セゾンマネーカードで増額する方法と4つの注意点

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

佐藤大貴

一般企業において経理実務およびマネジメント、経理に関する研修を担当。その後、新卒向けファイナンス関連セミナー・ふるさと納税に関するセミナー・その他ファイナンス系セミナーなどにおいて講師として登壇。ユーモアを交えた"面白くわかりやすい"セミナーで人気を集める。

この記事の目次

  1. セゾンマネーカードの限度額を増額する場合について
  2. セゾンのマネーカードで増額する方法・流れ
  3. セゾンマネーカードの増額審査について
  4. 増額審査に落ちやすい人の特徴
  5. いつの間にか限度額が上がっていることも!
  6. セゾンマネーカードで増額する場合の注意点
  7. どうしてもお金が必要、そんな方は…
  8. まとめ

 この記事はこんな人向けです 
  • 今月、お金足りないな…
  • よし、セゾンマネーカードを利用しよう
  • あ!限度額が足りない!

クレディセゾンのカードローン「マネーカード」で借り入れしている人の中には、限度額が足りなくなってしまうケースもあるでしょう。

カードの限度額が少なくなってくると「増額」という選択肢を考えるものですが、申請すれば必ず増額してもらえる訳ではありません。

増額を検討している人に向けて、増額の条件や手続きの流れなどを幅広く解説していくので、気になる人はぜひ参考にしてください。

セゾンマネーカードの限度額を増額する場合について

MONEY CARD(マネーカード)
金利 実質年率15.0%
限度額 100万円
貸付条件 ・20歳から64歳までの安定した収入のある方
※学生の方はお申し込みいただけません。
※ご入会につきましては、慎重な審査をさせていただきます。
返済方式 定額リボルビング方式
返済期間 1~60回/1~60ヵ月
遅延損害金 年率11.68%~20.00%

クレディセゾンのカードローン「マネーカード」は、金欠時の頼りになる借入サービスです。

しかし、利用していくうちに「限度額が足りない…」と感じる人もいるのではないでしょうか?利便性の高いカードローンですが、残念ながら契約時に設定された限度額の範囲内でしか借入できません。

どうしてもお金が必要なのに上記のような状況だと、限度額の増額を検討する人も多いでしょう。

限度額は審査によって決められる

マネーカードの限度額は最大100万円となっていますが、初回から上限値が設定される人はほとんどいないでしょう。

カードローンの限度額は、申し込み後に行われる審査によって、利用者の収入状況や信用情報の状態などをもとに適切な金額が算出されます。

個人向けの融資を行う場合は「総量規制」と呼ばれるルールの影響を受けるので、年収によって限度額も変化するのです。

 総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。
ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

例えば、年収150万円の人は1/3にあたる50万円までしか融資してもらえません。初回利用時は利用実績もゼロなので、数十万円程度になることがほとんどでしょう。

増額で借り入れ可能額を引き上げる

仮に限度額いっぱいまでマネーカードを使ってしまったとしても、増額すれば借り入れ可能額を引き上げることが出来ます。

マネーカードで借入したいのに限度額が足りない…そんな状況であれば、増額という選択肢を検討するのは自然な流れです。むしろ、適切な手段と言ってもいいでしょう。

セゾンのマネーカードで増額する方法・流れ

では、マネーカードの限度額を増額してもうにはどのような手続きが行われるのか。基本的な流れは、具体的に以下の通りです。

  1. 担当者に増額申し込み
  2. 申込内容確認・本人確認
  3. 増額審査
  4. 限度額の再設定

申込者の状況や希望額などによって手続き内容は若干変化していくので、各要素ごとに解説していきましょう。

STEP1:増額申し込み

マネーカードの限度額を増額する際には、以下の申し込み方法が用意されています。

セゾンの公式サイトからインターネット上で手続きを行う
カード裏面のインフォメーションセンターに問い合わせる

2タイプのいずれかから、ご自分が利用しやすい方法を選んで、増額申し込みをしてください。

WEBで増額申し込みされる場合

WEB上で増額申し込みを進める場合は、お手持ちのスマホで公式サイトにアクセスしましょう。画面右上にある「MENU」ボタンをクリックしてください。

Screenshot_saison_moneycard_zougaku1.png

MENU内にある「カードをお持ちの方」をクリックしてください。

Screenshot_saison_moneycard_zougaku2.png

次に表示されるページの下部に、増額関連の項目が記載されています。マネーカードとマネーカードゴールド、2つのURLが記載されているので、間違えないようにしましょう。

