ブラックリストは5年経つと消える?信用情報が審査に与える影響

この記事に関するアドバイザ

元 銀行員

武藤英次

銀行の支店勤務にて、カードローン(個人向け融資)の申込み受付・審査・管理などを含むあらゆる業務を経験。10年以上の勤続期間中に、延べ10,000名を超える利用者に適切な提案を行った。

この記事の目次

  1. ブラックリストとは?
  2. ブラックリストとして扱われるのは5年とは限らない
  3. 信用情報を保管する機関によって登録期間は異なる
  4. ブラックリストは”完済してから”5年で消える
  5. 本当にブラックリストなのか確認してみましょう!
  6. 問題がなければ各種ローンを組める可能性あり
  7. ブラックリストだった場合は借入を見送るしかない…
  8. まとめ

 この記事はこんな人向け 
  • ブラックリストって何なの?
  • 自分がブラックリストかどうか確かめる方法は?
  • ブラックリストに登録される期間や条件は?

「返済を滞納してしまった」
「過去に債務整理をしている」

上記のように理由は様々ですが、信用情報がブラック化してしまうと、ほとんどの金融機関から融資してもらうのが困難になります。

日常生活に何かと支障をきたしてしまう信用情報の問題ですが、一度ブラックリストに入ってしまったら一生そのままという訳ではありません。

この記事で、ブラックリストの基本知識について確認しておきましょう。

ブラックリストとは?

カードローンなどの身近な借入サービスに申し込みする際、「ブラックリスト」という言葉をよく耳にするものです。

「借入できない人はブラックリストに入っている…」などのように使われていますが、実際にそのようなリストがある訳ではありません。

ブラックリストとは、信用情報に何らかの問題があった人を指す場合に使われている言葉です。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
=中略=
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

金融事故によって信用情報に傷がついている状態を指す

ブラックリスト、つまり金融機関がお金を貸す際に警戒しなければいけない人物は、信用情報に金融事故の記録が残っている可能性があります。

例えば、各種ローンの返済金を長期間にわたって滞納する行為、さらには借金を支払えずに債務整理している場合などは、金融事故として信用情報に大きなダメージが残ってしまうのです。

金融事故に関する情報は永久に残る訳ではなく、一定期間保管された後、クリアな状態に戻ります。しかし、信用情報に記録されている間は、下記のようなリスクを負わなければいけません。

信用情報が傷つくと

住宅や車のローンが組めなくなる
クレジットカード契約ができない
カードローンでお金が借りられなくなる
スマホ本体料金の分割払いが不可に
賃貸住宅の契約で保証会社を保証人にする場合に審査落ち

ブラックリストとして扱われるのは5年とは限らない

「ブラックリストとして扱われるのは5年まで」という話をよく耳にします。しかしながら、必ずしも5年とは限りません。

信用情報にダメージを与えてしまった原因、つまり金融事故の内容によって保管期間は変化します。

Q.一般的にどのような原因から金融事故に発展するのか

Mutou

元 銀行員|武藤英次

クレジットカードやカードローンの滞納行為です。

多くの人は期日に遅れないよう返済していくものですが、うっかり滞納してしまい、借入先のコールセンターから督促の電話をもらうこともあるでしょう。
滞納時の督促は、未納になっていることを確認し、再度入金をご案内するといった内容の電話です。しかし、利用者の中には督促の電話に出るのを躊躇してしまう方もいます。
その結果、返済金を払えないまま電話や郵便物による督促を無視し続け、2~3ヶ月以上の長期滞納に至るケースも多いようです。

最長10年間は信用情報にダメージが残る…

一般的に「長期延滞」「任意整理」などの金融事故は、記録が抹消されるまでに5年を有します。

対して「自己破産」や「個人再生」などの金融事故は、借入先にもよりますが最長10年間残ってしまうのです。

過去の金融取引で何らかのトラブルがあった場合、上記の保管期間中であればどんなローン審査も通過できません。

Male

40代 / 男性 / 職業: フリーター / 年収: 100-299万円 / 目的: 趣味・娯楽

ユーザー評価
full star
full star
half star
non star
non star
2.5

長引いて滞ってしまったので高額に払った上にブラックに載ってしまいました。10年間はクレジットカード作れませんでした。ローン組めまさんでした。今はクレジットカード持ってます。

信用情報を保管する機関によって登録期間は異なる

何らかの金融トラブルを起こしてしまった場合、登録される期間は信用情報機関によって異なります。

 信用情報機関とは

信用情報機関は、加盟する会員会社から登録される信用情報を、管理・提供することで、消費者と会員会社の健全な信用取引を支える機関です。
消費者がクレジットやローンなどを利用する際、会員会社は消費者の信用力を判断するために信用情報機関に登録されている消費者の信用情報を確認しています。

