カードローンの借入金額はいくらまで?決まり方や限度額が高い借入先

本コンテンツには、紹介している商品・商材の広告(リンク)を含む場合があります。 これらの広告を経由して読者が企業ホームページを訪れ、成約が発生すると弊社に対して企業から紹介報酬が支払われるという収益モデルです。 ただし、特定の商品を根拠なくPRするものではなく、当編集部の調査/ユーザーへの口コミ収集などに基づき、公平性を担保した情報提供を行っています。
>提携企業一覧

カードローンの借入金額には、「貸付可能な上限額」「利用可能な上限額」が設定されています。

実際に借りられる金額は所定の審査で決定されますが、契約後に増額も可能です。

このようなカードローンの借入限度額の決まり方や増額する際の注意点、限度額が高く設定されている借入先もあわせて紹介しましょう。

この記事の目次

カードローンの借入限度額とは

カードローンの借入金額には上限があり、カードローン会社や申込者によって異なります。

この上限を「借入限度額」といいますが、2つの意味合いがあるため混同しないようにしましょう。

  • カードローン会社の貸付可能な上限額
  • 個人に設定される利用可能な上限額

カードローン会社の貸付可能な上限額

カードローンのサービスとして、会社ごとに貸付可能な上限額が定められています。

例えば、貸付上限額が500万円の場合、誰でも500万円まで借り入れできるわけではありません。
あくまでも、申込者に対して融資する上限額を示しています。

各カードローン会社のホームページで貸付上限額が記載されているので、希望の借入金額に照らし合わせて確認すると良いでしょう。

個人に設定された利用可能な上限額

利用可能な上限額は、貸付可能な上限額の範囲内で個人ごとに設定されます。

最大でいくらまで借りられるのか、契約時に設定されるのが一般的です。貸付限度額の範囲内で、希望金額を申込みましょう。

お申込後の審査を経て、無理のない範囲で利用可能な上限額が決定されます。

利用限度額の範囲であれば何度でも借入可能

カードローンの利用状況に延滞などがなければ、利用限度額の範囲内で、何度でも借入を行うことができます。

お金が必要なタイミングで何度でも借りられる点が、カードローンのメリットの1つです。

例えば限度額が50万円に設定さえれてる場合、最初に20万円を借入れた場合は、追加で30万円までなら借りることができます。

一方で、追加の借入れを繰り返すと、返済期間が長期化することに注意しましょう。

カードローンの借入限度額に関連する基準

カードローンにおいて、個人の借入限度額を決定する主な基準は以下の3点です。

  • 総量規制
  • 収入や返済能力
  • 他社での利用状況

総量規制

総量規制は、年収の3分の1を超える貸付を禁止する、という貸金業法に定められたルールです。

つまり、総量規制が影響するカードローンの場合は、借入限度額が申込者の「年収の3分の1まで」となります。

また、総量規制は他社からの借入残高も合算して判定するため、複数の借入れがある場合は借入金額の合計を確認しておきましょう。

(過剰貸付け等の禁止)
第十三条 貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合において、前条第一項の規定による調査により、当該貸付けの契約が個人過剰貸付契約その他顧客等の返済能力を超える貸付けの契約と認められるときは、当該貸付けの契約を締結してはならない。
「個人過剰貸付契約」とは、個人顧客を相手方とする貸付けに係る契約及び極度方式貸付で、当該貸付けに係る契約を締結することにより、当該個人顧客に係る個人顧客合算額が当該個人顧客に係る基準額(その年間の給与及びこれに類する定期的な収入の金額として内閣府令で定めるものを合算した額に三分の一を乗じて得た額)を超えることとなるものをいう。

出典: 貸金業法

総量規制の対象となるのは、貸金業者からの個人への借入になるため、法人向けサービスのほか、貸金業者に該当しない銀行は対象外となります。

総量規制とは?対象外の貸付や借入できなかったときの対処法も解説
カードローンに申込みするうえで、総量規制について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。気になるポイントはすべて押さえているので、参考になると思います。

安定収入などの返済能力

借入の際には、安定した収入や返済し続ける能力があるかどうかが、借入限度額を決定する基準の1つになります。

実際に、「安定した収入と返済能力を有する人」「定期的な収入と返済能力を有する人」などの条件を挙げるカードローン会社が多いです。

安定した収入があると、借入後の返済に問題がないと判断される重要なポイントになるといえます。

他社での利用状況

他社での利用状況も、借入限度額の決定に大きく影響する基準の1つです。

クレジットカード、ローン、割賦払いなどの利用状況は信用情報機関に登録されており、カードローン会社は申込者の信用情報を確認します。

他社での利用状況で、返済の延滞や債務整理といった金融事故があると、希望通りの借入限度額にならないばかりか、借入ができない可能性もあります。

信用情報機関とは

信用情報機関とは、金融機関から収集した個人の信用情報を管理し、金融機関の照会に応じて提供する機関のことです。

日本にある信用情報機関は、以下の通りです。

株式会社シー・アイ・シー(CIC)
株式会社日本信用情報機構(JICC)
全国銀行個人信用情報センター

これらの機関は、個人で開示請求を行い、自分の信用情報を確認することもできます。

信用情報とは?ローンの審査に影響する理由と回復までの期間
信用情報に傷がつくと、他のローンの審査に通らないとなど、様々なリスクがでてきます。本記事では、信用情報に傷がつく原因や期間について解説しているので、参考にしてください。

