セディナカードローンの審査に落ちる5つの理由と通過基準をローンの専門家が解説

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

貸金業務取扱主任者

林良光

大学卒業後、大手ノンバンク系金融機関にてコンサルティング営業に従事。カード事業において、個人事業主を中心に1,000名以上の審査を行ったプロ。米国公認会計士、日本証券アナリスト、日商簿記2級、銀行業務検定・財務2級など多数の資格を有し、金融の専門家として第一線で活躍。

この記事の目次

  1. セディナカードローンの審査の流れ
  2. セディナカードローンの審査に落ちる人の5つの特徴
  3. セディナカードローンの審査は甘くない
  4. セディナカードローンの審査基準
  5. セディナカードローンの審査に落ちたけどお金が要る場合
  6. セディナカードローンの審査に関するQ&A
  7. まとめ

この記事はこんな人向けです
  • セディナカードローンの審査基準って?
  • どんな人が審査に落ちるの?
  • 他におすすめのカードローンは?


セディナカードローンは三井住友ファイナンスグループで、カードローンだけでなくクレジットカードも取り扱っています。

セディナカードローンは信販系と呼ばれるカードローンですが、その審査は厳しいのでしょうか?

申し込む前にセディナカードローンの基礎知識や審査について知っておきましょう。

セディナカードローンの審査の流れ

まずはセディナカードローンの審査の流れを確認しておきましょう。

セディナカードローン

場合によっては収入証明書の提出を求められる場合があります。収入証明書を求められた場合は、本人確認書類と同じタイミングで提出するようにしましょう。

1|申し込み内容を確認

申し込みフォームに記載された内容を、コンピューターが採点することから審査は始まります。

この審査をスコアリング審査と言い、各項目に点数を付けることで、ある一定のラインで足切りを行うことが目的です。

これまでの申込者のデータから機械的に、コンピューターが点数を付けるので、この審査にはあまり時間がかかりません。

申し込みフォームに記入する項目

STEP1

まずは、基本的な本人情報の入力です。
この際、住所は身分証に記載されている内容と同じものを記載するよう注意してください。

STEP2

年収や勤務先などの収入関連情報は、融資可能額の決定にかかわる重要項目です。
なお、会社連絡はここに記載した電話番号をもとに行われるので、必ず繋がる番号を記載するよう注意しましょう。

STEP3

最後は、契約手続きをスムーズに進めるために必要な情報を入力することになります。
ここに誤りがあっても修正を求められるだけでしょうが、審査時間を長引かせないためにもミスなく入力しましょう。

2|会社連絡で収入状況を確認

次に、申し込みフォームに記載された勤務先で働いているのかを確認します。貸金業法という法律で、返済能力がない人への融資は禁止されているので、勤務状況を確認し、収入を得ているのかを確かめることが目的です。

基本的に勤務先に電話することで確認をとっていますが、セディナカードローンとは名乗らずに個人名で電話をかけ「◯◯さんはいらっしゃいますか?」と確認するだけなので、同僚にプロミスの利用がバレる心配もありません。

また、本人が電話に出なくても、「◯◯はいま離席しております」のように同僚が伝えてくれさえすれば、在籍確認が取れたとみなしてくれます。

3|信用情報を確認

信用情報とは、申し込み者の信用取引に関する情報のことを言います。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
=中略=
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

過去や現在に組んでいる各ローンの返済状況、他のカードローンへの申し込みや利用状況、クレジットカードの返済状況などを信用情報機関に照会をして確認します。

信用情報はカードローンの審査で重要視される部分なので、仮に年収が高くても信用情報に問題があれば審査に落ちる可能性は十分に考えられます。

4|担当者が融資の可否を判断

上記の工程を全て終えた後、総合的に担当者が審査通過か否かを判断します。

カードローンは担保や保証人が不要な代わりに、信用で融資を行うので、返済する可能性が高いか低いかという部分が大事なポイントとなります。その可能性を見極めるのが、勤務実態や信用情報といった情報なのです。

