横浜銀行カードローンへの返済が遅れるリスクと滞納しそうな場合の対処法

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

本田光一

2014年より中堅消費者金融に入社。一般消費者向けのローンを中心に専門家として幅広い知識を身に着け、2015年には貸金業務取扱主任者試験に合格。その後は経験を積みながら実績を残しつつ、不動産担保ローンの領域でも活躍。現役の貸金業務取扱主任者として、無理のない返済計画を意識した業務に取り組んでいる。

この記事の目次

  1. 横浜銀行カードローンのサービス内容
  2. 返済日を過ぎると発生する滞納リスク
  3. 横浜銀行カードローン滞納時のNG行為
  4. どうしても払えない、そんなときは…
  5. 横浜銀行カードローンへの返済遅れに関するよくある質問

 この記事はこんな人にオススメ 
  • 横浜銀行カードローンを使っている
  • 今月の返済が厳しい...
  • 払えない場合はどうすれば...

いつもなら余裕をもって返済できているのに、今月に限って支払いが難しくなってしまった。
それどころか、毎月返済日が近づく度に焦ってしまう。

そういった状況を放置していると、取り返しがつかないことになりかねません。

カードローンについてお困りではありませんか?
当てはまるお悩み事をひとつ選択してください。
今日中・明日までにお金を用意したい
借入れについて誰にも知られたくない
審査に落ちないか不安

横浜銀行カードローンのサービス内容

横浜銀行カードローンは、神奈川県横浜市を中心に店舗を展開する地方銀行です。地方銀行の中でも利用者数が多く、有力な地方銀行だと言えるでしょう。

その横浜銀行が提供するカードローンは、最大限度額が1,000万円で金利も年1.5~14.6%(変動金利)と設定されています。

なぜ滞納しそうになるのか?

もともと、横浜銀行カードローンには返済の負担が軽いという商品性があります。
金利が安いのはもちろんですが、月々の最低返済額も高くありません。

前月の定例返済後の借入残高※1 定例返済額
2千円以下 前月の定例返済後の借入残高※1 ※2
2千円超
10万円以下
2,000円
10万円超
20万円以下
4,000円
20万円超
30万円以下
6,000円
30万円超
40万円以下
8,000円
40万円超
50万円以下
10,000円
50万円超
100万円以下
15,000円
100万円超
150万円以下
20,000円
150万円超
200万円以下
25,000円
200万円超
250万円以下
30,000円
250万円超
300万円以下
35,000円
300万円超
350万円以下
40,000円
350万円超
400万円以下
45,000円
400万円超
450万円以下
50,000円
450万円超
500万円以下
55,000円
500万円超600万円以下 60,000円
600万円超700万円以下 65,000円
700万円超800万円以下 70,000円
800万円超900万円以下 75,000円
900万円超1000万円以下 80,000円
1000万円超 85,000円
※1) 前月の定例返済日に借入金残高があり、かつ定例返済がない場合は、前月の定例返済日の借入金残高とします。
※2) 2千円を上限として前日までの利息を含みます。

このように、横浜銀行カードローンは2,000円からの返済にも対応してくれる手ごろな商品と言えます。

返済日を過ぎると発生する滞納リスク

横浜銀行カードローンへの返済が遅れると、支払い日翌日から確実に滞納リスクが発生します。
真っ先に思い浮かぶのは延滞利息でしょうが、それ以外にも以下のようなリスクに見舞われることになるのです。

 滞納時に発生するリスク 
1.横浜銀行カードローンが利用停止
1日でも滞納してしまうと、横浜銀行カードローンからは一切追加借入ができなくなります
2.督促電話と督促状が発生
滞納状態に突入すると、返済を促す電話と郵送物が発生します。
3.他のローン審査に通らなくなる
横浜銀行カードローンへの返済が遅れると、その取引内容が信用情報に記録され、住宅ローンや自動車ローンの審査に通過できなくなります。

これらのリスクは、生活が苦しくなったり周囲にカードローンの利用が気付かれたりと、様々な悪影響をもたらします。

「どうせ大事にはならないだろう」と考えていると、想像以上に痛い目を見てしまうでしょう。
そして、更に滞納状態を続けると、上記以上に重大なリスクが生じてきます。

滞納3ヶ月で取り返しがつかないことに

横浜銀行カードローンへの返済を3ヶ月以上継続して滞らせると、最終的には残り元金と延滞利息を含めた一括請求が行われます。

これは法的な措置なので、決して回避することができません。
それでも返済を拒否し続けた場合、債権回収業者による差し押さえが行われ、取り返しがつかない事態になってしまうのです。

また、一括請求が行われるほど滞納している人は、たとえ全額返済したとしてもブラックリスト入りしてしまいます。

ここに注意!
その後5年以上のライフプランに支障をきたす
ブラックリスト入りすると、滞納情報が破棄されるまでの5年間は、一切の審査に通過できません。

そして、5年経過した後は信用情報に一切の取引情報が記録されていない状態になり、滞納情報が消えているにも関わらず「過去にトラブルを起こした人」と認識されて、大きなローンが組めない状況が何年も続いてしまうのです。

Q.信用情報が傷つくと生活にどう影響しますか?

