ダイレクトワンは窓口か電話で増額可能!ただし審査に落ちる場合あり

この記事に関するアドバイザ

元 信用金庫職員

高澤志保

短期大学の秘書課程を卒業後、信用金庫で1年7ヶ月間勤務、カードローン審査のサポート業務を担当。金融事務全般も担当し、オペレーターとして数多くのお客様に対応した。第二種証券外務員資格を所有している、金融商品取引のプロ。

この記事の目次

  1. ダイレクトワンとは
  2. ダイレクトワンの増額方法
  3. 審査に落ちるとダイレクトワンは増額できない
  4. ※注意※増額手続きには3つのリスクがある
  5. どうしてもお金が必要なときの今すぐできる対処法
  6. まとめ

ダイレクトワンとは

ダイレクトワン
金利 4.9~20.0%
限度額 1万~300万円
貸付条件 ・20歳~69歳までの、安定した収入のある方
※主婦・パート・学生・アルバイトの方でも安定収入があれば申し込み可能。
返済方式 定額リボルビング方式
遅延損害金 20.0%

スルガ銀行グループの消費者金融、ダイレクトワン
大手ほどの経営規模がない消費者金融ではありますが、銀行系列ということもあり、スルガ銀行の口座を持っている方にとっては申し込みやすいカードローンでしょう。

実際の限度額は審査によって決定される

ダイレクトワンの最大限度額は300万円なので、余裕をもって利用できるように感じた方も少なくないでしょう。
しかし、実際の借入限度額は審査によって決定されます。

審査とは、収入状況・住居状況・信用情報などから返済能力を測定する手続きです。
要するに、現状の限度額は以前の審査時における返済能力に見合った金額が設定されています。

増額によって金利が下がる可能性がある

増額によって限度額が引き上げられた場合、金利が下がる可能性があります。以下のように、利息制限法によって金利の上限は定められています。

 利息制限法

金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
 元本の額が10万円未満の場合 年2割
 元本の額が10万円以上100万円未満の場合 年1割8分
 元本の額が100万円以上の場合 年1割5分

現状の限度額が10万円以下の場合は、増額によって10万円以上100万円未満の限度額が付与されたら金利は最大で18%。現状の限度額が10万円以上100万円未満の場合、増額によって100万円を超える限度額が与えられれば、金利は最大で15%まで自動的に引き下げられるということです。

ダイレクトワンの増額方法

最初から限度額が少なかった
返済前だけど、まとまったお金が必要に
いまの限度額では足りない

残りの限度額では対処しきれないような"お金の問題"が生じた場合、ダイレクトワンを増額するという手段があります。
増額するためには、以下の流れで手続きをとらなくてはなりません。

  1. 窓口か電話で増額申し込み
  2. 申込内容確認・本人確認
  3. 増額審査
  4. 限度額の再設定

申し込みは窓口もしくはお客様相談センターから

ダイレクトワンに増額を申し込む方法は、最寄りの取扱い窓口に来店する・フリーコールのお客様相談センターに問い合わせるという2つがあります。

お客様相談センター
・電話番号:0120-15-2525
・受付時間:月~金曜日(祝日を除く)
       9:00〜18:00

Q.土日・祝日は対応してくれないのか

Takazawa

元 信用金庫職員|高澤志保

より慎重な審査が必要になるため対応してもらえません

増額審査は、入会時以上に厳しくなっており、必ず担当者による判断が求められます。土日・祝日は休業日であり担当者が不在のため、増額審査を進められないのです。
審査の結果、問題ないと判断された場合は増額が決定しますが、勤務先の変更や返済の滞納などがある場合は現状の限度額が減額されたり、契約が解消されたりする恐れもあるので注意してください。

審査に落ちるとダイレクトワンは増額できない

ダイレクトワンを増額するためには、上記で解説した手続きの流れからわかる通り再度審査を受ける必要があります。

そして、その審査は入会審査に通ったからといって通過できるとは限りません。なぜなら、ダイレクトワンの借入・返済状況も加味されるため、入会時とは異なった基準で審査が行われるからです。