その見極めが難しい人、つまり審査通過がギリギリの線にいる人は、審査に時間がかかることもあります。

セディナカードローンの審査に落ちる人の5つの特徴

セディナカードローンで審査に落ちる理由は、各々異なります。しかし、一般的に審査に落ちる理由の多くは以下の5つが多いと言われているので、該当していないか確認しておきましょう。

特徴1|申し込みフォームに嘘を記載した

セディナカードローンの審査は、申し込みフォームに入力された情報を基に行われます。

少しばかりの入力ミスであれば、後ほど訂正を求められるだけで審査落ちには直結しないはずです。

ですが、明らかに虚偽の申し込みが判明した場合、詐欺の可能性があると思われ審査落ちします。

特徴2|毎月の収入が不安定

収入が安定しているかどうかは、返済能力を判断する上で重要な要素です。
具体的には、

  • 勤続期間
  • 雇用形態
  • 業種/職種
  • 会社規模
  • 年収金額

といった要素を確認されます。

アルバイトやパートとして収入を得ている場合も、その収入自体が安定していれば問題ありません。雇用形態なども審査に全く関係が無いとは言いませんが、セディナカードローンが申し込み条件として、雇用形態に言及していない以上、その要素は審査において最重要項目ではないはずです。

特徴3|セディナからの電話に出なかった

申し込み対象に電話連絡が可能という文言がある以上、電話連絡が取れないと審査落ちする可能性が高くなります。

電話連絡が取れない主な理由は申し込みフォームの電話番号を誤って入力したというものです。

そもそも電話番号の間違いで審査に落ちるのは非常にもったいないので注意しましょう。また、勤務先に電話が掛かってくることを避けたくて、嘘の情報を記入するのは絶対にしてはいけません。

特徴4|他のカードローンからの借金が多い

セディナカードローンは、申し込みをした人の他社の借入状況も審査で確認します。 借入件数や金額が年収に対して多すぎると、審査落ちしてしまう可能性があります。

総量規制という法律によって、他社借入も含めて年収の1/3までしか融資できないので、他社からの借り入れで既に年収の1/3を満たしていた場合は、問答無用で審査落ちになります。

 総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。
ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

また、他社からの借入額が年収の1/3以下であっても、融資をすることで年収の1/3ギリギリになってしまう

特徴5|過去に支払いでトラブルを起こした

過去にクレジットカードやローンなどの支払いを長期遅延していると、その記録は一定期間残ります。

例えば、以下のような事例が信用情報に傷を付けることになります。

信用情報が傷つく理由
スマホの本体代を数ヶ月滞納する
ローンの返済を滞納する
クレカの代金を滞納する
自己破産などの債務整理をする

これらのトラブルを過去5年以内に起こしていると、セディナカードローンの審査に落ちる可能性は非常に高いはずです。

※以上の条件を満たしている場合であっても、審査に落ちる可能性があるので、注意してください。また、実際の審査基準は公開されていないため、弊社での取材・調査によるものである点ご了承ください。

セディナカードローンの審査は甘くない

セディナカードローンに限らず、他のカードローンも審査は厳密に行っています。スコアリングという方法で点数を付け、勤務状況の確認や信用情報から「返済能力」の有無を判断するのです。

しかし、最短30分で審査結果が出るのでスピード性はあります。審査が最短即日というカードローンもある中で、最短30分で審査結果が出るというの早い方に含まれるというのは確かです。

ただし、審査時間が短いから審査に通りやすいというわけではないので、注意しましょう。

返済能力が足りないと判断されると審査落ち

セディナカードローンの審査を通過できるのは、毎月の返済を維持できる人だけです。

つまり、返済能力が無い場合は借り入れすることができません
例えば、大手企業に長い間勤めていて、過去にクレジットカードの支払い等に遅れたことがなければ、問題なく通過することができるはずです。