Img 8529

貸金業務取扱主任者|本田光一

現在利用しているカードローンの利用が使えなくなる可能性があります。

業者側の定期的な信用情報更新により、信用情報に異動情報が記載された場合その時点で現在利用している消費者金融、カードローンが利用できなくなる可能性が出てきます。

その場合利用は返済のみになり新たな借り入れは一切不可能な状況になる為注意が必要です。

また一度異動情報が記載されると5年間は消えないためその間ローン、携帯端末割賦、消費者金融からの借入はほとんど不可能となるでしょう。

横浜銀行カードローン滞納時のNG行為

どうしてもお金がなくて、横浜銀行カードローンの返済ができそうにない。
そういった状況では、決してとってはいけない行動というものがあります。

どれだけ焦っていても、以下のNG行為だけは避けてください。

担当者からの連絡を無視
NG行為1

まず、担当者からの督促電話は決して無視しないでください。
そもそも、電話内容は返済期日の再設定を行うものなので、怖がる必要はありません。

むしろ、無視をしていると横浜銀行からの信用を一気に損ねてしまい、滞納状態を解消したあとの待遇が悪くなってしまいます。

具体的なリスク
最終的に職場まで連絡がくる
担当者からの電話と督促状を無視し続けていると、最終的には職場まで連絡がきます。

通常、横浜銀行カードローンから在籍確認以外の目的で会社連絡はありませんが、滞納時に本人と連絡がつかない状態が続いた場合はやむを得ず電話をかけてくるのです。

時効を待って踏み倒し
NG行為2

法律上、銀行カードローンからの借入も5年経てば時効となり、返済義務をなくすことができます。
しかし、踏み倒しだけは絶対にしてはいけません。
ブラックリスト入りは免れませんし、滞納期間が長引くほど延滞利息も膨れ上がっていくため、金銭的なリスクも増していきます。

そもそも、時効まで逃げ切ることは非常に困難です。
少しでも返済の意思を示せば時効はリセットされますし、5年経過した後も「時効援用」という法的手続きをしなければなりません。

時効援用とは、簡単に言えば「時効制度の利用を貸し手に伝えて納得してもらうことであり、横浜銀行も簡単には応じてくれないのです。

具体的なリスク
二度と横浜銀行と取引できなくなる
万が一5年経過して時効を迎えた場合、横浜銀行が関係する取引は一切できないと思ってください。
カードローンはもちろんのこと、その他ローンも決して組むことができません。

自己破産などの債務整理
NG行為3

最終手段として自己破産を考えている方もいるでしょうが、それは何よりのタブーです。
自己破産は法的に一切の返済義務を帳消しにするものですが、当然ながら社会的な信用を一気に失います。

家族や勤務先に内緒で完了できるものでもないので、人間関係すらも崩れてしまうでしょう。
また、時効手続きと同様で自己破産にも法的な手続きがいくつも必要です。

満たすべき条件も厳しいので、軽い気持ちで行える対処法とは考えないでください。

具体的なリスク
10年以上のライフプランが崩壊する
自己破産によるブラックリスト入りは、通常より長い10年間という歳月を経ないと解消されません。
もちろん、解消後も数年は審査落ちが続くので、人生が確実に狂ってしまいます。

どうしても払えない、そんなときは…

どうしても払えない状況になったら、まずやるべきことは相談です。
とにかく緊急な自体をひとりで解決しようとすると、なにかしらのミスがある可能性も否めません。

また、解決方法が分からずに、現状を放置してしまうと、更に状況は悪化するのです。

返済が遅れる前に電話連絡をする

横浜銀行カードローンの返済に遅れそうになった場合は、まずは横浜銀行の電話連絡を行ないましょう。
カードローン担当者が出ますので、その際に、返済に遅延しそうな旨を伝えてください。

担当者と相談して、最低支払額の調整や支払期日の調整をすることになりますが、返済がなくなるわけではありません。遅延損害金も適応されるということを覚えておいてください。

専門の機関に相談する

相談相手として考えられるのは、横浜銀行だけではありません。

カードローンやクレジットカードの支払い相談に乗ってくれる専門機関が、他にもたくさんあります。以下で紹介しますので相談を検討してみるのも良いでしょう。

 国民生活センター・消費生活センター 
現在の状況に至る経緯を相談
カードを使った内訳、支払い状況、支払い可能になる日時など説明してみてください。相談に乗ってもらえます。

※最寄りのセンター・連絡先は公式サイトで確認してください
独立行政法人 国民生活センター

 金融サービス利用者相談室 
金融商品やサービスの相談窓口
預金・融資・保険商品・保険制度・投資・証券・貸金業など、お金に関しての適切なアドバイスをしてくれます。

金融庁:金融サービス利用者相談室

 日本弁護士連合会 
借金・債務状況の相談
カード会社への支払い総額・その他お金関連の悩み等を相談してみてください。

日本弁護士連合会 公式ページ

横浜銀行カードローンへの返済遅れに関するよくある質問

Q.横浜銀行カードローンの返済に遅れるとどうなる?
横浜銀行カードローンの返済に遅れてしまうと、様々なリスクが発生します。例えば、遅延損害金と呼ばれる違約金が発生したり、追加の借入ができなくなったりします。それらは、遅れた料金の支払いが完了するまで続くので、早めに支払いをしましょう。
Q.横浜銀行カードローンの返済に遅れそうな場合は?
まずは、横浜銀行のカードローン担当者に支払いが遅れることを伝えましょう。担当者に現状を伝えれば、返済日や支払金額の調整をしてくれる可能性があります。また、、支払催促の電話や督促状の送付を一時的に回避することもできます。
Q.横浜銀行カードローンの返済に長期間遅れたら?
横浜銀行カードローンの返済を長期延滞した場合、ローン契約を強制解約されたり、残高の一括請求を受けたりする可能性があります。そのような状況になってしまうと、他者でのおまとめや借り換え等も難しくなりますので、一度専門家に相談するなどして状況を解決しましょう。

おすすめの特集ページ

返済日に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る