アコムの金利が高いと感じたときに試してほしい利息と返済負担を減らす方法

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

 この記事はこんな人向けです 
  • アコムの金利はどうしてこんなに高いの?
  • アコムの金利をもう少し安くしたい!
  • アコムより金利の安い借り入れ先は?

今回の記事で、カードローンのお得な使い方をマスターしましょう!

キャッシングを利用するなら、少しでも低い金利で使いたいというのが一般的な考えです。もちろんアコムに限った話でなく、消費者金融大手の「プロミス」「SMBCモビット」であっても、金利は低いほうがお得ということは共通しています。

この記事ではアコムの金利についての知識と、返済の負担が大きくなってしまう理由を紹介します。

またそこから出せる利息の負担を減らす方法を把握しておきましょう。

アコムの金利は特別に高いわけではない

アコムの最大金利は18.0%と他の消費者金融と比べても、大きな差はありません

まずは下記のグラフを確認して、一部大手消費者金融での金利を把握しておきましょう。

  アコム プロミス アイフル SMBCモビット
金利 3.0~
18.0%
4.5~
17.8%
3.0~
18.0%
3.0~
18.0%

わずかにプロミスの上限金利が0.2%低いだけで、アコムも一般的な数値といえます。

18.0%という上限金利は、利息制限法で決められている上限金利よりも2%低く、消費者金融業界では一般的な金利です。

利息制限法第1条「利息の制限」とは?
日本の経済状況に適した利率で、利用者の生活を守るための法律
利息制限法

原文:第一条 金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
 元本の額が十万円未満の場合 年二割
 元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分
 元本の額が百万円以上の場合 年一割五分

最低金利は貸付上限額に左右される

同じ消費者金融の上限金利がほとんど同水準であることに対し、最低金利は3.0%から4.5%と差があります。これは各社が定めている、貸付上限額(※1)に影響されるものです。

基本的に金利とは利用者ごとに異なりますが、それらは利用者ごとに定められている利用限度額(※2)によって決まります。

利用限度額の上限は各社で異なるため、各社によって差があるのです。貸付上限額が高いほど適用される金利は低くなるため、一部の消費者金融では3.0%といった低い金利が設定される可能性があります。

※1|貸し付けることが可能と設定されている理論上の最高額
※2|申込み後、契約者それぞれに設定される借り入れ可能な金額

Q.最低金利が低いカードローンは最初から低金利に利用できるのか

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

最初は最高金利が適用されます

カードローンの金利設定にはかなりの幅があります。
このようなカードローンで最初に適用される金利は、最高金利となることが一般的です。
カードローンの利用状況が良い場合などは、「金利を下げて欲しい」と交渉すれば金利が下がることがありますし、限度額の増額によって金利が下がることがあります。
このように、消費者金融では金利は段階的に下がり、最初から低い金利が設定されることはほとんどありません。

最低金利はあまり意識しなくても良い

最低金利が特に低い消費者金融は、アコムSMBCモビットアイフルの3社が3.0%で、次点がプロミスの4.5%です。

利用の期間やそれぞれに設定される利用限度額により、適用される金利は変動します。しかし最低金利が適用されるのは、ごく一部の高収入な大口融資者のみです。

どんなに頑張っても年収の1/3までしか借りることはできないため、500万円の利用限度額を設定してもらうためには最低でも1500万円の年収が必要になります。

あまり現実的とはいえない数字であるため、最低金利を意識する必要はないでしょう。

無利息期間内に完済すればアコムは金利0!

アコムには、初回30日間は金利が0%になるサービスがあります。
つまり、初めて借りる人は30日以内に完済すれば利息が0円になるわけです。

もちろん、金額によっては簡単に完済できるわけではないでしょう。しかし、数万円程度の借入なら、アコムほど低金利に借りられるカードローンも無いと言えるでしょう。

借り換えれば利息を減らせるかもしれない

アコムで借りたのは良いけど利息が高い
もう少し安い金利で使える所はないの?
みんな、実際どこ使ってるの?

利息を減らす方法のひとつとして借り換えという選択肢をとれます。カードローン利用者としては、少しでも金利が安いカードローンを使いたいと考えるのは当然のことでしょう。

アコムよりも上限金利が低いカードローン

借り換えを検討するなら、まずは金利の設定が低いところを選ぶのが適切な方法と言えるでしょう。アコムを18.0%の金利で使っている人は、なおさらです。

今回紹介するのは、審査にさえ通れば基本的に利息が安くなるカードローンといえます。

最大金利が17.8%のプロミス

アコムの場合は、18.0%の上限金利に対して、プロミスは17.8%となっています。もちろんこれは最大金利なので、それ以下の金利で使える可能性は大いにあります。

初めてプロミスを使う場合は、30日間の無利息期間を使うことが可能です。つまり、1ヶ月間は利息が発生しないので、一時的に楽になることができます。プロミスで借りたお金で、アコムを完済してしまうのも1つの手段です。

