SMBCモビットから増額案内の電話があっても安易な申し込みはおすすめできない理由

2018年05月28日更新

Mutou
この記事のアドバイザ
元 銀行員
銀行の支店勤務にて、カードローン(個人向け融資)の申込み受付・審査・管理などを含むあらゆる業務を経験。10年以上の勤続期間中に、延べ10,000名を超える利用者に適切な提案を行った。

 この記事はこんな人向けです 
  • 今月、どうしてもお金がたりない
  • SMBCモビットの限度額が足りない
  • 増額って、電話で申し込めるんだっけ?

SMBCモビットの限度額

SMBCモビット
三井住友銀行グループの会社なので、安心感が大きいカードローン!
金利3.0~18.0%審査公式サイト参照
限度額最大800万円融資最短即日
コンビニ
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

三井住友銀行グループの消費者金融、SMBCモビット。限度額の範囲なら自由に借入できる、いわゆるカードローン商品のひとつです。

最大限度額は800万円となっていますが、実際に利用できる金額は審査によって決まるので、無条件に高額借入ができるわけではありません。

限度額は返済能力に応じて決まる

審査の目的は、申し込み者の返済能力を測定し、適切な限度額を算出することです。

要するに、無理なく返済できると思われる金額が、限度額として設定されます。

返済能力は、収入状況・信用情報の状態・他社借入状況など、あらゆる要素を総合的に評価して計測されます。

年収の1/3を超える限度額にはならない

どれだけ返済能力が高い人も、年収の1/3を超える限度額は設定されません。
これは、SMBCモビットが、総量規制という「過剰融資(貸し過ぎ)を防ぐルール」を守る必要があるからです。

 総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。
ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

SMBCモビットの限度額は増額できる

入会当初に設定されるSMBCモビットの限度額は、必要最低限の金額になっています。使い続けていれば、足りないという状況もあり得るでしょう。

そういった場合、所定の手続きを行えば増額も可能です。

増額すれば金利が下がる可能性もある

増額とは、その名の通り限度額を増やす手続きです。この手続きの結果によっては、金利が安くなる可能性があります。

特に、100万円以上まで増額できた場合、利息制限法という法律の都合で、確実に金利が15.0%以下に引き下げられます。

もちろん、確実に金利が下がる保証はありません。しかし、これまで以上にお得な条件で借りられる可能性があるというのは、増額の大きなメリットと言えるでしょう。

 利息制限法

金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
 元本の額が10万円未満の場合 年2割
 元本の額が10万円以上100万円未満の場合 年1割8分
 元本の額が100万円以上の場合 年1割5分

利用状況が良好なら増額案内の電話がくるケースも

ちなみに、SMBCモビットは優良顧客に対して増額を勧める電話を行っています。いわゆる、増額案内です。

増額案内が行われる具体的な条件は不明ですが、以下のような状況に当てはまる場合、いつ電話がかかってきてもおかしくありません。

  • ・入会から半年以上経過している
  • ・1回以上借入している
  • ・前回借り入れ分を完済した
  • ・遅れずに返済を続けている
  • …etc

電話を使ったSMBCモビットの増額方法

増額電話があった場合、そのまま手続きを進めてもらうことも可能です。もちろん、利用者側から電話で申し込んでも構いません。

いずれにせよ、SMBCモビットに電話で増額を申し込んだ場合、以下の流れで手続きを進める必要があります。

SMBCモビット担当者に連絡
増額希望額と利用目的を申告
最新の本人情報を申告
ネット上で収入証明書を提出
増額審査を受ける
提示された金額内で限度額を設定

利用目的や近況についてヒアリングされる

電話で増額を申し込むと、SMBCモビットの担当者からなぜ増額を希望しているのかをヒアリングされます。
正直に理由を話すのが望ましいですが、恥ずかしければ「生活費のため」などと濁しても問題ありません。

ただし、近況については正直に伝える必要があります。
要するに、「収入に関する情報」や「他社借入状況」など、入会時に申し込みフォームに記入した項目の最新情報を伝える必要があるのです。

収入証明書の提出を求められる

電話で増額申込をした場合、その後に収入証明書を提出しなくてはなりません。
これは、申告した収入状況が正しいことを確認できない限り、SMBCモビットは適切な審査を行えないからです。

収入証明書の提出が確認されない限り、SMBCモビットは増額手続きを先に進めてくれません。

SMBCモビットの増額には審査が伴う

収入証明書の提出が完了したら、増額審査が開始されます。

増額とは、限度額の見直しにあたる「契約内容変更手続き」です。当然、具体的な金額は最新の返済能力をもとに算出されるので、改めて審査を受けなくてはなりません。

審査によって再計算された金額内で限度額を再設定できる

審査が完了すると、現状の利用者にとって適切な貸し付け可能額が提示されます。その金額が以前の限度額より大きければ、SMBCモビットの増額は成功したと言えます。

提示された金額内で限度額を再設定すると、その時点で増額手続きは完了です。

増額審査で確認される項目は入会時とは異なる

SMBCモビットの増額審査は、入会する際に行われる審査と確認される項目が異なります。

入会時と違い、増額申込時の利用者には「SMBCモビットでの借入・返済実績」があります。増額審査では、その利用実績が重要な判断材料になるわけです。

利用実績が良好でなければ審査落ちする可能性も

利用実績が確認される以上、まったく借入していない人は、なかなか希望通りの増額ができません。
また、何度借入していても、返済状況に問題があれば審査落ちする可能性があります。

特に、現在SMBCモビットへの返済が滞っているという状況では、増額申し込みそのものができません。
電話で問い合わせたとしたら、担当者から「ご返済いただければ、増額申し込みも可能です」と躱されてしまうことでしょう。

