プロミスを利用する学生の悩みを一挙解決!【親バレ・奨学金・限度額・バイト先への電話】

この記事に関するアドバイザ

元 保証会社 社員

井上拓馬

保証会社(クレジットカード会社)にて、カードローン・クレジットカード・キャッシングの審査業務に従事、5,000名を超える顧客を担当。審査業務だけでなく、滞納者への対応や法務部での経験も豊富な、貸金業のプロ。

 この記事はこんな人向けです 
  • プロミスって学生でも借りられるの?
  • 奨学金って審査に影響するのかな…
  • バイト先に電話があるって聞いたけど

学生にとって、金欠という問題は社会人以上に解決が難しいこともあります。

そんなとき、プロミスという選択肢を考えたことがあるかもしれませんが、学生でもお金を借りることはできるのでしょうか。
ただでさえ不安が大きい、キャッシング。ここで、わかりやすい解説を行います。

学生の疑問:プロミスって親にバレたりしない?

学生にとって気になるのは、やはり親バレです。実家暮らしの方はもちろん、1人暮らしをしていても住民票を移していない学生は、プロミスから実家に郵送物や電話があるのではないかと、どうしても不安になります。

解説

親にバレません!

プロミスは保護者の方にバレないように、電話は利用者の携帯電話に設定することができ、郵送物の宛名には別会社の名前が記載されます。郵送物は、無人契約機で契約手続きをおこなえば、自宅に送られることは、基本的にありません。

返済を遅延してしまうと、実家に電話や郵送物が送られることがあるので、その点だけ注意してください。

学生の疑問:プロミスの審査って奨学金は関係する?

学生の中には、現在の学費を奨学金で支払っている方もいるはずです。カードローンはクレジットカードと同じように審査があるため、この奨学金が審査に影響するのでは?と考える方は多いでしょう。審査に落ちてしまえば、プロミスを利用することはできません。真偽はどうなのでしょうか?

解説

延滞・滞納しなければ大丈夫!

奨学金は、他のローンとは異なり、利用そのものは信用情報として保管されません。問題となるのは、3ヶ月以上滞納してしまった場合です。この期間以上返済が滞ってしまうと、信用情報に保管されてしまうため、プロミスの審査に影響します。

Q.信用情報とは?

Inoue

元 保証会社 社員|井上拓馬

信用情報機関の記録です。

ローンを組む時に確認される「信用情報」とは、CICなど指定信用情報機関に記録されているあなたの情報のことを指します。具体的には、クレジットカードやカードローンの利用状況、返済状況、返済遅延があればその状況、現在の債務残高が記録されています。反対に、記録対象となっていない情報は全く記録されません。前述の奨学金の返済状況についても、近年ようやく「全国銀行協会」へ記録されるようになってきたものの、CICやJICCといったクレカや消費者金融業者が加盟している信用情報機関には記録されていないのが現状です。つまり、銀行系カードローンを申し込む時などは、奨学金の返済状況も影響してくることになります。

学生の疑問:プロミスってバイト先に電話があるの?

カードローンでは審査終了間際に「在籍確認」という勤務先への電話確認がおこなわれます。学生で言えばアルバイト先への電話です。プロミスからバイト先に電話があると考えると、先輩や店長、バイト仲間にバレてしまうリスクがあります。バイト先にプロミスの利用を伝えるしかないのでしょうか?

解説

担当者個人名で電話があるので安心!

在籍確認にも、もちろんプロミス側の配慮があります。電話をかける時間帯・番号を指定することができ、必ず担当者個人名でおこなわれます。例えば、まだ誰もバイト先に来ていないタイミングに在籍確認をおこなえば、まずもってバレることはないでしょう。

在籍確認は本人が電話に出なくとも終了します。「ただいま席を外しております」「本日はお休みです」など、他の従業員が回答するだけでも良いので、思い切ってシフトに入っていない日におこなうのも良いでしょう。

学生の疑問:プロミスの限度額ってどれくらい?

学生の収入源は、アルバイトです。社会人と比較すると収入はかなり少なくなりますが、その場合どれくらいの限度額がつくのか、気になるところでしょう。友達と旅行に行きたい、デート代やプレゼント代など、ある程度まとまったお金が必要になることもあります。学生はどれくらい借入できるのでしょうか?

解説

30万円までなら安心して借りられる!

