アコムで今日中に3万円借りる方法と利息を節約できる賢い返済術

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

この記事の目次

  1. アコムで3万円ほど借り入れしたい!
  2. アコムで3万円借り入れするための条件
  3. アコムを利用する際の注意点
  4. 学生もアコムで借入れをすることができる
  5. 家族に知られたらやばい…家族に内緒で借りる方法
  6. 効率的な返済計画を立てて賢く利息を節約しよう!
  7. 返済の見通しを立てたらアコムに申し込み!
  8. まとめ

 この記事はこんな人向け 
  • アコムで3万円借りたい!
  • 利息ってどれくらいかかるの?
  • 少額でもいいから節約したい

予定していなかった出費に対応すべく、「アコム」のような大手カードローンの利用を検討する人は意外と多いのではないでしょうか?

しかし、金利が高いイメージがあるので、3万円程度の借入でも返済面に不安を感じてしまうものです。

実際に3万円借りた場合の利息をシミュレーションしつつ、効率的に節約していける方法を確認していきましょう。

アコムで3万円ほど借り入れしたい!

『家賃の支払日なのに残高が足りない』
『友人に出産祝いを包みたいけど金欠』

急にお金が必要になったとき、申し込んだその日に借りられる「アコム」は非常に便利なカードローンです。

保証人などを立てる必要もなく、全国145万人以上に利用されている人気の借入サービスとなっています。

Q.どうして無担保で借り入れできるの?

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

個人の信用に対して融資するためです。

カードローンは、担保や保証人などは不要です。担保や保証人が必要な融資は時間がかかるため、気軽さとスピードが重視されるカードローンには向いていません。

そこで、個人の信用に対して融資を行うのです。

具体的には個人の借入や支払いに関する情報が全て記録されている信用情報から判断し、問題なければ融資を行うという方法を採用しています。

返済していけるのか不安を感じやすい…

アコムから3万円を借りようと考えるものの、多くの人は返済面に不安を感じてしまうものです。

返済に不安を感じる3つの原因
いくら利息がかかるのか分からない
返済期間の目途がまったく立たない
どうやって返済してくのか知らない

アコムに対して上記のような不安を抱く人もいますが、きちんと仕組みを把握し、無理なく利用すれば過度に心配する必要はないのです

アコムで3万円借り入れするための条件

アコムでは、申込者の収入や信用情報の状況など、一定の条件をクリアしていれば30万円を融資してもらえます。

申し込みを検討している人は、利用可能かどうか下記の条件をセルフチェックしてみてください。

条件1|安定した収入がある

アコムからお金を借りるには、確実に返済していける収入があるかどうかが重要です。

大手消費者金融であるアコムのカードローンは、総量規制の対象になるので、年収の1/3以上は借り入れできません。

 総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。
ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

借入を希望する金額が3万円程度なので、毎月一定の給料が入れば、アルバイトやパート収入でも特に問題ないのです。

条件2|信用情報がクリア

アコムから3万円を借り入れする際は、信用情報に傷がついていないかどうかも大切なポイントです。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
=中略=
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

他の支払いで3ヶ月以上の長期滞納をしていたり、債務整理をしたりしていると、金融事故として信用情報にダメージが残ります。

毎月のクレジットカードや携帯料金をきちんと支払っていれば問題はありませんが、申し込み前に一度確認しておいてください。

アコムを利用する際の注意点

3万円程の少額な借り入れであっても、アコムから借入する以上は、利息や返済方式に注意しなければいけません。

申し込み前に仕組みを把握せずに利用し始めてしまうと、返済トラブルや余計なお金を支払ってしまう可能性もあるのです。

注意点1|金利分の利息を毎月支払う

アコムからお金を借りる際は、毎月の返済額と一緒に金利分の利息を支払わなければいけません。

初めてアコムを利用する場合は、最大金利の18%が適用されるので、毎月下記のように利息が発生します。

利息の計算例
例)借入3万円、金利18%、毎月3,000円返済
1ヶ月目 ⇒ 443円
2ヶ月目 ⇒ 392円
3ヶ月目 ⇒ 342円
    :

上記の条件でアコムから3万円借りる場合は、総額を計算すると「2,757円」の利息がかかることが分かります。

実際に数値を確認してみると、想像していた以上に利息負担は軽いと感じるかもしれません。

注意点2|リボ払いで長期返済が基本

アコムの返済方式では、決められた最低金額を毎月返済していく、「リボ払い」が基本です。

 「リボ払い」とは?

