福岡銀行カードローンの主な返済手段は2つ|支払遅延を防ぐ方法

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

この記事の目次

  1. 福岡銀行カードローンのサービス内容
  2. 2つの返済方法『約定返済』『随時返済』
  3. 返済が増額に、増額が低金利につながる
  4. 返済遅延や返済忘れは絶対にNG
  5. 毎月の返済額を把握しておく
  6. いつまで返済し続ければいいの…?先が見えない

福岡銀行カードローンの利用を検討している方々は、返済のことを考えているでしょうか?

借りる前から返済計画を立てる方は珍しいかもしれませんが、知っておいた方が得です。

これから利用を考えている方向けに、返済に役立つ知識について説明をしていきます。

福岡銀行カードローンのサービス内容

サービス情報

金利(実質年率):3.0%~14.5%
借入限度額(最大):10万円~1,000万円
保証会社:SMBCコンシューマーファイナンス

◎来店不要
◎口座なしでも申し込み可
◎収入証明書原則不要

限度額が1,000万円にアップし、また、前年の年収基準ではなく前月の収入があれば申し込み可能となり、多様なニーズに対応しています。

※九州、山口に在住か在勤の方々が対象です

2つの返済方法『約定返済』『随時返済』

カードローンは毎月1回、決まった日に銀行口座引き落としなどで支払いを行います。これを「約定返済」といいます。

その他では、できる時にお金を入れる随時返済一括返済があります。

それぞれの意味、有効な使い方や組み合わせの仕方について解説します。

約定返済で定期的に返済する

カードローンの契約時に、約定返済日が決められます。福岡銀行の場合は、1日~26日のいずれかから選択(休日の場合は翌営業日)することになります。

口座引き落とし、もしくはATM振込みのどちらかで返済をします。約定返済日にお金が入っていない場合は「遅延」扱いになります。必ず忘れないようにしましょう。

ATMでの随時返済をすれば早期返済可能

随時返済とは、いつでも自分の意思で返済できるという意味です。銀行カードローンの多くは毎月の約定返済は義務となっていますが、随時返済は任意の返済となっています。

使い方としては、ボーナスが出た後など臨時収入があった時に随時返済を行うことで、完済を早めることもできます

支払わなければならない”利息”は、どこの金融機関でも基本的には日割り精算です。そのため早めに返済ができれば、それだけ支払う利息が少なく済むのです。

銀行に設置されているATMを利用して、ライフスタイルにあわせた随時返済をしていきましょう。

返済が増額に、増額が低金利につながる

限度額の増額はこちらからも申し込むことができますが、福岡銀行側から増額の提案がくることもあります。

それは健全な借り入れと返済により利用実績と信頼の向上によるものであり、最終的にお得な結果を招くのです。

金利は限度額によって決まっており、限度額が大きいほど低金利で借り入れることができます。

増額には必ず審査がある

たとえ福岡銀行側から提案してきたことであっても、限度額を増額する際には必ず増額審査を受けることになります。

特に勤務先情報が変わっていなければ在籍確認はありませんが、これまでの利用実績を含めて入会時の審査とは異なる内容になるでしょう。

Q.入会審査に通ったなら増額審査にも通ると考えていいのか

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

増額審査と入会審査は別

増額とは、1社からこれまでよりも多くの金額を借りることです。
入会時には「50万円までなら貸しても問題ない」と判断されたケースでも、増額時は「この人に100万円まで融資するのはリスクが高い」と判断されてしまうケースも少なくありません。
1社の負担が入会時よりも大きくなる増額では、入会時よりも年収が上がった、これまでの支払状況に問題がないなどのプラスの情報がないと審査通過は難しくなります。

返済遅延や返済忘れは絶対にNG

カードローンの返済において絶対にやってはならないことは、返済が遅れてしまうことです。その場合は遅延損害金として、必要以上の利息が掛かるようになっています。

また福岡銀行カードローンに増額申請をしても、審査落ちしたり最悪の場合は減額されるなどマイナスに作用します。
返済方法を工夫して、返済日に遅れないようにしましょう。

約定返済日を給料日の翌日に設定

福岡銀行カードローンが優れている点としては、約定返済日を1~26日の間で幅広く選択できる点です。

多くの方々が給料日は毎月25日に設定されているので、その場合は26日を返済日とすれば忘れることはありません。いくつかの選択肢から返済日を決めるものではないので、自分の給料日に合わせて設定してください。

