静岡銀行カードローン「セレカ」の審査について元銀行ローンセンター長が解説

この記事に関するアドバイザ

元 銀行ローンセンター長

佐藤喜三男

銀行にてローンセンター長を務めた他、大手証券会社・大手クレジットカード会社において、30年に渡り審査を中心に様々な職種を担当。現在はFP兼相続診断士として、多くの消費者の力になっている。

貸金業務取扱主任者

林良光

大学卒業後、大手ノンバンク系金融機関にてコンサルティング営業に従事。カード事業において、個人事業主を中心に1,000名以上の審査を行ったプロ。米国公認会計士、日本証券アナリスト、日商簿記2級、銀行業務検定・財務2級など多数の資格を有し、金融の専門家として第一線で活躍。

この記事の目次

  1. 静岡銀行カードローン「セレカ」の審査
  2. セレカの審査は厳しい?
  3. セレカの審査の流れ
  4. セレカの審査時間は遅い?
  5. セレカの審査結果はメールで届く
  6. 「セレカ」の審査落ちにつながる5つの原因
  7. セレカの審査に落ちた場合の対処法
  8. まとめ

静岡銀行カードローン「セレカ」の審査

静岡銀行カードローン「セレカ」の審査に限らず、カードローンの審査とは返済能力を確認するために行われます

融資をして、貸し倒れであったり、返済不能になったりしないために、事前に年収や雇用形態、他社からの借入状況などを包括的に確認します。

返済能力が足りないと判断されると審査落ち

低金利で利便性の高い静岡銀行カードローン「セレカ」ですが、利用するには審査を通過しなければなりません。そのためには、セレカを使っても大丈夫だと、返済能力を証明する必要があります。

返済能力が証明できない、または不十分と判断されると審査に落ちてしまうので注意しましょう。

保証会社は静銀ディーシーカードまたは新生フィナンシャル

静岡銀行カードローンの審査は、静岡銀行だけが行うわけではありません。保証会社も審査の一部を静岡銀行から委託されています。

静岡銀行カードローンの場合、静銀ディーシーカード株式会社または新生フィナンシャル株式会社のいずれかから保証を受けないと、利用できない仕組みになっています。

セレカの審査は厳しい?

静岡銀行カードローン"セレカ"に限らず、カードローンの審査は、どの金融機関も厳しく行っています。

しかし、カードローンの審査基準は各金融機関で異なるため、A社で審査に落ちた人がB社で審査に通過することもあれば、その逆も十分にありえます。

また、審査基準は一切公表されていないため、どのカードローンの審査基準が緩いか厳しいかは、感覚でしかありません。

そのため、インターネット上に出回っている「◯◯は審査が甘い」という情報は、個人の主観に基づくものと考えたほうが良いでしょう。

セレカの審査の流れ

静岡銀行カードローン「セレカ」の審査は以下のような流れで行われます。

  1. スコアリング審査
  2. 信用情報の確認
  3. 在籍確認
  4. 警察庁のデータベースへ照会

このように審査は4つの工程で行われます。それぞれ、どのような審査が行われているのか、確認していきましょう。

スコアリング審査

申し込みフォームに記載された情報を、コンピューターがこれまでの申し込み者のデータと照合して、点数をつける審査をスコアリング審査といいます。

その点数が、静岡銀行カードローンの定める基準に達していない場合は、審査に落ちてしまうというわけです。

スコアリング審査は、多くのカードローンで審査に利用されていますが、その点数の付け方や足切りのラインは各カードローンで異なります。

信用情報の確認

信用情報とは、クレジットカードや各種ローンの返済状況や使用履歴を集めた情報のことです。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
=中略=
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

信用情報を確認し、クレジットカードや他のローンで返済遅延などをしていないか、債務整理などをしていないかチェックします。

在籍確認

在籍確認は申し込み者が本当に安定した収入を得ているのかを確認するために行います。

静岡銀行カードローン「セレカ」の場合、勤務先に静岡銀行から電話がかかってきて「〇〇様はいらっしゃいますか?」と聞かれます。

基本的には、個人名で電話をかけてくるはずなので、カードローンの利用が同僚にバレる心配は必要ないでしょう。

警察庁のデータベースへ照会

銀行カードローンの審査は、申し込み者の情報を警察庁データベースに照会します。これは、申込者と反社会的勢力の間に関係が無いことを確認するための手続きです。

この手続きには2営業日以上かかるので、静岡銀行カードローンに申し込んでも、当日中に結果を知ることはできません。そのため、静岡銀行カードローンでは、決して即日融資ができないようになっています。

セレカの審査時間は遅い?

