楽天カードでキャッシング枠の増枠審査にかかる時間と申請時の注意点

この記事に関するアドバイザ

元 銀行ローンセンター長

佐藤喜三男

銀行にてローンセンター長を務めた他、大手証券会社・大手クレジットカード会社において、30年に渡り審査を中心に様々な職種を担当。現在はFP兼相続診断士として、多くの消費者の力になっている。

 この記事はこんな人向け 
  • 楽天カードの限度額があと少し…
  • キャッシング枠を増枠申請したい!
  • でも、増枠審査を通過できるか不安…

楽天カードを利用する人の中には、キャッシング枠の増枠申請を希望する人も少なくありません。

しかし、増枠について何の知識もなく申請すると、手続き中に思いもよらないトラブルを起こしてしまう可能性があります。

増枠を希望する人は、審査のハードルや必要な時間、さらには申請前に把握しておくべきリスクをこの記事で確認しておきましょう。

楽天カードで利用可能額を増枠する場合について

楽天カード
年会費 永年無料
ブランド AMEX、MasterCard、JCB、VISA
ポイント還元率 1%(100円につき1円分)
保険 海外旅行傷害保険
利用可能額 最大100万円

楽天カードは、幅広いシーンで活用されているクレジットカードですが、設定された枠内でしか利用できません。

キャッシング枠も利用できる利便性の高いカードですが、利用しているうちに「限度額が足りない…」と感じてしまう人がいるのも事実。
そんな時に、キャッシング枠の増枠を考える人も多いのではないでしょうか?

実際の限度額は審査によって決定される

楽天カードの公式サイトには、利用可能額は最大100万円と記載されていますが、初回入会時から上限値が設定される訳ではありません。

利用可能額は入会審査によって決められ、申込者によって差はありますが、50万円程度の金額を設定されるのが一般的です。

申込者のステータスによっては、10~30万円程度の利用可能額になる場合もあるでしょう。

条件次第で利用限度額を増枠できる

仮に楽天カードの利用可能額が少なくなったとしても、一定の条件をクリアしている利用者は増枠できる可能性があります。

楽天カードの公式サイトでも確認できますが、下記の条件をクリアしていれば、利用限度額の増枠を申し込むことが可能です。

増枠申し込みできる条件
入会後6ヶ月以上経過している方
カードのご契約状態、ご利用状況が良好な方
前回増枠した実施月より6ヶ月以上経過している方

楽天カードで増枠申請する方法

では、実際に楽天カードのキャッシング枠を増枠するにはどのような手続きが行われるのか。
一般的な手続きの流れは、以下のフローを参考にしてください。

  1. 公式サイトから増枠申請
  2. 必要書類の提出
  3. 増枠審査
  4. メールで結果通知

お手持ちのスマホから申し込み可能

利用限度額の増枠申し込みは、「楽天e-NAVI」にて24時間いつでも受け付けています。

楽天e-NAVIサービスのご利用状況メニューにある「ご利用可能枠の変更」から、利用限度額の増枠を申し込んでください。
以下が、実際の画面になります。

rakutencard_zouwaku2.png

バナーをクリックすると、注意事項などが記載されているので、しっかりと目を通しておきましょう。

rakutencard_zouwaku3.jpg

実際の入力項目をチェック

増枠の申込みフォームには、いくつかの入力項目が設けられています。実際の画面は、以下のようになっています。

rakutencard_zouwaku4.jpg rakutencard_zouwaku5.jpg

増枠を希望するサービスを選択し、理由を入力しなければいけません。内容に誤りがあると正確に増枠審査してもらえないので、正直に入力しましょう。

増枠申し込み後は審査結果を待つ

楽天カードの増枠申し込みはネット対応なので意外と簡単ですが、申請したからと言って確実に対応してもらえる保証はありません

キャッシングの利用限度額を増枠するには、再度審査を受ける必要があります。
審査を通過できなければ、希望金額まで増枠してもらえません。

楽天カードの増枠審査に時間がかかるケースも…

楽天カードに限った話ではありませんが、どのようなクレジットカードでも、増枠する際の審査は初回入会時と異なる基準が設定されています。

増枠した分だけ利用額は高額になるので、クレジットカード会社がリスク回避のために厳正な審査を行うのは必然と言っていいでしょう。

申し込みが混み合っている可能性がある

増枠審査に時間がかかっている場合は、楽天カードへの申し込みが多く、混み合っている可能性も考えられます。

例えば、土日祝日前になる週末やお金が必要になりがちな支払い日前などは、混み合いやすくなっていると考えておきましょう。

増枠を申し込んだタイミングが土日祝日だった場合も、審査に時間がかかるので注意しておいてください。

審査状況によっては1週間近くかかる場合もある

増枠可能かどうかを判断する際には、楽天カードの利用状況などの要素もチェックされます。

増枠審査にかかる時間は申込者によって個人差がありますが、状況によっては1週間以上かかる場合もあるので注意が必要です。

時間に余裕があれば特に問題ありませんが、今日・明日中に増枠を希望している人には不向きと言えるでしょう。

楽天カードの増枠審査に落ちやすい人の特徴

楽天カードで増枠を申し込んでも、すべての申込者が審査通過できる訳ではありません。

申込者の中で、増枠審査を通過できなかったケースがあるのも事実。実際にどのような人が増枠審査に落ちやすいのでしょうか?

