カードローンの申込みで嘘がダメな理由と審査でバレる原因

この記事に関するアドバイザ

元 JA職員

小松千央

JAバンクにて、カードローンや各種ローンの推進と貯金業務に従事。金融窓口として、2,000名以上のお客様に適切な商品を案内。ローンの専門家として、金融商品販売実績多数。

 この記事はこんな人向けです 
  • お金が必要でカードローンを利用したい
  • 自分の経歴に自信がない...
  • 申し込み時に嘘はついていいの?

カードローンでお金を借りたい。審査に落ちるのが嫌だから、申し込み情報の入力で少し盛っても大丈夫かな?年収を多めに書いたり、勤続年数を長めに書いたり。

しかし、申し込み時に嘘をつくのはやめてください。申込時の嘘は様々なリスクに繋がるのです。

今回は、申し込み時に嘘をついた場合どうなるのか解説します。

カードローンの審査で嘘はNG

カードローンの審査に通りたくて申告時に嘘を記入する人もいるようですが、これは絶対に行ってはならないNG行為です。

カードローンの審査は「この人にお金を貸しても大丈夫なのか?」という信用度を計っています

よって、嘘の申告が判明すると信用度が疑われることとなるので、大きなマイナスポイントとなるのです。

Q.虚偽申し込みを行うと審査落ち以外に何らかの罰則はあるのか

Kobayashi

元 JA職員|小松千央

公的罰則も存在する為、虚偽申告は避けましょう

虚偽の申告をした場合は貸出機関から信用がなくなります。記入ミスと考えられる点においては電話で確認が来ることもありますが、上乗せした年収や架空の会社を記載した場合などは信用を無くし、審査通過はしない場合がほとんどです。

また、虚偽申告した場合は詐欺未遂罪に問われ、実際に逮捕された事例も今までに何度もあります。公的罰則もある上に罪悪感に襲われることもある為、今後の申込者自身の為にも正しい情報を申告するようにしましょう。

どれだけほかの要素が良くても嘘があると落ちてしまう

審査ではスコアリングを行っています。申し込み時に記載した職業や年収、勤続年数から利用申し込み者に点数をつける手法です。

この点数が審査基準に達していれば、審査に通過できるでしょう。

しかし、嘘が発覚した場合、例えスコアリングで基準を満たしていても、それひとつで審査に落ちてしまいます。

カードローン申込時に付きがちな6つの嘘

少しでも審査に通ろうと、カードローンの申込時に嘘を付く人もいます。しかし嘘はすぐにバレて、借りられるのも借りられなくなるのです。

カードローン審査の判断材料は何か。どのような点で嘘をついてはいけないのか確かめてみましょう。

1|氏名・年齢で嘘を付く

氏名や年齢を偽って申し込む人がいますが、十中八九ばれます。これは審査落ちどころか、最悪の場合、他人の情報を利用したとして法律に関わってくるかもしれません。

自分の家族だから大丈夫だろうというのも、安易な考えです。勤務先の情報や年収の整合性からバレてしまいます。

2|勤務先で嘘を付く

カードローン利用条件は、きちんと働いている人です。働いていない人で、嘘をついて架空の会社を記載する人もいますが、バレてしまいます。

カードローンでは在籍確認という、勤務先に確認の電話が行きます。これで証拠を取るため、偽の会社、昔の会社を記載してもバレるのです。

3|勤続年数で嘘を付く

カードローンの審査では収入の安定性が重要になります。この安定性に当たるのが勤続年数です。この勤続年数を多めに盛る嘘をつく人がいます。

しかし勤続年数は、あなたが以前申し込んだローンに記載された情報と裏付けされます。転職したばかりの人は注意が必要です。

昔のローン申し込み情報で記載した勤務先、勤続年数と整合性が合わない場合は警戒されます。

4|年収で嘘を付く

審査で通過するために、年収に関して嘘をつく人がいます。キリが良いからと数百万と繰り上げていませんか?

カードローン会社は、申込者が怪しいと感じた場合、身分証明書に加えて収入証明書を求めてきます。書類が申込時の数値と違う場合は嘘と見なされ落ちてしまうでしょう。

5|他社借入で嘘を付く

カードローンでは他社借入も考慮に入れられます。もし他の返済があるならば、自社への返済に充てる余力がないとして審査落ちするのです。

この際、他社借入をすっとぼけて記載しない人がいます。しかしカードローン会社は、信用情報機関という専門機関に情報を登録しており、どの会社もそれを見れます。

あなたが記載しなくても確認されるのです。ここでミスすると「嘘をついている」もしくは「借り入れを把握していない」と見なされ審査落ちしてしまうのです。

6|利用目的で嘘を付く

カードローンの申込時には、利用目的も聞かれることがあります。

この際恥ずかしいかもしれませんが、事実をハッキリ伝えてください。

基本的にカードローンは使い道が自由ですが、禁止されている使い道もあります。禁止に該当する使い道の場合は利用を避けてください。

▶参考:カードローンの利用目的が影響して審査落ちする3つのケース

カードローン会社は嘘を見抜く

それでは、なんで嘘が判明してしまうのでしょうか?

