福岡銀行カードローンの増額はすぐお金が必要な人に向いてない理由

本コンテンツには、紹介している商品・商材の広告(リンク)を含む場合があります。 これらの広告を経由して読者が企業ホームページを訪れ、成約が発生すると弊社に対して企業から紹介報酬が支払われるという収益モデルです。 ただし、特定の商品を根拠なくPRするものではなく、当編集部の調査/ユーザーへの口コミ収集などに基づき、公平性を担保した情報提供を行っています。
>提携企業一覧
福岡銀行カードローンの増額はすぐお金が必要な人に向いてない理由
この記事に関するアドバイザ・編集者

元 銀行員

武藤英次

銀行の支店勤務にて、カードローン(個人向け融資)の申込み受付・審査・管理などを含むあらゆる業務を経験。10年以上の勤続期間中に、延べ10,000名を超える利用者に適切な提案を行った。

マネット編集担当/キャッシングガイド

奥山 裕基

FP資格を有し、カードローン・商品者金融および貸金業に関する豊富な知識を持つ編集者。関連法規(貸金業法・金融商品取引法等)の理解を深めつつ、多数のローン経験者へのインタビューや金融機関勤務経験者へのヒアリングをもとにリアルな情報収集を怠らず、自身も当サイトにおいて1,000本を超える記事を執筆。生活に欠かせない「お金」だからこそ最適な意思決定を支援したいという理念のもとに情報発信を行っている。

check icon

この記事はこんな人向け

  • 福岡銀行カードローンの限度額が足りない!
  • 増額を検討している
  • 増額の申込で注意することはある?

福岡銀行カードローンを持っていて、急にお金が必要になったものの、限度額が足りなくて焦っている人もいると思います。

そんなときに、「増額」という選択肢が挙がるのではないでしょうか。

マネット編集担当/キャッシングガイド

奥山 裕基

増額に成功すると金利が引き下げられるメリットもあります。一方で、審査結果によっては減額や利用停止になる可能性もあるのはご存じでしょうか。

すぐにお金が必要な人は、増額以外の方法も検討できます。本記事で解説する増額の注意点や、お金をすぐに用意する方法を確認し、出費に備えましょう。

この記事の目次

福岡銀行カードローン「FFGカードローン」とは

福岡銀行カードローン「FFGカードローン」
画像引用:株式会社福岡銀行「福岡銀行カードローン「FFGカードローン」」

福岡だけではなく九州全域の人に、メインバンクとして利用されている福岡銀行。

同行が提供している福岡銀行カードローン「FFGカードローン」は、口座を持っている人にとっては身近な存在と言えるでしょう。

もし限度額を使い切った場合は、増額という選択肢があります。増額できると、限度額の増加や金利引き下げなどのメリットがある可能性もあるのです。

FFGカードローンの金利は、限度額(極度額)によって決まります。

たとえば、現在12.0%の金利が適用されている人は、増額で限度額が200万円を超えると10.0%に引き下げられます。

ご利用限度額 ご融資利率
10万円 ~ 100万円 14.5%
100万円超 ~ 200万円 12.0%
200万円超 ~ 300万円 10.0%
300万円超 ~ 400万円 8.0%
400万円超 ~ 500万円 7.0%
500万円超 ~ 600万円 6.0%
600万円超 ~ 700万円 5.0%
700万円超 ~ 800万円 4.0%
800万円超 ~ 1000万円 1.9%

福岡銀行カードローンを増額する方法

福岡銀行公式サイトでは、契約後の増額は受け付けていないと明記されています。

ただし、福岡銀行カードローンプラザに問い合わせすることで、増額手続きをしてくれる可能性があります。

FFGカードローンQ&A
画像引用:株式会社福岡銀行「福岡銀行カードローン「FFGカードローン」」

福岡銀行カードローンプラザの電話番号は0120-608-292(携帯・PHSからもOK)です。受付時間は、銀行営業日の9:00~20:00となっています。

ただし、原則として増額を受け付けていない金融機関のため、一般的なカードローンの増額審査よりも基準が厳しいと考えられるでしょう。

福岡銀行カードローンの増額審査の特徴

限度額は、必ず審査によって決定されます。そのため、福岡銀行カードローンに増額を申し込むと、改めて審査を受けることになるのです。

いわゆる増額審査というもので、初回申込時とは異なる情報をもとにおこなわれます。初回利用時に審査に通過しても、増額審査で落とされることも珍しくありません。

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

入会審査と増額審査は、時間や審査の厳しさに違いがあります。

入会時の審査は、どの金融機関も審査結果を迅速に連絡できるようにしています。しかし、増額審査はそうもいきません。増額すればより高額の融資をおこなううので、入会時よりも比較的慎重な審査が実施われます。