Q.返済能力とは

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

リスクの度合いということもできる

返済能力とは、貸したお金を返していけるかどうかの能力です。
しかし、審査の際に「この人は毎月いくらまで返済可能」というような厳密な判断は行っていません。
審査側にはこれまで蓄積してきた膨大な融資のデータがあります。
これらのデータから統計的に利用者のリスクを判定し、そのリスクから「〇〇万円までなら返済可能」という返済能力をスコアリングと呼ばれる数式で判断しています。
リスクは信用情報、勤務先、年収、勤続年数などから総合的に判断し、一定以上のリスク以下となった人に対しては融資を実行しています。
リスクが低い人ほど返済能力があると判断され、借りることができる金額はより大きくなります。

Hayashiyoshimitsu

貸金業務取扱主任者|林良光

決まった額を払い続けられるか

銀行などの金融業者が「返済能力」と言う場合、それは、契約の際に決めた返済額を数ヶ月または数年に渡って支払い続けることができるか、という意味です。
具体的には、例えば50万円を借りて3年で返済する場合、約17,000円を36ヶ月に渡って払えるかどうか、ということです。

申込者の目線では、月々の給与から生活費等を差し引いて残るお金が3年間ずっと17,000円より高ければ、「返済能力」があると言えます。

一方、金融業者は、申込者の個人情報、つまり年収、勤務先、勤続年数、年齢、家族構成といった情報と、過去の各種ローンやクレジットカードの利用歴(信用情報と言います)から、「返済能力」の有無を審査で判断しています。

セディナカードローンの審査基準

どのカードローンも審査基準を明かしてはいませんが、一般的に重要視されるポイントは決まっています。

そもそも、審査の目的は返済能力(継続的に返済できる能力)の有無を確認すること。

その判断は、基本的に以下の4つの審査基準をもとに行われるのです。

審査基準1|申し込み条件を満たしている

セディナカードローンの申し込み条件は以下のように、公式サイトに記載されています。


セディナカードローンの特徴は、電話連絡が可能な方という条件です。基本的に他のカードローンでも電話連絡で本人確認を取りますが、それを申し込み条件に明記はしていません。

したがって、年齢の条件を満たしているか、電話番号が可能かどうかという2点がセディナカードローンの審査基準の1つとなります。

審査基準2|信用情報に【異動】と記載されていない

信用情報とは、クレジットカードやローンと言った金融取引の記録のことです。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
=中略=
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

この信用情報に「異動」という記載があるかどうかが審査基準の1つとなります。「異動」とは長期返済遅延をしたことの記録です。


上記の写真の"D"の部分に「異動」と記載されている場合、信用情報に問題があると判断され、審査に落ちます。異動と記載されるのは61日以上または3ヶ月以上にわたって、返済を遅延した場合です。どちらの日数が適応されるかは、各金融機関によって異なります。

審査基準3|他社借入が年収の1/3に達していない

セディナカードローン以外の金融機関からお金を借りている場合、他社からの借入額が年収の1/3に達しているかどうかも審査基準になります。これは貸金業法の総量規制という法律で融資額に限度があるためです。

 総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。
ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

つまり、他社からの借入額+プロミスからの融資額<年収の1/3であれば、借入できる可能性があるということです。しかし、他社からの借入額が年収の1/3ギリギリだった場合は、審査に落ちてしまうので、他社からの借入額を減らしてから申し込みましょう。

審査基準4|不正な申込でない

カードローンは担保や保証人を不要とし、信用によってお金を貸しています。そのため、申し込み内容に虚偽がある場合、信用できないと判断されかねません。

融資の可否を判断する指標の1つになる年収や、他社借入額といった情報が明確に虚偽と判断されれば、不正な申し込みとして扱われます。本名を偽って申し込みをしたり、勤務先を偽って申し込みをした場合も、不正な申し込みとして審査に落ちる原因になります。

セディナカードローンの審査に落ちたけどお金が要る場合

 ここから先の内容 
  • お金が要るのにセディナカードローンで審査落ち…
  • 支払いの期日が迫っているのに、手元にお金がない…
  • 審査落ち後はみんなどうしてるの…?

