楽天銀行カードローンの審査時間が長引く3つの理由と対処法

2018年10月30日更新

Teduka
この記事のアドバイザ
地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

この記事の要点はこちら
  • 楽天銀行の審査時間について
  • 審査で行われる手続きの内容
  • 審査時間が長引いてしまう理由

楽天銀行スーパーローンの審査時間について

楽天銀行スーパーローン
金利 年1.9%~14.5%
限度額 10万~800万円(10万円単位で選択)
貸付条件 ・満年齢20歳以上62歳以下の方 ※1
・日本国内に居住している方 ※2
・お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または専業主婦の方
・楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができる方 ※3
※1 但し、パート・アルバイトの方、及び専業主婦の方は60歳以下
※2 外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)
※3 当行が認めた場合は不要です
返済方式 残高スライドリボルビング返済方式
遅延損害金 年19.9%

ネット広告やTVCMでもおなじみの楽天銀行では、低金利が魅力的なカードローン「楽天銀行スーパーローン」を取り扱っています。

しかし、申し込んだからと言って誰でも利用できる訳ではなく、以下のように審査を通過しなければいけません。

申込者によっては、審査に時間がかかっていて不安に感じる人もいるのではないでしょうか?

審査自体はスピーディーに行われている

結論から申し上げますと、楽天銀行カードローンの審査時間は、「最短でも翌営業日以降」までかかります。

とはいえ、審査の一部は以下の保証会社が担当しており、審査自体はスピーディーに行われていると考えられるでしょう。

楽天銀行スーパーローンの保証会社
・楽天カード株式会社
・株式会社セディナ

申込者に問題がなければ、保証会社による審査はその日に完了するのが一般的です。

警察庁のデータベースとの照合に時間がかかる

ではなぜ、申し込んだその日に審査結果が届かないのか?その理由は、2018年に行われた個人融資する際のルール改正にあります。

Q.時間がかかる理由は審査だけ?

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

警察庁へ確認を行うためです


銀行カードローンでは、警察庁のデータベースへ「顧客が反社会的勢力に該当しないかどうか」の確認を行うことを義務付けられています。
確認作業には最短でも1日程度かかるので、照合が終わらない限り融資してもらえません。このような理由からも、銀行カードローンは申込から融資実行までに時間がかかってしまうのです。

監修者のコメントにもある通り、すべての銀行が取り扱うカードローンで「警察庁のデータベースと照合する」という手続きが必要になりました。

  1. 1公式サイトから申し込み
  2. 2仮審査
  3. 3本審査
  4. 4(警察庁のデータベースと照合)
  5. 5必要書類を提出
  6. 6契約完了
  7. 7カード発行
  8. 8キャッシング

楽天銀行に限った話ではなく、すべての銀行カードローンの申し込み手続き中に、必ず行わなければいけません。

審査結果が届くのは最短でも翌営業日になる

警察庁のデータベースと照合するには、最短でも1日かかります。つまり、審査結果が分かるのは申し込んでから最短でも翌営業日後となるのです。

より具体的な審査時間については個人差が大きいところで、遅ければ1週間以上待たされるケースもあります。とはいえ、希望日まである程度時間に余裕があれば、特に問題はないでしょう。

楽天銀行カードローンの審査で行われる手続き

では、楽天銀行や保証会社は審査中にどのようなことを行っているのか?一般的な審査の流れは、以下のフローを参考にしてください。

  1. 1申込情報をスコアリング
  2. 2申込者の信用情報を確認
  3. 3職場への在籍確認

専門的な手続きばかりなので、各項目ごとに目的や内容を分かりやすく解説していきましょう。

1|申込情報をスコアリング

まずは、楽天銀行スーパーローンの保証会社によってスコアリング審査が行われます。

 スコアリングとは

統計的モデル(一定のロジック)に基づいて、個人または企業の信用度を点数化(スコアリング化)し、与信可否を迅速かつ中立的に判断するシステムのことをいいます。
=中略=
具体的には、カードの入会審査(初期与信)では、顧客の属性(年齢・年収・勤務先・勤続年数・居住状況等)や個人信用情報機関の個人信用情報を解析してスコアリング化し、またカード発行後の審査(途上与信)では、利用状況や支払状況をスコアリング化します。