カードローンの審査時には個人の信用情報が取り寄せられます。
この信用情報には、信用取引情報が克明に記載されているので、知られたくない事実を隠すために嘘をついたとしてもすぐに判明してしまうのです。

金融事故は信用情報機関に長期間保管されている

カードローンの審査時、申込者が申請した個人情報と信用情報機関から取り寄せた申込者の信用情報をもとにカードローンの審査を行います。
この信用情報機関は現在日本に3社あり、そこに個人の信用取引情報が記載されているのです。

現状継続取引されているものをはじめとして、金融事故を起こした場合はその情報も一定期間保管されることになります。

そのため、信用情報を見れば現在の取引情報はもとより、過去に問題がなかったかも判明するのです。

膨大なデータから年収もバレてしまう

カードローン会社を甘く見てはいけません。実はカードローン会社は、膨大なデータを蓄積しています。

もし収入証明書を提出しなくて良いのならば、少しくらい上乗せして年収を申告しても大丈夫だと思うかもしれません。

しかし、年収は企業名、企業規模、勤続年数、年齢、肩書きなどからおおよそのデータが各社に残っているのです。審査のプロの目はごまかせません。

※ここに注意※
勤務先に関する虚偽は必ずバレます
すでに退職した勤務先を申告したり、架空の社名で申込んだりしても、その嘘は必ずバレてしまいます。
こういった虚偽は明らかに不正申し込みとみなされ、審査落ちするだけでなく二度と申し込み直せなくなる恐れもあるでしょう。

嘘を吐くつもりなく誤記載してしまった場合は?

故意に嘘をついたのが判明した場合ならば、カードローンの審査に落とされても文句は言えません。

しかし、うっかり記入ミスをしたケースではどうなるのでしょう。やはりカードローンの審査NGとなるのでしょうか?

小さなミスは内容確認電話で修正できる

すべてとは言いませんが、申告内容について電話で再確認してくる場合もあるようです。
記入ミスとはとれないような嘘がいくつもあれば期待できませんが、「これって記入ミスかも」と思えるくらいなら再確認してくるかもしれません。

しかし、絶対とは言い切れませんから記入ミスが嘘と判断されないためにも、提出前には自分で再確認を怠らないよう心掛けるようにしましょう。

 申込時の注意点 
申し込み内容は正確・正直に
申し込みフォームの内容が正確であるほど、審査はスムーズに行われます。
融資希望額は必要最小限に
年収に対して融資希望額が高すぎると、貸し倒れのリスクがあるとして、審査が長引いたり否決になる恐れがあります。
提出書類は明瞭に撮影
審査の過程では身分証明書の提出を求められますが、その際、名前・住所・顔写真が明瞭に写っていることを確認しましょう。

申し込み時のミスで考えられるのは、上記3点です。情報の送信前に、記入内容にミスがないか確認してください。

審査で嘘用のアリバイ会社は使わないように!

実体のない登記だけされた会社をペーパーカンパニーなどと呼びます。これを利用した「アリバイ会社」というものが世の中には存在します。

ペーパーカンパニーは、その名のとおりに登記簿など書類上は存在しているだけなので、実態はない幽霊会社です。アリバイ会社とは、実態のないペーパーカンパニーを利用して、顧客のローンの審査を通過したりするために、在籍確認や収入証明書などのお世話をする企業です。

本来は審査に通りそうにない方々、たとえば多重債務者や、水商売、自営業者などが使っているようです。アリバイ会社はたくさん存在しているようですが、過去には経営者が逮捕された会社も出ており、これを使おうとしている方は考え直したほうがいいでしょう。

審査に通る自信がない人は成約率の高いアコムへ

 アコム三菱UFJフィナンシャル・グループ
金利 
限度額
審査 
融資 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
:最短1時間
利用者数が全国でダントツNo.1!30日分の利息が完全ゼロ円!最短60分で借りられる!
公式サイトへ▶

アコムの成約率は申し込んだ人の約半数が審査を通過しています。この水準は他のカードローンと比較しても群を抜いていると言えるでしょう。

嘘をつく前に、成約率の高いアコムへ申し込んでみてはいかがでしょうか?

成約率が高い
消費者金融カードローン最大手のアコムでは、新規で申し込みをした人の中で、実際に借り入れできた人の割合(成約率)を公開しています。下記の表はアコム公式ページより抜粋したもので、成約率は50%近くを推移しているのがわかります。およそ2人に1人が制約するのは、カードローン業界の中で最高水準です。

公式サイトへ

まとめ

カードローンの申し込みで嘘をつかないでください。

虚偽申告を押し通すことは無理だと考えておきましょう。カードローン会社は長年の貸し付け経験で、多くの知見とノウハウを持っています。そのため、ばれないだろうと思っていても、必ずばれます。

しかし、過去に金融事故もなく、今の職場で長く働いていれば、審査に落ちることはなかなかありません。

それでも、もし自信がないのなら>成約率の高い消費者金融のアコムへ申し込んでみましょう!

この記事を読んだ人はこちらも読まれています

審査項目に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
  • 金融庁
  • 日本賃金業協会
  • 割賦販売法・賃金業法指定信用情報機関
  • 指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構
  • 金融庁
ページトップに戻る