多いと、各社の最低返済額を毎月用意しないといけないため、返済の負担が大きくなります。
一本化(おまとめ)を利用することで、月々の金銭的な負担を減らすことができるのです。

【3】返済日の管理が楽になる

カードローンを利用している人にとって、「返済」はかなりの手間になっているはずです。

複数のカードローンを利用していると、支払い期日や利息の計算など管理しなければいけないものが増えます

そのため、複数の銀行やATMを回って返済する人も少なくありません。

一本化をすると、月に複数あった返済日が1回になり、管理が非常に楽になります。

仮に返済が遅れそうな場合も、対応しなければならない金融機関は1社で済むのです。

ここがポイント!
返済日の管理が楽になる
一本化することで、複数あった返済日が一日になります。カードローンを利用する上で気を付けなければならないのは、「返済期日を守る」ということです。
一本化(おまとめ)を利用することで、返済期日に間に合わないといったリスクを回避できます。

マンモスローンのデメリット

一本化のデメリットは主に以下の2つです。

一本化のデメリット
  • 追加借入が厳しくなる
  • 返済総額が増える可能性もある

一本化することで、返済総額が増える可能性もあります。

そうならない為には、随時返済を利用しなければなりません。

【1】追加借入が厳しくなる

消費者金融に代表される賃金業者へ一本化した場合、 「総量規制」が関係してきてきます。

一本化する金額が年収の1/3を超える場合に、一本化をした後は一切「追加借り入れ」ができなくなるのです。

銀行カードローンで一本化を行う場合は、総量規制の対象外なので問題はありません。

しかし、銀行カードローンで一本化するには厳しいと言われている銀行の審査に通過しなければなりません。

【2】返済総額が増える可能性もある

一本化で低金利なローンに変更すれば、毎月の返済額は少額になります。

しかし、毎月の支払い金額は減るということは、完済までの期間は長引いているということです。

したがって、長期的な視点で見ると、返済総額が増えている可能性があるというのが一本化のデメリットになります。

毎月の返済負担が減ることで、支払いの期間が長引き、その分だけ支払いの総額が増えてしまうのです。

このデメリットは随時返済を行うことで解決できます。

ボーナスが入った時や、節約がうまくいった月など、お金に余裕のある時に毎月の返済額に加えて、追加で返済を行うことによって、返済総額を減らすことができるのです。

100万円以上を一本化するのにオススメのカードローン

マンモスローンの他にも一本化が可能なカードローンはあります。マンモスローンを利用できる条件は借入額が100万円以上です。

したがって、現在の借入総額が100万円以下の人は、そもそもマンモスローンは一本化の選択肢に含まれません。

これから紹介するカードローンも、条件の1つは限度額100万円以上の人なので、マンモスローンと同じです。

Q.限度額ってどうやって決まるの

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

年収と他債務によって決まります

限度額を決定する重要な要素は年収と他債務です。
消費者金融は他社からの借入額との合計で年収の3分の1までしか融資を行いません。
銀行カードローンは他社からの借入額との合計で年収の2分の1まで、もしくは3分の1以内と自主的に決めています。
他債務がない人は借入希望額の2倍もしくは3倍の年収が必要になり、他債務がいくらか、年収がいくらかによって限度額は決定します。

マンモスローンより低金利で借り換えたい人におすすめのカードローン

じぶん銀行じぶんローン

限度額 最大800万円
金利 2.2~17.5%
審査 公式サイト参照
融資 公式サイト参照

ネット上で手続きを済ませたい方におすすめ。
au利用者におすすめ。

公式サイトはこちら

KDDIと三菱東京UFJ銀行が共同で出資したインターネット銀行が「じぶん銀行」です。KDDIが出資していることから、auのスマ―トフォンや携帯電話を利用している人にだけ特典があります。またATM手数料が無料なので利便性にも優れているのも魅力の1つです。

じぶんローンには一本化に特化した商品があります。その商品であれば、上限金利が12.5%と銀行カードローンの中でも非常に低金利なカードローンに借り換え可能です。

マンモスローンの上限金利は15.0%に設定されています。じぶんローンの一本化専用ローンであれば、マンモスローンより金利が2.5%もお得に利用できるのです。

じぶんローンの借り換え専用コース

じぶんローンには通常の「誰でもコース」と借り換え専用の「借り換えコース」があります。

この借り換えコースの利用には2つの条件を満たしている必要があるのです。

au IDに登録が必要

「借り換えコース」を利用するにはau IDを取得している必要があります。au IDはauのスマートフォンや携帯電話を利用している人なら、既に登録している可能性が非常に高いです。

auのスマートフォンや携帯電話を持っていないという人も、じぶん銀行カードローンを利用することはできますが、他のキャリアの携帯を利用していた場合は、「借り換えコース」を利用することはできません。

限度額が100万円以上

「借り換えコース」を利用するための条件は、限度額が100万円を超えていることです。そのため、審査で限度額が100万円未満と判断された場合、このコースを利用することができません。

注意点として、「借り換えコース」に申し込んだとしても、審査の結果で限度額が100万円未満と判断された場合、「誰でもコース」の金利が適用されてしまいます。

au限定割を使っていない場合、上限金利は17.5%に設定されますが、大手消費者金融に比べたら低金利のカードローンに借り換えできるので、ひとまずは成功といえるでしょう。

「借り換えコース」になるかどうかは申し込まなければ分かりません。でも安心してください!審査が終わってから契約するかしないかを判断できるので、au IDを持っているならば、まずは審査を受けてみましょう。

じぶん銀行じぶんローン

限度額 最大800万円
金利 2.2~17.5%
審査 公式サイト参照
融資 公式サイト参照

ネット上で手続きを済ませたい方におすすめ。
au利用者におすすめ。

公式サイトはこちら

まとめ

マンモスローンを利用できる条件は借入総額が100万円を越していることです。

したがって、100万円以下で一本化をしたいという人は、他の選択肢を考慮しなければなりません。

じぶんローンは、借り入れ総額が100万円を超えていて、auのスマホや携帯電話を利用している人であれば、申し込み条件はクリアしています。マンモスローンよりも低金利なので、一本化をする候補としてはかなりオススメです。

おまとめに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る