プロミスでは、年収の3分の1までしか借入できないという貸金業法上の縛りがありますが、それでも毎月8万円稼いでいれば、年収96万円です。つまり、30万円までなら問題なく限度額が付くと考えて良いでしょう。

学生だからと言って、プロミスが借り入れできないということはありません。まとまったお金が必要な場合は、希望限度額に金額を入力してください。

学生には特におすすめ!プロミスの商品情報を確認!

プロミスの利用者は、現在130万人以上います。初めてカードローンを利用する人から、最も人気がある金融機関が、このプロミスです。プロミスのCMを目にする機会が多いのは、それだけ多くの方が利用し、人気がある証拠です。

特に、プロミスは審査スピードに定評があり、最短1時間で口座にお金が振り込まれます。学生の方でも大学の講義中や、バイトの休憩時間を使って、すぐに申し込みできるので、大変おすすめです。

スマホからプロミスのHPへアクセス!申込までの手続きは10分程度!

プロミスの申し込み方法は、スマホで公式ホームページにアクセスし、必要項目を入力するだけです。その後、必要書類の提出、在籍確認、契約手続きと進みます。下図を参考にしてください。

学生が用意する必要書類!学生証ではなく免許証を用意!

プロミスに提出する必要書類は、学生証は認められません。必ず免許証かパスポートを用意してください。学生証が必要書類として認められないのは、所属大学の記載はあるものの、住所表記がないためです。

本人確認のために提出する必要書類は、住居表記がなされていなければなりません。必ず、免許証やパスポートを用意しましょう。

必要書類

運転免許証
パスポート
健康保険証+住民票

<ポイント>親バレを防ぐために無人契約機でカード受取!

親バレを気にする学生の方は、ここがポイントです。プロミスでは、専用カードの受け取りを無人契約機・郵送の2つが選べますが、必ず無人契約機を指定してください。

郵送にしてしまうと、実家の住所に専用カードや契約書類が送られてしまいます。宛名にはプロミスとは書かれていないものの、万が一親が郵送物を開けてしまった場合、確実にバレてしまいます。

親にバレたくない人は、審査終了後、無人契約機まで足を運び、カードを受け取ってください。

カード 無人店舗の営業時間
プロミス 09:00~22:00

※一部21:00までの店舗もあります

WEB完結にすればカードなしでキャッシング可能!

プロミスでは専用カードを発行せずに、全てインターネット上で借入・返済のやりとりができる「WEB完結」という申し込み方法があります。WEB完結を選択すれば、わざわざ無人契約機に行く必要はなく、スマホパソコンを操作し、口座に振り込みをしてもらえます。

時間がない学生の方は、WEB完結の選択肢も考えてみてください。

学生がプロミスを借り入れする3大メリット!即日・バレない・返済金額

プロミスが学生にとってオススメである理由をこれからご紹介します。プロミスは学生にとってメリットが多く、特に下記の3つは、お金に悩む学生にとって強い味方になってくれます。

プロミスを利用するメリット!

即日融資
バレない
返済金額

申込から最短1時間で口座入金!

プロミスは、審査時間最短30分、申し込み~借り入れまで最短1時間で利用できます。例えば、今夜の飲み会やデートでお金を使いたいという場合でも間に合います。

その他にも、一人暮らしの学生なら、家賃や光熱費、クレジットカードなどの請求が「明日」という場合でも、プロミスなら対応できます。

ほとんどバレないWEB完結!

すでに上述していますが、学生にとって親バレは深刻な悩みです。しかし、プロミスならカードなしで借り入れができるため、一切親バレを気にせずとも済むのです。

バレないだけでなく「今日ちょっとお金を借りたいな」と思ったときに、スマホを操作して口座に振り込みし、銀行やコンビニATMから下ろすだけという点も、WEB完結の魅力です。

毎月の返済金額が安い!無理なく返済できる!

プロミスの返済金額は、他の金融機関と比較すると、毎月の最低返済金額が安いです。お金がないからと言って、カードローンを利用し、無理な返済をすれば、それこそ深刻な金欠になってしまいます。

しかし、プロミスは最低返済金額1,000円でもOKです。以下の表を参考にしてください。

※1000円未満は切り上げて計算しています。

利用金額 毎月の返済額
1万円借りた場合 1,000円
3万円借りた場合 2,000円
5万円借りた場合 2,000円
7万円借りた場合 3,000円
10万円借りた場合 4,000円

大学生に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る