もちろん収入状況や信用情報の状態も重要

どれだけSMBCモビットの利用状況が良好でも、基本的な返済能力が低下していては意味がありません。
審査である以上、最新の収入状況信用情報の現状も確認されます。

収入状況が悪化していたら、希望通りの増額は難しいと考えてください。もちろん、何らかの「お金のトラブル」を起こしている場合、それが原因で増額審査に落ちる可能性もあります。

他社借入状況によっては増額可能な金額に制限が

増額審査では、現状の他社借入状況も確認されます。借入金額・件数が増加している場合、審査落ちする可能性もあるでしょう。

審査落ちは免れたとしても、他社借入金額によっては、SMBCモビットが設定できる限度額の上限に制限がかかります。

前述した総量規制の影響で、SMBCモビットは他社借入金額との合計が利用者の年収の1/3を超える限度額を設定できないからです。

増額を申し込むなら注意も必要

審査が行われる以上、SMBCモビットの増額は安易に申し込まない方がいいかもしれません。場合によっては、希望通りの増額ができず状況が悪化する恐れも。
申し込むのであれば、以下のような注意点を頭に入れておいてください。

増額には時間がかかる可能性がある

SMBCモビットの増額審査には、数日を要するケースがあります。つまり、お金が必要なタイミングには間に合わない恐れがあるのです。

今日中にお金が必要だけど、SMBCモビットの限度額が足りないので困っている。そういった状況で安易に増額を申し込んでも、希望通りの借入はできないかもしれません。

減額・利用停止の可能性もある

増額審査の結果によっては、以前よりも少ない限度額になってしまう恐れがあります。要するに、減額利用停止になる可能性があるのです。

前述の通り、審査とは返済能力を測定する手続き。結果として「以前より返済能力が低下している」と判断されてしまえば、それに応じて借り入れ可能な金額も減ってしまうわけです。

どうしてもお金が必要、そんな人は…

支払い日ギリギリの請求がある
家賃の入金を忘れていた
大事な約束があるのに金欠

お金が無いと本当に困るのに、頼りにしていたSMBCモビットは限度額不足。そういった状況でも、減額や利用停止のリスクがある以上、安易に増額を申し込むことはおすすめできません。

それでも、お金を用意できないリスクは無視できませんよね。
場合によっては、その他の選択肢に目を向けてみてはいかがでしょうか?

他カードローンに新規申し込みとするいう選択肢

その他の選択肢とは、他カードローンに新規申し込みすることです。

もちろん、それにあたっては入会審査を受ける必要があります。しかし、入会時と増額時では審査で確認される項目が異なります。
そのため、SMBCモビットでは希望通りの増額ができなかったという人でも、他社なら十分な借入ができる可能性も十分にあるのです。

新規申し込みなら手間も少ない

SMBCモビットを増額するには、収入証明書を提出しなくてはなりません。手元に書類が無ければ、用意するだけでも手間がかかりますよね。

しかし、他カードローンに新規申し込みする場合は、収入証明書なしでも手続きが可能です。

もちろん、希望額によっては提出を求められるケースもあります。しかし、ある程度の希望額で申し込むのであれば、面倒な思いをせずに済むでしょう。

無利息期間サービスが利用できる

ちなみに、特定のカードローンを選べば30日分の金利がゼロになります。いわゆる、無利息期間サービスというもので、これはSMBCモビットにはないメリットです。

もちろん、希望額によっては「30日分の金利が減っても大きなメリットには感じない」という方もいるでしょう。しかし、SMBCモビットを増額するより、少しでも利息が安くなるというのは事実です。

では、具体的にどういったカードローンなら「無利息期間サービス」を利用できるのか?おすすめは、以下の通りです。

おすすめの大手消費者金融はこちら

アコム
申し込みの手軽さと審査の早さで人気を集める、延べ利用者数1,000万人超えの業界人気トップクラスのカードローン!
金利3.0~18.0%審査最短30分
限度額最大800万円融資最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス
ネット上で申し込めば最短1時間でお金を借りられる、幅広い層から人気のカードローン!
金利4.5~17.8%審査最短30分
限度額最大500万円融資最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル
郵送物が届く時間を指定できる、こっそりお金を借りたい人におすすめのカードローン!
金利3.0~18.0%審査最短30分
限度額最大800万円融資最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

※プロミスの無利息期間サービスを利用するには、メールアドレスの登録とWEB明細の利用が必要です。

まとめ

三井住友銀行グループの会社なので、安心感が大きいSMBCモビット。利用し続けていれば、限度額が足りなくなるケースもあるでしょう。
そういった場合、電話で増額を申し込むというのも解決策のひとつです。増額に成功すれば金利が下がる可能性もあるので、メリットの大きい手段と言えるでしょう。

しかし、増額審査の結果によっては希望通りの借入が出来ないケースも。場合によっては、他選択肢に目を向けた方がいいかもしれません。
例えば、SMBCモビット以外のカードローンに新規申し込みしてみてはいかがでしょうか?
申し込み先によっては、30日分の利息をゼロにできるのでお得です。

アコム
申し込みの手軽さと審査の早さで人気を集める、延べ利用者数1,000万人超えの業界人気トップクラスのカードローン!
金利3.0~18.0%審査最短30分
限度額最大800万円融資最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス
ネット上で申し込めば最短1時間でお金を借りられる、幅広い層から人気のカードローン!
金利4.5~17.8%審査最短30分
限度額最大500万円融資最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル
郵送物が届く時間を指定できる、こっそりお金を借りたい人におすすめのカードローン!
金利3.0~18.0%審査最短30分
限度額最大800万円融資最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

※プロミスの無利息期間サービスを利用するには、メールアドレスの登録とWEB明細の利用が必要です。

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザー一覧バナー
ページトップに戻る