みずほ銀行はブラックでも借りられる!?審査落ちの理由とブラックか確認する方法

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

この記事の目次

  1. みずほ銀行はブラックでも借りられるワケがない!
  2. ブラックとは?なぜ借りられないの?
  3. 審査落ちしただけではブラックと判断できない
  4. まずは本当にブラックなのか確認しよう
  5. ブラックでなければ申し込みをしよう
  6. まとめ

 この記事はこんな人にオススメ
  • とにかくお金が必要...
  • みずほ銀行カードローンを使おう!
  • でも、ブラックかもしれない

普段からみずほ銀行の預金口座を利用している人の中には、「お金を借りるのもみずほで」という方もいるでしょう。

しかし、みずほ銀行は誰にでもお金を貸し付けているわけではありません。そのため、「自分はブラックかもしれない」と感じている人は、借りられるか不安でしょう。

みずほ銀行はブラックでも借りられるワケがない!

結論から言うと、ブラックだとお金を借りられません。みずほ銀行に限らず金融機関の融資は、ブラックでも借りられるワケがないのです。

金融機関からお金を借りる際は、審査が行われます。この審査では、金融機関が申し込み者に貸し付けをするかどうか判断します。

あなたの個人情報が見られるため、ブラックかどうかも金融機関は分かります。ここでブラックだと、断られてしまうのです。

ブラックとは?なぜ借りられないの?

お金の取り引きをする中で、返済遅れといったトラブルを起こすとブラックという状態になります。ブラックとは「信用情報に傷がある」ことを指し、傷がある人はお金を借りられません。

信用情報とは、この個人のお金の取り引きを記録した情報です。カードローンやクレジットカードなどに関する、申し込み・支払い・返済・借入残高など、あらゆる取り引き情報が記録されています。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
=中略=
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

返済能力が無いと見なされる

あなたの信用情報がブラック化していると、返済能力がないと見なされて審査落ちします。なぜなら返済遅れをしている人は、返済する意思や支払いに向けたお金の管理能力が欠けていると疑われるからです。

金融取り引きで一回でもトラブルを起こしている人は、再びトラブルを起こすことが考えられます。もしあなたがブラックだった場合、みずほ銀行に「貸し付けするのはリスクが高い」と判断されて、審査に落とされてしまうでしょう。

Q.具体的に何をするとブラックになるの?

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

長期延滞やお金の踏み倒し

ブラックということは信用情報に事故情報が記録されている状態です。
事故情報は法的な手段によって借金を踏み倒した自己破産や、借金を減額した個人再生などを行うと記録されます。
また2〜3ヶ月以上返済を延滞したり、返済状況や支払状況が悪いためにクレジットカードや携帯電話の契約を強制的に解約されてしまった場合にも事故情報が登録されブラックになってしまいます。

審査落ちしただけではブラックと判断できない

あなたがブラックだった場合は、金融機関の審査で即落ちてしまいます。しかし、審査に落ちたからといって、その理由がブラックだとは限りません。

審査に落ちる理由は公開されていませんが、これまでに審査落ちした人の傾向から、ある程度の理由は推測できます。

理由1|申し込み内容に虚偽がある

申し込み情報に虚偽がある場合は審査落ちします。多少のミスであれば再確認で済みますが、虚偽があると信用も失い審査で不利になるでしょう。

なお、金融機関は膨大なデータから申し込み者の情報を把握しています。自分をよく見せるためにどんなに年収を高く申告してもばれてしまうのです。

※ここに注意※
勤務先に関する虚偽は必ずバレます
すでに退職した勤務先を申告したり、架空の社名で申込んだりしても、その嘘は必ずバレてしまいます。
こういった虚偽は明らかに不正申し込みとみなされ、審査落ちするだけでなく二度と申し込み直せなくなる恐れもあるでしょう。

理由2|まったくもって収入がない

収入がない人は、金融機関からお金を借りることはできません。収入がないということは返済に充てるお金がないということです。そのため、金融機関は貸したお金を回収できないリスクがあるとして審査で落とすのです。

収入状況が良好と見なされるためには、毎月決まった収入を得てないといけません。給料が途切れていたり、上下したりする場合は収入が安定していないと見なされます。なお、無職だと決してお金は借りられません。

理由3|総合的に属性が良好ではない

申し込み内容も正確で収入状況も安定しているはず...。それなのに審査落ちしてしまった場合は、属性が総合的に見て良くないことが考えられます。

金融機関の審査は、あらゆる情報をもとに行われます。例えば、収入以外にも以下の項目も確認するのです。

  • 年収
  • 勤続年数
  • 雇用形態
  • 年齢
  • 居住形態
  • 居住年数
  • 家族構成
  • 勤続年数
  • 他社借入

この中でも重要なのは勤続年数であり、それが安定収入を得ているものと判断される要因です。しかし、いくら勤続年数が長くとも、他の要素を加味して属性が悪い場合は審査落ちの可能性も否めません。

