キャネットの審査は最短15分|落ちる5つの原因と解決策

本コンテンツには、紹介している商品・商材の広告(リンク)を含む場合があります。 これらの広告を経由して読者が企業ホームページを訪れ、成約が発生すると弊社に対して企業から紹介報酬が支払われるという収益モデルです。 ただし、特定の商品を根拠なくPRするものではなく、当編集部の調査/ユーザーへの口コミ収集などに基づき、公平性を担保した情報提供を行っています。
>提携企業一覧
キャネットの審査は最短15分|落ちる5つの原因と解決策
この記事に関するアドバイザ・編集者

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

マネット編集担当/キャッシングガイド

奥山 裕基

FP資格を有し、カードローン・消費者金融および貸金業に関する豊富な知識を持つ編集者。関連法規(貸金業法・金融商品取引法等)の理解を深めつつ、多数のローン経験者へのインタビューや金融機関勤務経験者へのヒアリングをもとにリアルな情報収集を怠らず、自身も当サイトにおいて1,000本を超える記事を執筆。生活に欠かせない「お金」だからこそ最適な意思決定を支援したいという理念のもとに情報発信を行っている。

check icon

この記事はこんな人向け

  • キャネットでお金を借りたい!
  • キャネットの審査は甘い?厳しい?
  • キャネットの審査に落ちた…どうしよう

キャネットは、本店を京都府に構え、大阪府、滋賀県と支店を展開する中堅消費者金融です。スピーディーな審査態勢であるため高評価を得ています。

しかし、審査落ちしたユーザーからは「審査落ちの理由がわからない」という声も多く出ています。いったいどのような理由で審査落ちに繋がるのでしょうか。

この記事の目次

キャネットのフリーキャッシング

キャネットのフリーキャッシング
金利 15.0%~20.0%
限度額 1万円~500万円
貸付条件 ・年齢20歳以上69歳以下の方
・安定した収入のある方
※主婦・学生でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合は可
返済方式 残高スライド元利均等返済方式
返済期間 最長5年間 最長60回

キャネットは、京都府に本店がある中堅消費者金融です。店舗は京都・大阪・滋賀の3店舗だけですが、居住地や勤務先が近くにある人にとっては馴染み深い存在だと言えるでしょう。

キャネットは最短15分審査

キャネットは、業界の中堅どころでありますが、審査が最短15分と、スピーディーな対応力から高評価を得ています。

加えて、インターネットで即座に借り入れが可能か診断してもらえる「クイック診断」も便利です。急ぎで借り入れが可能か知りたい方は利用してみると良いでしょう。

キャネットの審査について

キャネットのフリーキャッシングを利用するには、審査に通過する必要があります。

審査の通過基準は、具体的には公開されていません。しかし一つ言えることは、返済能力が見極められるということです。

「借りたお金をきちんと返済できる能力があるか」、これが、審査では見極められるのです。

返済能力が足りないと判断されると審査落ち

キャネットでフリーキャッシングの審査に通過する人は「毎月、継続して返済を行える」と判断された人です。

キャネットの定める基準に返済能力が満たないと、キャネットは貸し倒れのリスクを抱えてしまいます。そのため、申込者の返済能力を確認することは重要な事項であると言えるでしょう。

長期に渡り安定した企業に勤務しており、過去にローンやクレジットカードの支払いでトラブルがなければ、審査に落ちる可能性は低くなります。

入力情報から返済能力が判断される

キャネットの審査は、申込の際に申告した年収勤続年数といった情報から、申込者に安定した収入があるかどうか判断をします。

具体的には、申込時の情報を数値化して、過去に利用した人の統計データと照らし合わせて判断を行うのです。

審査落ちにつながる5つの原因

カードローンで審査落ちする5つの原因

審査に通過する条件は公開されていないため、キャネットで審査落ちした人は、何が原因で落ちたのか知ることができません。

しかし、審査落ちの理由は大きく5つ考えられます。

審査落ちの原因1|虚偽申込

審査では、申込時に申告した情報を確認されます。

少しの記入ミスであれば、訂正や再確認で対応できます。しかし、明らかな虚偽の情報を申告した場合は、詐欺の恐れもあるとして、もちろん審査落ちしてしまうでしょう。

check icon

【注意】虚偽申告をしてはいけません

  • すでに退職した勤務先を申告する、存在しない架空の会社名を記載する、アリバイ会社や実際に在籍していない会社を記載するなど、事実ではない虚偽の申告は、のちに必ず発覚して不正とみなされます。審査に通過できないことはもちろん、発覚後に大きな問題となる可能性もあるため、絶対にしてはいけません。

