派遣社員の在籍確認は派遣会社か勤務先か?大手カードローン会社別に解説

本コンテンツには、紹介している商品・商材の広告(リンク)を含む場合があります。 これらの広告を経由して読者が企業ホームページを訪れ、成約が発生すると弊社に対して企業から紹介報酬が支払われるという収益モデルです。 ただし、特定の商品を根拠なくPRするものではなく、当編集部の調査/ユーザーへの口コミ収集などに基づき、公平性を担保した情報提供を行っています。
>提携企業一覧
派遣社員の在籍確認は派遣会社か勤務先か?大手カードローン会社別に解説
この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

カードローンへ申込をすると勤務先への在籍確認が実施されます。

在籍確認とは、申込した人が本当に働いているかどうかを確かめる手続きであるため、回避できません。したがって、どんな勤務形態の人であっても在籍確認が実施されます。

こうなった場合、派遣社員の人は「派遣元」「派遣先」どちらに在籍確認が実施されるのではないでしょうか。

この記事では、派遣社員の在籍確認について消費者金融がどのように手続きを実施するのか解説します。

この記事の目次

在籍確認方法はカードローンによって異なる

前提として、在籍確認の方法は会社によって異なります。たとえば、大手消費者金融と呼ばれるカードローンは、「原則として電話による在籍確認」を実施しないと明言してます。

対して、銀行が扱うカードローンは、基本的に勤務先への電話連絡を実施するところがほとんどです。

つまり、勤務先への電話連絡が気になる場合は、原則として電話連絡実施しない大手消費者金融のカードローンを利用するべきでしょう。

なお、原則連絡しないと書いてありますが、必要に応じて電話連絡が実施されることがあります。そうなった場合は、各金融機関が指定する勤務先への連絡が実施されるため、申込時に「派遣先」「派遣元」どちらの情報が必要なのか確認しておきましょう。

金融機関 申込時に必要な情報
アコム 派遣元
プロミス 派遣元
アイフル 派遣元
SMBCモビット 派遣先

SMBCモビットのみ、派遣先を記載する必要があるため、注意しましょう。

Q.在籍確認とは

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

勤務実態の有無を確認する審査

審査の際には勤務先の確認は非常に重要です。
貸金業者は、働いていない人にお金を貸すことはできないため、申込者が申込時に申告した勤務先に本当に勤務しているかどうかを確認することは避けて通ることができないのです。
この審査を在籍確認と言い、在籍確認は基本的に審査担当者が会社に電話をかける方法でおこなわれます。
在籍確認の際には、審査担当者個人名で「〇〇様いらっしゃいますか?」というような内容で電話をします。
本人不在でも、電話に応対した会社の人が「不在」とか「おやすみ」ということを審査担当者に伝えれば確認完了です。
在籍確認が完了しないと審査に通過することはできません。
バレる心配はほとんどないため安心です。

アコム|派遣元を申込時に記載

アコム

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 3.0% ~ 18.0%
審査 最短20分
融資 最短20分

来店不要で最短20分融資可!周りにバレずに内緒で借入れ可能!
三菱UFJフィナンシャル・グループだからサービスが充実!初めてなら「最大30日間金利0円」でコンビニ利用も可能!

公式サイトはこちら
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

派遣社員の方がアコムに申込するなら、勤務先電話番号は派遣元の連絡先を記入してください。
申し込みフォームにも、以下のように記載があります。

ご覧の通り、「派遣社員のお客様は、派遣元の会社をご入力ください」と記載されています。
社名はもちろんのこと、連絡先に記入する内容も派遣元の情報です。

プロミス|派遣元を申込時に記載

※記事内でご紹介するキャプチャ画像等の内容は、2022年当時のものです。
ロゴマークが当時のデザインになっている等、現在と若干異なる点もありますのでご留意ください。

プロミス

Service image
限度額 最大 500万円
金利 年 4.5% ~ 17.8%
審査 最短3分
融資 最短3分

20~30代にオススメ!即日融資ならネット申し込みがおすすめ!
30日間"無利息期間"があり!カードレスでも可能だから郵送物なし!

公式サイトはこちら
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

プロミスも、派遣社員の在籍確認は派遣元への電話連絡でおこなわれます。
なお、プロミスの申込フォームは以下の通りです。

少しわかりにくいかもしれませんが、勤務先社名に派遣元を記載しなくてはなりません。連絡先記入欄に別途の指定がないことから、やはり在籍確認は派遣元におこなわれると判断できます。

アイフル|派遣元を申込時に記載

アイフル

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 3.0% ~ 18.0%
審査 最短18分
融資 最短18分

初めての利用なら最大30日間の利息ゼロ!
バレずに使いたい人ならアプリが充実している安心・信頼のアイフルで。

公式サイトはこちら
※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。

アイフルの在籍確認も、派遣元が対象です。
申し込みフォームにも、以下のような記載があります。

はっきりと「派遣社員・出向社員でお勤めの方は、派遣元・出向元の情報を入力してください」とあり、連絡先にも派遣元の電話番号を記載すべきことがわかります。

SMBCモビット|派遣先を申込時に記載

SMBCモビット

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 3.0% ~ 18.0%
審査 最短30分※1
融資 最短即日

30代〜40代の利用者が多く最短30分で借入OK!原則電話連絡・郵送物なし!PC・スマホからWEB完結
全国のコンビニや銀行などの提携ATMネットワークからご利用可能!

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

モビットは、派遣元ではなく、勤務先の企業に対して在籍確認をおこないます。

緊張するかもしれませんが、在籍確認の電話が原因で会社バレすることは、基本的にあり得ないので安心してください。

「派遣元」「派遣先」への電話連絡を防ぐ方法

派遣社員の人に限らず、金融機関からの電話連絡を防ぐには申込情報に誤りがないか確認しましょう。

金融機関は申込情報が正しいかどうかを以下の方法で確かめています。

  • 提出書類
  • 信用情報

申込情報とこれらに差異があった場合、勤務先へ電話連絡がおこなわれる可能性が高くなります。

提出書類

カードローンへ申込すると、「本人確認書類」「収入証明書」といった書類の提出を求められます。

書類名 具体例 備考
本人確認書類 運転免許証
健康保険証
マイナンバーカード
など
申込した金融機関によって
提出可能な書類は異なります
収入証明書類 源泉徴収票
給与明細
確定申告書
など
条件※に該当しない場合は
提出を求めれない可能性があります

※「借入希望額が50万円を超える」「他社と合わせて借入希望額が100万円を超える」など

これらに記載されている情報と、申込内容に差異があると、勤務先か派遣元へ電話連絡が実施される可能性があるため、注意しましょう。

信用情報

信用情報とは、申込者と金融機関でおこなわれた取引履歴を指すことが一般的ですが、勤務先に関する情報も登録されています。

画像引用:

このことから、申込情報に記載された内容と信用情報に記録された勤務先に差異があると、電話連絡がおこなわれる可能性が高くなるでしょう。

まとめ

所属している企業と勤務先が異なる派遣社員にとって、カードローンの審査における在籍確認はあらゆる意味で不安が大きいものでしょう。

派遣元と勤務先どちらに在籍確認がおこなわれるのかは、カードローンによって異なります。

金融機関 申込時に必要な情報
アコム 派遣元
プロミス 派遣元
アイフル 派遣元
SMBCモビット 派遣先

なお、上記のカードローンは原則として電話連絡をしないと公言しているので、在籍確認が不安な人であっても問題ないケースがほとんどです。電話連絡が気になる場合は、申込時に提出する情報に間違いがないかどうかを確かめることが重要でしょう。

おすすめの特集ページ

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
  • ※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る