生活費が足りない時でもキャッシングしてはいけない人の特徴

この記事に関するアドバイザ

元 JA職員

小松千央

JAバンクにて、カードローンや各種ローンの推進と貯金業務に従事。金融窓口として、2,000名以上のお客様に適切な商品を案内。ローンの専門家として、金融商品販売実績多数。

 この記事はこんな人にオススメ
  • ヤバイ、今月の生活費が足りない
  • 少しだけキャッシングしようかな…
  • 後でちゃんと返せば問題はないはず…

生活費が足りない場合、お金を借りて、その場をしのぐという手段があります。

借りること自体は悪いことでもありませんが、キャッシングをするなら計画した借り入れをする必要があるでしょう。
今回は生活費が足りない時に、キャッシングをしない方が良い人の特徴を紹介します。

生活費が足りない時のキャッシングは危険?

生活費が足りない時にキャッシングをすると、確かにその月は給料日まで命をつなげることができるでしょう。

しかし、借りたお金は利息を上乗せしてきっちり返さなくてはなりません。返済ができる保証が無いのにキャッシングするのは、非常に危険です。きちんと返済できる見込みがなければ、キャッシングは利用すべきではありません。

慢性的な金欠なら返済が滞る可能性がある

慢性的に生活費が足りない時ということは、収入に見合った生活をしていないか、そもそも収入自体が少なすぎるかのどちらかです。そんな人がキャッシングをしてしまうと、確実に借金地獄に陥るでしょう。生活するのがやっとなのに、返済に充てる費用が捻出できるとは考えにくいためです。

Q.推奨できない借入金の利用目的とは

Kobayashi

元 JA職員|小松千央

生活費、ギャンブルはお勧めしません

生活費の不足やギャンブルに使いたいといった理由は推奨できません。まず、このような理由の場合は慢性的にお金がない状態が多く、返済してもすぐ追加で借入してしまうことも少なくありません。自己破産に繋がることも多いので、消費者金融や金融機関では審査落ちします。他にも、事業用資金と記入すると審査落ちする可能性があります。事業用資金の借入は事業用専用のローンを利用することになります。一方で、消費者金融のカードローンは事業用として借りることが可能です。しかし、投資やFXなどは自己破産しても返済がなくならない免責不許可事由のため、投資やFXに使用する場合は消費者金融であっても断られます。

キャッシングすべきでない人の特徴とは?

普通に働いていて普通に生活しているつもりが、気づくと生活費が足りない。そんな時はキャッシングに頼るのではなく、生活を見直してみる必要があるでしょう。

しかし「どうしても足りない生活費をキャッシングで何とかしたい」という人もいるかもしれません。では、生活費が足りない時にキャッシングしない方が良い人には、どんな特徴があるのでしょうか。

Q.ギャンブル目的の借入は可能なのか

Kobayashi

元 JA職員|小松千央

審査落ちする可能性が高いです

申し込みをする上で借入目的を聞かれたり、申込用紙に記入する欄があります。素直に本当のことを書くべきですが、借入希望理由が原因で審査を通過できないこともあります。その一つに「ギャンブルをするため」という理由があります。ギャンブルのために利用するということは、返済に充てる資金もさらにギャンブルに露利用する可能性が高いので、返済能力がないと判断されることが多いです。金融機関や消費者金融のどちらもギャンブルに使用する人には、ほとんどの場合、審査落ちさせます。本当のことを書く必要がありますが、ギャンブルを理由にするのはおすすめできないでしょう。

特徴1:ギャンブル好き

競馬、パチンコ、宝くじ等、この世の中にはたくさんのギャンブルが存在していますが、ギャンブルが原因で生活費が足りない状況に陥っているのなら、キャッシングは控えた方が良いでしょう。

特に休日や仕事の合間に「時間を潰すためにパチンコ行こうかな!」などと思考回路がまわってしまう人は要注意です。パチンコの新台情報をみると、途端に目の色が変わるという人も、キャッシングすべきではないと言えます。

生活費が本当に足りないのなら、一時的にキャッシングをしてみることも選択肢ですが、自分の生活を振り返ってみてください。生活費が足りない原因は、ギャンブルのせいではありませんか?

特徴2:誰にでも奢る

生活費が足りない時に、キャッシングしない方が良い人の特徴として、次にあげられるのは、誰にでもすぐ奢ってしまう人です。特に、男性が女性に奢るケースが多いかもしれません。

女性に奢るのは悪いことではなく、むしろ良いことなのですが、生活費が足りない可能性があるのに、お金を出してしまう人は、本当に気をつけてください。キャッシングをしたお金があっても、女性に奢ってしまう可能性はありませんか?「ごめん、今日は割り勘でもいい?」の一言が言えますか?

特徴3:買い物はクレカ

買い物や食事などの精算を、クレジットカードで済ませる人も、キャッシングに向いていない人と言えます。

確かにクレジットカードは買い物において大変便利ですが、支払いが翌月になるので、お金の管理がしづらいという特徴があります。そもそもクレジットカードを多用しているのにかかわらず、生活費が足りない状況になるのは、クレジットカードの支払いが収入より多いからではないですか?

