東京スター銀行スターカードローンで審査落ちなる5つ理由と緊急時の対処法

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

この記事の目次

  1. 東京スター銀行スターカードローンの概要
  2. スターカードローンの審査基準
  3. 審査に落ちてしまう5つの原因

 この記事はこんな人にオススメ 
  • どうしてもお金が必要
  • 東京スター銀行のスターカードローンを利用しよう
  • 審査落ちしてしまった...。

東京スター銀行スターカードローンは、金利がとても低く人気のカードローンです。

しかし、利用できる人は審査に通過した人だけであり、落ちてしまった人は1円すら借りることができません。

今回は、東京スター銀行のスターカードローンで審査落ちする人の特徴を解説します。どうしてもお金が必要という人は、参考にしてみてください。

東京スター銀行スターカードローンの概要

東京スター銀行「スターカードローン」
金利 1.8%〜14.6%
限度額 10万〜1000万円
貸付条件 ・お申し込み時、満20歳以上、65歳未満の方
・定期的な収入がある方(パート・アルバイト・年金生活者・学生も可)
・保証会社の保証が受けられる方
・東京スター銀行のスターワン口座を持っている方
返済方式 残高スライドリボルビング方式
返済期間 1年毎の自動更新
遅延損害金 借り入れ利率と同様

東京スター銀行のスターカードローンは低金利。年率1.8%~14.6%の間で借り入れができます。

申し込みはインターネットでき、来店不要で借り入れができます。

突発的な出費が発生したい場合や、高額なお買い物をしたい場合に、利用している人が多くいます。

スターカードローンの審査基準

東京スター銀行スターカードローンに限らず、カードローンやキャッシングを利用する場合は必ず審査を受けなければなりません。

どうしても不安になってしまう審査ですが、東京スター銀行カードローンの審査は厳しいのでしょうか。

返済能力がないと審査に落ちてしまう

東京スター銀行スターカードローンは、審査において借入希望者の返済能力を基準にしています。

東京スター銀行のスターカードローンは無担保(保証人・保証金不要)で融資を行う金融商品ですので、貸し倒れを予防するために審査は欠かせないのです。

スコアリングシステムによる審査

審査時にはスコアリングというシステムが使われており、半自動的に申込者の返済能力をスコア(点数)化しています。

もしこのスコアが、東京スター銀行が設けている審査基準に達しなければ、問答無用で審査は落ちてしまいます。

会社への電話による在籍確認

東京スター銀行スターカードローンの審査終盤には、在籍確認が行われます。在籍確認とは勤務状況の裏付けを目的に行われる手続きであり、基本的には電話で確認されます。

電話は担当者個人の名前でかかってくるので、利用者本人が堂々としていれば周囲に「お金を借りる事実」がばれたりはしないでしょう。

また在籍確認では、借入希望者がその職場で勤務していることが確認できれば良いので、例えば席を外していても、電話をとった人が「〇〇は席を外しております」と返答すれば、それだけで在籍確認は完了となります。

審査に落ちてしまう5つの原因

東京スター銀行のカードローンを利用するための審査ですが、その基準はどこにも公開されていません。

そのため「どうすれば絶対に審査を通過できるのか」という、明確な答えを設けることはできないのです。

しかしこれまでの統計や審査内容から、審査に落ちてしまう理由を5つにまで絞り込むことはできます。

【1】虚偽情報での申し込み

審査は基本的に、申し込みフォームに入力してある内容を基に、返済能力といったものを見ています。しかし申し込みフォームの内容に虚偽があると、問答無用で審査に落ちてしまうのです。

ちょっとした入力ミス程度であれば、電話での本人確認時に訂正できます。しかし審査内容を有利に進めるための誤情報は、判明した時点で審査に落ちます。

詐欺の恐れもありますが、何より金銭の貸し借りという、信頼関係が成り立たないからです。

【2】収入が不安定

審査をするうえで、最も大切な要素といえば安定した収入です。

一言に安定した収入とはいえ、以下の要素を総合的に鑑みなければいけません。

安定収入のポイント
  • 勤続年数が長いこと
  • 正社員といった安定した雇用形態
  • 怪我や解雇のリスクが少ない業種/職種
  • 傾くおそれのない会社規模
  • 年収金額

この中でも特に大切な要素は、勤続年数の長さでしょう。

高収入であったとしても転職を繰り返していたり、転職して間もない状態であったりすると、審査には不利といえます。

【3】他社借り入れが多い

審査をするにあたっては、現在の借入状況も審査の材料になります。借入状況は申告をしなければならないのですが、申告をしなくても信用情報機関に照会すればわかるのです。

もし他社借り入れがあまりに多かったり、何件もの消費者金融から借り入れていると、返済能力がないと判断されます。

【4】短期間に申し込みすぎている

審査をするうえでは、直近の融資申込状況も見られます。申込情報も信用情報機関に記録され、他の金融機関でも確認することが可能です。

明確な数値は公表されていませんが、直近1ヶ月で4件以上の申し込みをしていると、審査の通過は厳しいと考えておきましょう。

【5】金融事故が過去5年以内にある

申込情報や借入状況とともに、これまでのクレジットカードや融資の返済状況も確認されます。

過去5年以内に強制解約や債務整理といった、大きな金融トラブルがあると、審査の結果は厳しいでしょう。

特に東京スター銀行の保証会社をしている新生フィナンシャル株式会社で金融トラブルがあれば、審査に落ちてしまう可能性があるでしょう。

信用情報に不安がある場合は開示請求を行うことができる

過去の金融取引におけるトラブルに心当たりがあるなど、信用情報に不安がある場合には、信用情報の開示請求をおこないましょう。
信用情報を管理している3つの機関ではそれぞれ会員によって異なる情報を収集・管理しており、共通してインターネットから情報開示の申込みをすることもできますので、ホームページから詳細を確認しましょう。

信用情報機関 主な会員
JICC
日本信用情報機構
・消費者金融
・信販会社
CIC
割賦販売法
貸金業法指定信用情報機関
・クレジットカード会社
・信販会社
JBA
全国銀行個人信用情報センター
・銀行
・銀行系カード会社

JICC(日本信用情報機構)

〒110-0014
東京都台東区北上野一丁目10番14号
住友不動産上野ビル5号館
0570-055-955
公式HP

CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)

〒160-8375
東京都新宿区西新宿一丁目23-7
新宿ファーストウエスト15階
0570-666-414
公式HP

JBA(全国銀行個人信用情報センター)

〒100-8216
東京都千代田区丸の内1-3-1
0120-540-558
公式HP

審査落ちに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る