プロミスに返済をする際の端数(小銭)の返済方法と注意点【完済・解約時の手続き方法も解説】

2018年10月29日更新

Teduka
この記事のアドバイザ
地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

 この記事はこんな人にオススメ 
  • プロミスに小銭はどうやって返済すればいい?
  • ATMに小銭の投入口がない!
  • 端数はどう処理したら良いの?

プロミスへのキャッシング返済時に、1,000円未満の小銭が残った場合は、どのように対応したらいいのでしょうか。多くの人は、1円単位の端数が発生することでしょう。

小銭が残っている状態から「完済」する方法は、どのようにしたら良いのでしょうか。

プロミスへの返済時に1,000円未満の小銭が残った場合、利息は掛かりませんが、その理由についても説明します。また、小銭が残った場合と、残金を0円にして完済した場合の違いを考えていきます。

プロミスへの返済で小銭が残るのは完済時

プロミスでキャッシングを返済した場合、小銭が残る場合があります。小銭が残る返済は通常返済の最終回、または途中完済をする際に発生します。例えば、通常返済の最終回で残高と利息合計で6,073円であった場合、6,000円を入金すると完済扱いになります。

入金の充当順位は利息が先順位になって、元金は後順位となっています。従って6,073円-6,000円=73円が元金として残る形になります。

Q.端数が残っていても完済扱いになるのか

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

返済義務がないだけ完済ではありません


小銭が残っている状態は正確には完済ではありません。カードローン利用残高が1,000円未満になると、そこに対しては利息が発生せず、返済の義務が生じないだけです。消費者金融はカードローンの利用残高がなくてもできる限りカードローンの枠を残して、必要になった際には再び利用してほしいと考えています。

また、1,000円単位でしかATMからは返済できないため、利用者にとっても1,000円未満を返済するのは億劫です。このような、ローン会社、利用者双方の都合によって、便宜的に1,000円未満には利息が発生せず、返済義務も生じないという設定になっているだけです。このため、信用情報上はカードローン利用がある状態となっているため、カードローン残高1,000円未満=完済ではありませんので注意しましょう。

ATMでは1,000円単位でしか入金できない

プロミスの返済時にATM(硬貨の取扱い不可の場合)では1,000円単位でしか入金できません。また、コンビニATMなどで返済をする場合も同様です。こうした状況があるので、端数として小銭が残ってしまう理由は様々考えられます。

また、プロミスのATM内の資金管理の問題もあります。ATMの資金は業者へ巡回依頼して補充、回収を行っています。小銭対応の為に硬貨の補充、回収をオプションとして付けると巡回費用が上昇することが想定されます。

この様な費用面での問題もあり、ATM返済時には1,000円単位の入金となり、端数の対応ができない場合があるのです。

返済時に1,000円未満の小銭が残らない方法がある

プロミスの返済時には1,000円未満の端数が残ってしまう場合があります。そうしない為には、プロミスへ1,000円未満の小銭が入金できる方法で返済することが必要になります。方法としては大きく2種類あります。

プロミスの小銭返済方法

◆インターネット返済または銀行振込を利用し1円単位で入金する
◆店頭に出向いて1円単位で入金する

銀行振込する場合は事前に振り込み返済するタイミングでの元金、利息合計をプロミスコールへ電話して確認しておく必要があります。店頭に出向く場合は、その場で元金・利息の合計額を算出してもらって、全額入金することが出来ます。

店頭での全額完済する場合の注意点

プロミスの店頭で1,000円未満の小銭も含めて全額返済する場合には注意点があります。

プロミスは無人店舗こそ多いものの、有人店舗は全国で18店舗と、そこまで多いわけではありません。例えば東京なら、新橋お客様サービスプラザと、渋谷お客様サービスプラザの2店舗です。(2016年現在)

そして、プロミスの窓口は平日の10:00 - 18:00が営業時間となっています。窓口の営業時間内でなければ小銭の完済はできませんので、注意が必要です。

最寄りのプロミス店舗は以下より検索

店舗情報

※店舗により営業時間、休日が異なります。

小銭が残っていると個人信用情報上で顧客扱いを受ける

プロミスへ返済時に最終的に1,000円未満の小銭が残った場合、その小銭には利息は掛かりません。会計上は貸付金残高として認識されていますが、システム上は利息の対象となる残高とはなっていません。プロミスが返済時の端数である1,000円未満の小銭を利息計算から外しているのは、顧客との契約を継続した状態にする為です。

小銭とは言え、残高があるのでプロミスとしては契約のある顧客となります。したがって、与信調査を行うことも可能ですし、再度利用の斡旋をすることが出来ます。

小銭が残っていると個人信用情報上では完済にならない

プロミスへ返済時に、全額返済した場合と、小銭が残って返済(完済扱い)となった場合では、どの様な違いが発生するのでしょうか。

プロミス社内では、全額返済した場合は口座数が1件減少することになります。それに対して小銭が残って完済扱いとなったものは、残高がある為、口座は減少しません。

個人信用情報上では、全額返済した場合(小銭なし)は完済報告が必要になります。小銭が残っている場合は社内で完済扱いとなっているだけですので、完済報告は必要ありません。