契約後にカードローンの借入限度額を増やす際の注意点

契約後に限度額を増やしたい方は、カードローン会社に申請すると増額してもらえる場合があります。

その際に押さえておきたい注意点は、以下の3点です。

  • 事前申し込みや審査が必要になる
  • 希望通りに増額できない可能性がある
  • 収入証明書類の提出が求められる

事前申し込みや審査が必要になる

契約後にカードローンの借入限度額を増やす際には、事前に増額の申し込みを行ない、審査を通過する必要があります。

増額の申し込み方法は、大きく分けて以下の4つの方法で申し込みが可能です。

  • WEB
  • 電話
  • 自動契約機
  • 店頭窓口

なお、申し込み方法はカードローン会社により異なるので、ホームページなどから確認しましょう。

増額における審査は、新規契約に比較すると今までの利用実績があるため、審査時間が短い傾向にあります。

今までより多くのお金が必要になったというケースでは、他社へ新規で申し込むよりも増額した方が良いといえるでしょう。

カードローンの増額とは?条件・方法やメリット・デメリットなど全て解説
カードローンの増額について、条件や所要時間などを解説。増額審査で見られる項目や、増額のメリット・デメリットについても解説しています。

希望通りに増額できない可能性がある

増額を申請したものの、希望通りに上限を上げてもらえない可能性があるのでご注意ください。

理由としては、以下3つが考えられます。

  • 総量規制を超えている
  • 初回契約時より年収が下がった
  • 返済を延滞した履歴がある

気になる項目がある方は、以下で詳細を確認しておきましょう。

1.総量規制を超えている

総量規制により、借入可能額は年収の3分の1までと定められていることから、すでに複数のカードローンを利用していると、希望通りに増額できない可能性が高いです。

増額により総量規制を超えるケースが該当します。

増額を検討するのであれば、貸金業者からの借入総額が年収の3分の1未満であること、増額によって超えてしまはないかを把握しておきましょう。

2.年収が下がった

初回契約時より年収が下がったことで、増額に対する返済能力に懸念があると判定されると希望通りの上限アップは見込めません。

また、増額申し込み時点で総量規制の上限に近い金額となっている場合は、年収が下がった分、借入限度額の引き下げされる可能性もあるのでご留意ください。

3.返済を延滞した履歴がある

返済の延滞した履歴があることも、希望通りに増額とならない理由になります。
現在のカードローンに加えて、他社での利用もすべて信用情報機関に登録されているためです。

ただし、これまでの利用実績が評価されるケースもあるため、利用しているカードローン取扱先へ事前に増額の相談をしてみると良いでしょう。

収入証明書類の提出が求められる

契約後にカードローンの借入限度額を増やす際に、収入証明書類の提出が求められます。

  • 希望の借入額が50万円を超える
  • 希望の借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える

収入証明書類は、以下に示す書類のうちいずれか1点を提出します。

  • 源泉徴収票(直近の期間)
  • 支払調書(直近の期間)
  • 給与の支払明細書(直近の2カ月分以上)
  • 確定申告書(直近の期間)
  • 青色申告決算書(直近の期間)
  • 収支内訳書(直近の期間)
  • 納税通知書(直近の期間)
  • 納税証明書(直近の期間)
  • 所得証明書(直近の期間)
  • 年金証書
  • 年金通知書(直近の期間)
カードローン申込時に収入証明書は必要?提出不要な条件を紹介
カードローンに申込する際に収入証明書が必要になるケースがあります。本記事では収入証明書が必要になる条件などを詳しく解説しているので参考にしてください。

借入限度額が高めのカードローン6選

数あるカードローンの中でも、借入限度額が比較的高めに設定されているものを6つ厳選して紹介します。

カードローン会社によって借入限度額以外のスペックも異なるので、お申込前にしっかり検討しましょう。

商品名 借入限度額
三井住友銀行 カードローン 10万円〜800万円
みずほ銀行カードローン 10万円〜800万円
アコム 1万円〜800万円
アイフル 1万円〜800万円
SMBCモビット 1万円〜800万円
バンクイック 10万円〜500万円

1.三井住友銀行 カードローン

これらのATMは全国どこにでもあるので、手数料を気にすることなく借入・返済ができるのも嬉しいポイントといえます。

また、返済方法はATMに加えて、SMBCダイレクト、口座引き落としの3つがあります。返済期日も5日・15日・25日、月末と4つが設定されているので、都合に合わせて選べる点も便利です。

三井住友銀行カードローン

Service image
限度額 10万円 ~ 800万円
金利 年 1.5% ~ 14.5%
審査 公式サイト参照
融資 公式サイト参照

できる大人のもしもの備え!お手持ちのカードで借入・返済できる!
用途自由なので、旅行費にもご利用いただけます!