特徴1:楽天カードの返済が遅れている

増枠審査に落ちる人の特徴として、楽天カードの返済が遅れているケースが考えられます。利用実績が重要視される増枠審査では、返済遅れは致命的です。

入金忘れで翌日返済した場合などは、そこまで大きな問題にはなりませんが、61日以上の長期滞納をしてしまうと増枠審査を通過するのは難しいでしょう。

長期滞納は信用情報を傷つけてしまう

前述したような61日以上の長期滞納は「延滞」として扱われ、信用情報に一定期間記録されてしまいます。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
=中略=
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

信用情報にダメージがあると、楽天カードの増枠だけでなく、住宅ローンや自動車ローンなどの審査にも悪影響があります。

金融トラブルが消えるまでには完済から5年間かかってしまうので、今後ローンを組む可能性がある人は十分注意しておきましょう。

特徴2:返済能力が不足している

申込者の返済能力が不足しているケースも、増枠審査に落ちる人の特徴として挙げられるでしょう。

増枠審査でも、返済金を毎月きちんと支払っていけるだけの収入があるかどうかは重要なポイントになります。

例えば、入会時よりも収入が低下していたり、他社からの借入が増加していたりすると、返済能力が不足していると判断される可能性があるでしょう。

※増枠審査の基準は公開されておらず、金融機関により異なります。弊社での取材・調査によるものである点ご了承ください。

楽天カードのキャッシング枠を増枠する際の注意点

増枠申請する際に注意しなければいけないのは、審査の難しさや時間だけではありません。

増枠を希望者の多くはメリットだけに目が向いてしまいがちですが、同時に大きなリスクが生じることも把握しておく必要があります。

楽天カードで増枠するリスクをあらかじめ考慮し、本当に申請すべきか判断するようにしましょう。

注意点1|減額・利用停止になる恐れがある

楽天カードで増枠申請するときの大きなリスクとして、必ず把握しておくべきポイントは以下の2点です。

増額審査を受けるリスク
増額審査を通過できずに限度額が減少
審査落ち後にカードの利用が停止

上記のように、楽天カードの限度額を増やすつもりで申請したにも関わらず、逆に減少してしまうケースもあるのです。

増枠申請するまでの利用実績が著しく悪い人は、最悪の場合「カードの利用停止」になってしまう可能性もあるので、十分注意してください。

注意点2|審査が終わるまで追加借入できない

増枠申請する際のさらに大きな問題が、増枠審査中は利用できないというリスクです。

増額は、正式には限度額の見直しをおこなう手続きであり、これは契約内容の変更に当たります。

審査結果次第では、前述したように減額や利用停止になる可能性もあるので、手続き中の借入は一切できません。

Q.増額審査中に借入できないのはなぜ?

Sato

元 銀行ローンセンター長|佐藤喜三男

契約内容の変更に該当するからです

増額は利用限度額の見直しという契約内容の変更に該当し、初回審査で決定された利用限度額をさらに引き上げる行為であるからです。
従って、初回審査時よりも信用力が高まっている必用があり、取引実績や信用力を再度審査した結果、逆に利用限度額の引き下げや、利用停止になることも有り得ます。

この為、増額申請に基づく審査中は利用ができないケースが多いのです。増額申請中も利用する必用がある場合は十分注意しましょう。

楽天カードの増枠では間に合わない人は…

 ここから先はこんな人向け 
  • カードを利用したいのに限度額不足…
  • 増枠だと時間がかかって間に合わない
  • リスクも考えると増額はちょっと…

高額な買い物や様々な支払いなど、急ぎでクレジットカードを利用する予定があるのに、増枠審査に時間がかかっている…そんな人も安心してください。

キャッシングの利用可能額を増枠する前に、楽天カード以外の選択肢も一度検討してみましょう。

カードローンという選択肢もある

楽天カードのようなクレジットカードのキャッシング機能を希望する方には、「カードローン」を使った借入方法も選択肢のひとつです。

カードローンは、借入専用のローンカードを発行して、専用ATMや銀行・コンビニなどの提携ATMから現金を借入できるサービスになります。

新規申し込みする方がスムーズ

楽天カードで増枠する際のリスクを考慮すると、他のカードローンに新規申し込みするのもひとつの手段です。

「アコム」「プロミス」など、TVCMでもおなじみの大手消費者金融カードローンであれば、審査にかかる時間は最短30分程度で完了します。

支払期限などが迫っているのであれば、増枠だけでなくカードローンへの新規申し込みにも目を向けてみましょう。

Male

30代 / 男性 / 職業: 会社員 / 年収: 300-499万円 / 目的: 趣味・娯楽

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.9

祝日休みに利用したのですが、審査も早かったですし、すぐにキャッシングできて非常に助かりました。無利息期間もありますから、多少は利息も少なくなります。

Male

30代 / 男性 / 職業: 会社員 / 年収: 300-499万円 / 目的: 生活費

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.5

審査が早くてお金を借りるまでがとってもスムーズなのが助かりました。高額でなければ収入証明書が不用というのも便利でした。

年収の1/3以内なら即日対応可能!

