途上与信が行われる条件とカードが使えなくなった時の解決策

本コンテンツには、紹介している商品・商材の広告(リンク)を含む場合があります。 これらの広告を経由して読者が企業ホームページを訪れ、成約が発生すると弊社に対して企業から紹介報酬が支払われるという収益モデルです。 ただし、特定の商品を根拠なくPRするものではなく、当編集部の調査/ユーザーへの口コミ収集などに基づき、公平性を担保した情報提供を行っています。
>提携企業一覧
途上与信が行われる条件とカードが使えなくなった時の解決策
この記事に関するアドバイザ・編集者

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

マネット編集担当/キャッシングガイド

奥山 裕基

FP資格を有し、カードローン・消費者金融および貸金業に関する豊富な知識を持つ編集者。関連法規(貸金業法・金融商品取引法等)の理解を深めつつ、多数のローン経験者へのインタビューや金融機関勤務経験者へのヒアリングをもとにリアルな情報収集を怠らず、自身も当サイトにおいて1,000本を超える記事を執筆。生活に欠かせない「お金」だからこそ最適な意思決定を支援したいという理念のもとに情報発信を行っている。

この記事はこんな人向けです
  • 急にキャッシングが出来なくなった
  • 途上与信がどういうものか知りたい
  • 解決策を教えてほしい!

クレジットカードやカードローンを利用するには審査を受けなければいけないことを知ってる人は多くいます。

しかし、利用している間にも定期的に審査をされていることを知っている人はあまりいません。

いきなり、限度額が下がったり、カードが利用停止になったりするのは、この審査が影響している可能性があります。

こんな状況になっていませんか?

このような状況で困っていませんか?
・急に限度額が下がって、希望の金額を利用できない
・カードが急に利用できなくなった
・カードを強制解約された

急な出来事で困惑しているかもしれません。

しかし、これらは借入途中に行われる審査による結果の可能性が高いのです。

審査は申し込み時だけではない

クレジットカードやカードローンに申し込む際には、審査を受ける必要があります。

ただし、審査は申し込み時だけではありません。

申し込み時以外で審査が行われるタイミングは増額を申請した場合途上与信の2通りあります。

途上与信とは…

途上与信とは借り入れの途中に実施される審査のことです。

途上与信の審査は、新規でクレジットカードやカードローンに申し込みをした時と同様に行われます。

カードを発行してから現在までの利用状況、現在の返済状況、他社からの借り入れや返済状況などを、個人信用情報を確認するのです。

状況の変化に対応するために行われる

申し込み時にお金を貸すことができると判断したとしても、その人の置かれている状況というのは時間と共に変化していく可能性があります。

職を失い、収入が一時的に激減してしまい、返済が困難になっているかもしれません。

カードを利用しすぎて、返済を遅れたり、滞納などを頻繁に繰り返している可能性もあります。

このような変化を出来る限り早く知り、対応するために、途上与信の審査は実施されているのです。

審査がいつ行われるかは各会社によって異なる

途上与信は、各カード会社が個別に決めたルールに沿って定期的に実施されています。

いつ実施されていなければならないと決められているわけではありません。

したがって、毎月途上与信を行う会社もあれば、1年に1度しか行わない会社や、カード発行後1度も行わない会社もあります。

法廷途上与信とは…

キャッシングやカードローンなど、限度額内でいつでも借り入れすることが出来る場合、法定途上与信が実施されます。

法律で定められた途上与信なので、法廷途上与信という名前が付けられているのです。

審査の内容は、途上与信と変わりません。

法廷途上与信が行われる条件

法廷途上与信は貸金業法という法律で定められている途上与信です。

お金を貸す仕事をしている消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠に適応される法律を貸金業法といいます。

貸金業法とは
貸金業法は、消費者金融などの貸金業者や、貸金業者からの借入れについて定めている法律です。
近年、返済しきれないほどの借金を抱えてしまう「多重債務者」の増加が、深刻な社会問題(「多重債務問題」)となったことから、これを解決するため、平成18年、従来の法律が抜本的に改正され、この貸金業法がつくられました。