Screenshot_saison_moneycard_zougaku3.png

URLをクリックすると、個人情報の取り扱いについての同意が求められるページに移行するので、「同意して次へ」をクリックしましょう。

Screenshot_saison_moneycard_zougaku4.png

電話で増額申し込みされる場合

電話での増額申し込みを希望する場合は、カード裏面のインフォメーションセンターからお問い合わせ可能です。

以下の電話番号に問い合わせるとオペレーターが応答しますので、増額を希望している旨を伝えてください。

マネーカードコンタクトセンター:0120-936-333
営業時間:9:30~18:00(1月1日休み)

STEP2:申し込み内容・本人確認

増額の申し込みフォームにある必要項目を入力し、書類等を提出すれば申し込みは完了です。入力項目は、以下を参考にしてください。

Screenshot_saison_moneycard_zougaku5.png

氏名・連絡先・住居情報などの入力項目に間違いがあると、申し込み手続きに時間がかかってしまいます。記入欄には、正確な情報を入力するようにしましょう。

STEP3:増額審査

申し込み内容の確認が完了すると、増額審査が開始されます。

「入会時に審査を受けているのになぜ?」と思われるかもしれませんが、限度額の見直しを行うために、現状の返済能力を再確認する必要があるのです。

増額審査を通過しなければ、限度額を上げてもらうことはできませんので、結果が届くのを待ちましょう。

STEP4:限度額の再設定

増額審査が完了次第、本人に直接結果が通知されます。申し込みフォームに記入した電話番号もしくはメールアドレスに、審査結果の通知が来ます。

増額手続きが終わった後は、新しく設定された限度額の範囲内であればすぐに追加借入可能です。

借入方法はこれまでと特に変わりありません。普段から利用している借入方法で、必要なお金をキャッシングしましょう。

セゾンマネーカードの増額審査について

上記で解説したとおり、セゾンマネーカードの限度額を増額するには増額審査に通過しなければいけません。

最大限度額の100万円まで増額してもらおうとは思っていないので、審査に落ちることはないだろう…と考える人もいるのではないでしょうか?

しかし、増額審査では入会時に受けた審査と確認される項目が異なります。

セゾンマネーカードの利用実績が重視される

増額審査は初回申込時と異なり、収入状況や信用情報だけでなく、これまでの「利用実績」も重要視されることになります。

マネーカードに入会して1ヶ月にも満たずに増額申し込みしても、審査落ちしてしまう可能性があるのはこのためです。

借入や返済状況などの利用実績が良好でなければ、希望通りに増額するのは難しいと考えておきましょう。

原則として在籍確認は行われない

初回申込時の審査では「在籍確認」が必ず行われていましたが、増額する際は原則として行われません。

 在籍確認が行われる理由

貸金業法 第13条(返済能力の調査)
貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。

上記からも分かる通り、在籍確認は本当に勤務先で働いているのか裏付けを取るための手続きです。

初回申込時と同じ職場で働いているのであれば、基本的に再度在籍確認が行われることはないでしょう。

場合によっては再度在籍確認が行われる

初回審査で在籍確認がすでに行われていたとしても、申請者の現状によっては増額審査で再び会社連絡がある可能性があります。

例えば、勤務先を転職などで変更している場合や収入が初回審査時よりも減少している場合などは、在籍確認の可能性アリです。職場に電話がかかってくると不都合がある人は、注意しておきましょう。

増額審査に落ちやすい人の特徴

マネーカードの増額申し込みを行ったとしても、すべての申込者が審査通過できる訳ではありません。

申込者の中で、増額審査を通過できなかったケースがあるのも事実。実際にどのような人が増額審査に落ちやすいのでしょうか?