静岡銀行カードローン「セレカ」は審査に時間がかかります。

先述したとおり、警察庁のデータベースへ照会して、その返答が警察庁から送られてくるのに、2営業日程度はかかる上に、在籍確認や信用情報の確認もあります。

審査時間の目安は数日から1週間程度

銀行カードローンは低金利ですが、審査に時間がかかります。それは静岡銀行カードローン「セレカ」も同様です。

最低でも2営業日は確実にかかります。これは警察庁のデータベースへ照会しなければならないためです。

また、審査時間がかかる理由に在籍確認があります。在籍確認の電話に誰も出なかった場合、電話が繋がり在籍確認が取れるまで審査が停止してしまいます。

審査時間を短縮する4つのコツ

審査時間を短縮するためには4つのコツがあります。このコツを知ったとしても、最短で2営業日はかかってしまいますが、なるべく早くセレカを利用したいという人は確認しておきましょう。

コツ1|なるべく早く申し込む

当たり前ですが、カードローンの審査は基本的に申し込みをした順に行われます。

テレビCMでお馴染みのアイフルのように、WEB申し込み後に電話をすることで、審査を優先的に行ってくれるカードローンもありますが、セレカの場合はそのようなサービスを行っていません。

そのため、できるだけ早く申し込みをすれば、その分早く審査が行われるというわけです。

コツ2|金曜・土日祝は避ける

銀行は土日祝は営業をしていません。審査はコンピューターが行う部分もあれば、人の手によって行われる部分もあります。

土日祝に申し込みをしても、人の手で行われる部分で審査が止まってしまうので、翌営業日まで待たされる羽目になります。

また、金曜も避けることをおすすめします。土日祝は審査を行っていないので、審査は土日をまたいで翌営業日まで持ち越されます。

休日の間に融資を受けたい場合は、土日でも審査を行っている消費者金融系のカードローンがおすすめです。

コツ3|申し込みフォームは正確な情報を記入

申し込みフォームに誤情報があると、その訂正に時間がかかってしまいます。例えば、勤務先の電話番号が異なっていると在籍確認が行えず、審査が止まってしまいます。

また、電話番号やメールアドレスを間違えてしまうと、訂正の連絡だけでなく、審査結果すら確認できない可能性があるので注意しましょう。

コツ4|在籍確認が可能な時間に申し込む

在籍確認ができないと、その次の審査に進めません。例えば、土日祝で誰も会社にいなかったり、夜遅い時間に申し込みをしたりすると、会社に誰もいない可能性が高く、審査が止まってしまうかもしれません。