クレジットカードもキャッシングもどちらも似た側面があります。クレジットカードで生活が圧迫されるなら、キャッシングは絶対にしないほうがいいでしょう。

キャッシングをしても大丈夫な人の特徴

生活費が足りない時にキャッシングを使うのも、1つの選択肢としては有りでしょう。しかし、上記であげた人はキャッシングには向いてないといえます。使いすぎてしまったり、返済が滞ったり、現状よりも状況が悪くなる可能性があるためです。

キャッシングに不安がある人は以下の条件を確認してみましょう。

キャッシング利用してもいい人

  • ◆確実に一時的な生活費が足りない
  • ◆確実に1ヶ月以内に返済ができる
  • ◆急に出費が重なってしまった
  • ◆クレジットカードでリボ払いをしていない
  • ◆50万円以下のキャッシング希望

上記のような人はキャッシングしても大丈夫である可能性が高いでしょう。キャッシングには無利息期間や、低金利なところもあります。本当に生活費が足りないなら、きちんと返済計画を立てたうえでキャッシングを利用しましょう。

Q.最もキャッシングしてはいけない人とは?

Kobayashi

元 JA職員|小松千央

非正規雇用者や返済で余裕がない人は危険です

借り入れしてはいけない人の特徴として、まず現在の返済ですでに生活が苦しい状態が挙げられます。こういった状態の人の傾向として、ローンやクレジットカードの返済が難しくなり、その支払いのために借り入れをする場合が多いです。返済のために新たに借入をするということは、徐々に返済金額や返済先が多くなるため、注意が必要です。また、非正規雇用者の場合も危険です。非正規雇用者は割合を多く占めています。収入が安定しておらず生活が苦しいため借入を繰り返します。最初は比較的少額を借り、返済しますが、徐々に自分の口座から払い戻しをしている感覚になり、気づけば返済が困難になることも珍しくありません。現在当てはまる人は、これからの借入は特に慎重に行うことを心がけましょう。

返せるアテが無いなら生活費が足りない時のキャッシングはNG

キャッシングというのは、借りるのは一瞬でも返済は長引く可能性があります。もし生活費が足りない時にキャッシングを利用しようと思うなら、「翌月には生活費も確保しつつしっかり返済できるか」というポイントを重視するべきです。

返す当てもないのにキャッシングすると痛い目を見てしまうので、計画性のないままにお金を借りるというのはやめておきましょう。

相談相手を見極めよう

生活費が足りない時にはまず、信頼できる誰かに相談することが重要です。

お金の相談をできる相手は?
  • ◇両親
  • ◇家族・恋人
  • ◇会社の信頼できる人
  • ◇昔からの友人

1人で抱え込んでいても、貯金が増えるワケではありませんし、何も解決しません。まずは相談できる人を自分でしっかり見極めて、正直に打ち明けることが大事です。

キャッシングをする場合は「利息」がかかりますが、身近にいる相談相手なら、利息なしでお金を貸してくれるケースもあるはずです。どちらが良いのか、自分でよく考えてみてください。

どうしてもキャッシングが必要な場合は

ここまでキャッシングに不向きな人の特徴やリスクについてご説明してきましたが、どうしても借入が必要なタイミングはあるものです。

ここでは、借入が必要な場合に考えうる選択肢についてご紹介していきます。

カードローンという選択肢

具体的な借入方法のひとつに、カードローンという選択肢があります。
カードローンとは、コンビニATMからでもお金を借りることができるサービスです。

代表的なカードローン会社としては、テレビCMでも有名なアコムやプロミスなどがイメージしやすいかもしれません。

借りたお金を生活費に充てられる

カードローンは、クレジットカードと異なり限度額(利用枠)内で現金を借り入れできます。
カードローンの仕組みについては、下図を参考にしてください。

カードローンで借り入れたお金は、事業資金以外の目的であれば、基本的にどのように使っても問題ありません。
利用用途が自由なので、例えば、旅費や生活費の補てんにも利用できるのです。

必要最低限の金額だけ借りられる

一般的なローン商品は、1万円単位の貸付が基本となっている場合が多くなっています。
少額の借入が必要な場合は、金額単位が大きすぎて、借りすぎになってしまう金融商品もあるでしょう。

一方、カードローンは「1,000円単位の借入」ができるので、必要最低限の金額を使うことができます。

また、普段から利用している銀行口座に借入金を振り込んでもらえるため、新規に口座を解説するなどの手間もかかりません。

早ければ今日中に借入できる

利便性の高いサービスとして、審査が早いカードローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか。
審査が最短30分で完了するカードローンも存在しています。
以下の流れで手続きすると早ければ、即日でお金の問題を解決することもできるのです。

カードローン利用にあたって最低限必要なものは、ネットに接続できる端末(スマホ・PCなど)と身分証明書です。
手続き自体も上記の通り簡単なので、借入が初めてという方であっても迷わずに手続きを進められるでしょう。

おすすめのカードローンはこちら

アコム
限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間
  • すぐお金が必要な方におすすめ
  • 初めてのお借入れにおすすめ
公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。
プロミス
限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間
  • スマホでお借入れ可能
  • 20代・30代の方から人気
公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。
アイフル
限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間
  • 内緒で借りたい方におすすめ
  • 銀行振込で借りたい方におすすめ
公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

キャッシングで大事なことは、借りすぎないことと、計画的な返済です。そのため、ギャンブルをしたり、人に奢ってばかりいる人には、キャッシングは向いていません。もし、一時的に生活費が足りずにキャッシングをしたとしても、継続的な収入と、返済をする力があれば、誰でも利用できます。

借入方法に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
  • 金融庁
  • 日本賃金業協会
  • 割賦販売法・賃金業法指定信用情報機関
  • 指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構
  • 金融庁
ページトップに戻る