絶対にやってはならないことは、約定返済日を給料日の前に設定することです。これでは返済できなくなる可能性が、高くなってしまいます。

毎月の返済額を把握しておく

銀行カードローンの毎月の返済額はいくらでどのように決定されているのか、その仕組みを説明します。

銀行口座の中身が常に余裕を持っていて、滞りなく返済できるのであれば問題がありません。しかし返済額を把握していれば、利息を減らす工夫ができるかもしれないのです。

金利が安いカードローンを探すことも大切ですが、返済しだいで利息を安くすることもできるのを覚えておいてください。

残高スライド元利定額リボルビング方式

銀行や消費者金融カードローンのほとんどが採用している利息の計算方式が「残高スライド元利定額リボルビング方式」です。

これは、利息が定額とあるとおり、毎月決まった利息額を完済まで支払い続けていくという方法です。

特徴としては、毎月の返済は楽ですが、その一方で元本がなかなか減らないため返済期間が長くなります。

福岡銀行カードローンの毎月の返済額

福岡銀行カードローンでお金を借りて、毎月いくら返済しなければならないのでしょうか。借入金額ごとの目安を見ておきましょう。

借り入れ額ごとの返済額

2,000円超~10万円以下:2,000円
10万円超~20万円以下:4,000円
20万円超~30万円以下:6,000円
30万円超~40万円以下:8,000円
40万円超~50万円以下:1万円

※最低返済額

上の図の見方は、例えば10万円以下の場合だと2,000円以上を返済していけばいいということです。20万円以下だと4,000円以上の返済でいいという意味です。

全体に返済はしやすいカードローンという印象ではないでしょうか。

上手な返済としては、最低金額だけの支払いにしておいて、ボーナス時などの随時返済を組み合わせていけばいいでしょう。

いつまで返済し続ければいいの…?先が見えない

さて、カードローンというのは、少し借りて無理なく返済するものです。
しかし、借入金額が大きくなってしまうと、月々の返済負担が大きくなるばかりか、先が見えない不安も大きくなります。

毎月の返済、これいつまで続けたらいいの?
さっさと完済したいけど、一括は難しい。
正直、利息だけでも減らしたい…。

そんな不安、感じていませんか?

確かにカードローンの返済は長引きやすい

はっきり言いますが、カードローンの返済というのは長引くケースが少なくありません。
というのも、月々の返済額が少なくなる仕組みをとっているので、結果的に完済までの時間は長くなります。

「返済額が少なくなる」というのは、あくまでも借りた金額に対して少ないという意味であり、沢山借りていればそれだけ負担は大きくなるもの。

まずは返済計画を見直そう

返済が長引いたり辛くなる原因のひとつが、返済計画をしっかり立てていないことにあります。
お借入れというものは、あくまでも計画的な利用をすべきでしょう。

しかし、返済計画を立てるということは、人によっては難しく感じるのではないでしょうか?
まずは、一般的な返済計画の立て方を確認しましょう。

  1. 目標の完済日を設定
  2. 借入金額から月々の返済額を逆算
  3. 家計を見直して月々の返済額を捻出

基本的に、返済計画はこの流れで立てることができます。
しかし、借入金額から月々の返済額を逆算するというのは、個人的に行うことが難しいかと思います。

そういった場合は、ぜひ「返済シミュレーション」を利用してみてください。
例えば、マネットにも無料で利用できる返済シミュレーションを用意しています。

返済金額を計算

毎月の返済金額を計算します

借り入れする
金額
千円
金利 %
完済までの期間 ヶ月

{{ error }}

返済期間を計算

完済までの期間を計算します

借り入れする
金額
千円
金利 %
毎月の返済額 千円

{{ error }}

これは、あくまでもシミュレーションであり、実際の返済額とは差があるケースがあります。しかし、ある程度は自分が月々に捻出すべき返済額を把握できるかと思います。

必要な返済額を把握したら、その金額をどのように捻出するか、家計を見直しつつ考えてみてください。

今月の返済額が用意できない場合の対処法

どうしても今月の返済額が足りない。そういった方は、まずは何らかの方法でお金を用意できないか検討してみてください。

収入を増やすことができれば、それが1番良いのかもしれません。しかし、それは難しいかと思います。
そういった方は、例えば下記のような手段も検討してみてください。

知り合いに相談

ご両親や友人など、身近な人に相談してみてはいかがでしょうか?
必ずしもお金を用意してもらえるとは限りませんが、快く力になってくれるかもしれません。

ただし、借りたお金は相手が誰であろうと返す義務があります。助けてもらえた場合、今後の人間関係に悪影響を及ぼさないためにも、誠意ある対応を心がけましょう。

物を売ってお金に換える

自宅に不要なものがあるなら、それを売ってお金に換える、という手段もあります。
袖を通さなくなった衣類、読まなくなった雑誌類など、まとめて売ればある程度のお金になるかもしれません。