理由4|すでに借金をしすぎている

審査では他社借入件数も確認されます。複数の金融機関から同時にお金を借りている人は、審査に落とされてしまうのです。

なぜならたくさんの借金をしている人は、返済能力が下がっていると見なされます。当然、金融機関は返済能力が低い人に貸すのはリスクが高いと判断するのです。

正式な件数は公表されていませんが、一般的には4つ以上の借り入れ先がある場合は審査に通らないとされています。

理由5|いわゆる申し込みブラックになっている

短期間に複数の金融機関に申し込みをすると、「申し込みブラック」になってお金を借りられません。

複数申し込みをすると「極度にお金に困っている人物」と見なされます。すると、「返済不能な多重債務者になる恐れがある」と判断され、審査に落ちてしまうのです。

一般的には1ヶ月のうちに4社以上に申し込みをすると、申し込みブラックになるとされています。

信用情報の申し込み記録は半年経たないと消えません。つまり、申し込みブラックが解消されるのも半年後なのです。

まずは本当にブラックなのか確認しよう

  • 別の銀行に申し込んだが審査落ち
  • ちょっと前にクレカ返済が1週間遅れた
  • 既に他社から10万円借りている

このような経験から「自分はブラックかもしれない」と思っていませんか?しかし、それは単なる思い込みかもしれません。

金融機関は「あなたが審査落ちした理由はブラックです」とは言いません。審査落ちする理由はいわばブラックボックスなのです。
したがって、審査に落ちても、それだけでブラックと判断するのは早計でしょう。

信用情報機関に問い合わせれば分かる

自分の信用情報がブラック化しているかどうかは、信用情報を保管する「信用情報機関」に問い合わせることで分かります。

信用情報の開示手続きには1,000円の手数料がかかりますが、スマホやPCで見られて周りにもばれないので手軽です。

信用情報機関
  • 指定信用情報機関CIC
  • 日本信用情報機構JICC
  • 全国銀行協会JBA

信用情報機関の公式サイトには、加盟する金融機関が記載されたページがあります。あなたが過去に利用した金融機関の名前を確認して、適切な信用情報機関に問い合わせましょう。

異動情報などがあるかでブラックか判断する

ブラックになっているかどうかは、信用情報を見て判断しなくてはなりません。判断する項目の一つとして異動情報があげられ、結果として問題と見なされます。この文字は、各金融機関へ貸し付けをしないように注意喚起する意図もあるのです。

 異動と記載される条件

・返済日より61日以上または3ヶ月以上の支払遅延(延滞)があるものまたはあったもの
・返済ができなくなり保証契約における保証履行が行われたもの
・裁判所が破産を宣告したもの(破産手続開始の決定がされたもの)

ブラックでなければ申し込みをしよう

ブラックだと即審査落ちします。しかし裏を返すと、ブラックでないのであれば借りられる可能性があると言うことです。

みずほ銀行カードローンを利用したい人は、申し込みを検討しても大丈夫でしょう。

ブラックでなければみずほ銀行から借りられる可能性あり

みずほ銀行カードローンは、利用するのに銀行口座開設をする必要があります。既に口座を持っている人は、そのままキャッシュカードをカードローンとして使えるので非常に便利です。

金利も他の銀行カードローンよりも低めの年率2.0%~14.0%なので、利息を多く払いたくない人にはおすすめです。

みずほ銀行カードローン

限度額 10~800万円
金利 2.0~14.0%
審査 公式サイト参照
融資 公式サイト参照

※ムリなくご返済いただける範囲で、計画的にご利用ください。
大手の銀行を利用したい方におすすめ。
みずほ銀行がメインバンクの方におすすめ。

公式サイトはこちら

急ぎの場合は審査が早いカードローンも検討しよう

どうしても今日中・明日中にお金を用意したい人は、審査が早いカードローンを検討するのが良いでしょう。
みずほ銀行カードローンは審査にある程度時間がかかるため、急ぎの人には向いていません。

審査が早いカードローンであれば、最短25分で審査結果が通知されます。借り入れも早くて1時間で可能なので、お金が必要なタイミングに間に合うでしょう。

以下が、審査の早いおすすめのカードローンです。

アコム

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間

すぐお金が必要な方におすすめ。
初めてのお借入れにおすすめ。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス

限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間

スマホでお借入れ可能。
20代・30代の方から人気。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短25分
融資 最短25分

内緒で借りたい方におすすめ。
銀行振込で借りたい方におすすめ。

公式サイトはこちら
※WEBから申し込みの場合。申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応となります。

まとめ

みずほ銀行がブラックでも借りられるなんてことはありません。厳正なる審査が行われるため、あなたがブラックだった場合は即審査落ちします。

しかし裏を返すと、ブラックでなかった場合は、借りられる可能性があります。

他の銀行で審査落ちをしても、原因がブラックだったからとは限りません。他の要素が影響して落ちる場合もあるのです。

まずは、これまでの金融取り引きを振り返ってみましょう。それでも審査が不安な場合は、信用情報機関への問い合わせも検討してください。

みずほ銀行カードローンの全てが分かる!他社比較や審査・借り入れ・返済など網羅
みずほ銀行カードローンのサービス内容を紹介。他社と比較して、どんな特徴があるのかが分かります。申し込み・借り入れ・返済など、重要なポイントをまとめているので、ご参考ください。

おすすめの特集ページ

ブラックに関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る