特徴1:マネーカードの返済が遅れている

増額審査に落ちる人の特徴として、マネーカードの返済が遅れているケースが考えられます。利用実績が重要視される増額審査では、返済遅れは致命的です。

入金忘れで翌日返済した場合などは、そこまで大きな問題にはなりませんが、2~3ヶ月以上の長期滞納をしていると増額審査を通過するのは難しいでしょう。

特徴2:返済能力が不足している

申込者の返済能力が不足しているケースも、増額審査に落ちる人の特徴として挙げられるでしょう。

増額審査でも、返済金を毎月きちんと支払っていけるだけの収入があるかどうかは重要なポイントになります。

例えば、入会時よりも収入が低下していたり、他社からの借入が増加していたりすると、返済能力が不足していると判断される可能性があるでしょう。

特徴3:クレカ等の支払いに遅れている

マネーカードの利用実績だけでなく、クレジットカードの代金や分割した携帯の本体料金など、「信用情報」の絡んでくる支払い状況が悪い場合も注意が必要です。

例えば、クレジットカードの支払いを61日以上滞納すると延滞として扱われ、信用情報に一定期間記録されてしまいます。

他にも強制解約や債務整理なども、信用情報にダメージが残ってしまう金融事故となっているので、過去に思い当たる節がある方は増額を見送った方がいいでしょう。

Q.あらゆるローン審査で見られる"信用情報"とは?

Satou

ファイナンシャルプランナー|佐藤大貴

信用情報は金融取引履歴になります

信用情報とは、その人のお金を借りた履歴やクレジットカードなどのローンの履歴または使用履歴などの積み重ねとなります。返済が遅延したり、踏み倒したり、自己破産をしている場合は、当然信用情報にはどんどん傷がついていきます。
信用情報は会社内だけで管理されているのではなく、信用情報機関というものが一元して管理をしています。これによりA社では信用を失ったけど、他社のB社で再度お金を借りればいいということはできなくなります。
A社もB社も信用情報機関に登録をしていれば、その個人の信用情報を閲覧することができるのです。情報が破棄されるまでの5年間、途中でリセットするのは難しいものとなります。

いつの間にか限度額が上がっていることも!

審査落ちの理由として実績不足がありますが、その条件を満たせているかがわかるタイミングがあります。それは、増額案内があったときです。

マネーカードの場合は、定期的な見直しによって有料会員と判断された場合、セゾン側が限度額を増額してくれるケースもあります。

公式サイトでも、上記のような回答が見受けられます。このような増額パターンがあることも覚えておきましょう。

借入・返済状況が良好な人が対象

マネーカードを取り扱うセゾン側から増額されるのは、借入・返済状況が良好な人が対象となっています。

つまり、セゾン側から増額されたということは「利用実績が良好な顧客」として評価されているということです。

増額を希望するのであれば、セゾン側の定期的な見直しのタイミングを待つのがおすすめと言えるでしょう。

ただし、契約内容の見直しがいつ行われるのかは分からないので、時間に余裕のない人は増額申し込みをするようにしてください。

セゾンマネーカードで増額する場合の注意点

もちろん、気づいたら増額されていたという状況であれば、改めて申し込む必要はないかもしれません。

とはいえ、増額されていたとしてもいなかったとしても、現状の限度額ではたりない。そういった方は、限度額が増える可能性だけを考えて増額申込に踏み切ってしまうものかと思います。