審査落ちの原因2|安定していない収入

審査の中でも、安定した収入があるかという点は、重要な判断材料になります。

check icon

返済能力(収入の安定性)の判断項目

  • 勤続期間
  • 雇用形態
  • 業種/職種
  • 会社規模(売上高や従業員数)
  • 直近の年収

上記の項目が審査で確認されますが、中でも特筆するべきは勤続年数です。いくら高給であろうとも、転職により給料の高低差がある場合は、安定した収入と見なされない可能性があります。

審査落ちの原因3|多すぎる他社借入

他社からの借り入れ件数が多いと、新たな借り入れに対する返済余力がないとして、審査に落ちてしまいます。一般的に、4社の他社借入があると審査に落ちると言われています。

借入金額で言うと、年収の1/3程度の借入れがある場合は、問答無用で審査落ちしてしまいます。なぜなら、消費者金融であるキャネットは総量規制を守る必要があるからです。

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借入る行為のことです。ただし、個人が事業用資金として借入る場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

出典: 日本貸金業協会『総量規制とは』

審査落ちの原因4|複数社への同時申込

他社からの借入件数だけでなく、直近1ヶ月以内に他のローンへ申込をした件数も影響します。

正式な申込件数は公表されていませんが、1ヶ月以内で4社の申込をすると審査落ちすると言われています。

短期間に複数の金融機関へ申込をしている人は、「金銭的にとても苦しい状況」と見なされてしまうのです。

Editor

マネット編集担当/キャッシングガイド

奥山 裕基

審査に通りたい一心で、複数のカードローン(キャッシング)に同時申込をして「どれかに通れば良いや」という形を想定する利用者がいますが、これは絶対にNGです。一般的に申込ブラックと言われる状態になってしまい、以後の信用情報照会の際に不利にはたらいてしまうため、2社以上への申込を検討する際には一定の期間(理想は数ヶ月)を空けるようにしてください。

審査落ちの原因5|過去5年間に生じた金融事故

キャネットの審査では、信用情報という申込者が過去に行ったお金の取引記録も確認されます。

返済遅延」「強制解約」といった、過去5年~10年の間にお金の取引でトラブルが過去にあると、審査落ちする可能性が高いでしょう。

特に、審査を行う保証会社が担当している他のローンでトラブルを起こしていた場合は、審査のハードルが高いと覚悟しておいてください。

「信用情報」とは、ローンやクレジットの利用などの信用取引に関する、過去から現在までの客観的な取引事実を表す情報です。

出典: JICC 指定信用情報機関 株式会社 日本信用情報機構

※以上の条件を満たしている場合であっても、審査に落ちる可能性があるので、注意してください。また、実際の審査基準は公開されていないため、弊社での取材・調査によるものである点ご了承ください。
Supervisor

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

代表的な金融事故は返済遅延や強制解約、債務整理です

金融事故とは、各種ローンの長期遅延やクレジットカードの強制解約、自己破産による債務整理など、お金に関する契約に何らかの悪い情報が発生したことを言います。中には、携帯電話の契約料を延滞し、本人の自覚がない状態で対象になってしまうケースもあります。61日以上の延滞、あるいは3回目の支払い日を超える延滞が発生すると、信用情報機関へ延滞履歴が登録されます。返済や支払いは遅延しないよう十分注意しましょう。

審査落ちでも、お金が必要な人向けの解決策

お金が必要なのにも関わらず審査に落ちてしまった。このような場合、納得いきませんよね。この時点で諦めてしまう人もいるかもしれません。

それでも、お金が必要な場合は別の解決策を考えてみるのはいかがでしょうか。

別の消費者金融に申込するという選択肢

キャネットの審査に落ちてしまった場合は、別の消費者金融に申込をしてみるのも一つの手です。

借り入れの審査は、各金融機関で個別の基準で行われています。そのためキャネットの審査に通らなくても、全ての消費者金融で通らないとは限りません。

大手消費者金融に注目!