大手消費者金融のカードローンに新規申し込みする際は、借り入れできる金額を確認しておく必要があります。

個人融資を目的とした消費者金融のカードローンは「総量規制」の対象になるので、借り入れできるのは年収の1/3までです。

 総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。
ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

借入金額が少額であれば、カードローンで即日対応することは十分可能です。

楽天カードの増枠では対応できない…そんな人は、大手カードローンをぜひ検討してみてください。

Male

30代 / 男性 / 職業: 会社員 / 年収: 300-499万円 / 目的: 趣味・娯楽

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.8

プロミスはWEBからの申し込みでその日の内に即日融資されたので非常に便利なキャッシングだと感じました。

Female

30代 / 女性 / 職業: 会社員 / 年収: 100-299万円 / 目的: 生活費

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.1

申し込みも簡単ですし、審査もスピーディーで即日融資してくれるので突然入り用になった時はとても助かりました。後悔はしてません。

必要以上の借入をしないように注意する

クレジットカードのキャッシング機能を利用する場合と同じことが言えますが、必要以上の借入は避けましょう。

増枠を希望する方は、キャッシング枠の利用可能額いっぱいまで借入しているずです。そこからカードローンを使って借入することも可能ですが、返済できなければ本末転倒です。

総量規制があるとはいえ、収入を大幅に超えるような借入は控えるようにしてください。

Male

20代 / 男性 / 職業: 学生 / 年収: 100-299万円 / 目的: 生活費

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.4

悪い点はやはり金利が高い所ですね…貸入が早く、借りやすいが為にやはり金利がかかってしまうのは仕方がないと思いますが、返済計画を立てないといつまでたっても返せなくなると思います。

Male

40代 / 男性 / 職業: 会社員 / 年収: 100-299万円 / 目的: その他

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.5

簡単に借りられる反面、無理のない返済計画をたてていないと大変なことになりそうだと思います。 借り入れ額は、一括返済できる範囲のほうがいいと思います。

返済計画を立てておきましょう

しかし、どうしても現金を借入しなければいけない状況もあるでしょう。そんな人は、返済計画を立ててから申し込むのをおすすめします。

「そんなことは分かっている」と思われる方も多いかもしれませんが、以下の流れで再度シミュレーションしてみましょう。

  1. 完済までの希望期間を設定
  2. 毎月最低限必要な返済額を算出
  3. 収入から捻出できる金額と比較

上記のフローを繰り返し行うことで、スムーズに返済計画が組めるでしょう。
返済期間や返済額の計算が苦手な方は、以下の返済シミュレーションをご活用ください。

無理のない借入・返済を心がけて、カードローンを利用していくようにしましょう。

返済金額を計算

毎月の返済金額を計算します

借り入れする
金額
千円
金利 %
完済までの期間 ヶ月

{{ error }}

返済期間を計算

完済までの期間を計算します

借り入れする
金額
千円
金利 %
毎月の返済額 千円

{{ error }}

プロミス
ネット上で申し込めば最短1時間でお金を借りられる、幅広い層から人気のカードローン!
金利 4.5~17.8% 審査 最短30分
限度額 最大500万円 融資 最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アコム
申し込みの手軽さと審査の早さで人気を集める、延べ利用者数1,000万人超えの業界人気トップクラスのカードローン!
金利 3.0~18.0% 審査 最短30分
限度額 最大800万円 融資 最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル
郵送物が届く時間を指定できる、こっそりお金を借りたい人におすすめのカードローン!
金利 3.0~18.0% 審査 最短30分
限度額 最大800万円 融資 最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

楽天カードの増枠審査にかかる時間と、申請前に確認すべきリスクを確認していきました。

記事中の大切なポイント
利用限度額の増枠は公式サイトから申請できる
初回入会時とは異なる基準で審査される
増枠審査の状況によっては1週間近くかかる
リスクも考慮して増枠すべきか判断する

利用限度額の増枠審査は、入会時に比べて時間がかかる可能性がある点をあらかじめ想定しておきましょう。

審査にかかる時間だけでなく、増枠申請する際のリスクも考慮し、場合によっては記事中で紹介した選択肢も検討してみてください。

カード審査に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る