JCBカードローンFAITHの審査に落ちる5つの理由と今からできる対処法

本コンテンツには、紹介している商品・商材の広告(リンク)を含む場合があります。 これらの広告を経由して読者が企業ホームページを訪れ、成約が発生すると弊社に対して企業から紹介報酬が支払われるという収益モデルです。 ただし、特定の商品を根拠なくPRするものではなく、当編集部の調査/ユーザーへの口コミ収集などに基づき、公平性を担保した情報提供を行っています。
>提携企業一覧
JCBカードローンFAITHの審査に落ちる5つの理由と今からできる対処法
この記事に関するアドバイザ・編集者

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

マネット編集担当/キャッシングガイド

奥山 裕基

FP資格を有し、カードローン・商品者金融および貸金業に関する豊富な知識を持つ編集者。関連法規(貸金業法・金融商品取引法等)の理解を深めつつ、多数のローン経験者へのインタビューや金融機関勤務経験者へのヒアリングをもとにリアルな情報収集を怠らず、自身も当サイトにおいて1,000本を超える記事を執筆。生活に欠かせない「お金」だからこそ最適な意思決定を支援したいという理念のもとに情報発信を行っている。

 この記事はこんな人向けです 
  • 今月どうしてもお金が足りない
  • JCBのカードローンを使おう
  • え、審査に落ちた!?

この記事の目次

JCBカードローンFAITHとは

JCBカードローンFAITH
年会費 無料
利用可能額 キャッシングリボ:50万~500万円
1回払い:5万円
金利 キャッシングリボ:4.40~12.50%
1回払い:5.00%
利用方法
全国に設置のCD・ATMからお引き出し
キャッシング振り込みサービス

JCBカードローンFAITHは、その名の通り、クレジットカードのブランドとして有名なJCBが提供しているカードローンです。
一般的なクレジットカードにも現金を借り入れする「キャッシング機能」がありますが、これは、その機能に特化したカード商品と言えます。

金利の低さが魅力的

JCBカードローンの特徴は、金利が低いことです。最大でも12.5%というのは、低金利なことで有名な多くの銀行カードローンの年率相場以上の低さです。

少しでも利息の負担を抑えたい。JCBカードローンは、そういった方におすすめのカードローンと言えるでしょう。

JCBカードローンを利用するには審査を受ける必要がある

確かに便利なJCBカードローンですが、利用するにあたっては審査に通過しなくてはなりません。
カードローンとは、保証人なしで利用できる無担保ローン商品です。利用者が返済困難になると、JCBは貸付金を回収する手段を失います。

返済遅延や踏み倒しといったリスクを回避するためにも、審査で「返済能力が無い人」を"ふるい"に掛ける必要があるのです。

スコアリングで返済能力の有無を判断している

JCBは、スコアリングというシステムを用いて審査を行います。
申込フォームに記載された内容を採点・数値化し、顧客から得た膨大な統計データと照らし合わせて、返済能力の有無を判断しているのです。

スコアリングはコンピューターによる自動システムなので、一定の合格ラインに満たない申込者は、問答無用で審査落ちします。

JCBカードローンの審査に落ちる理由とは

JCBカードローンの審査基準は、決して公表されません。そのため、万が一審査落ちしたとしても、申込者はその理由を教えてもらうことができないのです。

しかし、カードローンの審査に落ちる原因というものは、一般的に以下のようなものであると考えられます。

返済能力が無ければ審査落ち

審査とは、返済能力の有無を確認する作業です。返済能力とは、月々の返済を続ける能力全般を指す言葉であり、単純な収入状況も重要な判断材料となっています。

具体的には、

  • ・年収額
  • ・雇用形態
  • ・勤続期間
  • ・勤務先の業種
  • ・勤務先の事業規模
  • …etc

といった要素が総合的に評価され、「収入が安定しているかどうか」を判断基準とし、返済能力の有無が確認されます。

例えば、どれだけ年収が高い職業についている人であっても、勤続期間が極端に短い場合は「まだ安定しているとは言い切れない」と判断され、審査落ちする可能性があるのです。

他社借入状況が良好でないと審査落ち

JCBカードローンの審査においては、他社借入状況も確認されています。他社借入があると、その分だけ返済能力は低下するからです。

どの程度の他社借入があると審査落ちするのか、具体的なボーダーラインは明かされていません。しかし、少なくとも「総量規制」の範囲を逸脱しかねない場合は、必ず審査落ちとなります。

 総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。
ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

要するに、年収の1/3に近い金額を他社から借りている人は、JCBカードローンの審査には通過できないということです。

信用情報に問題があると審査落ち

JCBカードローンの審査においては、「借り入れ」以外の金融取引についても確認されます。
具体的には、信用情報から過去5~10年の金融取引内容が確認され、その際に「クレジットカード代金や割賦払いの長期延滞」や「自己破産などの債務整理」といった記録があると、必ず審査落ちとなるのです。

「信用情報」とは、ローンやクレジットの利用などの信用取引に関する、過去から現在までの客観的な取引事実を表す情報です。

出典: JICC 指定信用情報機関 株式会社 日本信用情報機構
Editor

マネット編集担当/キャッシングガイド

奥山 裕基

JCBカードローンFAITHの金利は、キャッシング額や返済回数によって変わります。金利は消費者金融や銀行カードローンと比較して低めに設定されているため、過去の金融取引に問題があった人は審査に落ちる可能性が高いでしょう。事実、マネットのアンケートでも「信用情報に問題があった」と答えた多くの人が審査に落ちています。

おすすめの特集ページ

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
  • ※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る