公式サイトはこちら

2.みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、安定かつ継続した収入の見込める満20歳から66歳の方で、保証会社(株式会社オリエントコーポレーション)の保証が受けられる方が申込可能です。

10万円から800万円までの借入が可能で、上限金利が年14.0%と今回紹介するカードローンの中でも低めに設定されています。

さらに、みずほ銀行の住宅ローンを利用している場合は金利が年0.5%引き下げられるので、該当する方にとっては嬉しいサービスです。

他社でのカードローン返済が大変そうな印象がある方は、みずほ銀行カードローンがおすすめでしょう。

みずほ銀行カードローン

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 2.0% ~ 14.0%
審査 公式サイト参照
融資 公式サイト参照

銀行ならでは納得の低金利と限度額(10万円~800万円)!みずほ銀行のキャッシュカードですぐに利用可能!※みずほ銀行カードローンのご利用は計画的に!
口座があれば、来店・郵送なしのWeb完結!キャッシュカードで借入できるので、周囲にバレずに借りられるから大人気!

公式サイトはこちら

3.アコム

アコムは、限度額が1万円から800万円の範囲で決まります。

ちなみに、初めて利用する方は「契約日の翌日から30日間」の無利息期間(金利がかからない期間)があり、期間内に完済すれば利息がかからず完済も可能です。

融資までの最短ルートは、WEBから申し込んで「振込で借りる」を選択しましょう。振込先の金融機関により異なりますが、最短10秒(24時間対応)で振込が完了します。

アコム

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 3.0% ~ 18.0%
審査 最短20分
融資 最短20分

来店不要で最短20分融資可!周りにバレずに内緒で借入れ可能!
三菱UFJフィナンシャル・グループだからサービスが充実!初めてなら「最大30日間金利0円」でコンビニ利用も可能!

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

4.アイフル

アイフルの限度額は最大800万円、1万円からの借入も可能です。

WEB申込なら最短20分で融資も可能となっており、まとまった金額をお急ぎでご用意したい方におすすめします。

原則電話による連絡もありませんので、周囲に内緒でこっそり利用したい方にも向いているカードローンとも言えます。

アイフル

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 3.0% ~ 18.0%
審査 最短20分
融資 最短20分

初めて利用する方は最大30日間金利ゼロ!利息ゼロ!で活用可能!
1~10万円程度の少額借入だったら、来店不要でキャッシングできる安心・信頼のアイフルがオススメ!

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

5.SMBCモビット

SMBCモビットの限度額は、最大800万円を上限としています。

年齢が満20歳~74歳で安定した収入のある方であれば、派遣社員、パート、アルバイトまたは自営業の方もお申込は可能です。

ちなみに、モビットカード(Tカード機能付き)を発行もしくはTポイントサービスの利用手続きを行うと、返済額のうち利息分200円に対してTポイントが1ポイント貯まります。

貯まったポイントで、1ポイント=1円相当として返済に充てることができる点も他社とは異なる魅力と言えるでしょう。

SMBCモビット

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 3.0% ~ 18.0%
審査 最短30分※1
融資 最短即日

30代〜40代にオススメのモビット!【最短30分OK!】原則電話連絡・郵送物なし!PC・スマホからWEB完結
全国のコンビニや銀行などの提携ATMネットワークからご利用可能!

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

6.バンクイック

三菱UFJ銀行カードローン 「バンクイック」の限度額は、上限500万円まで借入可能です。

安定した収入がある満20歳から65歳の方で、保証会社(アコム株式会社)の保証が受けられる方であれば申込みできます。

三菱UFJ銀行に口座がなくても借入できる上に、申込み手続きはすべてWebで対応できます。

ちなみに、三菱UFJ銀行の口座があれば、ATMに行かなくても口座への振込融資が可能です。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

Service image
限度額 最大 500万円
金利 年 1.8% ~ 14.6% ※金利(年率)
審査 最短即日
融資 最短翌営業日

毎月の返済は1,000円から!※1。
テレビ窓口でカードの即日発行が可能!※2。

公式サイトはこちら
【PR】Sponsored by 株式会社三菱UFJ銀行

※1.金利が年率8.1%以下の方の場合
※2.カードの発行は即日で可能ですが、借入は審査終了後となります。

まとめ

この記事では、カードローンの借入限度額の決まり方や増額する際の注意点について解説し、借入限度額が高い順にカードローンをいくつか紹介しました。

カードローンの限度額は、取扱先ごとに貸付可能な上限額が定められています。

申込者の希望借入額は、総量規制のほか収入や返済能力、他社での利用状況などから総合的に判断されるのが一般的です。

また、契約時よりも年収が増加し、返済実績を積み重ねていれば、増額の審査が比較的通りやすくなるでしょう。無理のない返済ができる範囲内での借入限度額の増額を検討してみてください。

借入金額

借入金額に関する新着記事

おすすめの特集ページ

  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
  • ※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る