ただし、物を売って得られるお金は、必ずしも十分な金額になるとは限りません。また、一度手放したものは簡単に取り戻せないケースがあるので、その点には注意しておきましょう。

ちなみに、すぐにでもお金が必要な状況なら、実店舗があるリサイクルショップ等の利用がおすすめです。
実店舗で下取りしてもらえば、当日中にお金を得ることができるでしょう。

他金融機関に借り換えるという手段もある

上記のような方法でお金を用意できれば、それに越したことはありません。
しかし、お金の問題は簡単に人に相談できなかったり、物を売っても十分なお金を用意できないケースもあるかと思います。

場合によっては、借り換えという手段にも目を向けてみてはいかがでしょうか?

遅延によるリスクを回避できる

もちろん、借り換えは「借入先を変更する手段」なので、借金そのものが無くなったりはしません。
しかし、返済日が近いような状況で借り換えを行えば、少なくとも現状の借入先への返済に遅延することは防げます。

遅延すると最終的に信用情報に傷がつく恐れもある以上、どうしても返済額の用意が難しいなら、借り換えを選択する方が良いケースもあることでしょう。

利息負担を軽くできる場合も

例えば、現状より金利が安い金融機関や、期間限定の無利息サービスが利用できる金融機関への借換えを検討してみてください。

場合によっては、借り換え前よりも完済までに支払う合計利息の負担を軽くできる可能性があります。

注意:場合によっては返済が長引く

注意すべきは、借り換えをしたからといって、必ずしも利息が安くなるわけではない、ということです。

というのも、月々の返済額によっては、以前より完済までの期間が長引くケースがあります。その場合、どれほど低金利な借入先を選んだとしても、結果的に利息が高くなることがあるのです。

借り換えに特化したカードローン

低金利のカードローンに借り換えたいという人には、auじぶん銀行カードローンがおすすめです。

auじぶん銀行カードローンは、au限定割の借り換え専用のコースがあり、そのコースで借り換えができれば、0.98%~12.5%という低金利で借りることができます。

発生する利息を抑えたいという人にはおすすめのカードローンなので、ぜひ検討してみてください。

auじぶん銀行じぶんローン

限度額 最大800万円
金利 通常 1.48~17.5%
誰でもコース 1.38~17.4%
借り換えコース 0.98~12.5%
審査 最短翌日以降
融資 最短翌日以降

ネット上で手続きを済ませたい方におすすめ。
au IDをお持ちの方におすすめ。

公式サイトはこちら
※誰でもコースは、au IDをお持ちの方限定の金利となります。また、借り換えコースは、au IDをお持ちの方限定かつ借り換えの場合の金利となります。

返済日が近い方にお勧めの金融機関

数日以内に返済額を用意する必要がある。そういった方は、数日中にお金を用意できる金融機関をご検討ください。

例えば、審査が最短30分で完了するような金融機関を選べば、早ければ今日・明日中にお金の問題を解決できるでしょう。

具体的には、下記のような金融機関がおすすめです。

アコム

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間

すぐお金が必要な方におすすめ。
初めてのお借入れにおすすめ。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス

限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間

スマホでお借入れ可能。
20代・30代の方から人気。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短25分
融資 最短25分

内緒で借りたい方におすすめ。
銀行振込で借りたい方におすすめ。

公式サイトはこちら
※WEBからお申し込みの方に限ります。また、審査状況や申込の時間帯等によってはご希望に沿った融資を受けられないケースもございます。

自己解決が難しい方は専門家に相談

カードローンの返済は、基本的に自分自身の力で行った方が良いものです。しかし、どうしても返済が難しく、自己解決ができそうにない場合は、専門機関に相談してみてはいかがでしょうか?

中立な立場からアドバイスを行っている専門機関に相談すれば、適切な対処について指南してもらえることでしょう。
例えば、下記のような専門機関に相談してみてください。

  相談できる専門機関  
国民生活センター
消費生活全般に対する苦情・問い合わせに専門担当者が対応してくれる公共機関であり、様々な商品・サービスに関する相談を受け付けている。
電話番号:042-758-3161
国民生活センター公式サイト
日本クレジットカウンセリング協会
消費者保護の観点から、公正かつ中立的にカウンセリングを行う公共機関。債務関連の専門家からアドバイスをもらえる。
電話番号:03-3226-0121
JCCO公式サイト

おすすめの特集ページ

返済日に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る