支払いが迫っているといったような、「お金がないと困ってしまう状況」において、カードローンは大きな力になってくれます。

しかし、セディナカードローンの審査は落ちてしまった。そんな人は、その他の選択肢に目を向けてみてください。

他のカードローンに申込みなおすという選択肢

他のカードローンに申し込みなおすことも選択肢の1つです。 もちろん、その際にはセディナカードローンと同様に入会審査を受ける必要があります。

しかし、カードローンの審査基準は、各社で個別に設定されているので、セディナカードローンで審査落ちしたからといって他のカードローンの審査に落ちるとは限らないのです。

大手消費者金融は成約率を公表している

セディナカードローンは信販系カードローンですが、大手消費者金融を検討してみてはいかがでしょうか?

アコムやプロミスといった大手消費者金融は、投資家向けに成約率を公表しています。成約率とは、新規申込者が実際に借入に至った割合のことです。

例えば、アコムの場合、成約率は44.8%です。参考:アコム『DATE BOOK』

アコムでも審査に落ちている人はいますが、多くの人が借入しているというのも事実です。次の申し込み先を探す際は、こういった点に着目してみてもいいでしょう。

Q.消費者金融のメリットを教えてください

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

借りたい人のニーズに応えているところです

銀行はお金を預かったり、両替したり、金融商品を販売したりといった業務があるのに対して、消費者金融は基本的にはお金を貸すことを生業としています。そのため、借りたい人のニーズにもっとも的確に応えていると言って良いでしょう。
いち早くお金を借りることができたり、一定期間は利息が発生しなかったりといったメリットがあります。また、土日や夜の時間でも無人契約機などで新規申し込みを受付けている点もメリットと言えるでしょう。

Hayashiyoshimitsu

貸金業務取扱主任者|林良光

スピードと柔軟性にメリット

銀行や信販など様々な種類の金融業者がある中で、消費者金融を利用する主なメリットは、スピードや柔軟性と言えます。

スピードの点は明確に差があり、消費者金融のうち特に大手の場合、申込者が申し込み手続きをきちんと行い、必要な提出書類を正しく送った場合、過去に他社のローンやクレジットカードの利用・返済履歴に問題がなければ、即日で融資を実行してもらえるケースが多いです(在籍確認もスムーズに進む前提です)。

銀行であれば、早くても2営業日以上かかるのが一般的です。
また、柔軟性の点では、例えば、在籍確認のための電話連絡の時間を予め指定したり、給与明細や保険証などの書類を電話連絡の代替手段として受け入れてくれるケースなどが挙げられます。

サービス内容はセディナカードローンより充実している

大手消費者金融のアコムやプロミスは、サービス内容といった面でセディナカードローンよりも充実しています。

例えば、無利息期間はセディナカードローンが7日間に対して、大手消費者金融は30日間もあります。また、ローンカードもセディナカードローンは郵送でしか受け取ることができませんが、大手消費者金融は全国に設置してある自動契約機で受け取ることが可能です。