増額審査に落ちやすい人の特徴をチェック

ダイレクトワンの増額審査で落ちる人には、一定の共通項が見受けられます。
増額を迷っている方は、以下の6項目に心当たりがないか、セルフチェックしてください。

 増額審査に落ちやすい人の特徴 
返済に遅れがち
ダイレクトワンへの返済に遅れがちな人は、増額審査に対して非常に不利です。
他社借入金額が増えている
他社借入が増えている人は返済能力が下がっているため、審査に落ちやすくなります。
収入状況が改善されていない
転職等で雇用形態や年収状況が悪化していたり、勤続期間が短い人は、返済能力が低下しているため審査に通過しにくくなっています。
金融事故で信用情報が悪化している
クレジットカードや他社ローン商品等で長期延滞を起こした人は、審査落ちする可能性が高いでしょう。その利用状況が金融事故化し、信用情報が傷つくからです。
増額申込時に虚偽申告をする
収入状況等を故意に偽ると、その嘘は必ずバレてしまい、基本的に審査落ちします。
すでに年収の1/3まで限度額がついている
総量規制という制度の都合上、ダイレクトワンは利用者の年収の1/3を超える融資ができません。ダイレクトワンの限度額と他社借入金額の合計が年収1/3近くに達している場合、どう頑張っても増額は望めません。

※増額審査の基準は公開されておらず、金融機関により異なります。弊社での取材・調査によるものである点ご了承ください。

増額に申し込む際は注意も必要

上記6項目に心当たりが無い方も、ダイレクトワンの増額を望むなら申込時に注意すべきことがあります。

 増額申込時の注意点 
希望額を大きくしすぎないように
申し込み額が収入に対して大きすぎると、希望通りの増額ができません。場合によって、審査落ちにつながることもあります。
収入証明書の提出を求められる
50万円を超える限度額への増額を希望する場合、収入証明書の提出が必須となります。
場合によって在籍確認がある
勤務先に変更があったり、収入状況に大きな変化があった場合などは、在籍確認(会社連絡)が生じる可能性があります。

※注意※増額手続きには3つのリスクがある

「自分なら問題なく増額審査に通るだろう」
そう考えている方も、少し待ってください。ダイレクトワンに増額を申し込むなら、それに伴うリスクも頭に入れておきましょう。

安易に増額希望を出すと、思いもよらない後悔をしかねません。

リスク1|増額審査には時間がかかる可能性も

ダイレクトワンの増額審査は、すぐに結果が出るとは限りません。
審査基準が入会時とは異なるため、申し込んでから結果が出るまでに数日以上待たされる可能性もあります。

「今日・明日中にお金が必要」
そんな状況にあるなら、増額は適切な選択肢とは言えないかもしれません。

Q.なぜ増額審査には時間がかかるのか

Takazawa

元 信用金庫職員|高澤志保

より慎重な審査が必要になるためです

金融機関は、増額審査には入会時以上に慎重です。通常、増額申請を受けた金融機関は、通常数日から1週間以上かけて慎重に審査を行っています。
勤務先の変更や経済状態の悪化がある場合、生活の困窮からカードローンの増額を申込んだと判断されて、増額申請が通らないこともあります。

リスク2|審査結果次第で減額・利用停止の恐れも

ダイレクトワンの利用状況次第ですが、増額審査の結果によっては減額処分や利用停止になる恐れもあります。

特に、何度も返済遅延を起こしている方は、増額は返ってリスクが高い手続きと言えるでしょう。
返済をうっかり忘れてしまった。そんな経験が数回以上あるなら、増額申し込みは控えた方が賢明かもしれません。

リスク3|利用制限がかかり借り入れ自体ができなくなるリスクも

ダイレクトワンに増額を申し込むと、残り限度額に利用制限がかかる恐れがあります。そもそも増額とは、契約内容見直しにあたる手続きです。

現状の限度額が「返済能力に対して高すぎる」と判断される可能性があるため、過剰融資のリスクを避けるために、ダイレクトワンとしても一定の制限を設けざるを得ないのです。