しかし、実際に増額審査を受けると様々なデメリットが生じる可能性もあるので、申し込み前に以下の注意点もしっかり確認しておきましょう。

注意点1|増額審査に時間がかかる場合がある

セゾンマネーカードの増額審査は、必ずしもスムーズに行われるとは限りません。

入会時と違う基準で審査が行われるので、増額を申し込んでから限度額が増えるまでに何営業日もかかるケースも考えられます。

「なるべく早くお金を用意したい」

と考えている人であれば、別の方法を探したほうが賢明かもしれません。

注意点2|減額されてしまう可能性がある

これまでのセゾンマネーカードの利用状況も審査の判断材料になるため、結果的に限度額が減額されてしまうケースも考えられます。

とりわけ返済を遅延した経験があると、増額申し込みはリスクは高くなってしまいます。

これまでのセゾンマネーカードの利用を振り返り、少しでもトラブルがあった人は増額申し込みを控えましょう。

注意点3|借り入れ自体ができなくなる恐れがある

セゾンマネーカードに増額を申し込んだ結果、残りの限度額すら使えなくなるケースもあります。

そもそも増額審査は、初回の契約内容を見直す手続きともいえます。利用者の収入状況や利用状況が当初よりも悪ければ、仕方のない判断といえるでしょう。

利用者の返済能力に不相応な限度額だと判断されれば、過剰融資のリスクを回避するために、利用停止という処置もやむを得ないのです。

注意点4|場合によっては所得証明書類が必要になる

増額することによって以下のいずれかに該当する場合は、所得証明書類の提出が必須となります。

・当社での契約金額(キャッシングご利用可能枠)が、50万円を超えるとき。
・他社を含む貸金業者からの総借入れ額が100万円を超えるとき。

所得証明書類として提出できるのは、以下のいずれかとなっているので、該当する方は事前に用意しておかなければいけません。

所得証明書類
  • 給与明細書
  • 源泉徴収票、支払調書
  • 年金証書(裁定通知書、支払額変更通知書)
  • 年金振込通知書
  • 納税通知書(課税明細書)
  • 課税証明書、所得証明書
  • 確定申告書、青色申告決算書、収支内訳書



必要書類が提出できなければ増額手続きが進められませんので、十分注意しておきましょう。

どうしてもお金が必要、そんな方は…

 ここから先はこんな人向け 
  • 今日中に払わなきゃならない請求がある
  • デートの約束があるのに財布が空っぽ
  • 欲しいものがあるのにお金が足りない

どうしてもお金が必要なのに、手元のセゾンマネーカードは限度額不足。しかし、リスクを考慮すると安易に増額はできない。

そんなときは、限度額の増額だけでなく、他の選択肢にも目を向けてみましょう。

他のカードローンに新規申し込みするのもあり!

その他の選択肢とは、他カードローンに新規申し込みするというものです。

もちろん、入会審査を受ける必要はありますが、銀行カードローンの増額審査とは異なる仕組みが採用されています。

そもそも、審査基準というものは各金融機関で個別に設定されているので、「増額審査に落ちてしまった」「増額審査に通過する自信がない」といった方でも、お金を借りられる可能性があるのです。

新規申し込みする方が手間がかからない

増額を申し込むと、基本的に収入証明書の提出を求められるため、人によっては手続きに手間がかかってしまいます。

収入証明書なしで利用できるカードローンを選べば、スマホと身分証明書さえあれば新規申し込みできるので、面倒な思いをせずに済むでしょう。

※借入希望額や金融機関の判断によっては収入証明書の提出を求められるケースがあります。

審査が早いカードローンなら即日融資も可能

特におすすめは、最短30分で審査が完了する大手消費者金融のカードローンです。

ネット上で申し込みを行い、手持ちの銀行口座への振り込みを依頼すれば、最短で即日融資も可能となっています。

  1. 公式サイトからネット申し込み
  2. 必要書類を提出
  3. 最短30分のスピード審査
  4. ネット上で契約完了
  5. スマホから借入依頼
  6. 指定した口座に入金

増額は手続きで数日以上待たされる可能性があるので、数日中にお金を用意したい方は、ぜひ大手消費者金融の利用を検討してみてください。

セゾンマネーカードの借入金額を確認しておきましょう

他カードローンに新規申し込みする際は、フォームにセゾンマネーカードの借入金額を入力しなくてはいけません。

セゾンマネーカードの借入金額は、会員様専用ページで事前に確認できます。

借入金額の確認ができた方は、以下の審査が早くて手続きもシンプルなカードローンを参考にしてみてください。

おすすめのカードローンはこちら

アコム

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%

早ければ本日中に借入れできます。
初回契約の方であれば最大30日間、利息がかかりません。

公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス

限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%

カードなしでの借り入れも可能です。
契約は全てWEB上で完結できます。

公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%

最短1時間で借入れできます。
お振込みで借入しても、通帳に「アイフル」の文字は残りません。

公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

セゾンマネーカードは利用者にとって、親しみやすく利用しやすいカードローンです。しかし利用し続けていれば、やがて限度額不足に陥ることもあるでしょう。

そうなってしまったとき、安易に増額の申し込みをするのはおすすめできません。

増額では間に合わない…そんなときは、記事中で紹介した他の選択肢も検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめの特集ページ

増額審査に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る