クレジットカードやローンなど、金融取引に関する情報を取り扱う専門機関は、主に下記の3社です。

信用情報の確認先
シー・アイ・シー(CIC)
主に信販会社での金融取引状況を確認できます。

日本信用情報機構(JICC)
主に消費者金融での金融取引状況を確認できます。

一般社団法人 全国銀行協会(全銀協)
銀行での金融取引状況を確認できます。

登録期間が5年とされる金融トラブル

では、各信用情報機関に5年間登録されるトラブルを確認してみましょう。

日本信用情報機構(JICC)
延滞等
契約継続中及び完済日から5年を超えない期間
(ただし、延滞情報については延滞継続中、延滞解消の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年を超えない期間)

債権回収、債務整理、保証履行、強制解約、破産申立、債権譲渡等
当該事実の発生日から5年を超えない期間
(ただし、債権譲渡の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年を超えない期間)

CIC
異動(延滞・保証履行・破産)の有無
契約期間中および契約終了後5年以内

全国銀行協会(全銀協)
ローンやクレジットカード等の返済状況
(延滞、代位弁済、強制回収手続、解約、完済等の事実を含む)
契約期間中および契約終了日(完済していない場合は完済日)から5年を超えない期間

3つの信用情報機関ごとに対象事例は様々ですが、共通して言えるのは「延滞」や「債務整理」などのトラブルは5年間保管されると考えていいでしょう。
Female

40代 / 女性 / 職業: 派遣社員 / 年収: 100-299万円 / 目的: 趣味・娯楽

ユーザー評価
full star
non star
non star
non star
non star
1.0

私が審査に落ちたのは、どうやら家賃の滞納経験が理由だったようです。家賃の滞納も審査に悪影響らしいので、普段からしっかり管理した方がいいです。

ブラックリストは”完済してから”5年で消える

信用情報機関の保有年数は「完済してから5年間」となっているので、滞納分を支払ったからと言ってカウントが始まる訳ではありません。

Q.5年経てばすぐ審査に通るのか?

Mutou

元 銀行員|武藤英次

完済しなければブラック状態は継続してしまいます

異動情報が登録されてしまった「ブラック」と称される状態は、たとえ延滞が解消されても、借入が完済されるまではブラック状態が継続します。
異動情報は、5年ないし10年で抹消されますが、それは延滞状態の解消ではカウントがスタートしません。あくまでも、完済してからの期間がカウントされのです。
ただし、このブラック状態が解消したとしても、信用情報が真っ白となってしまい、不自然な「空白の5年間」が生じてしまいます。
信用情報がクリアになったばかりだと疑われやすい状況にもあるので、残念ながらすぐにカードローンの審査に通るとは限りません。

監修者のコメントにもある通り、一度でも長期延滞などを起こしてしまうと「完済までにかかった期間+5年間」となるので、実際は保有年数以上となるのです。

知らずに申し込んで審査落ちするケースも…

上記のような信用情報に関する知識がなければ、5年経ったからと言って申し込んでしまい、その結果審査落ちしてしまうのです。

インターネット上でよく見かける「5年経っているのになぜ?」などの疑問が生まれるのは、上記のような状況が起因しています。

本当にブラックリストなのか確認してみましょう!

ブラックリストについて説明してきましたが、「自分は信用情報に問題があるかも…」と思い込んでいる場合も考えられます。

例えば、クレジットカードの支払いで滞納したことがあったとしても、61日以上の長期的なものではなかったケースもあるでしょう。

金融機関からお金を借りる以上、滞納などの行為は絶対に行うべきではありません。しかし、場合によっては信用情報に傷がつくほどのトラブルではなかった可能性もあるのです。