出典: 金融庁『貸金業法のキホン』

以下の条件に当てはまる場合、必ず途上与信を行わなければならないと貸金業法の第13条の3で定められています。

1ヶ月の借入の合計額が5万円以上、かつ、借入残高が10万円以上の場合

この条件を満たす場合、途上与信は毎月行われます。

借入残高が10万円以上の場合

1ヶ月の借入の合計額が5万円を超えていなくても、借入残高が10万円以上の場合は3ヶ月に1度の頻度で途上与信が行われます。

Q.審査結果によっては勝手に契約内容が変わる可能性があるか

Supervisor

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

減額などの可能性があります

途上与信で契約内容が変わることは十分にあります。
返済状況が悪い場合、他の貸金業者からの借入が増えて総量規制をオーバーしてしまった場合などは減額となる可能性は十分にあります。
また、低い金利で借りていた場合には金利が上昇する可能性もあります。
しかし、途上与信は悪いことばかりではありません。
途上与信で利用状況が良好という場合には、増額ができることがあります。
このような場合には、勝手に限度額が増額されるわけではなく、「増額しませんか?」という連絡があり、そこで増額の意思を示すと増額ができます。
このように、途上与信は利用状況の悪い人、利用状況が良好な人、双方にとって適した契約内容になるように行われます。

カードが使えなくなった時の対処法

現金を用意しないと大変な問題になるのに、契約していたクレジットカードやカードローンが使えなくなった。

このような状況を打破する解決策はあります。

なんとかして、お金を用意しなければいけない場合は参考にしてみてください。

電話で状況を確認

クレジットカードやカードローンが利用できなくなった場合、まずはその会社に電話して状況を確認しましょう

途上与信の結果で、何か問題があった場合、その原因を教えてくれる可能性もあります。

原因が判明したら、その問題となっている部分を解消すれば、これまで通りカードが利用できるかもしれないからです。

もしかしたら、途上与信以外の理由で利用できなくなっているのかもしれません。

それを突き止めるためにも電話をしてみて状況を確認してみましょう。

一時的にカードローンを利用する

消費者金融のカードローンを利用することで、今日中もしくは早ければ1時間後に、現在直面しているお金の問題から解放されているかもしれません。

消費者金融のカードローンは不安な部分やよく分からない部分もあると思います。しかし、消費者金融には以下のようなメリットがあります。

 消費者金融のメリット 
審査が早いので今日・明日中に借りられる
消費者金融は最短30分で審査結果を通知しており、よほど遅くに申込まなければ、申し込んだ当日中の借入も難しくありません。
30日分の利息をゼロ円にできる
一部の消費者金融は「無利息期間サービス」を提供しており、初回限定で30日分の利息をゼロ円にできます。
成約率が高いので申し込みやすい
消費者金融は、カードローン業界の中でも成約率(申込者の内、実際に借りられた人の割合)が高くなっています。そのため、申し込みに対するハードルは高くないと言えます。

年収の1/3を超えない範囲なら対処可能

消費者金融の借り入れは、その合計額が最大で年収の1/3までです。貸金業法の総量規制という制度で決められており、必ず守られます。

一時的に別のカードローンを利用する際は、借り入れの総額が増えるでしょう。

総量規制に抵触する場合は、借り入れできません。しかし、少額であれば審査に通過する可能性があります。

途上与信に関するよくある質問

Q.途上与信とは?
途上与信とは借入時中に実施される審査のことです。途上与信は、新規でクレジットカードやカードローンに申込をした時と同様に行われます。途上与信で問題がある場合は、カードの利用を停止される可能性があります。
Q.途上与信でカードが使えなくなる原因は?
途上与信でカードが使えなくなる理由は、利用者の返済能力が低下したと判断されたことが原因と考えられます。収入が下がってしまったり、クレジットカードやローンを滞納してしまった場合は、途上与信の審査で返済能力が低下したと判断されるケースがあるでしょう。
Q.カードが使えなくなった原因が分からない場合は?
カードが使えなくなった場合は、カード会社に連絡をして状況を確認しましょう。途上与信以外の理由でカードが使えなくなっている場合があるからです。状況を確認して、途上与信以外の理由でカードが使えなくなっていた場合は、適切な対処をしましょう。
Editor

マネット編集担当/キャッシングガイド

奥山 裕基

クレジットカードやカードローンの与信審査の結果、今後の利用に対しての会社側の判断です。一時的に利用ができなくなった場合は、「これ以上貸すと危険」とみなされた状態となります。そのため、普段から限度額いっぱいまで利用している、返済してすぐに借入するなどの行動は控えたほうが良いです。

おすすめの特集ページ

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
  • ※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る