福岡銀行への返済が遅れていると審査に落ちやすい

増額審査では、福岡銀行カードローンの利用状況も判断材料になっています。

つまり、どの程度お金を借りているか、期日どおりに返済しているかが重視されるのです。

審査の目的は、しっかり返済できる人物であるかの確認です。当然、滞納しがちな利用者は増額審査で不利になります。

特に、現在返済が遅れている人は、増額審査で落とされると考えておきましょう。

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

原則3カ月以上の滞納が続くと、「信用情報機関」に「異動」の信用情報が登録されます。

異動とはすなわち事故情報を指しており、契約終了から5年以内は滞納の情報が登録されるため、この期間中は新しいローンに申込しても、審査に通過できません。

最新の収入証明書の提出が必要

福岡銀行カードローンを増額するにあたって、最新の収入証明書を提出する必要があります。

安定した収入を得ている証拠を提出できなければ、限度額を増やすことはできないのです。

なお、収入証明書としては、以下の書類を提出できます。

check icon

収入証明書の種類

  • 直近2カ月分の給与明細
  • 源泉徴収票の写し
  • 確定申告書類の写し

必要に応じて在籍確認が発生する

初回審査を通っていても、増額審査で再び在籍確認の電話がかかってくることがあります。

異動や転職で勤務先が変わっていたり、年収額に大きな変化があったりすると、在籍確認がおこなわれる可能性が高くなります。

もちろん、電話内容から会社の人に借入を知られる心配はありませんが、事前連絡なく突然電話が掛かってくるケースもあるので注意しましょう。

福岡銀行カードローンの増額審査で起こるリスク

増額する際はかならず審査が必要になります。また、いわゆる増額審査は、必ずしも希望通りの結果になるとは限りません。

場合によっては、予定通りに借りられなかったり、借入限度額が少なくなったりするリスクもあるのです。

申込する前に以下のリスクを把握し、増額するかどうかを判断しましょう。

1.お金が必要なタイミングに間に合わない可能性がある

カードローンの増額審査は、一般的に入会時よりも長引きやすいと言われています。

特に、銀行カードローンは審査において警察庁データベースへの照会を行う工程があるため、最低でも2営業日以上はかかります。

当日〜翌日にお金が必要な状況では、たとえ増額が出来たとしても、お金が必要なタイミングに間に合わない可能性があるのです。

2.審査結果によっては減額される

増額手続きには、審査の結果次第で限度額が減少することがあります。

そもそも、増額とは限度額を見直す手続きであり、審査で「現状もっとも適切と考えられる金額」が設定されます。

審査の結果「現状の限度額は多すぎる」と判断されると、減額の対応となるのです。

過去に福岡銀行カードローンで、滞納などのトラブルがあった人は、減額になる可能性が高いと言えるでしょう。

3.場合によっては利用停止になる

特に重要なのは、審査の結果としてカードローンの利用そのものが完全停止する可能性があることです。

それまでの利用実績が良くなかったり、他社借入・収入状況が極端に悪化していたりすると、取引自体がなくなることもあります。

場合によっては借入金額の一括返済を求められるため、利用実績がよくない人は要注意です。

すぐにお金が必要な人は他社カードローンを検討してみよう

ここまでの内容で、増額が自身のニーズに合わないと感じた人もいらっしゃるのではないでしょうか。

どうしても早めにお金が必要なときは、他社カードローンへの新規申込を検討してみましょう。

もちろん審査が必要ですが、その確認項目は増額審査とは異なります。

また、カードローンの審査基準というものは各社で独自に設定されているので、「増額審査に落ちた」という人であっても借入できる可能性は十分にあるのです。

特に、大手消費者金融のカードローンには、以下のようなメリットがあります。

なお、他カードローンに新規申込するには、福岡銀行カードローンの借入金額をフォームに記入する必要があります。

借入金額は、ふくぎんダイレクトコンサルティングプラザ(0120-788-324)に問い合わせれば確認できます。

マネット編集担当/キャッシングガイド

奥山 裕基

総量規制とは、他社も含めた借入総額が年収の3分の1を超えないように規制するものです。もし福岡銀行カードローン、および他社も含めて年収の3分の1を借入している人は、あらたに借入できないので注意しましょう。

確認ができた方は、以下に挙げた3つのカードローンを検討してみてください。

プロミス│最短3分でお金を借りられる

プロミス

Service image
限度額 最大 500万円
金利 年 4.5% ~ 17.8%
審査 最短3分
融資 最短3分

20~30代にオススメ!即日融資ならネット申し込みがおすすめ!
30日間"無利息期間"があり!カードレスでも可能だから郵送物なし!