信用情報は前述した各専門機関に申請すれば開示してもらえるので、不安な人は一度照会してみるのをおすすめします。

信用情報の開示方法

では、実際にどのようにして信用情報を開示してもらうのか?例として、CICで開示する方法を紹介していきましょう。

上記のように、お手持ちのスマートフォンを使って情報の開示申請が可能です。サービス時間は8:00~21:45、年末年始も利用できます。

信用情報を開示してもらう際は、手数料として1,000円必要です。支払い方法はクレジットカード決済で1回払いとなっているので、事前に準備しておきましょう。

問題がなければ各種ローンを組める可能性あり

仮に、ブラックリスト入りしていると思い込んでいた場合は、金融機関のローンを利用できる可能性があります。

とはいえ、信用情報以外にもチェックされる要素は多いので、審査を受けてみなければ結果は分かりません。

ローンを組みたいけれど信用情報に不安があった人は、開示結果に問題がなければ申し込んで審査を受けてみましょう。

現金が必要ならカードローンという選択肢もある

まとまったお金を借入する方法として、例えば「カードローン」という選択肢もあります。

カードローンとは、ローン専用カードを利用してATMから現金を借入できる商品です。

大手コンビニに設置されているATMでも利用できるので、まとまったお金を現金ですぐに借りることもできます。

早ければ今日中にお金を借入できる

審査が早いカードローンを利用すれば、最短で今日中にお金を借入できます。

具体的には、最短30分で審査結果が出るカードローンがおすすめです。このようなカードローンは、無人店舗でカードの即日発行もできるので、今日中にお金が必要な方でも、安心して利用できるでしょう。

【注意】無理な借入は避けましょう!

どうしてもお金が必要なときに頼れるカードローンですが、計画的に利用しなければ返済トラブルを起こしかねません。

過去に滞納などを行った経験のある方は、きちんと返済計画を立ててから借入することが大切です。

返済計画に悩む方はこちら

きちんと返済していくつもりでも、長期的な目線でプランを立てている人は意外と少ないのではないでしょうか?

どうやって計画していけばいいのか分からない…そんな方は、以下のフローを参考にしてください。

  1. 完済までの希望期間を設定
  2. 毎月最低限必要な返済額を算出
  3. 収入から捻出できる金額と比較

上記のフローを繰り返し行うことで、理想的な返済計画が組めるでしょう。
返済期間や返済額の計算が苦手な方は、以下の返済シミュレーションをご活用ください。

無理のない借入・返済を心がけて、カードローンを利用していくようにしましょう。

返済金額を計算

毎月の返済金額を計算します

借り入れする
金額
千円
金利 %
完済までの期間 ヶ月

{{ error }}

返済期間を計算

完済までの期間を計算します

借り入れする
金額
千円
金利 %
毎月の返済額 千円

{{ error }}

アイフル
郵送物が届く時間を指定できる、こっそりお金を借りたい人におすすめのカードローン!
本当に融資してもらえるのか、1秒で簡易診断してもらうことも出来ます。
金利 3.0~18.0% 審査 最短30分
限度額 最大800万円 融資 最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

実際に申し込んだ方の口コミを紹介

Male

40代 / 男性 / 職業: 会社員 / 年収: 300-499万円 / 目的: 趣味・娯楽

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.6

過去に債務整理をしており、その影響か大手のローン会社は審査が通りませんでした。アイフルは独自の独立した審査体制を取っているという噂をきいていたので、決めました。

Male

20代 / 男性 / 職業: 会社員 / 年収: 100-299万円 / 目的: 趣味・娯楽

ユーザー評価
full star
full star
full star
half star
non star
3.5

利息が少し高い気がします。でもどこの消費者金融もこの位なので仕方がありませんが、もう少し安くしてほしいものです。ただそれ以外は大満足でした。

ブラックリストだった場合は借入を見送るしかない…

信用情報機関で開示してもらった結果、金融トラブルの情報が残っていた場合は、残念ながらどのローン審査も通過できません。

規定期間が過ぎるのを待つしか方法はないので、カードローンなどの申し込みは見送りましょう。

ブラックOKなどの商品は闇金などの違法業者の可能性大

信用情報にダメージが残っている期間中は、銀行や大手消費者金融、信販会社などがお金を貸し付けすることは絶対にありません。

「ブラックでもOK」などの広告を掲げる金融機関は、闇金などの違法業者である可能性が高いので、絶対に利用しないでください。

法外な金利で貸し付けたり、過度な取り立てを行ったりする可能性もあるので、信用情報に不安があっても手を出さないようにしましょう。

専門家に相談して適切に対処してください

どうしても解決できないお金の悩みを抱えている人は、悪質な業者から借入するのではなく、法的な措置も考慮しておきましょう。

弁護士などの専門的なアドバイスをもらい、今後の方針をしっかり定めてから行動することが大切です。

以下のように、無料相談を行っている機関もあるので、どこに連絡すればいいのか迷ってしまった方はぜひ参考にしてください。

法テラス
電話番号:0570-078374
公式サイト://www.houterasu.or.jp/

まとめ

ブラックリストについて解説していきましたが、いかがでしたか?

長期滞納などの金融事故によって傷ついた信用情報は、5年経てばクリアな状態に戻ります。

保有期間がカウントされるのは、借入金を完済した時点からとなるので、計算する際は注意しておきましょう。

信用情報を確認して、ブラックリストに入っていなかった人は、記事中で紹介した選択肢も検討し、お金の問題を解決していってください。

ブラックに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る