このように、大手消費者金融はサービスの面でセディナカードローンよりも充実しているので、利用を検討してみる価値はあるはずです。

アコム

利用条件 アルバイト・パートでも
申し込み可能
収入証明書 希望額50万円以下の方は
不要

アコムは、「3秒診断」で借入できる可能性の有無を確認できます。年齢・年収・カードローン他社お借入状況から無料で簡単に診断できるので、ぜひ試してみてください。

金利は年3.0~18.0%、限度額は最大800万円と、大手消費者金融としては一般的な数値です。

公式サイト
※.現状の年収が確認できる書類であれば、源泉徴収票・確定申告書類等の写しも提出できます。

プロミス

利用条件 アルバイト・パートでも
申し込み可能
収入証明書 希望額50万円以下の方は
不要

プロミスでは、「お借入れシミュレーション」でご利用できる可能性があるのかを確認できます。入力が必要な項目は、生年月日・年収・他社お借入金額の3つです。

プロミスは、限度額は最大500万円と平均的な数値ですが、金利が年4.5~17.8%と、上限が他消費者金融より若干低めです。

公式サイト
※.現状の年収が確認できる書類であれば、源泉徴収票・確定申告書類等の写しも提出できます。

アイフル

利用条件 アルバイト・パートでも
申し込み可能
収入証明書 希望額50万円以下の方は
不要

アイフルの「1秒借入診断」を使えば、年齢・雇用形態・年収・他社借入金額の4点から、ご利用可能性の有無を判断できます。

金利は年3.0~18.0%、限度額は最大800万円と、平均的な数値となっています。

公式サイト
※.現状の年収が確認できる書類であれば、源泉徴収票・確定申告書類等の写しも提出できます。

セディナカードローンの審査に関するQ&A

最後に、セディナカードローンの審査に関する疑問にお答えしていきます。

セディナカードローンの審査をいま受けていて、結果を待っているという方も、ぜひ目を通してみてください。

Q.セディナカードローンの審査時間はどれくらいか?

A. 最短30分で審査結果がわかります

申し込み内容の採点と信用情報の確認は、機械的に行われるので、申し込み時間によっては30分もかからずに終わります。しかし、人の手による会社連絡や担当者による確認には、どうしても時間がかかる場合があるのも事実です。

審査時間が長引くケースは、審査の通過基準ギリギリという場合が一般的に多いと言われています。 返済能力が無いとは断定できないが、融資しても大丈夫なのか機械的な審査で判断し切れないような方は、人の手によって詳細を確認をしなくてはならないため、審査時間が長引いてしまうのです。

Q.審査通過後の手続きはどうなっているのか?

A. カードを郵送で受け取り、必要書類を返送します

審査に通過した場合、日本郵便株式会社より「本人限定受取郵便(特定事項伝達型)到着のお知らせ」の通知書が届きます。その通知書に従って、自宅への配達を依頼するか、郵便窓口(ゆうゆう窓口)にてローンカードを受け取ります。

その後、同封されている「カード受取確認書兼会員規約同意書」および「口座振替依頼書」に必要事項を記入し、返送してください。
※「カード受取確認書兼会員規約同意書」が返送されない場合、解約となる可能性もあります。

Q.審査状況は確認できないのか?

A. WEBで確認できます

公式ホームページの「審査状況の確認」から確認することができます。

「審査状況の確認」を利用するためには「お申込番号」が必要です。申込完了時に表示される「お申込番号」をメモするか、お申込完了画面を印刷しておきましょう。

ホームページの「審査状況の確認」からログインしてご覧ください。

Q.いつまでも審査結果がでない。審査落ちしている?

A. 担当者に確認しましょう。

場合によっては、セディナカードローンの審査結果が通知されるまでに数日かかることがあります。そのため、何日も待たされているからと言って、必ずしも審査落ちしたとは限りません。

まずは、アンサーセンター「03-5638-3211」に問い合わせ、担当者に審査状況を確認してみてください。

まとめ

セディナカードローンの審査に落ちた人は、何が原因なのか突き止めましょう。カードローンの審査は、返済能力や他社借入状況が重視されます。審査に落ちた人は、まずはこれらの部分について振り返ってみてください。

審査落ちの決定的な原因は、すぐに解決できない場合があります。少なくとも金融事故については、時間が解決してくれるのを待つしかないでしょう。

また、お金を貸してくれる金融機関はセディナカードローンだけではないので、審査落ちになってしまっても、悲観的になる必要はありません。

原因をきちんと見極めて、改善できる部分は改善をして、他の選択肢を検討してみてください。

審査落ちに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る