リボ払いは、毎月あらかじめ指定した一定額を返済してゆく方式である。
回数指定の分割払いが各々の件に個別に指定するものであるのに対し、リボ払いでは各々の件に対してではなく残高全体について毎月返済することによって合計残高を減らしてゆく。

毎月の返済額は3,000~5,000円程なので楽に感じますが、長期的に返済していかなければいけません。

返済期間別の利息総額
例)借入3万円、金利18%
3ヶ月完済 ⇒ 930円
6ヶ月完済 ⇒ 1,684円
9ヶ月完済 ⇒ 2,365円
12ヶ月完済 ⇒ 3,198円

上記のように、返済期間が長引くほど利息負担は大きくなってしまうので、早期に完済する必要があります。

学生もアコムで借入れをすることができる

アコムは次のように利用条件を定めています。

20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

出典: 貸付条件|アコム 公式HP

20歳以上で、安定した収入があり、契約時の審査で返済能力があると認められればアコムを利用することが可能です。

ただし、あくまでも申し込みの条件に該当するというだけなので、審査に通らなければアコムを利用することはできません。

学生であっても過去の金融取引の履歴に注意する

アコムでは、学生に対してもきちんと審査が行われます。

過去にクレジットカードの延滞や携帯電話料金の延滞を起こしてしまっており、それが信用情報として記録されてしまっている場合には、アコムには通りませんので、注意が必要です。

家族に知られたらやばい…家族に内緒で借りる方法

アコムを利用することを、家族に知られたくないという人は多いでしょう。
アコムでは、周囲の人に知られずカードローンを利用できるような手続き方法が用意されています。

契約書類やカードは自宅に郵送されないように申し込む

アコムの契約手続きは、ホームページからや自動契約機でも進めることが可能です。
ホームページから申し込みをして、契約書類やカードの受け取りを自動契約機で行えば、自宅に書類が届くことはありません。

効率的な返済計画を立てて賢く利息を節約しよう!

アコムに返済していく際は、毎月利息を節約しながら短期間で完済するのが理想的です。

効率的な返済計画を立て、利息を確実に節約できる返済術を確認してから、アコムに申し込んでください。

希望する返済期間から逆算する

どのように返済計画を立てていのか分からない…そんな人は、下記のフローを参考にしてください。

  1. 完済までの希望期間を設定
  2. 毎月最低限必要な返済額を算出
  3. 収入から捻出できる金額と比較

月々の返済額に無理があると感じた場合は、理想的な金額になるまで返済期間を見直し、再度計算してみてください。

副業などをおこないながら不足分を補足する方法もあるので、状況に応じて検討してみるのをおすすめします。

繰り上げ返済するのが理想的

返済計画を立てつつ、お金に余裕がある月は、コンビニATMを利用して「繰り上げ返済」をしていくのが理想的です。

繰り上げ返済の効果
例)借入3万円、金利18%
返済額 3,000円 ⇒ 利息総額 2,757円(10ヶ月完済)
返済額 5,000円 ⇒ 利息総額 1,684円(6ヶ月完済)
返済額 10,000円 ⇒ 利息総額 930円(3ヶ月完済)

毎月の返済額よりも多く返済して借入残高を減らせば、利息の節約だけでなく、早期完済にも繋がります。

利息を節約しながら返済する方法をしっかり覚えて、アコムに申し込んでみてください。

返済の見通しを立てたらアコムに申し込み!

3万円を無理なく返済していける目途が立った人は、さっそくアコムに申し込んでみてください。

手続きをスムーズに進められるように、必要書類や申し込み方法を事前に確認しておきましょう。

必要書類を用意しておく

アコムへの申し込み時には、「本人確認書類」が必要になります。

書類と言っても、下記のいずれかを手元に用意しておけば問題ありません。手続きをスムーズに進められるように準備しておいてください。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 個人番号カード

申し込みする前に準備しておくことで、手続きの手を止めず、スムーズに進められます。

2度手間防止として、本人確認書類に現住所が記載されているかを確認しておきましょう。

ネット申し込みを利用する

  1. 公式サイトから申し込み
  2. 必要書類を提出
  3. 最短30分のスピード審査
  4. 契約完了
  5. 自動契約機でカード発行
  6. 近くのATMでキャッシング

アコムを利用する際は、スマホやPCから申し込める「ネット申し込み」がおすすめです。

面倒な書類提出も、スマホで撮影した画像をネット上にアップするだけなので、短時間で手続きを進められます。

24時間受付対応しているので、時間を気にせず、借りたいと思ったそのときに申し込みしてみてください。

土日祝日でも対応できる

契約後にアコムの自動契約機(むじんくん)に行くことで、その日にローンカードを発行可能です。

自動契約機の営業時間
営業時間:8:00~22:00(年中無休)
※一部営業時間が異なります

ローンカードを発行しておけば、最寄りのコンビニATMから土日祝日であっても24時間いつでも現金を引き出せます

利用限度額までなら1日に何度でもキャッシングできるので、不安な人は少額ずつ利用してみてください。

アコム

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間

すぐお金が必要な方におすすめ。
初めてのお借入れにおすすめ。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

アコムで3万円借りた場合の利息をシミュレーションしつつ、効率的に節約できる返済方法を紹介していきました。

記事中の大切なポイント
安定収入や信用情報を確認しておく
毎月の返済額は3,000~5,000円程度
長期的になるほど利息の負担は大きい
無理のない範囲で繰り上げ返済していく

上記のポイントを踏まえて、手持ちのスマホや自宅のPCからインターネット申し込みしてみましょう。

アコムに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る