どうしてもお金が必要なときの今すぐできる対処法

「支払い日ギリギリの請求があることを忘れていた」
「参加したいイベントがあるのにお金がない」
「どうしても欲しいものがあるのに財布と口座が空っぽ」

お金が無いと本当に困るのに、肝心のダイレクトワンは限度額不足。そんな状況でも、場合によっては安易に増額を申し込まない方が良い可能性があります。

しかし、お金を用意できないリスクは無視できません。
どうしてもお金が必要な状況にあるなら、他の選択肢も検討してみてください。

他のカードローンに新規申し込みをするという選択肢もある

ダイレクトワンを増額するという選択肢は、金利が下がるかもしれないというメリットがあります。しかし、減額や利用停止といった可能性があることを忘れてはいけません。

必要なお金を用意する方法は、増額以外にもあります。例えば、他のカードローンに新規で申し込みをするのも、その1つです。

この方法は複数の金融機関を利用することになるので、より計画的にカードローンを利用する必要があります。

大手消費者金融なら手間がかからない

増額の場合は、基本的に収入証明書の提出が必要になります。

しかし、大手消費者金融のカードローンに新規申し込みをする場合、借り入れ希望額を50万円以下にすることで、基本的に収入証明書の提出をしなくて済むのです。

そのため、収入証明書を入手するのが面倒という方には、大手消費者金融のカードローンに新規申し込みをするという選択肢は適しているかもしれません。

大手消費者金融なら最短60分で融資可能

増額審査は入会時の審査よりも慎重に行われます。そのため審査に数日かかることが多く、必要なときまでに増額できるか分かりません。しかし、大手消費者金融のカードローンの審査は最短30分で結果が出ます。

しかし、最短30分で終わるといっても、深夜に申し込みをした場合、審査は翌日に持ち越されます。ただし、審査は基本的に申し込みをした順番に行われます。

したがって、深夜でも申し込みをしておくことで、翌朝の早いタイミングで審査をしてもらえる可能性が上がるので、申し込むと決めたら早めに行動した方がいいでしょう。

おすすめの大手消費者金融

プロミス

即日融資
審査時間 最短30分
無利息期間
年収の3分の1までなら借りられる
他社を含めたカードローンの借入総額が、年収の3分の1を超えない範囲なら、借りられる可能性あり!

この借入総額には銀行カ―ドローン住宅ローン等は含まれません!(※ただし借り過ぎにはご注意ください)

借入希望額50万円以上場合や、他社借入との合算が100万円以上を超える場合は収入証明書を用意しておきましょう。
10万・30万・50万円借りた場合の最低返済額
10万円 4,000円 / 月
30万円 11,000円 / 月
50万円 13,000円 / 月
※契約内容によっては実際の返済額とは異なるケースがあります。
スマホユーザーにはアプリローンがおすすめ
プロミスの「アプリローン」は、手持ちのスマホひとつあればキャッシングできるサービスです。
審査落ちしてお急ぎの方でも、ネット申し込み後にアプリをDLすれば、セブン銀行ATMですぐ借入できます。
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応となります。
※無利息期間サービスを利用するには、メールアドレスの登録とWEB明細の利用が必要です。

アコム

即日融資
審査時間 最短30分
無利息期間
年収の3分の1までなら借りられます
他社借入総額(銀行からの借入は含まない)が年収の3分の1を超えていなければ、借りられる可能性あり!

2社目以降の借入となる方は、収入証明書として「最新の源泉徴収票」もしくは「直近2ヶ月分の給与明細書」等を用意しておきましょう。
※過度な借入には十分ご注意ください
10万・30万・50万円借りた場合の最低返済額
10万円 3,000円 / 月
30万円 9,000円 / 月
50万円 15,000円 / 月
※契約内容によっては実際の返済額とは異なるケースがあります。
全国で157万3,000人が利用している
アコムの利用者数は、業界トップクラスの157万3,000人となっています。(2019年12月時点)
利用できるATMも幅広く、24時間365日借入ができるため、非常に人気の高いサービスです。
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応となります。

アイフル

即日融資
審査時間 最短25分
無利息期間
年収の3分の1までは借りられます
他社借入を含む金額が「年収の1/3以内」であれば、新規借入できる可能性あり!
(※銀行からの借入は含まれませんが、借り過ぎにはご注意ください)

既にアイフル以外からお借入がある方は、「直近2ヶ月分の給与明細」を用意しておくと手続きがスムーズです。
10万・30万・50万円借りた場合の最低返済額
10万円 8,000円 / 月
30万円 11,000円 / 月
50万円 16,000円 / 月
※契約内容によっては実際の返済額とは異なるケースがあります。
アイフル独自のピッタリ診断もおすすめ
他社ではあまり目にしないサービスですが、申込者の状況に応じて「あなたにピッタリのお借り入れ方法」を提示してくれます。
1秒診断で借入できる可能性があれば、ぜひ活用してみてください。
公式サイトはこちら
※WEBから申し込みの場合。申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応となります。

まとめ

ダイレクトワンは、スルガ銀行グループの消費者金融であるため、安心感には定評があります。しかし、使い続ければ限度額が足りなくなることもあるでしょう。

どうしてもお金が必要なのに、ダイレクトワンには限度額が残っていない。そんなときは、増額という選択肢もありますが、場合によっては他カードローンへの新規申し込みも検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの特集ページ

増額審査に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る