他の消費者金融への申込するなら、大手に注目してみてください。

もちろん、大手消費者金融も審査があるので、必ず利用できるものではありません。しかし、金融機関の審査は基準が異なるので、違った結果になる可能性もあるのです。

大手消費者金融は成約率を公開している

一部の消費者金融では、投資家向けのIR情報において成約率を公開しています。例えば、大手消費者金融プロミスのIR情報に載っている成約率は、 46.4%です。参考:プロミス『SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標』

確かに、審査に落ちる人もいます。しかし、一方で多くの方が借り入れできているのも事実です。新たに申込先を選ぶ際は、このような点を参考にしてみてもいいでしょう。

大手消費者金融なら最短で即日融資も可能

大手消費者金融は、審査が最短20分で手続きが早い特徴があります。早い時間帯に申込さえすれば、十分に当日中の融資を受けられる可能性があります。

どうしても急ぎでお金を用意する必要があり。このような場合でも、すぐに問題解決できるでしょう。

  1. パソコン・スマホからネット申込 
  2. 本人確認書類のアップロード
  3. 審査
  4. 契約内容の確認
  5. 無人契約機でカード発行
  6. 最寄りのATMでカードキャッシング

まずは公式サイトにアクセス。氏名、住所、連絡先といった必要項目を記入しましょう。あとは、運転免許証といった本人確認のための書類を提出すれば、申込は完了です。

あとは消費者金融の審査が終わるのを待ってください。審査に通り、カード発行をしてお金を借りられます。早ければ1時間でお金を用意できます。

こちらのカードローンがおすすめ

セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンといった color="red">大手コンビニATMと提携しています。振込だけの中堅業者では、このような恩恵は受けられません。また以下のカードローンは、30日間の利息ゼロ円のサービスも付いているので、次の給料日に返すという人は、利息で損をすることはないでしょう。

アコム

Service image

来店不要最短20分融資可(※1)コンビニOK

最大30日間利息0円

周りにバレないうえに安心の三菱UFJフィナンシャル・グループ

ピンチのときは、アコム一択

最短20分で借りられる!(※1)WEB完結も可能!カードローンの中でも特に利用者数が多く知名度も高いので、学生や女性でも安心です!

実質年率
3.0%〜18.0%
限度額
最大800万円

※1 お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

プロミス

Service image

最短3分融資も可能!

勤務先への電話連絡&郵送物は原則なし!

30日間の利息が0円

あなたにいいねをプロミス

初めての利用なら30日間利息0円!24時間申込OKのWeb完結なら郵送物なし!バレずに早く借りたい人向けです!

実質年率
4.5%〜17.8%
限度額
最大500万円

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アイフル

Service image

初めての利用なら最大30日間の利息ゼロ

アプリが充実!バレずに使える

2024年オリコン顧客満足度調査 はじめてのカードローン1位!

アプリ評価★4.5以上獲得!

スマホひとつで取引可能!申込から借入までわずか3ステップ!勤務先への電話連絡や郵送物は原則なしなので周囲にバレにくい!

実質年率
3.0%〜18.0%
限度額
最大800万円

※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。

まとめ

スピーディーな審査態勢で、中堅消費者金融の中でも高評価のキャネット。しかし、審査に落ちてしまうと、お金を借りることはできません。

審査に落ちてしまった場合は、焦るかもしれませんが、まずは落ち着いて別の解決策を考えてみましょう。例えば、他のカードローンへ新規申込をするのも一つのです。

金融機関の審査は、基準が各社異なるので、キャネットに落ちてからといって、全て審査に落ちるとは限りません。

大手消費者金融であれば、即日借りられる可能性やコンビニATMで借りられるメリットがあるので、急ぎの人にもおすすめです。

Editor

マネット編集担当/キャッシングガイド

奥山 裕基

審査の早いキャネットで審査時間がかかるのは審査落ちの可能性が高いです。審査を素早く完了させるには、あなたの事前準備と対策がカギとなります。問題なくスムーズに審査通過できるコツをしっかりとつかみましょう。

おすすめの特集ページ

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
  • ※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る