限られた時間でより多くの申込者を審査するために、スコアリングシステムによる自動審査が行われているのです。申込者が入力した項目を点数化し、通過基準に達していれば審査通過となります。

2|信用情報の確認

前述した申込情報だけでなく、申込者の「信用情報」も必ず審査で確認されます。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
=中略=
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

過去の金融取引で問題がなければ、返済する意思があると判断してもらえるでしょう。

ここまでの工程は、保証会社である楽天カード株式会社もしくは株式会社セディナのいずれかが担当する「仮審査」となります。

3|職場への在籍確認

保証会社の仮審査が終わると、楽天銀行による本審査に移行します。ここでは、「在籍確認」と呼ばれる手続きを必ず受けなければいけません。

在籍確認が行われる理由は、以下の通りです。

 在籍確認が行われる理由

貸金業法 第13条(返済能力の調査)
貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。

上記の引用文からも分かる通り、在籍確認は勤務情報の裏付けを取るために行われます。会社への電話連絡が基本となっており、働いていることが確認できれば完了です

楽天銀行カードローンの審査に時間がかかることも…

前述してきた通り、楽天銀行スーパーローンの審査では様々な手続きによって、きちんと返済していける人かどうかを判断しています。

申込者に大きな問題がなければ、最短翌営業日にはすべての工程が完了するでしょう。しかし、中には審査時間が数日以上にも及ぶケースもあるのです。

楽天銀行スーパーローンの審査時間が長引く人には、どのような理由があるのか確認していきましょう。

理由1|申し込みが混み合っている

審査時間が長引いている理由として考えられるのは、申込者が多く、手続きが混み合っているケースです。

楽天銀行のように知名度の高い金融機関では、1日に全国から数多くの申し込みがあるので、時間帯や曜日によってはすぐに対応するのが難しい場合もあるでしょう。

土日祝日は対応していないこともあり、週末などは混みやすくなると予想できるので、申し込んだタイミングによっては審査時間が長引くと考えておいてください。

理由2|職場への在籍確認が取れない

職場への在籍確認が取れない場合も、審査時間が長引いてしまいます。

例えば、職場が土日祝日等で休みだった場合、翌営業日に電話連絡が取れるまで在籍確認以降の手続きが進められません。

職場が長期休暇等で、2~3日中にどうしても在籍確認が難しいのであれば、楽天銀行スーパーローンの担当者に電話相談してみるのもいいでしょう。

楽天銀行カードセンター
TEL:0120-988-411
受付時間(年末年始を除く)
平日  9:00~20:30
土日祝 10:00~17:30

理由3|審査の通過基準ギリギリ…

審査時間が長引いてしまうのは、申込者自身に問題があるケースも考えられます。

例えば、審査通過できる基準ギリギリの場合です。スコアリング審査は通過しているものの、何らかの問題があって判断に時間がかかっている可能性もあるでしょう。

1週間経っても結果が届いていない人は、審査落ちしてカードローンが利用できない可能性も考慮しておいてください。

楽天銀行から審査基準が公表されることはない

楽天銀行のカードローンに限った話ではありませんが、事前に対策されるのを防ぐために、審査基準が一般公表されることはまずありません。

仮に、審査に時間がかかっているからと言って楽天銀行へ問い合わせしても、理由は一切教えてもらえないでしょう。

低金利な分だけ慎重に進められている可能性も…

楽天銀行のカードローンは、低金利が魅力的な借入サービスです。しかし、利用者にとってはメリットの大きい要素ですが、楽天銀行側にとってはデメリットになってしまいます。