ただ、申し込みをした順番に審査が行われるので、在籍確認がそのとき取れなくても、次の日の早い段階で在籍確認は行われます。

セレカの審査結果はメールで届く

セレカの審査結果はメールで届きます。

先述したとおり、申し込みフォームのメールアドレスが間違っていると、審査結果が届かないので注意しましょう。

審査結果が来ない場合の対処法

セレカの審査には時間がかかります。審査結果のメールがなかなか届かなくても、数日から1週間程度は待ちましょう。

1週間を超えてもメールが来ない場合は、以下の3つの原因が考えられます。

原因1|審査が長引いている

そもそも審査が終わっていないので、審査結果が来ないというパターンもあります。

年収に対して借入希望額が多かったり、他社からの借入が著しく多い場合は、通常よりも審査に時間を要する可能性があります。

原因2|メールアドレスの登録を誤った

間違ったメールアドレスを登録したという可能性もありますが、基本的には電話番号も登録するので、メールを送っても反応がなければ、そのうち電話がかかってくるはずです。

原因3|迷惑メールフォルダに届いている

迷惑メールフォルダに審査結果のメールが届いていたが気づかないというパターンもあります。

まずは、審査結果がなかなか来なくて悩んでいる人は、迷惑メールフォルダをチェックしてみてください。

「セレカ」の審査落ちにつながる5つの原因

審査に通過できる基準が公表されていないので、静岡銀行カードローンで審査落ちしてしまった人は、どうして自分が審査に否決されたのかという原因を知ることはできません。

しかし、多くの場合、審査落ちの原因は以下の5つに絞れます。

審査落ちの原因1|虚偽申し込み

静岡銀行カードローンの審査は、申し込みフォームに記入された情報を基に行われてます。

ちょっとした入力ミスならば、訂正を求められるくらいで、審査落ちに直結するわけではありません。

しかし、虚偽の申し込みだと明らかに判断できるような場合は、詐欺の疑いが高いと認定され、その段階で審査落ちします。

※ここに注意※
勤務先に関する虚偽は必ずバレます
前に勤務していた職場を申告したり、有りもしない社名で申込んだりしても、その嘘は必ずバレます。
このような嘘は不正な申し込みと判断され、審査に落ちるだけでなく二度と申し込めなくなる可能性もあるでしょう。

審査落ちの要因2|安定していない収入

返済能力を判断する上で大事なポイントは収入が安定しているかどうかです。
具体的には、

  • 勤続期間
  • 雇用形態
  • 業種/職種
  • 会社規模
  • 年収金額

といったポイントが注目されます。

特に重要なのは勤続期間です。大きな会社に勤めている人でも、転職して時間が経っていない状況では、安定性が低いと判断され、審査に落ちてしまう可能性があります。

Q.収入が安定しているって具体的には?

Sato

元 銀行ローンセンター長|佐藤喜三男

継続した収入が確実にあることです

収入が安定している状態とは、継続して一定以上の収入を確実に得ることができる状態ということで、必ずしも収入が高いということではありません。パートなど雇用形態が多少不安定でも、一定の勤続年数があれば問題ありません。収入を継続的に得られることがポイントで、その判断のよりどころが属性です。勤務先が安定しており、目安として望ましいのは3年、最低でも半年から1年以上の勤続年数あることと考えて良いでしょう。

Hayashiyoshimitsu

貸金業務取扱主任者|林良光

融資希望額が高いと要件が厳しくなる

銀行や消費者金融などの金融業者は、新規申し込みや増枠の申請を受け付けた際の審査で申込者の「返済能力」を確認しますが、「返済能力」その際の重要な要素の一つが、「安定した収入」の有無です。

具体的には、勤務先、勤続年数、年収、年齢、家族形態などの個人信用情報と呼ばれる情報で判断されます。

融資希望額が一定額以下の場合、勤続年数が1年以上あれば、年収、勤務先の規模および雇用形態等に関わらず、安定収入有りと判断されるケースが多いです。
一方、融資希望額が一定額を以上の場合は、雇用形態や年収等で判断が変わります。
アルバイトや派遣社員より正社員の方が、また、中小企業より大企業の方が、安定収入有りと判断されるケースが多いです。

審査落ちの要因3|多すぎる他社借入

静岡銀行カードローンは、借入希望者の他の銀行やカードローンからの借入状況も審査に含めます。

借入している件数や借入額があまりにも多いと、返済能力が欠けている多重債務者であると判断され、審査落ちしてしまうでしょう。

注意すべき人は、年収の半分以上借入していたり、4社以上から同時にお金を借りている人です。このような人は審査通過は厳しいでしょう。

審査落ちの原因4|複数社への同時申込

借入件数だけでなく、他社への申込んでいる件数も審査に通過できない原因となります。

いくつの銀行に同時に申し込んだら審査落ちする」という詳細は明かされていませんが、1ヶ月以内で4社以上に同時に申し込んでいる人は、審査落ちしてしまう恐れがあります。

同時に複数の金融機関に申し込みをしている人は、資金繰りが困難な人と判断され、返済能力に問題があると認定されるからです。

審査落ちの原因5|過去5年間に生じた金融事故 

静岡銀行カードローンの審査は、過去に行った金融取引も信用情報で確認します。

信用情報の中に見過ごせない「金融事故情報」があると、返済をする姿勢に問題がある人と判断され、審査落ちしてしまいます。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
=中略=
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