したがって、個人信用情報上でも小銭が残っている顧客は残高あり顧客となります。

収入が安定しているならプロミスは解約するべき

解約手続きを行わないと、個人信用情報機関に与信ありと記載されてしまいます

また、過去の借り入れの状況も5年間は残ってしまうので、今後他のローンを組む方は完済した後は早めの解約をオススメします。

また、意思の弱い方、返済計画が上手く決められない人は、ローンカードが身近にあるとお金を借りることを繰り返してしまう傾向にあるので、今後はお金を借りないと決めたら、解約をするべきです。

しかし、それは現在の収入が安定している方にのみ当てはまります。安定した収入がないにも関わらず、無理に解約をすると、様々なデメリットが生じます。

解約する選択肢にもデメリットがある

借りたお金を完済した後、一旦カードを解約したけれど、再びプロミスでお金を借りたくなった場合、再度新規で契約を結ぶ必要があります。

その場合、以前に契約した事実があるから審査をしないわけではなく、再び審査を受ける必要があるのです。

以前に審査を通ったからといって、今回も必ず通過できるわけではありません。審査を通らない可能性も、充分に考えられます。

したがって、解約するなら、多少でも貯金ができてからの方が賢明です。

【デメリット】

◆金利引下げや限度額の増額などの実績が全て0になる
◆万が一またお金が無くなった時に対応ができない
◆様々な請求金額が払えない時に信用情報に傷がつく

プロミスを解約する一番のリスクは「備えが無くなる事」

プロミスを解約する上での最大のリスクは、再びお金を借りる可能性がある場合です。

基本的にはプロミスなどの消費者金融から、借入をせずに済むならその方が良いでしょう。

しかし、解約した後に収入が安定しなく、家賃や携帯料金、クレジットカードの請求など、再びお金の問題が生じる可能性がある人もいるでしょう。

携帯料金やクレジットカードは、カードローンと同様に遅延や滞納をしてしまうことで信用情報に傷がつく可能性があるのです。

またお金を借りる可能性があるならチェック!

再び借入をする可能性がある人は、まずプロミスは解約してください

そしてプロミスよりも利息の負担を軽減させ、万が一の時の備えになるカードローンを検討するのも一つです。

プロミスの金利は最大18.0%に対して、銀行カードローンは15.0%以下です。この差は同じ金額を借りても、大きな違いとなって現れます。

もちろん「備え」なので、本当にお金が必要な場合以外は借りる必要がありません。もしもの為に備えて、プロミス以外の低金利のカードローンを保険として持っておくのも一つでしょう。 

プロミスを利用していた際に、返済の遅れなどをしていなければ、信用情報が「返済履歴のない優良な消費者」になっているので、審査にも通過しやすくなっています。

もしもの時の備えに

何かあった際の緊急用として、低金利のカードローンを契約しておくというのも1つの方法です。

低金利が特徴のカードローンを以下にまとめておきました。

 みずほ銀行カードローン
金利 
限度額
審査 
融資 
:年2.0~14.0%
:最大800万円
:公式サイト参照
:公式サイト参照
メガバンクならではの安心感
業界トップクラスの低金利
 公式サイトへ▶ 

 横浜銀行カードローン
金利 
限度額
審査 
融資 
:年1.9~14.6%
:最大1000万円
:最短翌日
:最短翌日
最低返済額が2,000円!
 公式サイトへ▶ 

 ちばぎんカードローン千葉銀行
金利 
限度額
審査 
融資 
:4.3~14.8%
:最大500万円
:最短即日
:2~3営業日
安心の低金利!専業主婦でも利用可能!
 公式サイトへ▶ 

プロミスで小銭の返済は「ネット」「振込」「窓口」で

プロミスへのキャッシング返済時に1,000円未満の小銭が残る場合と、その端数の対処方法をみてきました。

小銭が残る理由は、ATM(硬貨の取扱い不可の場合)では1,000円単位でしか入金できないことでした。解決法としてはインターネット返済または銀行振込を利用し1円単位で入金するか、店頭に出向いて1円単位で入金する必要があります。

但し、返済時に1,000円未満の小銭が残っても利息は発生しません。しかし、小銭が残っている顧客は完済扱いとなっているだけです。不明点はプロミスのフリーコールに電話して確認してみましょう。

Q.「完済」と「解約」の違いとは

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

契約が残っているかどうかが違います


消費者金融カードローンにおいては、利用残高が1,000円未満となると、その部分に関しては利息がかからず返済義務もありません。実質的にすべて返済したと同じ状態であるため、この状態を「完済」と呼びます。

しかし、実際にはローン会社とのカードローン契約は残っており、たとえ数百円でも借入残高が残っているため、信用情報にはカードローン契約があることが記録されています。

解約とは、消費者金融とのローン契約をすべて解消した状態です。当然ながら、1,000円未満で返済義務がないといっても、契約がある状態ではいつでも限度額内で融資を受けることができます。

一方、解約とは、利用残高をゼロにして契約そのものを解消する状態です。この状態になって初めて個人信用情報からカードローン契約があるということが消去されます。

おすすめカードローン
みずほ 金利 
限度額
審査 
:年2.0~14.0%
:最大800万円
:公式サイト参照
横浜銀行カードローン 金利 
限度額
審査 
:年1.9~14.6%
:最大1000万円
:最短翌日
ちばぎん 金利 
限度額
審査 
:4.3~14.8%
:最大500万円
:最短即日
※変動金利

ATM返済に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る