低金利で融資したものの、借入主が何らかの理由で返済できなくなってしまった場合など、楽天銀行側には貸し倒れのリスクがあるのです。

上記のような貸し倒れのリスクを回避するため、時間をかけて慎重に申込者を審査するのは必然と言ってもいいでしょう。

不安な方は審査状況を確認してみましょう

審査時間が長引いていて不安を感じているのであれば、結果・進捗を確認してみましょう。
楽天銀行に問い合わせてみたところ、以下のような回答がありました。

審査状況は、楽天銀行のカードセンターにて確認できるようです。希望日まであまり時間に余裕がない人は、以下から確認してみましょう。

楽天銀行カードセンター
TEL:0120-988-411
受付時間(年末年始を除く)
平日  9:00~20:30
土日祝 10:00~17:30

楽天銀行以外のカードローンに申し込むのも選択肢のひとつ

 ここから先はこんな人向け 
  • 楽天銀行スーパーローンでは間に合わない…
  • 審査自体は特に問題ないのに…
  • 今日・明日までには借入したい…

どうしてもお金が必要なのに、楽天銀行スーパーローンの審査時間が長引いている。万が一、期日までに借入できなければ、どんなに魅力的なカードローンでも本末転倒です。

期日まであまり時間に余裕がない人は、楽天銀行以外のカードローンにも目を向けてみましょう。

審査の早い消費者金融に目を向けてみる

例えば、審査スピードに定評のある「消費者金融のカードローン」を利用する選択肢もあります。

TVCMでもおなじみのプロミスやアコムなどの大手消費者金融では、最短30分で審査が完了。もちろん、消費者金融も厳正な審査を行っているので、必ずしもお金を借りられるわけではありません。

しかし、楽天銀行と消費者金融では審査の仕組みが違うため、異なる結果がでる可能性は十分にあるのです。

大手消費者金融は成約率を公表している

審査スピードに定評がある大手消費者金融の中には、投資家向けのIR情報として「成約率」を公開しているものがあります。

たとえば、TVCMでもおなじみのプロミスが公表している情報は以下の通りです。

新規申込数および新規顧客数
新規申込数 44,715
新規顧客数 20,754
成約率 46.4%
※2018年5月の数値になります。

確かに審査落ちしている人もいますが、沢山の方がお金を借りられているのも事実。改めて申し込み先を選ぶ際は、こういった点も参考にしてみましょう。

お手持ちのスマホを使って指定口座に即日振込

また、手続きにあたっては特定の銀行口座を開設する必要も無いので、手続きも非常にシンプルです。

「できれば今日・明日中にお金を用意したい」

そういった状況でも、以下のフロー通りに進めれば最短1時間で借入できるでしょう。

  1. 1公式サイトからネット申し込み
  2. 2必要書類を提出
  3. 3最短30分のスピード審査
  4. 4ネット上で契約完了
  5. 5スマホから借入依頼
  6. 6指定した口座に入金

お手持ちのスマホから振込依頼をすれば、ほんの2~3分で指定口座に振り込んでもらえます。

特に、大手消費者金融が提供するカードローンは利用者数が多く、信頼度も高いです。楽天銀行カードローンの審査が長引きそうなら、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

銀行の営業時間外でもカード発行すれば借入可能

上記の方法で借り入れするには、銀行の営業時間内に振込申請をしなければいけません。つまり、遅くとも14時までにはネット申し込み~契約までを済ませる必要があるのです。

仕事や家事が忙しくてそんな余裕はない…そんな時は、以下の方法でATMから借入する方法を活用しましょう。

  1. 1公式サイトから申し込み
  2. 2必要書類を提出
  3. 3最短30分のスピード審査
  4. 4契約完了
  5. 5無人契約機でカード発行
  6. 6近くのATMでキャッシング

一般的な消費者金融の自動契約機は22:00まで営業していますが、審査対応の時間なども考慮すると、遅くても20:00までには申し込みを始めるのがおすすめです。

銀行の営業していない土日祝日でも、コンビニなどのATMから現金を借り入れ出来るでしょう。

おすすめのカードローンはこちら

プロミス
ネット上で申し込めば最短1時間でお金を借りられる、幅広い層から人気のカードローン!
金利 4.5~17.8% 審査 最短30分
限度額 最大500万円 融資 最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アコム
申し込みの手軽さと審査の早さで人気を集める、延べ利用者数1,000万人超えの業界人気トップクラスのカードローン!
金利 3.0~18.0% 審査 最短30分
限度額 最大800万円 融資 最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル
郵送物が届く時間を指定できる、こっそりお金を借りたい人におすすめのカードローン!
金利 3.0~18.0% 審査 最短30分
限度額 最大800万円 融資 最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

楽天銀行のカードローンは低金利が魅力的なサービスですが、利用するには審査を通過しなければいけません。

万が一審査に時間がかかっている人は、申し込んだ時間や自身の収入・信用情報などに問題はなかったか確認してみましょう。

どうしても期日までにお金が必要な場合は、記事中で紹介した審査の早いカードローンも検討し、1日でも早い借り入れを目指してみてください。

審査時間に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る