池田泉州銀行カードローンの返済方法と遅延しないための注意点|返済できなそうなときの対応

本コンテンツには、紹介している商品・商材の広告(リンク)を含む場合があります。 これらの広告を経由して読者が企業ホームページを訪れ、成約が発生すると弊社に対して企業から紹介報酬が支払われるという収益モデルです。 ただし、特定の商品を根拠なくPRするものではなく、当編集部の調査/ユーザーへの口コミ収集などに基づき、公平性を担保した情報提供を行っています。
>提携企業一覧
池田泉州銀行カードローンの返済方法と遅延しないための注意点|返済できなそうなときの対応
この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

この記事の目次

お金についてお困りではありませんか?
当てはまるお悩み事をひとつ選択してください。
今日中・明日までにお金を用意したい
借入れについて誰にも知られたくない
審査に落ちないか不安

 この記事はこんな人向け 
  • 池田泉州銀行でお金を借りたい…
  • 効果的な使い方や返済方法は?
  • 返済に遅れそう…どうすれば?

手持ちのお金が足りない時に、池田泉州銀行カードローンを使えば、自由にキャッシングをすることができるようになります。

しかし、借りたお金はきちんと返済しなければいけませんし、返済に遅れると利用者の方が損をすることになってしまいます。

今回は池田泉州銀行カードローンの返済方法、返済日、利息や返済金額について解説し、他社カードローンとの差についても見ていきます。

池田泉州銀行カードローンのサービス内容

池田泉州カードローンは2種類のサービスを提供していて、その内容は若干異なります。

- キャッシュカード一体型カードローン マックスファイブ
限度額 300万円 500万円
金利 14.5% 5.95%

キャッシュカード一体型カードローン

一般的なカードローンサービスとして提供しているのはこちらです。

池田泉州銀行の口座を持っている人でも、そうでない人でも利用できます。

申し込み条件
  • ご契約時の年齢が満20歳以上満70歳未満の方
  • ご本人または配偶者に安定した収入のある方
  • 2府4県(大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県)にお住まいの方
  • 日本国籍の方、または永住許可等を受けている外国人の方
  • 保証会社の保証が受けられる方

マックスファイブ

こちらは少し条件が異なり、池田泉州銀行と一定の取引がある方に限定したサービスです。さらに「税込み年収400万円以上」という条件もついています。

上記のキャッシュカード一体型の申し込み条件に加えて、池田泉州銀行と2年以上の取引があり、かつ以下の取引をしている人に限定されます。

利用可能条件
  • 住宅ローン
  • 給与振込
  • 貸し金庫
  • 定期預金
  • 当行子会社がおこなうクレジットカード
  • 公共料金の自動引落し

池田泉州銀行カードローンのデメリット

地方銀行のカードローンなので、「アコム」「プロミス」といったカードローンサービスに比べると少し自由度が下がってしまうのが難点です。

融資までに時間がかかる

上記の「アコム」「プロミス」といったカードローンサービスは、申し込みをしたその日のうちにお金を借りられる「最短即日融資」が可能です。

しかし、池田泉州銀行の場合は最短で翌営業日以降ですので、そもそも即日融資には向いていません。

近畿圏在住者でないと使えない

また、地方銀行のカードローンにはよくあることですが、近畿2府4県に在住・在勤の方が対象なので利用可能な方は限られてきます。

池田泉州銀行カードローンの返済方法

池田泉州銀行カードローンでは、毎月決まった日に預金口座から自動的に引き落としがなされます。

これが一般的に約定返済と呼ばれる方法です。他にも随時返済、一括返済があります。

カードローンの返済を早く終わらせるためには、随時返済も混ぜていくことも大事になります。

預金口座から毎月自動引き落とし

池田泉州銀行カードローンの毎月の約定返済日は10日と決まっています。この日に指定の預金口座から自動引き落としとなります。

池田泉州銀行のATM、窓口でも返済ができます。
※10日が土日祝日の場合は翌営業日に繰り越されます

自動融資に注意

池田泉州銀行カードローンには「自動融資」の機能がついています。これは、口座の残高がなくなった時に自動的に借り入れされるようになっているシステムです。

返済の際に引き落とし日当日に、入金した場合は自動融資が優先されていることがありますので、ご注意ください。

余裕があれば随時返済で繰り上げを

随時返済とは、約定日以外に繰上げで返済して少しでも早く完済を目指すやり方です。

随時返済が有効なケースとしては、ボーナスが出た時など臨時収入で余裕が生まれた時です。

一方で、無理をしてでも早く返済をしよう、と考えることは逆効果になりかねません。余分に返済したから生活苦になって、新たに借り入れする必要が出てきてしまった、というようなことは避けたいところです。

約定返済日と給料日を常に結びつけて考えておく

カードローンを利用している人の多くは、給料が入ったタイミングで返済を考えることでしょう。

池田泉州銀行の約定日である「毎月10日」に、返済に充てるだけの引き落とし額が入っている状態にしなければいけません。うっかり忘れてしまうと、滞納扱いになってしまうので注意が必要です。