アコムよりも安い金利で使いたいなら、プロミスへの借り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

プロミス

金利 4.5~17.8%
毎月の返済 最低4,000円~
10万円借りた場合の
利息
1ヵ月で0円
公式サイト

アコムより金利が低い銀行カードローン

カードローンにおいて金利の安さを重要視するなら、やはり銀行が提供しているカードローンにも目を向けてみて欲しいところです。
具体的には、下記の様なカードローンを検討してみてください。

三井住友銀行カードローン

金利 4.0~14.5%
毎月の返済 最低2,000円~
10万円借りた場合の
利息
1ヵ月で1,208円
詳細はこちら

みずほ銀行カードローン

金利 2.0~14.0%
毎月の返済 最低10,000円~
10万円借りた場合の
利息
1ヵ月で1,167円
公式サイト

じぶん銀行じぶんローン

金利 2.2~17.5%
毎月の返済 最低2,000円~
10万円借りた場合の
利息
1ヵ月で1,458円
公式サイト

支払った利息・返済額の内訳を知ろう

アコムをはじめとする金融機関でお金を借りる以上は、利息はどうしても発生しています。金利が低いに越したことはありませんが、それよりも元金を減らす方が重要です。

元金を少なくすれば、発生する利息も必然的に減ります。適用されている金利がどれくらいで、どのくらいの利息・元金なのか内訳を把握すれば利息を減らすことに繋がるかもしれません。

考えるべきこと

いくら借りればOKなのか
毎月どれくらい返済可能か
いつ完済できるのか

これらをきちんと考えて、お金を借りましょう。以下の記事も、参考になるはずです。

追加払いで元金を減らそう

毎月の返済額には必ず利息が含まれています。しかし裏をかえせば、高い利息も月に1度払ってしまえば、それ以上の支払いは全て元金に充てられるということです。
無理は禁物ですが、余裕があるときは積極的に追加払いを行ってください。元金を減らすことが、利息の総支払額を下げることにつながるのです。

まずは返済シミュレーションを試そう

返済金額を計算

毎月の返済金額を計算します

借り入れする
金額
千円
金利 %
完済までの期間 ヶ月

{{ error }}

返済期間を計算

完済までの期間を計算します

借り入れする
金額
千円
金利 %
毎月の返済額 千円

{{ error }}

計画的に金利の負担を減らしたいなら、返済シミュレーションで返済の計画を見直してみましょう。

理想的な期間で完済するにはどの程度の返済が必要で、利息はどれくらいになるのか。

自分で計算すると複雑になりますが、返済シミュレーションを利用すれば手軽に返済計画をたてることが可能です。

借り方によっては2回目以降も金利無料

アコムの金利0サービスが利用できるのは初回借入時だけですが、借りた日にすぐ返済すれば何度でも金利は無料となります。

たとえば、旅行先で突然財布の残金が尽きてしまった時。アコムで一時的に借り入れし、帰宅後にすぐATMで返済すれば、利用日数が0日と換算され金利も無料になるのです。

30万円程度の借入ならアコムでも金利は安い

賢く使えば金利が実質無料になるアコムですが、実際に借りてみるとすぐ完済できるとは限りません。
しかし、アコムは正規の消費者金融なので、法外な利息を要求される心配もないのです。

例えば、アコムから30万円借りたとして、金利は3万円程度に抑えることができます。

100万円にもなれば流石に金利の負担が大きい

結論、アコムに支払う利息はいくら借りるかによって大きく変わってくるものです。

数十万円なら、計画的に返済できれば安い金利で済むでしょう。しかし、100万円を超える借入ともなれば、最低でも30万円程度の利息が生じてしまいます。

金額が大きくなるなら低金利な銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

金利 4.0~14.5%
毎月の返済 最低2,000円~
10万円借りた場合の
利息
1ヵ月で1,208円
詳細はこちら

みずほ銀行カードローン

金利 2.0~14.0%
毎月の返済 最低10,000円~
10万円借りた場合の
利息
1ヵ月で1,167円
公式サイト

じぶん銀行じぶんローン

金利 2.2~17.5%
毎月の返済 最低2,000円~
10万円借りた場合の
利息
1ヵ月で1,458円
公式サイト

アコムの金利が高いと感じたら様々な選択肢を検討しよう

今回はアコムの金利が高いと感じた人のための選択肢について言及しました。

アコムに限らずキャッシングは利便性にも優れた、お金がない時には非常に助かるものである事は間違いはありません。その反面、高い利息という代償を理解した上で利用しなければいけないのも事実で、その事を理解しないまま借りたのであれば問題です。

元金を減らして利息を安く抑える方法や、銀行カードローンへの借り換えなども検討して、自分にとって適切なマネーライフを送れるようにしましょう。

返済額に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る