公式サイトはこちら
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

プロミスは大手消費者金融のなかでも、最短3分で借入できる利便性の高さが特徴です。

申込内容の不備や信用情報に問題がなければ、即日で借りられる可能性があります。

また、プロミスの運営会社はSMBCグループの「SMBCコンシューマーファイナンス」です。大手金融業者が運営しているため、安心して利用できるでしょう。

公式サイトはこちら

アコム│楽天銀行口座があれば最短10秒で振込融資

アコム

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 3.0% ~ 18.0%
審査 最短20分
融資 最短20分

来店不要で最短20分融資可!周りにバレずに内緒で借入れ可能!
三菱UFJフィナンシャル・グループだからサービスが充実!初めてなら「最大30日間金利0円」でコンビニ利用も可能!

公式サイトはこちら
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アコムの審査に通過し、振込融資の手続きをすると、楽天銀行口座なら約10秒でお金を受け取れます。

三菱UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行・みずほ銀行の口座も、振込融資の受付時間によっては約1分でお金が振り込まれます。

また、アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループが運営しており、2023年12月末現在のカードローン利用者は174万1,000件。多くの人に選ばれている消費者金融です。

公式サイトはこちら

アイフル│提携ATMが多くコンビニで借入可能

アイフル

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 3.0% ~ 18.0%
審査 最短18分
融資 最短18分

初めての利用なら最大30日間の利息ゼロ!
バレずに使いたい人ならアプリが充実している安心・信頼のアイフルで。

公式サイトはこちら
※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。

アイフルは提携ATMが多く、契約当日に急ぎで借りたいときは、スマホアプリでセブン銀行ATM・ローソン銀行ATMからお借入可能です。

その他のATMは、公式サイトの提携ATM一覧からご確認いただけます。別途ATM手数料も発生しますが、緊急時には頼りになる借入方法と言えるでしょう。

なお、アイフルは親会社を持たない独立系の消費者金融であり、審査基準も独自のものとなっています。福岡銀行カードローンの審査に落ちた人でも、アイフルの審査に通過する可能性はあるでしょう。

公式サイトはこちら

大手消費者金融の成約率もチェック

大手消費者金融は、投資家向けのレポートで成約率を公表しています。

以下に、4社の成約率をグラフでまとめています。

いずれも成約率は30~42%程度ですが、最短即日融資でも厳正な審査を実施している証拠であり、信頼性の高い運営をおこなっていると言えるでしょう。

カードローンに申込する際は、このようなデータにも目を向けてみてください。

福岡銀行カードローンの増額に関するよくある質問

Q.福岡銀行カードローンの審査はどれくらいかかりますか?
審査にかかる時間は人によって異なります。たとえば、信用情報に異動情報が登録されていない人なら、スムーズに審査がおこなわれる可能性があります。一方、過去に滞納を繰り返すなどのトラブルを起こしていると、より慎重な審査が実施されるため、審査に時間がかかるでしょう。
Q.もし増額審査に落ちたときはどうすればいいですか?
他にお金を借りられる方法を検討してみましょう。お手持ちのクレジットカードにキャッシング枠があれば、すぐにお金を借りられます。もしキャッシング枠がないときは、即日融資を受けられる消費者金融も選択肢に入れてみてください。

まとめ

福岡銀行カードローンは低金利で利便性の高いカードローンです。しかし、限度額不足になると、必要十分な借入ができません。

その際は増額を考える人も多いでしょう。しかし、増額審査に時間がかかったり、希望する結果にならなかったりする可能性もあります。

もしお急ぎなら、他社カードローンへの新規申込も検討してみてはいかがでしょうか。

審査が早いプロミスや振込が早いアコム、提携ATMが多いアイフルなど、希望する条件と一致する消費者金融を検討してみてください。

おすすめの特集ページ

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
  • ※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る