※以上の条件を満たしている場合であっても、審査に通過できない可能性があるので、注意してください。また、実際の審査基準は公表されていないため、弊社での取材・調査によるものである点ご了承ください。

個人の信用情報は開示請求することができる

静岡銀行カードローンの審査が不安な場合には、事前に信用情報の開示請求をおこないましょう。
信用情報を管理している3つの機関ではそれぞれ会員によって異なる情報を収集・管理しており、共通してインターネットから情報開示の申込みをすることもできますので、ホームページから詳細を確認しましょう。

信用情報機関 主な会員
JICC
日本信用情報機構
・消費者金融
・信販会社
CIC
割賦販売法
貸金業法指定信用情報機関
・クレジットカード会社
・信販会社
JBA
全国銀行個人信用情報センター
・銀行
・銀行系カード会社

JICC(日本信用情報機構)

〒110-0014
東京都台東区北上野一丁目10番14号
住友不動産上野ビル5号館
0570-055-955
公式HP

CIC(割賦販売王・貸金業法指定信用情報機関)

〒160-8375
東京都新宿区西新宿一丁目23-7
新宿ファーストウエスト15階
0570-666-414
公式HP

JBA(全国銀行個人信用情報センター)

〒100-8216
東京都千代田区丸の内1-3-1
0120-540-558
公式HP

セレカの審査に落ちた場合の対処法

支払い日が迫っている
予定があるのにお金が無い
公共料金の支払いを忘れていた

お金がどうしても必要なのに、セレカの審査には落ちてしまった。そういった状況でも、お金を用意できないリスクは無視できませんよね。

本当にお金が無いと困る人は、その他の選択肢も検討してみてはいかがでしょうか?

他カードローンに申込みなおすという選択肢

その他の選択肢とは、他カードローンに申込みをするというものです。

当然、その際は改めて審査を受けなければなりません。しかし、カードローンの審査基準は各社で異なるので、セレカの審査に落ちたからといって、他のカードローンが利用できないと決まったわけではないのです。

大手消費者金融の利用を検討してみては?

例えば、大手消費者金融の利用を検討してみてください。

もちろん、消費者金融も厳正な審査を行っています。しかし、その審査の仕組みや確認項目は、銀行カードローンとは異なっています。
そのため、銀行カードローンで審査に落ちてしまった人であっても、消費者金融で借入できる可能性は十分にあります。

大手消費者金融は成約率を公表している

一部の大手消費者金融は、IR情報で成約率を投資家向けに公開しています。
例えば、代表的な大手消費者金融のアコムの場合、成約率は 44.8%です。参考:アコム『DATE BOOK』

このように、大手消費者金融の審査に落ちてしまう人もいます。しかし、とても多くの方がお金を借りられているというのも事実です。改めて申し込み先を選ぶ際は、こういった点を参考にしてみてもいいでしょう。

最短で即日融資も可能

大手消費者金融には「最短で即日融資ができる」というメリットがあります。これは、消費者金融の審査が、警察庁のデータベースの照会をしておらず、最短30分で終わるためです。

銀行カードローンの場合、警察庁データベースへの照会に2営業日以上を要するので、即日融資はできません。

緊急でお金が必要な人にとっては、銀行カードローンよりも消費者金融の方が「適切な選択肢」と言えるでしょう。

おすすめのカードローンはこちら

アコム
限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間
・すぐお金が必要な方におすすめ
・初めてのお借入れにおすすめ
公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス
限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間
・スマホでお借入れ可能
・20代・30代の方から人気
公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル
限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間
・内緒で借りたい方におすすめ
・銀行振込で借りたい方におすすめ
公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

セレカでお金を借りることは、何といっても抜群の安心感があります。数あるカードローンの中から、セレカを選ぶ理由を多くの方はそのように考えているのかもしれません。

ただ、現実的にお金を借りられるのは、厳しい審査に通過できた人だけです。申し込みをする前に、最低限の流れは把握しておき、審査に落ちてしまう最悪のケースまで想定しておきましょう。

審査項目に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る