返済額と返済シミュレーション

カードローンでは、借り入れ残高に対して日割りで金利が掛かって利息額が決定します。

これは、どのような方式で計算されて利息が生じているのでしょうか。 その考え方を知っておくのと知らないのとでは、返済に対する考え方がハッキリ違ってきます。それもここで説明しておきますのでこの際に理解しておいてください。

残高スライド元利定額リボルビング方式

銀行カードローンのほとんどが採用している利息の計算方式が「残高スライド元利定額リボルビング方式」です。

元利金等返済方式とも言われますが、利息を毎月同じ金額支払っていくということです。
もっと簡単に言えば、支払い期間を長くする代わりに月々の返済を楽にしていくというメリットがあります。

逆にデメリットとしては、最初は元本がなかなか減らないので支払い総額が多くなってしまいます。

もしも、早く支払いを終わらせたいのであれば、毎月の定額とともに随時返済も積極的に行っていきましょう。

返済シミュレーションによる毎月の返済金額

池田泉州銀行カードローンの借入残高ごとの毎月の最低返済金額を以下に示しておきます。

毎月返済額
  • 1万円以上~50万円以下:1万円
  • 50万円超~100万円以下:2万円
  • 100万円超~200万円以下:3万円
  • 200万円超~300万円以下:4万円

返済額としてはカードローンの中では大きい部類に入ります。金利が一律14.5%ですので、金額が大きくなるほど単純にキツくなるのです。

低金利だからと甘く見ないことが肝心で、余裕を持って返済をしていきましょう。

万が一返済ができそうにない場合

池田泉州銀行の約定返済日までにお金が用意できない場合は、何か別方法を考えなければいけません。10日の時点でお金が口座にないと、必然的に「滞納」扱いになってしまいます。

こうなってしまうと、信用情報機関に記録が残ってしまうので、将来的にお金関係のことで不自由を強いられることとなってしまいます。

そうなる前に何かしらの対策を打つ必要があります。

両親や知人に助けを求める

お金を作るのが難しい場合に、誰かに借りるという選択肢を視野に入れましょう。その場合は、やはり両親が近くにいるなら両親に、居ない場合には親しい知人に頼んでみてください。

その場合は、人間関係が悪化してしまうことを覚悟しておきましょう。当然、事情を正直に話して頭を下げましょう。借金とはそういうものです。

身の回りで売れる物を探す

物を売ってお金にするというのは、シンプルかつ人間関係に影響しない手段のひとつです。

使わなくなった家具や家電、サイズが合わなくなった洋服、飽きてしまったゲームや漫画など。自宅にあるもので売れそうな物を探してみてください。

必要な金額に届く保証はありませんが、不要な私物を売れば誰にも迷惑をかけずお金を用意できるでしょう

他のカードローンで一時的に立て替える

万が一返済できない場合は、他のカードローンを利用して立て替えるという手段も有効です。

もちろん、複数のカードローンを使う場合には借入額と返済についてはきちんと管理しなければいけませんが、一時的にピンチと凌ぐという意味で選択肢の1つに考えてみてください。

早ければ今日中にお金を用意できる

例えば、審査が早い大手消費者金融のカードローンを検討してみてください。
大手消費者金融のカードローンは審査時間は最短20分で、早ければ今日中にお金を借りることができます。

今日中に返済の問題を解決したいという人には、おすすめのカードローンといえるでしょう。

ただし金利は高い

大手消費者金融のカードローンは便利なのが特徴ですが、高い金利が設定されています。
池田泉州銀行カードローンの金利の上限は、キャッシュカード一体型は14.5%、マックスファイブは5.95%なのに対し、大手消費者金融のカードローンの金利の上限は18%です。

金利が高い分、利息が多く発生してしまうため、返済に限って利用するなどの工夫が必要です。

選ばれているカードローンサービス

アコム

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 3.0% ~ 18.0%
審査 最短20分
融資 最短20分

来店不要で最短20分融資可!周りにバレずに内緒で借入れ可能!
三菱UFJフィナンシャル・グループだからサービスが充実!初めてなら「最大30日間金利0円」でコンビニ利用も可能!

公式サイトはこちら
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

プロミス

Service image
限度額 最大 500万円
金利 年 4.5% ~ 17.8%
審査 最短3分
融資 最短3分

20~30代にオススメ!即日融資ならネット申し込みがおすすめ!
30日間"無利息期間"があり!カードレスでも可能だから郵送物なし!

公式サイトはこちら
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アイフル

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 3.0% ~ 18.0%
審査 最短18分
融資 最短18分

初めての利用なら最大30日間の利息ゼロ!
バレずに使いたい人ならアプリが充実している安心・信頼のアイフルで。

公式サイトはこちら
※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。

【まとめ】池田泉州銀行カードローンの返済は残高不足には要注意

お金を借りるのには便利な池田泉州銀行カードローンですが、返済の方法と期日には十分に注意しなければなりません。

銀行カードローンの中には、こうした自動融資を行うタイプのものもあるので、気をつけましょう。

どうしても返済が追いつかない時や、他のカードローンへの乗り換えを考えた時には、紹介した利用者数の多いカードローンを検討してみてください。

おすすめの特集ページ

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
  • ※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る